クレアチニン を 下げる に は。 クレアチニンとは?腎臓病のサイン!その下げる方法や上げる方法を解説します。

【注目!】クレアチニン値を下げる効果的な3つの方法!

クレアチニン を 下げる に は

このページの目次• クレアチニンを下げる方法とは? 健康管理をするうえで、必ずと言って良いほど言われる言葉といえば 「生活習慣を改善しましょう」 そにための、 「適度な運動と食事管理が必要」 と言われます。 しかし、そういわれて生活習慣が簡単に改善できるなら、クレアチニンもそんなに高値にならないと思います。 でも、「少しでも効果のあることを!」 と考えますと、やはり生活習慣を変えてみることになります。 できることから一歩ずつ!! 先ほど、生活習慣を変えてみるといいました・・・ でも、一気に変えようとすると身体も心もついていかずに続きません。 なのでとりあえずは、 「インスタント食品を控える」 「塩分の一日摂取量を少なめにする」 「ウォーキングのために一駅分歩く」 など、どれかひとつでも規則正しい行動として、習慣づけるよう心がけるのです。 無理せず、自分でできる範囲で身体に良いと思うことを実践してみましょう。 その行動が、腎臓への負担を軽くしていきクレアチニン値の低下へとつながります。 さて、老廃物である尿酸値もクレアチニン値と同じように連動して上下してきます。 その尿酸値が高い人も注意が必要です。 尿酸とはプリン体が分解されてできる老廃物です。 つまりプリン体の摂取を控えることも有効と考えられます。 また、塩分の他に糖分や脂肪分、さらに添加物など摂り過ぎないことも大事です。 つまり食事の改善は、腎臓に直接よい結果を与えてくれます。 日常の食事で、腎臓に良いもの、悪いと言われるものを簡単にまとめてみました。 腎臓に良い食べ物をご紹介しておきましょう 腎臓に良いといわれる食べ物としては、 シジミ・イモ類・ゴマ キャベツ・豆類・スイカ ホウレン草・はと麦・昆布・ヒジキ などが良いとされていますが、摂り過ぎも良くありません。 栄養バランスの取れた食生活を心がけましょう。 スポンサーリンク 一般的に腎臓に良くない食べ物とは? 腎臓に良くない食べ物をあげてみましょう。 先ほどの説明と重複する部分もありますが、大切な部分ですので改めて紹介しますと、 ・塩分 ・タンパク質 ・カリウム の過剰摂取や、それと糖分の摂取量にも気をつけてください。 糖分の一日総摂取量の理想は、総エネルギー摂取量の5%未満となっています。 つまり、これをオーバーすると過剰摂取になります。 平均的な数値としては、およそ 25gになりますので摂り過ぎに注意です。 糖分は砂糖だけでなく、ご飯やビールなどにも多く含まれています。 そして、調味料にも塩分や糖分が多く含まれていたりしますので注意してください。 お茶は利尿作用やコレステロールを低下させてくれる 昔よりお茶は薬として用いられることもありました。 お茶を飲んでいる人は免疫力も高いとの報告も出ています。 また、コレステロールを低下させてくれます。 お茶の中でもカフェインが含まれている ・緑茶 ・抹茶 ・ほうじ茶 ・番茶 などは利尿作用を促してくれます。 その利尿により高血圧を改善させてくれる効果も期待できます。 もちろん飲み過ぎにはご注意を。 改めてクレアチニンとは? スポンサーリンク クレアチニンとはどんなものか改めて確認させてもらいましょう。 筋肉運動のエネルギー源となるアミノ酸の一種で、 クレアチンが代謝されて出来た物質のことです。 尿酸や尿素窒素と同じく老廃物のひとつになります。 クレアチニンは腎臓の糸球体でろ過されますが、尿素窒素とは違い、尿細管ではほとんど再吸収されずに尿中に排泄されます。 つまり、腎臓が正常に働いていれば、クレアチニンは尿として体外に排出されるのです。 もし、 血液検査をしてクレアチニンの結果が高く出てしまった場合、腎機能が障害されているということになります。 逆に低いと筋肉量が減っていると言うことで筋肉の病気が疑われます。 まとめとして 働きものの腎臓には、心臓から送り出された血液が1日に約1,400リットルも流れ込んでいます。 なんと、その量はドラム缶7本分に相当します。 これは、全身の血液が5分に一度の割合で腎臓を通過していることになります。 そして送られた血液から、最終的には約1. 5リットルの尿が体外に排出されます。 腎臓が悪くなってしまうと食事制限が厳しくなってしまいます。 なので、働きものの腎臓をいたわるためにも、症状が軽いうちから食事に気をつけてください。 規則正しい生活に加えて適度な運動を心がけることも大切です。 「関連サイト」 「関連サイト」 「関連サイト」.

