足 が つる 原因 は。 寝起きに足がつる人は恐ろしい病気のサインかも…頻繁に足がつる人は要注意…

寝てる時に足がつる理由は? 医師が解説

足 が つる 原因 は

突然、足がつってしまう症状のことを一般的に 「こむら返り」と呼びます。 睡眠中に突然こむら返りの症状に悩む方は、その原因が足に問題があると思いがちですが、実は違う場合があります。 足の筋肉の異常に間違いはないですが、根本的な原因の多くは、 です。 マグネシウムは筋肉を緩める働きがあり、筋肉を動かす(収縮)際に欠かせない栄養素。 そこで、マグネシウムを沢山摂取しよう!思っても、食生活の改善は難しいものです。 マグネシウムの多い海藻や青魚を毎日食べるのは大変ですから、忙しい方や健康志向の強い方の多くはを選んでいます。 足がつって辛い方への効果的な改善策はマグネシウムサプリ! なぜ睡眠中にこむら返りになるのか? 運動中に足がつるという人も結構多いと思いますが、意外と 睡眠中に足がつるという人が多いとよく耳にします。 実際に身近でも義父が睡眠中にしょっちゅう足がつって眠れないと聞きました。 睡眠中にこむら返りになる主な原因は、下記の通りです。 1.水分不足 寝る前は、夜中寝ている時にトイレに行きたくないと、どうしても 水分を控えてしまいがちです。 ただ寝ている間も汗をかくので身体の中は水分が不足してしまいます。 寝る前にコップ一杯または、コップ半分の水を飲むだけでも水分不足によるこむら返りは、防ぐことができます。 2.ミネラル不足 ミネラルであるマグネシウムやカルシウムは筋肉の収縮に関わる栄養素です。 足がつってしまう方の原因で最も多いのが、このミネラル不足。 筋肉をスムーズに動かすために欠かせないため、不足しないようにしましょう。 食事の改善が難しい方にはまとめて摂れるが人気です。 3.冷え この原因は、運動中に足がつる原因には無い原因で、夏場は、クーラーや扇風機などで寝ている間に身体を冷やすことで、冬場は、寒さによる冷えで足が冷えてしまいます。 足が冷えると筋肉が収縮して緊張状態になり、急に足を伸ばそうとしてロックがかかってしまい、足がつることがあります。 特に 寝ようとする時や熟睡中、目覚めた時に足がつるという方は、冷えが原因かもしれません。 4.筋肉疲労 普段寝ている時の筋肉は、ゆるんでいる状態ですが、昼間に運動などをして 筋肉が疲れている場合、寝ている間も筋肉が緊張して痙攣を起こし、足がつることがあります。 運動前と運動後のストレッチは、運動中のケガの予防はもちろん、 筋肉の疲労回復にも効果的です。 特に久しぶりに運動をする時には、念入りにストレッチすることをおすすめします。 睡眠中に足がつる人は、年齢に関係なくいらっしゃいますが、特に 中高年の方で多くいらっしゃるようです。 中高年の方が足がつりやすい理由は、 加齢による筋肉量の減少、脱水症状、動脈硬化による血行不良、薬の副作用など若い人に比べるとあらゆる原因が重なって足がつる可能性が高まるからです。 また足がつることが慢性化したり、重症化しやすいのも中高年の方が多いです。 病気が原因の足のつりは、病気を治療しなければ治りませんが、上記に挙げた原因は、ほんの少し日頃の生活を気を付けるだけで することが可能です。 自分の生活を見直して 足のつらないカラダ作りをしましょう。 足がつって辛い方への効果的な改善策はマグネシウムサプリ! こむら返りになりやすい季節ってあるの? 足がつるのは、一年中いつでも起きる可能性がありますが、 一年を通して一番足がつりやすい季節は、 秋から冬にかけての寒い季節です。 冷えは、万病の元とも言われますが、足がつる原因にもなっています。 マッサージをしたり、お風呂に入ったり、靴下を履いたり、いろんな冷え対策を行っていても足は冷えてしまいがちです。 また寒い季節は、汗をかかないためどうしても 水分補給を忘れがちです。 気付かないうちに身体の中の水分量は少なくなり、軽い脱水症状を起こってしまっている場合もあります。 実際に私も毎年冬にスキーをするのですが、スキー中にあまり水分補給を行わずにいて、軽い脱水症状を起こし、具合が悪くなってしまった経験があります。 汗をかいていなくても乾燥している冬は、呼吸、皮膚の湿度保持、衣類に吸湿されたり、気づかないうちに水分を失っています。 冬もしっかり水分補給を行うようにしましょう。 「足がつる」の言葉の意味 「足がつる」の「つる」を漢字で書くと 「攣る」と書きます。 つまり簡単に言えば、足が引き攣ること、痙攣(けいれん)するということです。 ちなみに「痙る」と書かれている場合は、「ひきつる」と読みます。 症状名としては「こむら返り」という言う場合が多い。 (実用日本語表現辞典より引用) 一般的に「足がつる」というと筋肉が急に収縮し、そのまま固まってしまって痛くて動かせなくなることを指し、さらに専門的な言葉では「有痛性筋痙攣」(ゆうつうせいきんれんしゅく)とも呼ばれています。

次の

背伸びをしたら足がつる!もしかして怖い病気かも!?

