コジマ 電気。 コジマ電気 血圧計から探した商品一覧【ポンパレモール】

(株)コジマ【7513】:株式/株価

コジマ 電気

店舗の営業時間 全国的に、コジマ電気店舗の営業時間は10〜21時が標準的です。 ただすべての店舗が同じではなく、店舗によっては、20時30分が閉店時間になっているので、公式サイトやチラシで行く前に要確認です。 コジマ電気にはたいてい広い駐車場がついていますが、車の出し入れができる時間帯は店舗の営業時間に合わせています。 車で来店したのに、コジマ電気店舗の営業時間を事前に確認しておくのはもちろん、うっかり乗り忘れて帰らないよう要注意です。 定休日を調べると、コジマ電気店舗の営業時間は年中無休となっています。 ただ、臨時休業があったり、年末年始などで営業時間が変則的になることがあるので、あらかじめ公式サイトなどで確認しておくと安心です。 コジマ電気のチラシ コジマ電気のチラシは週刊が原則のようです。 これは家電にかぎらず、多くの小売店が採用しているやり方ですが、月曜日に折り込むのか、金曜日に折り込むのか、業種によっていろいろ別れます。 チラシでは毎号テーマが設定されていて、各種キャンペーンが購買意欲をそそります。 チラシをすみずみまで読み込めば、おもいがけないお得な情報があるかもしれません。 また、新聞の折込が届かない方のためには、web版チラシが公式サイト内にアップされています。 公式サイトのコンテンツに含まれているデジタルチラシは、店舗によって商品のラインナップに違いがあるので、利用予定の店舗のチラシにアクセスするのが鉄則です。 kojima. net コジマ電気のネット通販 「コジマネット」とは、コジマ電気のネット通販のことです。 冷蔵庫や洗濯機など大型・重量電器でも、重い思いをせずに自宅でお手軽に欲しい商品をチョイスして購入できます。 コジマ電気のネット通販はラインナップがじつに豊富なので、カテゴリー別から攻めてゆくのがコツです。 トップページの「おすすめ特集」や「人気商品ランキング」を取っかかりにするのも、賢い方法です。 コジマ電気のネット通販で、リピーターは会員登録しておくと断然有利です。 会員ポイントが貯まるうえ、「お気に入り」に登録して以後の買い物がしやすくなります。 会員限定のお買い得情報を提供するメールマガジンも、家計の負担減の決め手となってくれます。 また、ここでも便利なのがコジマの公式アプリです。 「ポイントカード」「コジ坊スタンプ」アプリ限定クーポン」「店舗検索」「チラシ閲覧」などの他、「コジマネット」によるネット通販にも便宜が図られています。 詳細=.

