ヘキサ メチレン ジアミン。 テトラメチルエチレンジアミン

ヘキサメチレンテトラミン

ヘキサ メチレン ジアミン

H314 : 重篤な皮膚の薬傷及び眼の損傷 H361 : 生殖能又は胎児への悪影響のおそれの疑い。 H371 : 臓器の障害のおそれ H372 : 長期にわたる、又は反復暴露による臓器の障害。 H373 : 長期にわたる,又は反復ばく露により臓器の障害のおそれ H317 : アレルギー性皮膚反応を起こすおそれ H402 : 水生生物に有害。 注意書き P501 : 残余内容物・容器等は産業廃棄物として適正に廃棄すること。 P273 : 環境への放出を避けること。 P272 : 汚染された作業衣は作業場から出さないこと。 P260 : 粉じん/煙/ガス/ミスト/蒸気/スプレーを吸入しないこと。 P270 : この製品を使用するときに,飲食又は喫煙をしないこと。 P202 : 全ての安全注意を読み理解するまで取り扱わないこと。 P201 : 使用前に取扱説明書を入手すること。 P264 : 取扱い後は皮膚をよく洗うこと。 無理に吐かせないこと。 口をすすぐこと。 直ちに医師に連絡すること。 次にコンタクトレンズを着用していて容易に外せる場合は外すこと。 その後も洗浄を続けること。 直ちに医師に連絡すること。 P405 : 施錠して保管すること。