足 が つる 原因 は

の大きな要素と言えます「生活習慣病」があります。 これは読んで字の通り、生活習慣の乱れということで、以前は成人病と呼ばれていました。 この生活習慣病を代表する疾患が糖尿病です。 ここでは、と糖尿病の関係について考察して行きます。 糖尿病って、どんな病気? 糖尿病は、糖の代謝が悪くなって血糖値が高くなる病気です。 つまり尿の中に糖が沢山出る病気です。 腎臓が悪くなる病気と思っている人が多いと思いますが、実は 糖尿病には、様々な特徴があるのです。 私たちは食べものを食べることによって、生きるためのエネルギーを得ています。 そのエネルギーとなる栄養素が糖質です。 糖質は、砂糖や、果物、コメやジャガイモなどの炭水化物に含まれています。 糖代謝が悪くなるとおこる病気 糖代謝が効率よく行われるためには、インスリンというホルモンが必要です。 糖尿病は、その インスリンの働きが悪くなり、インスリンの量が減ることで、糖代謝のシステムがうまく働かないために起る病気なのです。 新陳代謝が上手くいかないと、行き場を失くしたブドウ糖が、血液中に増えます。 この血液中のブドウ糖を「血糖」その濃度の事を「血糖値」と言います。 そして血液中にあふれたブドウ糖が、血管や細胞を痛め、様々な合併症を引き起こします。 糖尿病合併の一つ知覚・運動神経の障害 特に 知覚神経と運動神経の障害は、糖尿病の早い時期から起こって来るのが特徴となっています。 主な症状としましては、手足のしびれや痛み、熱さ冷たさの感覚が鈍くなる手足に時折、指すような痛みが起こります。 はこの時期に繰り返し襲ってきます。 筋力の低下につながる病気です。 この知覚神経の障害が進むと、痛いとか、熱いといった感覚が鈍くなり、やけどや、怪我に気付かず細胞の炎症や、体の組織が腐る状態がおこり易くなります。 糖尿病と足のつりの関係 糖尿病を患うと、さまざまな病気を併発する要因となります。 もその一つですが、進行すると、他の病気の症状と重なって、さらに重症化する可能性を秘めている恐ろしい病気と言えましょう。 糖尿病の初期の段階では、単に足がつりやすくなると思われがちですが、これは、「糖尿病性神経障害」症状の中にある「筋肉の委縮」という怖い病気なのです。 放置しておくとさらに悪化し、足のつりにも影響してくる病気なのです。 糖尿病の血糖値を下げることで足のつり対策を 糖尿病の運動療法で大切なのは、運動を習慣化することです。 そのためには、自分に合った運動を見つけることが大切です。 脂肪燃焼と糖代謝を活発にするため、 有酸素運動、筋肉トレーニング、ストレッチングを組み合わせて行いますと、血糖値を下げることにつながります。 有酸素運動脂肪を効率よく燃焼させ、体脂肪を減らす全身運動です。 筋肉トレーニング筋肉に負荷をかけ質の良い筋肉を増やす運動です、 ストレッチング筋肉にたまった疲れを取り、運動効果を上げる運動です。 この3つを組み合わせて行うと効果的です。 足のつりの主な要因は、運動不足や栄養素の不足 とは、ふくらはぎの筋肉 主に腓腹筋 に起るケイレンのことを指します。 いわゆる足がつると言う状態になります。 あわてて無理に動かすと、周辺の筋肉を傷めたり、ひどいときには、肉離れを起こしてしまうこともあります。 これは、運動不足や、ビタミンEやマグネシウム、カルシウムの欠乏、低体温による筋肉の収縮、そして糖尿病など、様々な要因が複雑的に重なって起きる症状と言えましょう。 また昼間過度な運動をしたり、長時間歩いたりした夜に起ることもあります。 足がつるのは病気 糖尿病 や体調不良が原因の場合も多い 症状は、一般的に、何もない日常に起ることはまれにある程度です。 そこには何かの原因があるはずです。 しかし繰り返し足がつる症状が起きる場合は、糖尿病などの他の病気が要因となっていることが、多いと言うデータも示されています。 はやめに医師の診断を受けることをオススメします。 また足がつるのは 心筋梗塞の前兆ということもあるようです。 としては、糖尿病のほか、静脈瘤、甲状腺機能低下症、肝炎肝硬変、低ナトリウム血症,尿毒症、動脈硬化症,神経系の病気などあります。 また 薬の副作用が、原因となっている場合もありますので、医師の診察を受けることをオススメします。 足のつり改善策 は、体調などによって 「クセ」になることもあります。 これにはマッサージで、一時的に治すのも結構ですが、やはり、一番必要なのは、その原因となる、生活習慣の改善から取り組む必要がありそうです。 これは、生活習慣病と言われています、糖尿病と共通する面が数多くあります。 欧米化している現在の、日本人食生活の改善、運動不足の改善、偏った食事による栄養不足など、 日常生活から見直していく必要がありそうです。