次の

コジマ電気 血圧計から探した商品一覧【ポンパレモール】

コジマ 電気

コジマ電気でエアコンの取り付けで嫌な思いをしました。 他の電気屋でも普通のことですか? コジマ電気でエアコンを買いました。 標準取付工事費では足りないので、不足分を店員に説明を受けたのですが、実際工事をするとかなり増額になって腹立たしいのですが、電気屋の店員はエアコンが店頭で売れたらその後の取付工事なんて増額しようが、お客は最終的にはエアコンを取付けるしかないから、売った者勝ちみたいな販売手法なのでしょうか? 2Fの部屋にエアコンを取り付けて1Fの庭に室外機を置く事にしました。 私も最初から、これは標準取付工事費だけではできないことは店頭の標準取付工事費の範囲が説明してある広告で分かっていました。 そして購入の時に店員に2Fにエアコンを取り付けて1Fの庭に室外機を置きたいけれど、標準取付工事費以外にどれくらい費用がかかるのか聞きました。 2Fと1Fなので標準取付工事費に含まれている4mの配管では足りないので、だいたいまっすぐ下ろして2~3mの延長ですね。 と言われました。 後は現場で長さを決めると。 それは理解しました。 そこで、値段は1mいくらぐらいになりますか?と聞きました。 そしたら、2500円くらいかな?と言いました。 もちろん、現場で特別な工事方法に切り替えなければならないなら別ですが、家は極普通の家です。 エアコン用のコンセントも付いていますし、壁の中を配管を通すわけでも有りません。 化粧カバーもいりません。 庭に邪魔する物も有りません。 エアコンの本体の値段はヤマダ電機の方が安かったのですが、オプションで1mいくらか聞いたら3500円と言われたので、トータルの工事費を考えるとコジマ電気の方が安いので、コジマ電気で買う事にしました。 そして、いざ工事となると、値段が違うのです。 まず、配管1mあたりの値段ですけど。 これは、本当にエアコンの配管だけで、ドレインホースは別です。 と言われました。 は? 別料金を請求されました。 ドレインホースも一緒に1Fの地面まで通すのが普通の工事ですよね? 普通、配管の延長で、どれくらい余分に値段が掛かりますか?って聞いたら、ドレインホースもも全部込みの値段を言いませんか? ドレインホースだけ、自分で買い足したり、これを使って下さいとか言います? 素人がそんな事言いませんよね? ふつう、素人のお客様に説明するのに、ドレインホースを抜いたエアコンのホースだけの延長の値段を伝えますか? コジマ電気の店員は不親切過ぎませんか? さらに2Fから1Fの場合、はしご代として5000円ほど掛かると言われました。 さきほども言ったように、ごく一般的な邪魔する物もない普通の家なので、うちだけ特別難しいからはしご代が掛かるのかな?と聞いてみたところ。 一般的にどの家でも2Fから1Fのエアコン設置の工事ははしご代が掛かります。 と言われました。 だったら、標準取付工事費の他にオプション料金はどのくらい掛かるのか?訪ねている時に、店員はその事も言うべきではないですか? その場になって知らなかったと思いました。 店員の話ぶりでは、どう聞いても、延長のm単位で2500円しか掛からない感じでした。 もちろん、家の間取りや設置が特殊で、急きょ別料金が発生するとかなら私も理解できますけど。 延長の値段にドレインホースの延長の値段が含まれてない値段を言われたり。 2Fから1Fでは、はしご代がほぼ100%掛かるのに、それを伝えなかったり。 絶対、その値段は掛かるなら、標準取付工事費以外にいくらぐらい掛かりますか? って聞いている時に、それは伝えるべきではないですか? コジマ電気にすごい不信感しか有りません。 たぶん、ヤマダ電機の3500円は高いと思ったのも今思えば、そこにはドレインホース代とか全部含んだ値段で、高くなかったのかも知れません。 細かく聞かないのが悪いと言うかも知れませんが、延長で1mあたりいくらですか?って聞いてドレインホース抜きの値段をふつう言いますか? それをお客が、そこには「ドレインホースも含まれますか?」って聞かないお客側が悪いって理論でしょうか? あんまりじゃないですか? エアコン購入者には老人だって女性だっているのですよ。 