おそらく 例文。 取り敢えず(とりあえず)

「おそらくは」に関連した英語例文の一覧と使い方

おそらく 例文

会話の中で、あるいは文章の中で、 「もしかしたら~かもしれない」 「たぶん~だろう」 「きっと~だろう」 「おそらく~だろう」 などなど・・・ 「確実にそうとは言えないけど、たぶんそうかもしれない。 」といいたい時はよくあります。 「多分~だろう」「多分~かもしれない」を表す言葉として、多くの人が思い浮かべる英単語は、 maybe でしょうか? 確かにそれは正しいですが、いつもいつも「メイビー、メイビー」だけでは、なんだか物足りない? 可能性や推量を表す英語表現は、maybe だけではありません。 「たぶん」「おそらく」「もしかしたら」を表すいろんな種類の言い方を知っておくと、英語での表現も広がります。 また、しっかりと理解しておけば、相手がこのような言い方をしてきた時も、どの程度の確信度合でそう言っているのか、ニュアンスがわかります。 今回は、そうした 「推量」「可能性の度合い」を表す英語表現をまとめます。 これ、エミリーの? A:Yeah, maybe. うん、たぶん。 みたいに使う人は多いと思います。 maybe のように、 文に付けて「たぶん」「もしかしたら」というような意味で使える 副詞は、以下のようなものがあります。 英単語 意味 probably 恐らくそうだろう・その 可能性が高い something is very likely maybe もしかしたらそうかもしれない・その可能性があるかもしれない。 something is not certain この中でも、「 probably は『多分そうだろう』という 可能性が高い」、は確実だと言えます。 maybe, perhaps, possibly は、「 可能性はないわけじゃないけど、わからない」、ととらえるとよいでしょう。 これら3つの単語の境目は わりとあいまいなようで、確率については厳密な違いはないのかもしれません。 文脈や、話す時ならセンテンスの中のイントネーション等で、ニュアンスを読み取ることが必要かも。 単語の 使われ方の違いとしては、 perhaps、possiblyは文頭・文中・文末どこでも使われますが、 maybe は通常、 文頭か文末のみに付きます。 このことについては、 Cambridgeの以下のページが参考になります。 以下に、推量を表す副詞の例文を載せます。 彼は最近手紙をくれないね・・・もしかしたら私の宛先を失くしたのかも。 I thought I saw someone hiding in the bushes — perhaps we should call the police. 彼女は40代じゃないかなぁ・・・たぶん45くらい。 明日の夕方までには仕事を終わらせられるかも・・・。 もしこれ以上割り込み作業がなければ。 彼女は40代じゃないかなぁ・・・もしかして45くらい? 推量の助動詞(will, should, could, may, might) 「たぶん~だろう」「おそらく~かもしれない」と表現する方法が、もう一つあります。 助動詞を使う方法です。 たとえば、 【普通の文(断定)】 It is true. それは本当だ。 【かもしれない(推量・可能性)】 It might be true. それは本当かもしれない。 主語と動詞の間に might が入ると、「かもしれない」というニュアンスを加えることができます。 このように、 推量や可能性を表す助動詞を、以下にまとめます。 英語の助動詞 意味 will 未来または現在について、何らかの判断材料を基に、 ほぼ確かにそうなる(そうである)と推論している。 should 未来または現在について、そうなる(そうである) 可能性が高いと判断している。 could 未来または現在について、 そうなる(そうである)可能性はある。 ただし確かではない) may might 以下に、推量を表す助動詞の例文を載せます。 It could be Tom. 電話が鳴っている。 もしかしてトムかも。 Have you seen it? A:No, but it could be in the car. 「カバンがみつからない。 あなた見なかった?」「いいや、でももしかして、車の中にあるかもしれないよ。 」 They may come by car. 彼らは車で来るかもしれない。 I might go. たぶん行くと思います。 色んな説がありますが、 could, might, may は、厳密には違うのでしょうが、可能性の割合という意味ではハッキリとしたラインはないみたいです。 どれも「可能性はあるけど、それが確実かどうかはわからない」、という感じかと思います。 ネイティブの間でも、どちらの単語がより可能性の高さを示しているか?は、意見が色々あるようです。 これについて興味のある方は、 Cambridgeのウェブサイトの以下の説明を読んでみるとよいです。 また、私が教わった限りだと、日常会話の中では、may はあまり使われないようです。 could か might が一般的なようです。 副詞と助動詞を組み合わせて推量を表す 「たぶん・・・」という推量を表す英語表現として、『副詞』と『助動詞』の二つの方法を紹介しましたが、実はこれらはセットにして使われることも多いです。 これまでに挙げた例文にも、そのような使われ方を発見できると思います。 下にも例を挙げておきます。 彼女はきっとくるだろう。 たぶん行くだろう。 もしかしたら、私の父は彼のことを知っているかもしれない。 あなたは、もしかしたらこれらの2つの岩を登ることができるかもしれない。 I suppose that [ ~(文)] で、「~だと思う。 」「~だと考えられる。 」というセンテンスを作ります。 はっきりとわからないけど、私は本当だと思う。 まとめ 日常のコミュニケーションの中では、必ずしもはっきりと断定できることばかり伝えられるわけではありません。 「たぶん~だと思うけど・・・」「確実とはいえないけど~じゃないかな」と言ったニュアンスで言いたい時も、たくさんあります。 そんな時に、こうした表現のバリエーションを知っておくと、とても使えます。 ただ、英語を学んでいると、「 might と could はどっちの方が確かさの程度が強い?」とか、「 maybe と perhaps と possibly はどっちの方がより確実さが低い?」とか、気にしてしまいがち・・・そして、「どれを使ったらいいわけ~???難しいー!!」ってなってしまうんじゃないでしょうか。 ですが、日常の会話の中では、その使い分けが大きな影響を及ぼすことは、ほぼないと考えてよいでしょう。 そうした細かいところにこだわるよりは、まず 『副詞』と『助動詞』の使い方(文法)をマスターし、自分が使いやすい表現を一つ覚えてしまうとよいと思います。 そしてそれを使ってみる。 後は少しずつ、ネイティブの英語を聞いたり読んだりして、どんな使われ方をしているかを吸収していくといいのかな、と思っています。 英語でこうしたニュアンスを伝えられると、より表現の幅が広がりますね。

