あんスタ メインストーリー 完結。 【あんスタ!攻略】追憶シリーズのストーリーまとめ! アイドルの過去をネタバレ込みで振り返ります【ビーズログ.com】

“キセキシリーズ”完結! TrickstarとEden、勝敗の行方は?【ぶくスタ第12回】

あんスタ メインストーリー 完結

スマートフォン向けアプリゲーム「!Music」のキャラクターの発言が波紋を呼んでいる。 「を撒き散らすよ」に物議 「あんさんぶるスターズ!(あんスタ)」は、Happy Elements(東京都港区)が開発・運営する男性アイドル育成ゲームシリーズ。 2015年にリリースされたアプリゲーム「あんさんぶるスターズ!」が人気を博し、2020年3月15日に同作をアップデートした「あんさんぶるスターズ!! Basic」と、新作である「あんさんぶるスターズ!! Music」というリズムゲームをリリースした。 5月11日、新たなメインストーリー「第百三十八話Retaliate 夏」が追加された。 そのストーリー内で「天祥院英智(てんしょういんえいち)」というキャラクターが、 「悪評を流されたら、その報復としてリベンジポルノを撒き散らすよ」 という発言を行い、インターネット上で物議を醸したのだ。 「リベンジポルノ」は、警察庁の特設サイト「リベンジポルノ等の被害を防止するために」によれば、「性的な画像等をその撮影対象者の同意なく、インターネットの掲示板等に公表する行為」である。 トップページには「プライベートな性的画像を勝手に公表することは犯罪です!!」と表示されている。 リベンジポルノへの問題視は、世界的に強まっている。 最近では、2019年11月に自殺した韓国の女性アイドルグループ「KARA」の元メンバーのク・ハラさんが、リベンジポルノで脅されていたと生前に主張していたことが、メディアなどで話題となった。 J-CASTニュースも取材依頼を行ったが... この件について、ユーザーからは苦言の声が上がっている。 その中ではファンだとみられるユーザーから、 「英智の口からリベンジポルノなんて言葉が出るとは思わなかった」「『リベンジポルノは犯罪』の認識がないわけ」 といった声が上がっている。 この発言を行ったキャラクター「天祥院英智」は、作中アイドルグループ「fine(フィーネ)」に所属するアイドルで、公式サイトによれば「冷静で思慮深い性格」とされている。 発言内容の是非とともに、「キャラクター像」に疑問を投げるユーザーも少なくはないようだ。 また、 「現に『リベンジポルノ』で自殺したアイドルがいるし、プレイヤーの層もあまり他人事ではない」「去年ハラちゃんのことがあったばかりなのに」 と落胆するツイートもあった。 昨年の事件を想起したのか、韓国語の書き込みも少なくない。 「日本人じゃないんで意味がきちんと伝わってるか不安ですが」と、日本語で書き込みを行う韓国語ハンドルネームのユーザーもいた。 さらに、お問い合わせを行ったと報告するアカウントも。 しかし、どれも回答はなかったとしている。 J-CASTニュースも取材を25日に申し込んだが、28日までに回答はなかった。 「一部修正」も該当部分は変化なし Happy Elementsは5月21日、ストーリーの一部修正を発表。 しかし、修正されたのは「[モーターショウ]泥の道で/第三話」のセリフ調整だった。 28日現在、「第百三十八話Retaliate 夏」の修正は確認できていない。 ユーザーからは 「結局リベンジポルノは修正されないのね... 」「あんスタまだリベンジポルノ修正してないの?謝罪もなし、、、?」 といった落胆する声が上がった。 これを受けて、インターネット上ではこの発言への対応を求める署名活動を始める動きなどもみられた。 チョ〜うざぁい! 夏、真っ盛りって感じだねぇ?」 あんスタ pic. twitter.

次の

【あんスタMusic】スカウト!ドールハウス

あんスタ メインストーリー 完結

スタマイのメインストが良すぎて今もまだ消化出来ない、、、。 ありがとうございました、、、ありがとう、、、ありがとう、、、😭みんなスタマイやろう! 昨日読んだメインストーリーは夢じゃなかった。 スタマイは乙女ゲーだけど本編は本当に生きるための教科書である。 本編がしんどい尊過ぎるからキャラストは甘いんだよって思ったけどキャラストも結構しんどいこと多いから……つまりスタマイは神ゲーである。 4時間かけて、メインスト最終更新分読み終わりました。 まだ、ちょっと、こころが…でも、読み終わったこのタイミングで何か言いたくて来た…。 新堂がやられた... 九条さん?!九条さーーーーーーん!!!!」って手を伸ばす... 笑 スタマイのメインストが最高でした😭完結してしまった寂しさはあるけど、これからいつでも何度でも読み直せる嬉しい💕 散らばってた伏線がカチリと歯車が噛み合うように繋がって、もう本当によかった👏 BGMも本当にいいね😊 スタマイ、メインスト完結してしまった…完走… 玲ちゃんめっちゃ成長したよね…がんばったね…お疲れさま、ありがとう… colyさま書籍化全裸待機してますのでよろしくお願いします… スタマイのメインストーリーすごかったみたいですが私はやってないのでどんなのかわからんけど戻れるなら戻りたいです スタマイのメインスト、めちゃくちゃ良くて、続きも作ろうと思えば作れそうだったけど推しー!!!ってなったのと、すごく未来を感じられるが故の寂しさを感じた。 スタマイ、メインストは乙女ゲーじゃなくてどちらかというとミステリー小説系で、個別の本編がかなり良質な乙女ゲー ここがいいスタマイメインストーリー 再掲になってしまうけど、このセリフにほんまのほんまに救われた。 人生の糧になるような言葉がたくさん出てくるのがスタマイ。 己の正義を持つ強くて弱い人たちばかりなのがスタマイ。 だからみんなゲームやってね💕 スタマイはメインストが完結しただけで、キャラ別の物語はまだまだ続いていくだろうし、season5(新章)もきっと来てくれると思います。 これからも大好きです。 それぞれの正義と、守りたいものを守り抜く姿、みんなめちゃめちゃにかっこよかったし、正義の反対はもう一つの正義という言葉の真意を垣間見た気がするし、神楽亜貴という人間の事をもっともっと好きになりました 結局終着点ここ スタマイのメインストが良すぎて今もまだ消化出来ない、、、。