一般の素人がそこまで、エアコンに詳しく精通してなければならないんて事ありますか? どれだけの人が、そこで「ドレインホースは含まれますか?」って突っ込める知識を持っています? 私だけですか? 普通ドレインホースも含んだ値段を店員は言ってくるだろうと思っているのは? むしろ、ドレインホースが含まれないなら、それを店員の方が積極的にお客に言うべきではないでしょうか? 家電量販店でエアコン工事のアルバイトをした経験があるのでお答えします。 アイーンがCMしてる某K電気で業者のアルバイトをした経験があります。 コジマ電気が社員教育を徹底しないかぎり、店員がエアコン工事について詳しくしらないのは無理もありません。 ほとんどの家電量販店で店員がエアコン工事の詳細を詳しくしってるなんてことはまずないことでしょう。 標準取り付け工事というのは一般的にマンションにエアコンを設置する程度の難易度のものです。 2Fから1Fに配管を伸ばすと確かに配管を延長するので料金を取られます。 ドレンホースも当選延長するので料金を取られます。 店員がドレンホースまで知らない、もしくわ説明しなかったのはコジマ電気の教育不足です。 2Fから1Fに配管を下すには梯子をつかいます。 これは高所作業になります。 標準設置費には含まれません。 高所での作業は危険を伴います。 無料ではできません。 高所作業費は当然負担しなければなりません。 サービスでやってくれる業者もいます。 エアコン設置費は標準設置費の約10000円がエアコンの値段にすでに入っています。 業者は家電量販店から設置費として約10000円をもらいます。 標準ではない作業は別途お客様に負担していただくことになります。 店頭ではくわしい費用はわかりません。 ですから業者に家に来てもらい見積もりを出してもらってから工事する方がお怒りも和らぐでしょう。 エアコンの設置は標準でも1時間はかかります。 1時間1万円ということです。 業者は1日に何件もエアコンを設置しなければなりません。 1つの家で時間がかかる場合は別途料金を頂かないと割に合いません。 出来る業者は話術が巧みです。 基本的にエアコン業者はダクトカバーをお客さんにつけてもらって儲けています。 この料金は業者の懐に全部入ります。 ですから話術に長けていないと儲かりません。 質問者が怒り心頭なら業者がダメな業者だったのでしょう。 出来る業者はお客さんに納得してもらうように説明するので、そこでだいたい解決します。 コジマ電気に店員を教育がなってないとクレームを入れてもよいでしょう。 ただ、エアコン工事の費用としては妥当な所です。 エアコン工事の費用として妥当なのは別に良いのです。 大手電気店の請負いですから、業者もあまり変な請求はできないと思います。 「ボッタクられた!」と言うより、100%掛かる料金なら、なぜ最初に言ってくれない? と言う怒りです。 コジマ電気の店員はエアコン工事を詳しく知らないかもしれないけれど、机の下からなんか表みたいのを取り出して、標準取付工事費はどこまでの範囲か、またオプションの種類や値段が書いてある表が店員用にあるみたいで、それを見て説明していました。 で、質問にも書きましたが、延長のパイプの値段や、高所作業代(はしご代)は100%掛かる料金で、その時に絶対に分かる料金でお客に伝えるべきではないか? と言うことです。 たとえば、業者さんが家にきてエアコンを取り付ける時に、私の家の作りが明らかに特殊で、作業員がその場の現状を見て別料金になるなら、それは仕方ないし「ボッタクリ」だとは思いません。 私も最近Kでエアコンを購入いたしたした。 質問者様がおっしゃるとおり店員の対応は浮かんできます。 なにせKは出店もしてますが、たくさんの店舗を閉店させているので感じの良いスタッフは随分減りましたね。 衰退してます。 大きな買い物をしているのに本当に気分が悪いですね。 一度Kの店長に直接抗議してみてはいかがですか。 私も高齢者や知識のない人が今のKで買うとたいへんだなと感じました。 過去に三度Jでエアコンを購入しました。 取り付け業者はおとなしく感じがよく、そしてとても丁寧でした。 店舗スタッフも良かったです。 今はイオンの中に出店が多く、勢いもあり、若い元気なスタッフも多いですね。 もしくは違うKはいいと思います。 どちらにせよ買い物して、双方ともに感謝がないと喜びはないですね。