次の

突然ふくらはぎがつる!足が頻繁につる人は、こんな病気に気をつけて

足 が つる 原因 は

突然、足がつって痛くて悶えたという経験、ありませんか?夜寝ている時なんかに足がつることも、けっこうよくありますよね。 しばらくすれば治まるとはいえ、あの強烈な痛みは、できればあまり体験したくないものです。 このように、誰にでも起こり得る足の攣り(つり)って、いったいどうして起きるのでしょうか?よく足がつるという人には、何か特徴があるのでしょうか?また、頻繁に足が攣る場合はどんな病院に行けばいいのでしょう? 今回は、そんな「足の攣り」に焦点を当てて、原因や予防法、対策などを詳しく、分かりやすくお話していきます。 こんな人は足がつりやすい!?よくある状況や部位などを紹介! たまに足がつるという程度ならそんなに気にならないかもしれませんが、しょっちゅう足がつるとなると相当なストレスですよね。 でも中には、足がつりやすい条件の人もいるんです。 この章では、まず足がつりやすいのはどんな条件の人なのか、足の部位の中でもどこがつりやすいのかといったことについてお話していきます。 つりやすい部位 あなたは「足がつる」と聞いて、どこを連想しますか?人によって、その部位は様々なはず。 でも、比較的よく足がつる部位というのは存在します。 ふくらはぎ• 足の裏• 足の指• 足の甲• すね これらの部位で、よく足の攣りが見られます。 一般的にはふくらはぎが多いですが、「いつも足の指ばかり攣る」という人もいるように、人によっては全くつらないところと、よくつるところがあるというのも、有りがちなケースです。 また、いくつかの部位が同時につることもあります。 足の指がつったからマッサージしていたら、隣の指までつりはじめたなんてこともあり、これはかなり辛い痛みの体験となってしまいます。 足がつりやすい時間帯 足がつったときのことを思い出していただくと、おのずと足がつりやすい時間帯というのがうかびあがってきます。 具体的には、• 明け方• 運動中 が多いです。 明け方に起きようとして足を動かしたり、伸びをしたらその途端に足がつったという経験をした人は、意外と多いのではないでしょうか。 後にお話するように、冷えも足がつる原因のひとつです。 明け方に気温が下がって身体が冷えるため、この時間帯によく足が攣るのだと考えられています。 また、お布団の重みが原因になることもあります。 さらに、運動中もよく足の痙攣が起きるタイミングのひとつです。 泳いでいるときやランニングしているときに、ふくらはぎや足の裏が釣ったことがある人も少なくないはず。 この場合も、水中での足の冷えや運動による筋肉の疲労が、足の攣りを招くと考えられます。 足がつりやすい人 以下のような人たちは、そうでない人たちよりも足がつりやすいと言われています。 高齢者• 妊娠中の女性• 服薬中の人 筋力が弱まってくる高齢者の方は、足がよく攣ると言われています。 また、ありとあらゆるマイナートラブルが生じやすい妊娠中ですが、足がつることもよくあるトラブルのひとつです。 妊婦さんに足の痙攣が起きやすい理由として、冷えやすいことに加えて、赤ちゃんの重みで骨盤が緩んだり歪んだりしやすいことが挙げられます。 また、薬剤の影響で足が攣りやすくなることもあります。 高血圧・狭心症• 甲状腺疾患• 高脂血症• 糖尿病• ホルモン剤 足がつるのって、本当に突然だし、痛みも激しくてツラいよね。 女性は妊娠中だと特に足がつりやすくなるから、冷えには普段から気を付けてね。 それから、骨盤をサポートするために骨盤ベルトを使うのも効果的だよ! どうして足がつるの?そのメカニズムを知っておこう! 足が攣ることを、別名こむらがえりとも呼びますが、そんな足の攣りやこむらがえりは一体どうして起こるのでしょうか?ここでは、そのメカニズムや原因を探っていきましょう。 足がつるメカニズム 足が攣っているとき、その部位で何が起こっているのでしょうか。 それはズバリ筋肉の痙攣(けいれん)です。 筋肉は、脳や神経からの命令によって収縮します。 この命令の伝達には筋肉内の電解質やミネラルバランスが関わっているのですが、筋肉の疲労や様々な理由で、その電解質やミネラルバランスが乱れてしまうと、命令以上に筋肉が収縮してしまい、痙攣が起きてしまうのです。 