チェ 28 歳 の 革命。 チェ 28歳の革命 (2008)

チェ 28歳の革命 (2008)

チェ 28 歳 の 革命

CHE: PART ONE THE ARGENTINE 祖国か、死かー かつて、本気で世界を 変えようとした男がいたー。 本作ではゲバラがフィデル・カストロと出会い、キューバ 革命闘士として躍進するまでを描く。 また、入念な役作りのもと、ゲバラを熱演したベニチオ・デル・トロは、 カンヌ国際映画祭で男優賞を受賞した。 【ストーリー】 1955年、メキシコ。 アルゼンチン人の青年医師エルネスト・ゲバラ。 南米大陸の旅を続ける彼は、自らも喘息を抱えながらもラテン・アメリカの 貧しい人々を救いたいという志が芽生えていた。 そんなゲバラはある日、 独裁政権に牛耳られた祖国キューバで平等社会の実現を目指す反体制派の フィデル・カストロと出会い意気投合する。 そして、政府軍に無謀とも思える ゲリラ戦を仕掛けようという彼らの作戦への参加を決意するゲバラだったが…。 真の革命家は 偉大なる愛によって導かれる。 人間への愛。 正義への愛。 真実への愛。 愛のない真の革命家を想像することは不可能だ。 実は私、皆様が良いとお薦めの モーターサイクルダイアリーズを 観ていなかったのですが、それを先に観ていたら、この映画をもっと 楽しめたと観ていなかったことを後悔しました って言うとつまらなかったように聞こえますが、決してそうではなくて チェゲバラの魅力は十分に伝わってきた作品でした ただ、映画はカストロと出会ってから、キューバ革命を 成し遂げるまでのゲリラ戦が主に描かれているので、 モーターサイクルダイアリーズを観ていたら 裕福な家庭で生まれたアルゼンチン人の彼が、 なぜそのような気持ち(革命家になる・母国でもない キューバのためにそのような気持ち)になったのかが わかった上で、この作品を鑑賞できたら、より良かった のではないかと思うとちょっと残念な気がしました。。。 映画は、淡々と進んで行くので、寝不足で観るとちょっと 辛いかもですが、今日の私は体調が良かったので(笑) 睡魔はきませんでした <市民を見つめる眼差しがやさしくてスキ ・・・> <25キロ減量したデルトロ。 パンフにありましたが、監督曰く、『僕らが作り作り出したエピソードや ストーリーはひとつもない』とのことでした。 武器を持たない志願兵や幼すぎる志願兵を拒絶。 ゲリラ戦には必要とは思えない読み書きを 兵士たちに教え、いよいよゲリラ戦となる前に 改めて戦いの意思を聞き、その時に脱退する者を 引きとめない。 戦死者、負傷者、捕虜への一貫した対応。 農民たちへの尊敬、配慮。 そして、不徳をはたらいた、罪を犯した 兵士たちには厳しい処罰。 彼の考え、行動は、公明正大であり、考えにはブレが ありませんでした <実際にデルトロよりハンサム・笑> 生涯、重度のぜんそくに苦しみながら、権力を手に入れるためではなく 圧制に苦しむキューバ人を救うべく、革命を成し遂げたチェ・ゲバラ 彼自身が魅力的な人物であったからでしょうか、 彼を演じたデルトロが素晴らしかったからでしょうか 私は飽きることはない2時間ちょっとでありました 正直ちょっと長いかとも感じちゃいましたが(笑) そうそう、ラストシーン良かったです。 好きです 早く続編が観たい!続編、3週間後で良かった(笑) 歴史的なことを少しは予習?(復讐?)しておいてから 観たほうがよりわかり易い作品かと思います 1月10日(土)から公開中 <パンフレット¥500 クリックで公式サイトへ> 医者であり、旅人であり、詩人であり、夫であり、父であり そして人を愛する才能を持つ革命家。 真実の情熱に導かれ、人間愛こそが人を救うと信じ 圧政下にあった人々を大いなる愛情を持って 救おうとした世界でただ一人の男、チェ・ゲバラ 享年39歳。 <チラシより抜粋> 【チェ】は本名ではありません。 彼がつねに周りの人にこう呼びかける事から、いつしか 「チェ・ゲバラ」と呼ばれるようになりました。 1959年 7月、日本に来たこともあり、原爆ドームも見学しています。 <チラシ参照>.

次の

チェ (映画)