次の

【腎臓リハビリ】高いクレアチニンを下げる方法 筋トレと運動、体操で改善できる!

クレアチニン を 下げる に は

【注目!】クレアチニンを下げる方法を伝授! 自覚症状がないことも多く、沈黙の臓器とも言われる腎臓。 血液中の老廃物を綺麗にろ過し、尿として排泄してくれる腎臓の機能が低下し腎機能の悪化が進行すると腎不全となって人工透析なしでは生きていけなくなります。 そんな大切な臓器である腎臓の機能が正常かどうかを判定するのがクレアチニン値です。 クレアチニン値を下げて、腎不全のリスクを下げる方法を伝授します! クレアチニン値を下げる効果的な3つの方法とは? クレアチニン値を下げるには、次の3つの方法があります。 生活習慣を改善する• 血液中のクレアチニン値を抑える• 血液中の尿酸値を下げる この3つの方法を積極的に実行し、クレアチニン値を下げ、腎不全のリスクを防ぎましょう。 生活習慣を変える具体的な方法とは何? それでは、次に具体的に3つの方法についてそれぞれまとめていきます。 生活習慣病とクレアチニン値の上昇は研究により因果関係があるとされています。 糖尿病、高血圧の人やそのリスクの高い生活習慣病予備軍の人は、適度な運動、節酒、禁煙、栄養バランスのとれた食事をし、規則正しい生活を送るようにしましょう。 いきなり全てを実行しようとするとモチベーションも下がりますので、例えば運動であれば「毎日15分ウォーキングをする」だとか、食事であれば「塩分を1日6g以下に抑える」または「インスタント食品は控える」など出来そうなことから実践していくと良いですよ。 クレアチニン値を抑えるにはどうしたらいいの? 生活習慣を改善するのが一番だとわかっていてもなかなか難しいですよね。 そこでおすすめなのはサプリメントを活用することです。 クレアチニン値を抑えるには、 ノコギリヤシがおすすめです。 中でも、天然色素フィコシアニンは血中クレアチニン値の上昇を抑える働きがあるとされています。 血中クレアチニン値の改善に期待できますね。 尿酸値を下げるにはどうしたらいいの? 腎不全に至には、実はクレアチニン値の陰に隠れて真犯人がいます。 それは、尿酸! 尿酸は肥満やストレスで血液中に増加し、痛風の原因でもある物質です。 この尿酸が、実は最新の研究では、腎不全のリスクを4倍〜9倍にも上げるということがわかったのです。 尿酸値を下げるには、ひじき・ワカメ・大豆・昆布・さつまいも・干ししいたけなど、 アルカリ性の高い食事もオススメ! 尿をアルカリ化し、尿酸を尿中に多く溶け出させることが尿酸値を下げ、更にはクレアチニンの数値を下げる働きがあり、注目されています。 食材以外もサプリメントでも売られていますので、肉類など動物性タンパク質をよく食べる人は、積極的にクレアギニンEXをはじめとする腎臓サプリを摂取するのがおすすめです。 まとめ 今回は、血中クレアチニン値を下げるための方法をいくつかご紹介しました。 大切な腎臓のはたらきをほとんど失う前に、とっておきの方法でクレアチニン値を下げましょう。

