ポケモン ふいうち 強い。 S5最終90位 エースバーン軸対面構築改

【鎧の孤島】ガラルでは物理ゾロアークが強い!?環境を先取り考察!【ポケモン剣盾】【育成論】

ポケモン ふいうち 強い

ゾロアークは悪タイプで「いたずらごころ」が効きません。 剣盾でやたら重宝される「いたずらごころ」のポケモン達に軒並み有利を取れます。 また、 イリュージョンのおかげで相手に自分が悪タイプだとバレずに相手の1ターンを潰すことができる可能性があります。 おそらく、 ゾロアークが解禁されれば「いたずらごころ」を使うプレイヤーは かなり難しいプレイングを要求されるでしょうね。 高速高火力 ゾロアークは攻撃、特攻、素早さの3点が優れた高速アタッカーです。 ドラパルトもそうですが、 環境で強いのは、いつもこの類です。 ゾロアークと同じ高速アタッカーのドラパルトとの差別化としては、 タイプの違いと 「つるぎのまい」「わるだくみ」ができる点、トリッキーな変化技が使える点です。 また、カウンターも覚えるのでその点も評価できます。 弱い点 耐久力がないに等しい ゾロアークはHP、防御、特防の種族値が全て60で悲しいくらい耐久力がないです。 どんな攻撃でも1撃が重く、ダイマックス相手にはかなり厳しいです。 そこを補うために 火力と素早さでうえから相手を倒していく戦法をどこまで通せるかがカギになります。 素早さ種族値が微妙に足りない ゾロアークのタイプ上 相性のいいタイプは 毒、格闘、ゴースト、エスパーなどが挙げられます。 その中でもドラパルトが特に今作では相性がいいと思います。 ドラパルトに打たれる悪、ゴーストをゾロアークは半減で受けられます。 さらに共に高速アタッカーなので、 相手によってはイリュージョンがバレにくく ずるずると相手は本当のドラパルトかどうかを引きずることになります。 また、微妙な素早さを補うために 素早さを上げてバトンタッチできる トゲキッスや ポットデスなども相性が良さそうです。 また、イリュージョンで相手が混乱している隙に「わるだくみ」を積むこともできるので 割と積み技が決まりやすいかと思います。 トリックで相手を阻害することも可能で、 いろんなことができてかなり活躍できそうです。 微妙に足りない素早さを補えるうえ、 元の火力が足りない技もダイマックスすれば高い火力で打つことができます。 これまでのゾロアークのイメージにない事が 物理型ならばできるので なかなか強いのではないかと思います。 まとめ 今回はゾロアークについてDLC追加前に剣盾環境で戦えるかどうかの考察をしました。 個人的には、 ゾロアークはかなり活躍できると思います。 特にドラパルトと相性が良い点や、 型が豊富に生まれそうな点で、使用率は高くなると予想します。 ここで、 ゾロアークを総括して一言で表すならば 型が豊富な万能型トリックスター です。 ちなみに色違いはこんな感じです。