次の

一連のヘキサアミン・二銅(II)錯体の固相と溶液内での構造の多様性

ヘキサ メチレン ジアミン

JP2004203837A - ジアミン・ジカルボン酸塩の製造方法 - Google Patents JP2004203837A - ジアミン・ジカルボン酸塩の製造方法 - Google Patents ジアミン・ジカルボン酸塩の製造方法 Info Publication number JP2004203837A JP2004203837A JP2002377239A JP2002377239A JP2004203837A JP 2004203837 A JP2004203837 A JP 2004203837A JP 2002377239 A JP2002377239 A JP 2002377239A JP 2002377239 A JP2002377239 A JP 2002377239A JP 2004203837 A JP2004203837 A JP 2004203837A Authority JP Japan Prior art keywords diamine acid method dicarboxylate producing Prior art date 2002-12-26 Legal status The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed. Pending Application number JP2002377239A Other languages Inventor Takashi Mimizuka Masanari Yamada 勝成 山田 孝 耳塚 Original Assignee Toray Ind Inc 東レ株式会社 Priority date The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed. -1 diamine dicarboxylic acid salt Chemical class 0. 000 title claims abstract description 32• 150000001413 amino acids Chemical class 0. 000 claims abstract description 26• 239000007864 aqueous solution Substances 0. 000 claims abstract description 24• 239000003960 organic solvents Substances 0. 000 claims abstract description 19• 150000003839 salts Chemical class 0. 000 claims abstract description 13• 000 claims description 42• 150000004985 diamines Chemical class 0. 000 claims description 40• 125000000524 functional group Chemical group 0. 000 claims description 16• 000 claims description 15• 000 claims description 12• 229930012098 Succinic acid Natural products 0. 000 claims description 12• 125000001931 aliphatic group Chemical group 0. 000 claims description 12• 239000001384 succinic acid Substances 0. 000 claims description 12• 235000011044 succinic acid Nutrition 0. 000 claims description 12• 229960005261 Aspartic Acid Drugs 0. 000 claims description 11• 229960002989 Glutamic Acid Drugs 0. 000 claims description 11• 229930002999 L-Aspartic acid Natural products 0. 000 claims description 11• 229930004771 L-Glutamic acid Natural products 0. 000 claims description 11• 229930016272 L-Lysine Natural products 0. 000 claims description 11• 000 claims description 11• 000 claims description 11• 239000004472 Lysine Substances 0. 000 claims description 11• 125000003277 amino group Chemical group 0. 000 claims description 11• 000 claims description 11• 229960003646 lysine Drugs 0. 000 claims description 11• 000 claims description 10• 229930013306 Adipic acid Natural products 0. 000 claims description 10• 239000001361 adipic acid Substances 0. 000 claims description 10• 235000011037 adipic acid Nutrition 0. 000 claims description 10• 000 claims description 8• 000 claims description 8• 000 claims description 7• 150000004984 aromatic diamines Chemical class 0. 000 claims description 7• 000 claims description 6• 125000003118 aryl group Chemical group 0. 000 claims description 5• 000 claims description 4• 239000008067 acetonitrile Substances 0. 000 claims description 4• 230000002378 acidificating Effects 0. 000 claims description 4• 000 claims description 3• 239000005700 Putrescine Substances 0. 000 claims description 3• 000 claims description 3• 239000008066 acetone Substances 0. 000 claims description 3• 000 claims description 2• 000 claims description 2• 000 claims description 2• 229930017402 Sebacic acid Natural products 0. 000 claims description 2• 000 claims description 2• 000 claims description 2• 000 claims description 2• 239000008081 methanol Substances 0. 000 claims description 2• 000 claims description 2• 000 claims description 2• 238000009836 production method Methods 0. 000 claims description 2• 000 claims description 2• 000 claims description 2• 238000004519 manufacturing process Methods 0. 000 claims 2• 239000002253 acid Substances 0. 000 claims 1• 150000001298 alcohols Chemical class 0. 000 claims 1• 150000002576 ketones Chemical class 0. 000 claims 1• 150000002825 nitriles Chemical class 0. 000 claims 1• 239000000243 solutions Substances 0. 000 abstract description 12• 238000002425 crystallisation Methods 0. 000 description 14• 239000000126 substances Substances 0. 000 description 11• 229940021015 I. solution additive Amino Acids Drugs 0. 000 description 8• 235000001014 amino acids Nutrition 0. 000 description 8• 229920000642 polymers Polymers 0. 000 description 7• 239000002904 solvents Substances 0. 000 description 6• 238000006243 chemical reaction Methods 0. 000 description 5• 238000000855 fermentation Methods 0. 000 description 5• 238000000746 purification Methods 0. 000 description 5• 000 description 4• 000 description 4• 238000001914 filtration Methods 0. 000 description 4• 238000003756 stirring Methods 0. 000 description 4• 150000001991 dicarboxylic acids Chemical class 0. 