次の

コジマ電気の店舗一覧やネット通販と公式アプリ

コジマ 電気

コジマ電気でもWiMAXのポケットwifiの契約・申し込みは可能です。 ちなみに コジマ電気でWiMAXのポケットwifiを契約・申し込みするとプロバイダはBIC WiMAXとなります。 BIC WiMAXはビックカメラやソフマップなどとビックカメラのグループ会社でポケットwifiを契約・申し込みする際のプロバイダとなります。 その 理由は単純にBIC WiMAXでのポケットwifiの契約・申し込みがお得ではないからです。 ポケットwifiの利用料金、キャンペーン、サービスなどなどと全てにおいてWEB特化している店舗 プロバイダ に劣る印象がどうしても拭えません・・・。 なぜなら コジマ電気で契約・申し込みをするポケットwifiと最安値の他社プロバイダのポケットwifiを比較すると月額利用料金 通信費 は1000円以上~契約期間内での総支払額は5万円以上も変わってくることもあるからです。 コジマ電気と他社プロバイダポケットwifiキャンペーン比較 コジマ電気と他社プロバイダポケットwifiキャンペーン比較してまとめました。 ソフマップ BIC WiMAX service を含めたWEB特化した主要他社プロバイダを厳選して6社に絞り月額利用料金とキャンペーンの比較を以下に表にしてまとめています。 なので大元となるUQ WiMAXは除いて、コジマ電気を他社プロバイダと比較すると利用料金の価格・値段の高さが目立ってしまいます。 各プロバイダはキャンペーンを打ち出して実質の利用料金を下げたり、あえてキャンペーンを展開せずそもそもの利用料金を引き下げたりと様々な手段で顧客獲得の為の競争が織りなされています。 一方コジマ電気はあくまで家電量販店であり家電類の販売が本業となるのでしょう、その為かWiMAXのポケットwifiにあまり力を入れていない感が否めません。 コジマ BIC WiMAX SERVICE のポケットwifiは利用料金が高い 今現在、WiMAXのポケットwifiプロバイダは20社以上が存在しています。 その中で上記の比較表を見ても分かって頂けるかと思いますが、コジマ BIC WiMAX SERVICE のポケットwifiはどう考えても私にはおすすめ出来ません。 ちなみに私が最もおすすめするWiMAXのポケットwifiプロバイダはGMOとくとくBBとなります。 2018年11月現在GMOとくとくBBでキャッシュバックキャンペーンを利用すると最大42,000円のキャッシュバックとなり、実質最安値でポケットwifiを利用することが出来るからです。 それゆえにコスパ重視でプロバイダを選ぶことは非常に重要なポイントです。 コジマ電気とは コジマ電気は全国展開している家電量販店で『安値世界一への挑戦』といったキャッチコピーも有名でしょう。 コジマ電気の創業は1955年~と60年以上も健在している老舗の大手家電量販店となります。 といったWEB通販公式サイトがあるのですが、ここではポケットwifiの契約・申し込みは出来ず家電類の通販販売サイトとなっています。 しかし先述した様にコジマ電気は2012年にビックカメラに買収されて傘下となり子会社となりました。 その為ポケットwifiのプロバイダもビックカメラと同様にBIC WiMAXとなります。 ですのでコジマ独自のWiMAXプロバイダはありません。 が、それでもコジマという一ブランドとして確立していると言っても過言ではないと思います。 今現在もコジマがビックカメラの子会社であるということを知らない人の方が多いのではないでしょうか。 それほどコジマというネームバリューは今も健在ということでしょう。 ちなみに今現在コジマは地域密着型、体験提案型などといった販売戦力となっています。 コジマ電気のポケットwifi コジマ電気のポケットwifiのプロバイダはBIC WiMAX SERVICEですので、ビックカメラやソフマップなどと基本的には利用料金は同様となっています。 UQ WiMAXにWiMAXを借りている コジマ電気 BIC WiMAX SERVICE のWiMAXだけに限った話ではなく、WiMAXを取り扱う全てのプロバイダはUQ WiMAX UQコミュニケーションズ からWiMAXという回線を借りています。 つまり UQ WiMAXはWiMAXという回線の大元プロバイダとなっているのです。 つまり、 WiMAXのポケットwifiのプロバイダ選びで比較するポイントは回線ではなく、各プロバイダの利用料金、キャンペーン、サービスなど回線以外の部分が比較するポイントということとなるのです。 例えば、コジマのWiMAXの通信速度は遅い!UQ WiMAXのWiMAXの通信速度は速い!などとそういった違いはほとんどありません。 契約・申し込みは店舗 店頭 受付のみ コジマ電気 BIC WiMAX のポケットwifiの契約・申し込みは店舗 店頭 受付のみとなっています。 大体の店舗では専用スペースがあり、土曜日や日曜日また祝日となると特設ブースが作られているイメージがあります。 その為、土曜日、日曜日、祝日は普段よりも人員も増加させているでしょう。 つまり、人件費や店舗維持費などといった経費もWEB特化している店舗と比較するとかなり多くかかっているはずです。 お支払方法はクレジットカードのみ対応 コジマ電気 BIC WiMAX でポケットwifiを契約した際のお支払方法はクレジットカードのみの対応となります。 