次の

【おそらく】の例文や意味・使い方

おそらく 例文

Contents• 人権作文 いじめについての例文の探し方 探すのは簡単です。 jinkensakubun. comという所に、人権作文の例文として、過去のコンテスト受賞作が並べられている。 イジメ以外にも、高齢者、障害者、外国人、女性など多数のテーマにおける作文が網羅されているので、例文を欲している方は、このサイトを見ると話は早い。 ただ、立派な賞を取るような作文なので、多少難解というか、参考にするには自分との文章力に違いがありすぎるよぉ・・・と感じる人もいることでしょう。 そのような場合は、知恵袋を筆頭としてQ&Aサイトで、例文を検索すると良いでしょう。 私が確認したところ、既に無数の質問が載せられており、回答欄にイジメをテーマとした作文が書かれてあるものが多数確認できた。 いくつか読んでみると分かるが、明らかにコンテスト受賞作に比べて、安直であり、これなら自分も書けそうだ!と読んでいる内に自信が出てくる子もいると思われる。 だから、 例文探しは簡単です。 おそらく、逃げ出した飼い犬を探すことの100倍は簡単だし、失くしたiPhoneを探すことの20倍は簡単だと思う。 さて、ここからが本題です。 人権作文は例文を読んでも書けない いじめについての例文を探しているあなたは、おそらく、例文をパクるか、もしくは参考にして自分の宿題を書き上げようとしていることでしょう。 パクろうとしてる奴は、勝手にパクって先生にしばかれれば良いとして、例文を参考に書こうとしても少々厳しいよという話をします。 で書いた通り、この作文を作る上で大切なポイントは、 主題と自分との距離です。 今回の場合で言うと、イジメとあなたの距離ですね。 最初の立ち位置としては、この4つがあるかと思う。 そして、イジメに関わったことが一切ないを除いて、更に細分化できる。 こんな感じで。 つまり私が何を言いたいかと言うと、例文をちょっと見ただけで書ければ苦労しない。 例文は、 書いた人間の答えであって、あなたにとっての答えであるとは限らない。 なのでまずは、自分の立ち位置をはっきりと自覚しましょう。 そうやって、自分はイジメとこういう関わり方をしてきたんだ・・・とハッキリと意識した状態で、再度、例文を読むようにしましょう。 同じ例文でも良いし、別の例文でも良い。 そして読みながら、作者の立ち位置を考察する。 また、自分との差異や共通項はあるのか、または無いのかも考えていく。 そのように、あれこれと思考を蓄積していくことで、作文を書く前の 準備が出来上がる。 人権作文 構成などどうでも良い 上までの準備が済んだら、早速書き出しましょう。 あなたの中で最も印象的な体験と、いじめに対する考えを全て、吐き出してしまいましょう。 構成のことなど後回しだ! 鬱陶しいもので、人権作文の書き方として必ず示されているのが 「構成」です。 でも、そんなものどうでも良いです。 大事じゃない。 そんなことよりも、経験と考えを「濃い状態」で吐き出せるかに意識を集中して書いてほしい。 濃い状態かどうかは、書いたあとに読み返してみれば分かります。 自分が体験した衝撃や、感動が、書いた文章を通してしっかり読み取れるのか?を判断基準とする。 なんかぼやけている、まったりとした感じであまり上手く伝わってこないのであれば、それは薄い。 折角書くのなら、甘く軽い口当たりの「スポーツ飲料水」ではなく、苦味が口に広がる「日本茶」を作るイメージで書いて欲しい。 またサイトによっては、 「テンプレート」と称して、書き出しからまとめの書き方を提示し、それに沿って自分の言葉に置き換えることで作文が完成するようなアイデアを提案している所もありますが・・・辞めてください。 そんな一定の枠を設けられた状態で書いても、何の意味もない。 そんな手段に頼らなくとも、経験と感情に対して頭を使って向き合えば、良い作文は形成できます。 テンプレートなどと言う、不必要な枠に己をハメる行為は、あなたの能力に自ら足枷をしているようなもの。 自転車で言えばテンプレート行為は補助輪です。 原稿用紙300枚とかの長作を作る上では、構成は必要です。 勢い任せで書いた所で、どこかで辻褄が合わなくなったりするでしょう。 ですが2000文字程度であれば、不安定だろうが、補助輪無しですっ飛ばして書いた方が全然マシなものが書けます。 というか、テンプレート付きで書いても、ちっとも面白くないでしょうよ。 最後に ネット上ではこのような形で、自分が書いた作文に対する評価を求める方がおります。 書いた作文に対して自信がないからか、または良いモノが書けたと感じたので、色々な人に見てもらい、感想がもらいたい、と思っているのか。 私の考えでは、あんまり・・・やめといた方がいいかなって気がします。 もしあなたが、他人に多少辛辣な意見を言われたり、こうした方が言いと言われても、受け入れられない時は跳ね返すくらいのパワーがあるのなら別ですが、おそらく違いますよね。 何か意見を言われれば、そうかもしれない・・・と揺らぐし、受け入れてしまうこともあると思います。 中高生くらいであれば、何かもっともらしい口調で意見を言われれば、「そうなのかも」と思っちゃうのも当然です。 だからこそ、ネット上で不特定多数の目に晒す行為はやめといた方が良い。 なぜなら、私が見た限りでは、回答欄に結構、トンチンカンなアドバイスがあったからです。 また、不特定多数であれば当然、アドバイスに「一貫性」は皆無なので、あなたは逆に混乱します。 何が正しいのか、ワケが分からなくなると思います。 以上の理由から、やめたほうがいい。 折角書いたのに勿体無い。 アドバイスを求める時は、自分の周りで信用するに足る人。 能力が高いと感じる人だけに、こっそり聞くようにしましょう。