足がつる原因 そんな筋肉の痙攣を引き起こす要因は、たくさんあります。 先にも少し触れましたが、もう一度詳しく、足がつる要因になるものを挙げておきます。 骨盤のゆがみ• 身体の冷え• 筋肉の疲労や衰え• 電解質バランスの乱れ• 水分やミネラルの不足• 薬の副作用 このような理由で、筋肉を正常に動かすための指令がうまく働かなくなってしまうのです。 また、この他にも、肥満も足の攣りやこむらがえりを誘発すると考えられているんです。 肥満傾向があって足がよく攣るという人は、まずは体重や脂肪を落とす努力をしてみると良いかもしれません。 足が攣ってる時って、筋肉がビクビクと動いてるのが見える時もあるくらいだし、やっぱり痙攣が起きているんだね。 女性は骨盤が歪んだり身体が冷えたりしやすいから、そこを改善するだけでも足がつる回数が減らせるかもしれないね! ひんぱんに足がつるなら病気の可能性も!?こんな病気に注意! 足がつる要因にはミネラル不足をはじめとする様々なものがあることを、前章でお話しました。 こういったものは、健康な人でももちろん起こり得るものです。 しかし中には、病気が原因になっているケースもあり得ます。 ここでは、こむらがえりが繰り返される場合、どんな病気が考えられるかをご説明していきます。 足がつることで疑われる病気 こむらがえりや足の攣りが頻繁な場合に疑われる病気としては、以下のようなものがあります。 糖尿病• 椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症• 動脈硬化• 下肢の静脈瘤 糖尿病が悪化してくると、合併症である神経障害によって、足が攣りやすくなります。 また、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症では筋肉の緊張が、動脈硬化や下肢静脈瘤は血行不良が元となって、足が頻繁に攣るという症状が起こることがあります。 このように、メカニズムには多少の違いがあるものの、よく足がつるという背景には病気があるケースもあり得るのです。 怖い閉塞性動脈硬化症 上記のように、頻繁なこむら返りには病気がかくれていることがあるわけですが、中でも閉塞性動脈硬化症という病気には注意が必要です。 酷いケースでは足を切断しなければならないこともあり得るのです。 よく足が攣るけど原因が分からないという人は、引用文中にあるように、両足を上に挙げて血行が悪くなっていないか確かめてみてはいかがでしょうか。 病院は何科へ行くべき? 病気が元となって頻繁に足が攣ってしまうという人は、その病気を治療している主治医に相談してみましょう。 特に思い当たる病気がないのに、よく足がつるという人は、やはり病気が隠れているかもしれませんので、一度受診することをおすすめします。 その場合は、内科か整形外科に相談すると良いでしょう。 必要に応じて一度にいろんな検査ができるよう、総合病院が便利です。 足の血行が悪くなったり、神経の障害が起きたりする病気によっても、足が攣るという症状が出てくるわけだね。 この場合は、数か月に1回なんていう頻度じゃなく、毎日という人もいるよ。 もしそうなったら、すぐに病院へ行ってね! 知っておくと助かるかも!足がつった時の対処法や予防法はこれ! 病気が原因になっている足の攣りなら、元となる病気を治療することが最大の対処法や予防法になります。 では、多くの健康な人が経験するこむら返りには、どう対処したらよいでしょうか?予防する方法や、実際に足が攣ってしまった時にどうしたら早く治るのかといった対処法をご紹介します。 どうすれば予防できる? こむら返りの激しい痛みを回避するためには、日頃から予防しておくことが肝心です。 以下に予防法をご紹介します。 バランスよく食事を摂る• 冷えを改善する• 適度な運動をする• 水分補給をしっかりする 運動中に足がつるのを防ぐには、運動前後にストレッチをしっかりやることです。 そうして、筋肉にかかる負担を少なくしてあげましょう。 睡眠中のこむら返り予防は、やはり温めることです。 寝る前にお風呂に入る、冷え性がある人は湯たんぽや腹巻きをして寝るなどしてみましょう。

次の