ですので、コジマでは口座振替での契約は出来ませんので、クレジットカードを持っていることは必須条件です。 コジマ電気だけでなく実店舗またWEB特化店舗含めてポケットwifiのお支払方法はクレジットカード払いというのが主流となっており、口座振替対応をしているプロバイダは少ないのが現状です。 ですが、口座振替対応をしているプロバイダは少ないですがいくつかありますのでピックアップしてまとめました。 その理由としては ポケットwifiのお支払方法を口座振替にするとデメリットが非常に多くなるからです。 解約方法 ポケットwifiの解約方法も基本的には店舗受付ではなくサポートセンターへの電話連絡または解約届を記入して送付する必要があります。 契約は店舗受付のみとなっているのですが解約は出来ないので注意が必要です。 解約は自分自身が行動を起こす必要があるということになります。 契約よりも多少面倒に感じる人もいるかもしれません。 基本的に割引などはなくコジマのポケットwifiの利用料金はWEB特化している店舗 他社プロバイダ と比較するとかなり高い料金設定となっており、大元となるUQ WiMAXとほぼ同じ料金体系となっています。 このほか、特殊な利用プランとして、• BIC定額年間パスポート 1年間の契約プラン• BIC1day 1日毎の定額サービス などといったものもあります。 コジマ電気のポケットwifiキャンペーン コジマ電気のポケットwifiキャンペーンは大々的に行われておらず、またキャンペーン内容も各店舗による違いがあります。 コジマ電気に限らず実店舗では決算時期や年末などに大々的にキャンペーンが行われていることが比較的多くなっています。 実店舗でよくあるキャンペーンとしては、• 店舗商品割引キャンペーン• ポケットwifi端末代金0円キャンペーン などといったキャンペーンです。 WiMAXまとめてプランとは、ポケットwifiの月額利用料金プランとは別にプラスされるプラン・オプションサービスとなり、実際にポケットwifiを利用する上で不必要なものです。 つまり、キャンペーンの適用条件としてWiMAXまとめてプランへの別途加入が条件となっていることが多くなっています。 下記にWiMAXまとめてプランの利用料金について表にまとめました。 そして基本的に、• 店舗商品割引キャンペーン• つまり、どちらのキャンペーンも表現の方法が違うだけで基本的には同じ形のものとなっているということです。 例えば、店舗商品40,000円割引キャンペーン実施中!というキャンペーンが展開されていた場合、キャンペーン適用にはWiMAXまとめてプランL8の加入が必須条件となっていることが多くなっています。 その理由はWiMAXまとめてプランは2年契約となっている為、L8の場合1,547円を2年 24カ月 に渡って支払っていくと総支払額37,128円となります。 要するに 40,000円割引キャンペーンの実質は40,000円-37,128円=2,872円割引となっているのです。 WEB特化している店舗では同様のキャンペーンはありませんが、ほぼ同様な形となるキャッシュバックキャンペーンでは実店舗で展開されるこういったキャンペーンのカラクリはなく純粋に40,000円のキャッシュバックがされます。 詐欺とまでは言いませんが言葉のマジック感がすごいですよね・・・。 実際は40,000円割引ではなく2,872円割引と2000円台の割引額ですから。 ちなみに 家電量販店がWEB特化店舗と同等の割引キャンペーンとなると70,000~80,000円ほどの割引キャンペーンを展開しなければならないということです。 家電量販店は70,000円~80,000円の割引キャンペーンを展開して初めてWEB特化している店舗に対して強いライバルとしての比較対象となるでしょう。 ただこれだけの高額割引キャンペーンは私自身も未だ見たことはありませんし、各実店舗の口コミや評判など、情報としても聞いたことがありません。 また、このWiMAXまとめてプランのデメリットはこれだけに留まらず、ポケットwifiの契約~2年以内のやむ負えない解約に迫られた時に発動します。 ポケットwifiのやむ負えない解約は意外とあったります。 ポケットwfiiの紛失や盗難、また引越しなどでWiMAXの対応エリア外になってしまう、などといった場合です。 WiMAXまとめてプランの解除料は2年間ローン 分割 で支払っていく様な仕組みですから、解約したタイミングで、例えばWiMAXまとめてプランL8の場合ですが、それを1年で解約すると残り1年の残金 18,564円 を一括で支払うことになります。 以下にポケットwifiの基本の利用料金の解約・違約金について表にまとめました。 契約~解約するまでの期間 契約解除 解約違約 金 1~13カ月 19,000円 14~25カ月 14,000円 26カ月契約 解約 更新月 0円 27カ月以降 9,500円 50カ月契約 解約 更新月 0円 基本的には2年毎に来る契約 解約 更新月以外での解約となると最大19,000円の解約違約金が発生します。 月の途中で解約をした場合、月額利用料金は日割りでの請求となります。 で、ポケットwifiの1年以内の解約違約金は各プロバイダや利用料金プランによる違いはありますが、相場としては上記の表にある通り19,000円となり、2年目となると14,000円となります。 