次の

クッション言葉の一覧と例・クッション言葉の効果と使い方

おそらく 例文

すべての情報源• 総合的な情報源• 研究社 新英和中辞典 13• 研究社 新和英中辞典 10• Weblio Email例文集 99• Weblio英語基本例文集 4• 浜島書店 Catch a Wave 53• Eゲイト英和辞典 17• 英語論文検索例文集 27• 専門的な情報源• 斎藤和英大辞典 5• 科学技術論文動詞集 1• 日本語WordNet 43• コンピューター用語辞典 6• EDR日英対訳辞書 3• Tanaka Corpus 74• FreeBSD 48• Gentoo Linux 32• JM 36• NetBeans 1• PEAR 14• Python 32• XFree86 8• Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス 233• 官公庁発表資料• 金融庁 74• 財務省 4• 特許庁 33• 経済産業省 3• 厚生労働省 6• 書籍・作品• Arthur Conan Doyle『ブルー・カーバンクル』 1• Thorstein Veblen『ワークマンシップの本能と労働の煩わしさ』 3• Arthur Conan Doyle『ボヘミアの醜聞』 2• Jack London『火を起こす』 2• Arthur Conan Doyle『悪魔の足』 5• Ian Johnston『科学のカリキュラムで創造説?』 2• JULES VERNE『80日間世界一周』 3• Edgar Allan Poe『アッシャー家の崩壊』 5• Ouida『フランダースの犬』 3• Arthur Conan Doyle『チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン』 1• Arthur Conan Doyle『ノーウッドの建築家』 2• Eric S. Raymond『ノウアスフィアの開墾』 2• Andrew Lang『トロイア物語:都市の略奪者ユリシーズ』 5• O Henry『シャムロック・ジョーンズの冒険』 1• Landor『カール・マルクス Interview』 1• Wells『タイムマシン』 8• Thomas a Kempis『キリストにならいて』 2• Scott Fitzgerald『グレイト・ギャツビー』 7• Virginia Woolf『弦楽四重奏』 1• Ambrose Bierce『空飛ぶ騎兵』 1• Ambrose Bierce『死の診断』 1• Electronic Frontier Foundation『DESのクラック:暗号研究と盗聴政策、チップ設計の秘密』 11• James Joyce『姉妹』 1• James Joyce『死者たち』 2• James Joyce『痛ましい事件』 1• Arthur Conan Doyle『シャーロック・ホームズの冒険』 7• Ian Johnston『進化の手短かな証明』 2• Thomas H. Huxley『ダーウィン仮説』 2• John Stuart Mill『自由について』 24• John Tyndall『英国科学協会ベルファースト総会での演説』 12• Thorstein Veblen『所有権の起源』 3• Robert Louis Stevenson『宝島』 2• James Matthew Barrie『ピーターパンとウェンディ』 1• Edgar Allan Poe『約束』 1• Lawrence『馬商の娘』 1• Lawrence『プロシア士官』 2• Gilbert K. Chesterton『釣り人の習慣』 5• Chesterton『少年の心』 3• Melville Davisson Post『罪体』 1• Michael Faraday『ロウソクの科学』 1.

次の