人権 キャッチ コピー。 大手企業の秀逸なキャッチコピー【40選】

法務省:「東京2020公認 人権啓発キャッチコピーコンテスト」の入賞作品の決定について

人権 キャッチ コピー

障害のある人を含む全ての人々にとって住みよい社会づくりを進めていくためには,社会の全ての人々が障害のある人について十分に理解し,必要な配慮をしていくことが求められています。 平成28年4月には,障害を理由とした不当な差別的取扱いの禁止や合理的配慮の提供等を定めたいわゆる「障害者差別解消法」が施行され,また,2020年には,東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会を迎えることもあり,共生社会の実現に向けて,障害の有無等にかかわらず,誰もが相互に人格と個性を尊重し支え合う「心のバリアフリー」を推進することが必要とされています。 そこで,障害のある人の人権に関する啓発活動のコンセプトとなるキャッチコピーを広く一般の皆様から募集しました。 本コンテストには,927件のご応募をいただきました。 たくさんのご応募をいただきまして,ありがとうございました。 審査の結果,最優秀賞(1作品)及び優秀賞(2作品)は,次のとおりとなりました。 なお,最優秀作品は,それを素材としてポスターを作成し,全国の公共機関等へ配布・掲示し,また,最優秀作品を含めた入賞作品については,法務省の人権擁護機関の啓発活動の一環として活用します。 入賞作品 ・文字数の制限はありませんが,ポスターのキャッチコピーとして適切な文字数としてください。 ・複数作品の応募もできます。 ただし,1回につき1作品を応募してください。 ・オリジナル作品,未発表作品に限ります。 ・第三者の著作権等の権利を侵害していないものである必要があります(第三者の著作権等の権利の侵害が認められる場合,入賞を取り消し,損害賠償を請求することがあります。 ・応募作品は返却しません。 ・結果発表は,ポスターの発表をもって行います。 ・応募に係る費用は全て応募者の負担とします。 郵送による提出の場合,必要な切手の貼付のないものは受け付けません。 ・入賞作品は,ポスターのほか,法務省の人権擁護機関の啓発活動に活用します。 ・入賞作品は,その活用において,必要に応じて内容を修正することがあります。 ・応募された時点で,募集要項の記載事項に同意したものとみなします。 募集要項に違反した場合は,失格となり,入賞を取り消すことがあります。 著作権の取扱い.