ちなみに先述したポケットwifiの紛失や盗難となるとさらにお金がかかることにもなったりします。 また、店舗商品割引キャンペーンとほぼ同様となる予め初めに50,000円割引や60,000円割引またキャッシュバックなどとパンチを効かす為価格を設定しているキャンペーンなどもここに該当します。 先述した様に多くの場合にWiMAXまとめてプランへの加入が必須となっていますので注意が必要です。 元々欲しかった家電があったり、狙っていた家電があったり、などすると考え方によってはキャンペーンだけを見るとお得になる可能性もあるかもしれません。 ただ今後のポケットwifiの利用料金、契約の際の店舗受付、解約の為のサポートセンターへの連絡、ほかお支払方法などを考えた際にそれらをどう捉えるかというのもポイントになってくるでしょう。 ですが、これもWiMAXまとめてプランへの加入が条件となっていることが多く、無料で!やプレゼント!などと謳っていますが、店舗側が損しない様な上手い仕組みが出来上がっているのが現状です。 文言だけに騙されずにしっかりと各プロバイダの利用料金・キャンペーン・サービスetc. の詳細を確認そして比較することが損せずお得にポケットwifiを契約する為の方法となります。 コジマ電気でポケットwifiを契約・申し込みするメリット コジマ電気でポケットwifiを契約・申し込みするメリットには、• ポケットwifiについて分からないことを直接販売員さんに聞くことが出来る• ポケットwifiを契約・申し込みしたその日から利用することが出来る• ポケットwifi実機を実際に見て触ることが出来る などがあります。 コジマ電気だけに限らず、これらは基本的には実店舗でポケットwifiを契約・申し込みするメリットになっています。 つまり・・・コジマだからといったメリットはあまりありません。 またメリットとデメリットは背中合わせになっているということも忘れてはなりません。 そういった メリットとデメリット ことについても後述しています。 ポケットwifiについて分からないことを直接販売員さんに聞くことが出来る ポケットwifiについて分からないことをその場で直接販売員さんに聞くことが出来るというのはポケットwifiを契約・申し込みをする上でメリットとなるでしょう。 ただポケットwifiの知識があなたに皆無といった場合はそれはそれでおすすめ出来ません。 というのもポケットwifiの知識が皆無となると販売員さんの説明の真偽を判断出来ないからです。 ポケットwifiの知識が皆無となるあなたの質問もチンプンカンプンなものになることも必死です。 ですので、十二分とまではなかなか難しいところだと思いますが、ある程度はポケットwifiについて知識をつけるということはおすすめです。 でなければ最悪の場合、販売員さんの口車に上手く乗せられて、在庫整理の為の古いポケットwifi端末や全く必要のない余計なプラン・オプションサービスを付けられるなど、また利用料金の高いプランでのポケットwifiを気付いたら契約・申し込みしてしまっていたということも考えられます。 つまり、販売員さん直接話を聞くことが出来るというのはメリットにもデメリットにも成り得る可能性があるということで自分次第にもなるということです。 あなたが販売員さんを上手く使うことが出来れば大きなメリットとなるでしょう。 ポケットwifiを契約・申し込み当日から利用することが出来る ポケットwifiを契約・申し込みした当日から利用することが出来ることもひとつのメリットだと思います。 しかし、契約する申し込みの時間帯やタイミングによっては翌日からの利用となることもありますので、どうしてもポケットwifiを即日利用する必要があるのなら事前に確認することをおすすめします。 また、WEB特化している店舗 プロバイダ でも早ければ翌日、一般的には2~3日でポケットwifiは手元に届き利用することが可能ですので、今後のポケットwifiの利用料金も含めて考えるとどうしてもポケットwifiを即日利用する理由がない限り待っても良いでしょう。 ポケットwifi実機を実際に見て触ることが出来る ポケットwifiの実機を実際に見て触ることが出来るのは大きなメリットとなっています。 WEB特化している店舗での契約・申し込みではどう頑張っても実機を見て触ることは出来ないからです。 しかし店舗によってはポケットwifiが実機ではなくレプリカというところもあるので100%見て触れるというわけでもありませんので悪しからず。 まとめ BIC WiMAXだけでなく各実店舗ではそれぞれのプロバイダを用意しているというのがここ最近は一般的となっています。 例えば、• ですが、基本的に私が調べて多数のプロバイダと比較した結果、そのどの実店舗でのポケットwifiの契約はおすすめ出来ないというのが正直なところです。 WEBに特化している店舗 プロバイダ がポケットwifiの利用料金、キャンペーン、サービスなどなどと圧倒的に強い印象です。 実店舗を展開するポケットwifiプロバイダは、人件費、店舗維持費、などなどとかかる経費がWEBに特化している店舗とは全然違います。 もしかしたらその影響があまり良くない形でポケットwifiの利用料金にも出ているのかもしれません。 またWEB特化しているプロバイダと言っても、それはそれで多数のプロバイダがあり、常に顧客獲得の為競争しています。 で、そんなWEB特化店舗の中でも私がおすすめするのはGMOとくとくBBとなります。

次の