次の

【あんスタMusic】メインストーリー完結キャンペーン

あんスタ メインストーリー 完結

自分はいちばん印象深いMVのユニット、「 ALKALOID」がお気に入りだ。 ALKALOIDはこの超大型アッポデートと同時に実装された新ユニットであり、あんさんぶるスターズ!! のメインストーリーの主人公的立ち位置なのもわかった。 このALKALOIDに焦点を当ててストーリーが進んでいくので、こいつらを見ていれば大体の事のあらましもわかるのでは? という考えもあった。 だが、自分の見立ては甘かった。 あんさんぶるスターズ!! Musicはアイドル実験都市みたいな壮大な場所が舞台であり、プレイヤーはそこで全てのアイドルユニットを自由にプロデュースできる超特権的存在だということが知らされた。 そして、登場するすごいアイドルたちが口々にプレイヤーの名前を出す。 学園時代、プレイヤーが為した大業などが伝えられてくる……しかし、とうぜん自分にはリメイクされる前であるあんさんぶるスターズ! の記憶がないので、色々な過去の話が出てきてもよくわからなくて狼狽えるばかりだ。 あんさんぶるスターズ!! はこの春で5年目を迎えるコンテンツであり、時の重みと言うべき窓帷が自分の前に広がっている。 これは例えるならばv5. 0から参入したロードラプレイヤーみたいな気持ちではなかろうか。 そうした気づきがあった。 そして、次第にキャラの背景とか過去が気になりだした。 自分の本能が訴えかけてきていた。 記憶喪失のままで、いいのか? いいわけがない。 自分は唸り、過去を取り戻すためにDIVEを決意した。 もうひとつのアプリであるあんさんぶるスターズ!! BasicはMusicとは違い、従来のあんスタのシステムを引き継いだ内容だ。 そして、こちらでは過去のストーリーが読める。 メインストーリーだけでも第三部まであり、自分はキアイを入れるためにエナジードリンクを飲んでから望んだ。 そしてだいたい二日くらいで読み終え、次は要所要所のポイントを抑えるために調べ物をはじめた。 Basicでは過去イベントを読むのにダイヤが必要ということだった。 しかし、ストーリーを読むごとにダイヤが回収できるのでBasic側でガチャを引いたりしない限りは過去イベントの開放に使いたい放題というすんぽうだ。 4gamerの記事を参考にし、重要そうな過去イベントを読み漁った。 全ての過去イベントを読むのはよほど時間がなければ難しいが、一部ならばなんとかなる。 自分の心は殺伐たるロードラの地平へと戻り、やる気でiPadが一際つよく輝いた。 あんさんぶるスターズ! のストーリーをざっくりと読み終えて自分が感じたのは「 これは少年漫画である」ということだ。 アイドル学園ものなのになぜか「 戦争」「 虐殺」「 捕虜」「 奸計」「 政治」などの言葉が当たり前のように出てきて、区切りごとに倒すべきボスが登場する。 自分はあまり女性向けコンテンツに明るくないので言い切れはしないが、あまりない切り口ではないだろうか。 友情・努力・勝利があるのは前提として、しっかりと各キャラクターの欠点、後ろ暗い過去などに踏み込んで描写している。 また、メインキャラクターである若い世代の内で完結しがちな題材であるにも関わらず、ちゃんと縦軸の話(アイドルの神話)を絡めており、シナリオに奥行きを感じられた。 かなり読み応えがあり、熱かった。 シナリオに期待していなかったわけではないが、これは望外の楽しさだった。 それを踏まえて見るとあんさんぶるスターズ!! Musicのメインストーリーはアンチ少年漫画的な描き方をされており、明らかに過去のストーリーとの対比を新たな舞台でやろうとしているように見える。 焼き直しではなく、ちゃんと過去があって活きる完成度の高いストーリーだということがわかった。 これはBasicで過去のストーリー・イベントを履修していなければわからなかっただろう事柄だ。 Musicのメインストーリーは更新されているところまで読み終えたが、都度追加されていくようなのでこれからに期待している。 ちなみに最新章のタイトルは「大戦争」編だ。 これで本当に「大戦争」をやるから面白い。 リズムゲーム部分についてはようやく多少慣れてきたところだ。 最初は自分の指がどこにあるか、どこを押しているのかサッパリわかっていなかった。 難点と言えるのは左右フリックの色が橙・赤であり、両方似た色で困惑するところだ。 ゲームシステムとしては可もなく不可もなし、といったところだろう。 育成はやや渋く、アイテムのドロッポもかなり偏っていると思った。 また、イベントはかなり厳しめといった印象だ。 自分は旧作のあんさんぶるスターズ! のイベントなどのバランスを知らないからこれはあくまで自分から見た感想でしかなく、間違っているかもしれないが。 何よりもやはり想定以上のCGクオリティが目を惹く。 リリース時から一ヶ月が経過したがコンスタントに曲が追加されており、今後にも期待できそうだ。

次の