チェ 28 歳 の 革命

映画「チェ 28歳の革命」 キューバ革命の指導者となったチェ・ゲバラの伝記的な映画。 監督はスティーヴン・ソダーバーグ、2部作で、この映画は第1部に当たります。 私はチェ・ゲバラについても、キューバ革命についても、詳しく知らなかったのですが、前回の記事で取り上げた「モーターサイクル・ダイアリーズ」、そしてこの2部作を観て、すっかりチェ・ゲバラの人柄と人生に魅せられてしまいました…。 あらすじ、感想と評価 *ネタバレ注意 この映画では、ゲバラがフィデル・カストロと出会い、キューバ革命に参加して貧しい民衆たちのために闘う姿が描かれています。 キューバ革命の背景についての詳しい説明はなく、事実に沿ってリアルなドキュメンタリー・タッチで進行していきます。 予備知識がないと筋を追うのがちょっと大変かも。 チェ・ゲバラが若い青年だった頃を描いた作品「モーターサイクル・ダイアリーズ」を先に観ておくと、彼らの理想を理解しやすいかもしれません。 「モーターサイクル・ダイアリーズ」では、チェ・ゲバラが23歳の医学生だった頃に、南米大陸の一万キロを縦断する旅が描かれています。 その旅が彼の原点となり、南米大陸で出会った貧しい民衆たちを救いたいという思いが、彼を後に革命家へと導くことになりました。 キューバの独裁政権(バティスタ政権)を倒し、圧政に苦しむ人々を救うために、チェ・ゲバラはカストロの右腕として革命に参加します。 この「チェ 28歳の革命」ではその革命の闘争が描かれています。 山の中や市街地で展開されるゲリラ戦は、臨場感があってすごく迫力がありました。 ひとりひとりの闘士の視線から戦闘が描かれているカメラワークが、まるで自分もその場に参加しているかのような、息づまる緊張感がありました。 特に山の中では、彼らの潜んでいる草や土のにおいまで伝わってくるようです。 観ているこちらも革命闘争に巻き込まれていくかのような力のある作品だと思います。 いつ死ぬかもわからない戦闘。 それに参加する闘士たちの熱い目が印象的でした。 チェ・ゲバラだけでなく、ひとりひとりの闘う姿が丁寧に描かれているのが良かった。 「平等社会を実現させる」という理想のために、命をかけて共に闘う姿に感動させられました。 個人よりも社会の幸福に重きを置き、貧しい民衆を救い、全ての人が平等である社会を実現させようとするー チェ・ゲバラの信念はぶれずにはっきりしていて、誠実に人と向き合い、理想社会を実現しようと全力を尽くす。 そんな彼の言葉に人々が共鳴し、どんどん仲間が増えていき、革命が国中に広がっていく。 その様子を観ていて、背筋がゾクゾクしました。 チェ・ゲバラは子どもの頃からアレルギー体質で、ぜんそく持ちだったのですね。 それなのに過酷なゲリラ戦を指導して闘い抜いた。 本当にすごい人です。 かっこいい… ゲバラを演じているのはベニチオ・デル・トロ。 当時40前後の彼が28歳のゲバラを演じるのはなんだかな、と思っていましたが、「なりきり演技」がすごく板についていて、観ているうちに違和感はなくなりました。 彼の表情や目線、仕草での細やかな表現がすばらしかったです。 この「28歳の革命」を観た後、すぐに続編が観たくなり、二日続けて鑑賞しました。 すっかりゲバラに夢中になってしまった週末となりました。 Hulu で現在配信されています。

次の

チェ 28歳の革命 (2008)

チェ 28 歳 の 革命

レタントンローヤル館にお出で頂き有難うございます。 今日ご紹介する映画は「チェ 28歳の革命」 2008 です。 監督はスティーブン・ソダバーグです。 この映画を鑑賞しながら、その昔リチャード・フライシャー監督作品「ゲバラ! 」 1969 と「モーターサイクル・ダイヤリーズ」 2004 を思い出した。 若いゲバラを描いた「モーター・・」はさておいて、「ゲバラ! 」はオマー・シャリフがゲバラを演じて、英語を話すという代物で大した映画ではないと記憶しています。 対して、この映画は素晴らしい。 ベニチオ・デル・トロがチェを演じて、全編スペイン語を喋りまくる。 「ソラリス」も悪くなかったが、やはりソダバーグ監督はこういえ映画で本領発揮していると思います。 1956年、小さなプレジャーボート「グランマ号」に同志82名と共にメキシコを出発、キューバに向かう。 山中に隠れながら政府軍と対決し、他の部隊と共闘、サンタ・クララの戦い迄を描いているが、途中、ハバナでのインタービュー、64年の国連総会の有名な演説「祖国か、死か」をカットバックさせている。 とても良い効果をあげています。 チェはアルゼンチン富裕層出身の医師、喘息持ちで学生時代、当時アメリカの裏庭と呼ばれた南米をオートバイで徘徊し、社会主義に目覚めたと聞いています。 ハバナに彼らが入場した時同志は12名とか、サンタ・クララでの家の壁を叩き壊して敵が立てこもっている教会に突入するエピソード等興味深い。 82名の同志で革命を起こし国を乗っ取った彼らは凄い、奇跡とか呼ばれるが、この映画を見る限りでは阻止できなかったバティスタ政権側に問題がありそうだ。 まず、国民に対して最低限の富の再分配を行っていないようだ。 これはチェに合流してくる人たちを見ると判る。 殆どが読み書きが出来ていなく、又国による医療サービスを受けていない。 1958年、4・9ゼネストもかなり厳しくに弾圧したようで、ここで潮目が変わったようです。 その後、1959年1月1日にバティスタがドミニカに亡命となる。 これを見る限り、バティスタ側の政権運営はお粗末と言っていいと思います。 対して、政権を取ったカストロ側は、武力闘争によって奪取しているので幹部に経済通がいない。 いずれにしても、経済的困窮を見るのは明らかだし、武力闘争に味を占めた一部の仲間は、革命を輸出しようとします。 これは当然のことで、フランス革命でもロシア革命でも同様なことが起きています。 ベトナム戦争でも、北ベトナムが革命を輸出し、南ベトナムが倒れたら、ラオス、カンボジア、タイと革命政権が出来るというドミノ理論から米国は派兵しています。 何とか防ぎました。 実際は、ベトナムの経済的困窮からそうはなりませんでしたが。 ということで、大変現実的なテーマを扱った政治映画としてとても良く出来た作品だと思います。 現代を生きる我々に色々な示唆を与える映画になっています。 第二部「チェ39歳 別れの手紙」はカストロと決別してボリビアでの革命運動を描きます。 ブログ作成にBD版を鑑賞しています。 八点鍾 IMDb wedplain.

次の