次の

【ポケモン剣盾】対戦で強い厨ポケ・環境とトップメタ考察【ソード・シールド】│葉っぱとみかん

ポケモン ふいうち 強い

相手が使う技が攻撃技ではない場合や、優先度などの関係ですでに攻撃を終えていた場合は失敗する。 相手が『ねむり』状態でも攻撃技を選択していれば成功する。 あくタイプ物理技・威力70 「ふいうち」のメリット 「ふいうち」のメリットとしては、威力が他の「優先度+1」の技よりも高いことです。 例えば「アクアジェット」は威力40ですが、「ふいうち」は威力70もあります。 実に1. 75倍の威力です。 これはとても大きく、個人的に最も優秀な先制技だと考えている「しんそく」にも劣らないです。 特に「しんそく」はタイプ一致で打てるポケモンが少ないことを考えると、「ふいうち」をタイプ一致で打つことができれば、「しんそく」に勝らずとも劣らないとても優秀な技になります。 そのため、 こちらがクチートで「ふいうち」を選択し、相手がミミッキュで「かげうち」を選択した場合、 こちらの「ふいうち」は失敗します。 お互い「優先度+1」の技を選択しており、相手のミミッキュの方が素早さが速いため、相手のミミッキュが先に「かげうち」を打てます。 そして既に相手の攻撃が優先度などの関係ですでに攻撃を終えていたため、失敗となります。 また、「優先度+2」の「しんそく」を打たれた場合は、お互いの素早さは関係なく、優先度の高い「しんそく」の方が先に動きます。 そして、「ふいうち」は失敗になります。 また、PP(技ポイント)が5しかないため、長期戦や択の読み合いには強く出ることができません。 技自体は非常に優秀なのですが、「ふいうち」を覚えるポケモン自体の素早さ種族値に問題があったり、PPが少ないと言ったことが挙げられます。 逆に言えば、これらのことを加味しても「ふいうち」は非常に優秀な技であり、覚えるポケモンには他の技を差し置いてでも、「ふいうち」を覚えさせたいです。 まとめ 某有名実況者がネタとして言っていましたが「真の強者は「ふいうち」の択を外さない!」はまさにそうで、「ふいうち」を使いこなすことができればポケモン対戦の上級者と言えるでしょう。 個人的には「ふいうち」を覚えるポケモンの多くが素早さが低いことが気になっていましたが、 ドラパルト、エースバーン、インテレオンなどの素早さが高いポケモンも「ふいうち」を覚える様になりました。 それではまた。

次の

お勧めポケモン

ポケモン ふいうち 強い

相手が使う技が攻撃技ではない場合や、優先度などの関係ですでに攻撃を終えていた場合は失敗する。 相手が『ねむり』状態でも攻撃技を選択していれば成功する。 あくタイプ物理技・威力70 「ふいうち」のメリット 「ふいうち」のメリットとしては、威力が他の「優先度+1」の技よりも高いことです。 例えば「アクアジェット」は威力40ですが、「ふいうち」は威力70もあります。 実に1. 75倍の威力です。 これはとても大きく、個人的に最も優秀な先制技だと考えている「しんそく」にも劣らないです。 特に「しんそく」はタイプ一致で打てるポケモンが少ないことを考えると、「ふいうち」をタイプ一致で打つことができれば、「しんそく」に勝らずとも劣らないとても優秀な技になります。 そのため、 こちらがクチートで「ふいうち」を選択し、相手がミミッキュで「かげうち」を選択した場合、 こちらの「ふいうち」は失敗します。 お互い「優先度+1」の技を選択しており、相手のミミッキュの方が素早さが速いため、相手のミミッキュが先に「かげうち」を打てます。 そして既に相手の攻撃が優先度などの関係ですでに攻撃を終えていたため、失敗となります。 また、「優先度+2」の「しんそく」を打たれた場合は、お互いの素早さは関係なく、優先度の高い「しんそく」の方が先に動きます。 そして、「ふいうち」は失敗になります。 また、PP(技ポイント)が5しかないため、長期戦や択の読み合いには強く出ることができません。 技自体は非常に優秀なのですが、「ふいうち」を覚えるポケモン自体の素早さ種族値に問題があったり、PPが少ないと言ったことが挙げられます。 逆に言えば、これらのことを加味しても「ふいうち」は非常に優秀な技であり、覚えるポケモンには他の技を差し置いてでも、「ふいうち」を覚えさせたいです。 まとめ 某有名実況者がネタとして言っていましたが「真の強者は「ふいうち」の択を外さない!」はまさにそうで、「ふいうち」を使いこなすことができればポケモン対戦の上級者と言えるでしょう。 個人的には「ふいうち」を覚えるポケモンの多くが素早さが低いことが気になっていましたが、 ドラパルト、エースバーン、インテレオンなどの素早さが高いポケモンも「ふいうち」を覚える様になりました。 それではまた。

次の