次の

素人でも簡単!キャッチコピーの作り方【名作60選をみながら考えよう】

人権 キャッチ コピー

(ライザップ) アクション型のキャッチコピーはその商品から得られるモノ、つまり 「ベネフィット」を強く打ち出すことで、聞き手の購買意欲を誘います。 短さも大切ですが、具体的に 「何が得られるのか」分かりやすさが重要となります。 このように、商品やサービスの認知度を上げたいのか、購入までのスピードを上げたいのかで、使うキャッチコピーが異なってくるワケですね。 どちらの型で作るのかは、そのキャッチコピーで「何をしたいのか」という戦略的な選択となります。 これからビジネスを展開していく、特にスタートアップの方には、まずはアクション型で作ることをオススメします。 例えば、 No Music No Life(タワーレコード)。 ドラマティックで印象に残りますが、それで何が得られるのかは、読み手によって受け取り方が違うと思います。 言い換えれば、その商品・サービスが「どんなものなのか」「なんの役に立つのか」は明確に伝わらず、お客様からしたら何を伝えたいのか「分からない」のです。 伝える側が自分が専門家であるがゆえに、その言葉が 「当たり前に通じる」と思って使ってしまうパターンです。 「ミクロジンクピリチオン配合!」(メリット)と言われても、多くの人はそれがどんなにスゴイのか分からないのです。 ですが、あまり不安を煽りすぎると「胡散臭い」と感じて逆効果となります。 また、人は 「正しいことよりも、楽しいことに心惹かれる。 」それを忘れてはいけません。 なので、見たことある、聞いたことあるでは、お客様は気にも止めないのです。 また、「ひとつひとつ丁寧に・・・」「お客様の立場になって・・・」は、誰でも言えるというだけでなく、お客様からしたら 「それ、仕事なら当たり前ですよね?」のレベルなので、まったく魅力がないのです。 成果が出るキャッチコピーに必要なモノ キャッチコピーではあなたの商品・サービスの特徴を端的に表現しますが、そのために有効なのが USPという考え方です。 USPとは1940年代にアメリカで活躍した広告の神様 ロッサー・リーブス氏が編み出したマーケティングの法則で、「USPがなければ商品は売れない!」とまで言われています。 USPとは・・・ UNIQUE(独自の) SELLING(販売) PROPOSITION(提案) つまり、 「独自の販売提案」。 そして、USPは次の 3つ条件を満たさなければなりません。 キャッチコピーの作り方手順 1)ペルソナ(お客様)の設定 まずは誰に伝えたいのか、お客様を設定しましょう。 特に アクション型のキャッチコピーは「誰に役立つのか」が明確でないと伝わりません。 そして、ペルソナ設定のポイントは「たった一人」に決めること。 その一人に確実に伝わり、アクションを起こすにはどんな要素が必要なのかを徹底的に考えます。 ペルソナの設定は性別や年齢はもちろん、職業・年収・家族構成・性格や趣味に至るまで、まるで漫画やアニメのキャラ設定のように明確にしていきます。 ちなみに、ペルソナは実在しなくてもけっこう。 妄想で構いません。 2)問題の掘り起こし ペルソナを設定したら、そのペルソナが抱える 不満・不安・不便について考えていきます。 お客様が興味を持つのは 「自分にとって役に立つコト」だけです。 つまり、お客様が 自分が抱く不満・不安・不便が「解消できるかも?!」と思わなければ振り向いてもくれません。 なので、お客様が抱える不満・不安・不便をどれだけ多く知っているかがポイントになります。 3)商品・サービスの特徴を書き出す お客様の不満・不安・不便を掘り下げる一方で、商品・サービスの特徴、お客様が得られるメリット、差別化ポイント、自慢できること・・・などなどをリストアップします。 商品・サービスを購入したお客様が手にする未来像、などでもいいでしょう。 4)USPを創る 掘り下げたお客様不満・不安・不便と、商品・サービスの特徴とを比較して、キャッチコピーで訴求するポイントを1つを選びます。 ここで欲張って「なんでも解消できます!」ではイケマセン。 解消するポイントは1つです。 その1つについて、商品・サービスで提供できる 「独自の販売提案」をしてください。 これが、商品・サービスのUSPとなりますので、USPの3つの条件を満たすようにしてくださいね。 5)言葉を整理する USPを決めたら、キャッチコピーも8割型できあがっています。 あとは、ペルソナが目にした時にスルーできないような単語や言い回しを組み合わせてキャッチコピーにしていきます。 以下に今すぐ使えるキャッチコピーのコツをご紹介していますので参考にしてください。 なお、キャッチコピーはブラッシュアップを重ねて育て上げていくことが大切です。 キャッチコピー5つのコツ 1)ベネフィットを言う 例えば、「500MBの大容量」と言われるより、 「1,000曲をポケットに」(スティーブ・ジョブス)と言われた方が、「それが欲しい!!」というキモチになりませんか? 人は、モノではなくコトに惹きつけられます。 つまり、性能や品質ではなく、ソレを使ったら「どうなれるのか?」というライフスタイル。 つまり、未来の青写真を提示するのです。 2)数字を使う 数字は印象に残り、また、人の注意を惹きつけます。 キャッチコピーに数字を入れることで、聞き手はより具体的に頭の中でイメージすることができるからです。 3)短く!! 短い=覚えやすい、ということ。 覚えてもらえるキャッチコピー=良いコピーということになります。 4)名作のモデリング 名作と言われるキャッチコピーを、敬意を持って真似てみましょう。 何事も、真似ることから始まります。 まず、なぜ名作と言われるのか、自分はどんな印象を持ったのか、好きも嫌いも一度「なぜ?」を分析してみると、惹きつけるコピーのポイントが見えてきます。 5)育て上げる キャッチコピーは一度作れば完成!!ということはありません。 特にアクション型は、実際に使用してみて、お客様の反応を確認し、修正を加えることもしばしばです。 修正を重ねることで、お客様を惹きつけるキャッチコピーが生まれるのです。 まとめ キャッチコピーは2種類あり、「認知」を目的とするならイメージ型。 「行動」を目的としたアクション型が向いています。 「なぜキャッチコピーを創るのか」「そのキャッチコピーでお客様にどうして欲しいのか」という目的を明確にしてkら創りましょう。 キャッチコピーはUSPを明確にすることで、お客様を惹きつける「成果が上がるキャッチコピー」となります。 ぜひ皆さんも効果的なキャッチコピーを創ってみてくださいね! 関連する記事•

次の

大手企業の秀逸なキャッチコピー【40選】

人権 キャッチ コピー

法務省では、「東京2020公認 人権啓発キャッチコピーコンテスト」を開催、作品を募集しています。 プロ・アマ・居住地問わず、誰でも応募が可能です。 〈主催者からのご案内〉 我が国では、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を控え、未来に向けて社会全体で人権問題に取り組もうとする機運がかつてなく高まっています。 このような状況の中で、法務省の人権擁護機関では、多様な主体が互いに連携し、支え合う共生社会の実現に向け、各種の人権啓発活動を実施することを通じて、誰もがお互いの人権を尊重し合う「心のバリアフリー」を推進しています。 この「心のバリアフリー」は、「誰一人取り残さない」社会の実現を掲げている、平成27年に国連サミットにおいて採択された持続可能な開発目標(SDGs)の理念とも合致するものであり、法務省の人権擁護機関においても、SDGsの達成に向けて、人権啓発活動のなお一層の取組強化に努めていくこととしています。 本コンテストは、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催に向けて醸成された人権尊重の機運の中で、「人権啓発キャッチコピー」を広く公募し、これを法務省の人権擁護機関が実施する人権啓発活動で幅広く使用することにより、大会のレガシーとして継承するとともに、SDGsの理念の普及促進を図るものです。 〈募集内容〉 ・各種人権啓発活動で使用する、ポスター、チラシ、パンフレット、横断幕等に表示するキャッチコピー。 ・当該キャッチコピーの趣旨。 〈活用〉 入賞作品は、ポスターのほか、法務省の人権擁護機関の各種啓発活動に活用します。 〈参考にしよう・法務省が掲げる17の人権課題〉 いじめや虐待、障害者や外国人に対する偏見・差別など、ひと言で「人権」と言ってもさまざまな課題があります。 法務省では17の人権課題を重点目標に掲げ、人権擁護活動に取り組んでいます。 キャッチコピーを考える際の参考にしてみてください。 賞の内容.

次の