次の

クレアチニンを下げる4つのステップ

クレアチニン を 下げる に は

ふくらはぎが「第2の心臓」と呼ばれていることは、ご存じの人も多いでしょう。 心臓は、人体においてポンプの役割を果たし、血液の3割を頭部へ、7割を心臓から下へと送ります。 しかし、下半身へ送られた血液を心臓に戻すためのポンプはありません。 心臓に戻るはずの静脈血は、重力の影響を受け、どうしても下半身に滞りがちになります。 全身の血流が悪くなると、必要な酸素や栄養素が、各器官の細胞に行き渡らなくなります。 また、静脈血が停滞すると、老廃物を回収して静脈に流れ込むリンパの流れも悪化します。 リンパの働きは、体内の免疫システムを機能させるうえでも、重要です。 血流の悪化は、体内の各所の機能を低下させるため、さまざまな疾病の要因となるのです。 そこで重要となるのが、ふくらはぎの存在です。 運動などによってふくらはぎを効果的に動かすと、筋肉がポンプの役割を果たします。 下半身に滞った静脈血を、心臓へと戻してくれるのです。 また、ふくらはぎ同様に、足の裏の重要性も見逃せません。 足の裏は、「内臓の鑑」といわれるほど、反射区(全身の各臓器や器官につながる末梢神経)が集まっています。 腎臓の反射区は、足の裏の、中央より少し上辺りです。 反射区を刺激すると、その部分に対応する臓器へ集中的に血液が送られることが、研究で判明しています。 そこで、私たちのクリニックで治療に取り入れているのが、「内臓トレーニング」です。 これは、ふくらはぎや足の裏などへの刺激に重点を置いた独自の理学療法です。 内臓の活性化を図り、自律神経のバランスを整えるため、数々の方法を組み合わせ、血流を改善します。 滞った血流がスムーズになれば、老廃物の排出が促進されるので、血液が浄化されます。 腎臓は、体内で血液をろ過して、老廃物を尿として体外に排出する、浄水場のような存在です。 体内を流れる血液がきれいなら、それだけ腎臓にかかる負担も減ります。 腎臓の負担が減れば、衰えていた機能が回復します。 内臓トレーニングが、糖尿病性腎症や慢性腎炎など、腎臓病の改善につながるのは、こうしたわけなのです。 内臓トレーニングでは、自力療法として、ふくらはぎを効果的に動かす歩き方や、マッサージ法などを指導しています。 同時に、より治療効果を高めるため、専用の低周波電気治療器を用いています。 もともと人間の体には、微弱な電流が流れています。 この生体電流に似た低周波の電流を人体に通電すると、筋肉が収縮して血行がよくなります。 この治療法は、半世紀以上前から研究され、主に肩こりなど、筋肉痛の治療に使われてきました。 その治療を受けた患者のなかに、腎臓をはじめとした内臓機能の回復例が多く見られたことに着目したのが、内臓トレーニング理論の始まりです。 腎機能を測る目安の一つに、クレアチニン(Cr)値があります。 基準値は医療施設によって異なりますが、5・0mg/dl前後(腎臓の残存機能10%)になると、人工透析の導入が検討され始めるようです。 Cr値は、一度上がり始めるとなかなか下がらないといわれています。 しかし、内臓トレーニングを実践した腎臓病の患者さん192人のCr値を調べたところ、45・3%が低下し、25・5%が維持しています(2006年12月~2011年12月、内臓トレーニング協会調べ)。 つまり、ふくらはぎなどへの刺激により、全身の血流をよくすることで、7割以上の患者さんが、腎機能を改善または維持できているのです。 次に、その一例をご紹介しましょう。 85歳の男性・Aさんは、大の美食家でした。 糖尿病性腎症を患っても、食事療法を拒んできた結果、症状が悪化。 Cr値は4・85mg/dlまで上がり、主治医から人工透析を勧められるようになりました。 内臓トレーニングを友人の紹介で知り、熱心に取り組んだところ、1ヵ月後には、Cr値が一気に2・52mg/dlまで降下しました。 しかし、過去1~2ヵ月の血糖状態を示す数値であるヘモグロビンA1cは、まだ10・1%もありました(基準値は4・6~6・2%)。 そこで、さらに根気よく継続したところ、3ヵ月後には、Cr値が2・01mg/dl、ヘモグロビンA1cの値も、7・1%まで下がりました。 主治医からは、「これは奇跡。 透析の必要は、一生ないでしょう」と、太鼓判を押されたそうです。 そして半年経ったころには、Cr値は1・81mg/dlまで降下。 ヘモグロビンA1cは6・0%と、ついに基準値内まで下げることができたのです。 人工透析の危機を脱出し、糖尿病も乗り越えたAさんは、5年ほど経った今も元気に暮らしています。 内臓トレーニング理論の根幹は、ふくらはぎなどへの刺激による血流促進と、自律神経系の安定化です。 治りにくいといわれる腎臓病を克服する突破口は、この二つにあるのです。

次の