000 description 3• 238000002955 isolation Methods 0. 000 description 3• 239000000523 samples Substances 0. 000 description 3• 238000000926 separation method Methods 0. 000 description 3• 150000001408 amides Chemical class 0. 000 description 2• 238000004458 analytical methods Methods 0. 000 description 2• 000 description 2• 238000001816 cooling Methods 0. 000 description 2• 150000001990 dicarboxylic acid derivatives Chemical class 0. 000 description 2• 230000000694 effects Effects 0. 000 description 2• 150000002148 esters Chemical class 0. 000 description 2• 150000002170 ethers Chemical class 0. 000 description 2• 239000000203 mixtures Substances 0. 000 description 2• 000 description 2• 000 description 2• 239000000047 products Substances 0. 000 description 2• 000 description 2• 125000000542 sulfonic acid group Chemical group 0. 000 description 2• 000 description 1• 229960001230 Asparagine Drugs 0. 000 description 1• 000 description 1• 229960002433 Cysteine Drugs 0. 000 description 1• 000 description 1• 229960002743 Glutamine Drugs 0. 000 description 1• 229960002449 Glycine Drugs 0. 000 description 1• 229930001558 Glycine Natural products 0. 000 description 1• 000 description 1• 229960002885 Histidine Drugs 0. 000 description 1• 000 description 1• 229930002176 L-Arginine Natural products 0. 000 description 1• 229930014848 L-Asparagine Natural products 0. 000 description 1• 229930016229 L-Cysteine Natural products 0. 000 description 1• 229930007388 L-Histidine Natural products 0. 000 description 1• 229930012660 L-Serine Natural products 0. 000 description 1• 229930006896 L-Threonine Natural products 0. 000 description 1• 229930014148 L-Tyrosine Natural products 0. 000 description 1• 000 description 1• 000 description 1• 239000004201 L-cysteine Substances 0. 000 description 1• 000 description 1• 000 description 1• 000 description 1• 000 description 1• 000 description 1• 000 description 1• 000 description 1• 239000004473 Threonine Substances 0. 000 description 1• 229960004441 Tyrosine Drugs 0. 000 description 1• 150000001450 anions Chemical class 0. 000 description 1• 000 description 1• 000 description 1• 000 description 1• 150000001732 carboxylic acid derivatives Chemical class 0. 000 description 1• 238000000605 extraction Methods 0. 000 description 1• 000 description 1• 239000001104 hydrochloric acid Substances 0. 000 description 1• 150000002484 inorganic compounds Chemical class 0. 000 description 1• 229910010272 inorganic materials Inorganic materials 0. 000 description 1• 150000002500 ions Chemical class 0. 000 description 1• 239000000463 materials Substances 0. 000 description 1• 229910052751 metals Inorganic materials 0. 000 description 1• 238000000034 methods Methods 0. 000 description 1• 229960001153 serine Drugs 0. 000 description 1• 229960002898 threonine Drugs 0. 000 description 1 Abstract 【0001】 【発明の属する技術分野】 本発明はジアミン・ジカルボン酸塩の製造方法に関するものであり、ジアミン・ジカルボン酸塩は、ポリアミド原料として有用である。 【0002】 ポリアミドは、樹脂、繊維およびフィルム等広い用途で使用されている重要な工業材料である。 【0003】 【従来の技術】 従来ポリアミドは、原料であるフリーのジアミンおよびフリーのジカルボン酸を、各々を精製した後、等モル混合し重合反応を行い製造していた。 従来のジアミンおよびジカルボン酸は石油由来の原料を用いるため、溶媒を特に用いることなくフリーのジアミンおよびジカルボン酸が得られた(非特許文献1参照)。 そのため水溶液からのジアミン・ジカルボン酸の晶析を検討する必要はなかった。 【0004】 しかし、発酵または酵素法によりポリアミド原料を製造するためには、溶媒として水を使うことが一般的であり、また発酵または酵素法を行うためにはpHの調整が一般的に必要である。 そのため中和に無機化合物が一般的に用いられ、その無機塩としてジアミンまたはジカルボン酸が晶析されている。 例えば、ジカルボン酸であるコハク酸の発酵による製法などでは、コハク酸カルシウムとして晶析し精製している(特許文献1参照)。 【0005】 また、発酵による副生成物としてアミノ酸が含まれることが一般的である。 【0009】 ジアミン・ジカルボン酸塩およびアミノ酸は共に水への溶解度は高く、水溶液から直接ジアミン・ジカルボン酸塩のみを晶析する事ができない。 【0010】 またポリアミドに重合する際にジアミン・ジカルボン酸塩中にアミノ酸が含まれていると、アミノ酸が重合されポリマーの分岐を起こしたり、ポリマーの結晶化度を低下させたりする。 【0011】 【課題を解決するための手段】 そこで、本発明者らは、前記課題を解決するために鋭意検討した結果、本発明に到達した。 【0012】 すなわち、本発明は、「アミノ酸と、官能基としては2つのアミノ基のみを有する脂肪族および/または芳香族のジアミンと、官能基としては2つのカルボキシル基のみを有する脂肪族および/または芳香族のジカルボン酸を含む水溶液から、ジアミン・ジカルボン酸塩を晶析させる際に、有機溶媒を添加することを特徴とするジアミン・ジカルボン酸塩の製造方法。 」である。 【0013】 【発明の実施の形態】 以下、本発明を詳細に説明する。 【0014】 本発明で使用する、官能基としては2つのアミノ基のみを有する脂肪族または芳香族のジアミンとは、前記2つのアミノ基以外には、実質上、官能基が存在しないものである。 例えばアミノ基やカルボキシル基がこれに該当するが、それ以外には、酸性基(スルホン酸基、リン酸基、フェノール性水酸基等)や塩基性基(ヒドラジノ基)やプロトニックな極性基(水酸基等)や開裂性を有する基(エポシキ基、過酸化基等)やその他反応性の高い基(イソシアナート基等)が該当することが多い。 一方、ハロゲン置換基や芳香族性置換基は比較的安定であり、エーテル、エステル、アミド等も安定であり、官能性が低い場合が多い。 【0015】 本発明で使用する、官能基としては2つのアミノ基のみを有する脂肪族または芳香族のジアミンに特に制限はない。 好ましくは以下一般式(1)、(2)または(3)で示されたジアミンである。 【0020】 本発明において、ジアミンとして、以上の通りのものが選択されると工業利用されているポリアミドが製造できるため好ましいのである。 【0021】 本発明で使用する、官能基としては2つのカルボキシル基のみを有する脂肪族または芳香族のジカルボン酸とは、前記2つのカルボキシル基以外には、実質上、官能基が存在しないものである。 例えばアミノ基やカルボキシル基がこれに該当するが、それ以外には、酸性基(スルホン酸基、リン酸基、フェノール性水酸基等)や塩基性基(ヒドラジノ基)やプロトニックな極性基(水酸基等)や開裂性を有する基(エポシキ基、過酸化基等)やその他反応性の高い基(イソシアナート基等)が該当することが多い。 一方、ハロゲン置換基や芳香族性置換基は比較的安定であり、エーテル、エステル、アミド等も安定であり、官能性が低い場合が多い。 【0022】 本発明で使用する官能基として2つのカルボキシル基のみを有する脂肪族または芳香族のジカルボン酸に特に制限はない。 好ましくは、以下一般式(4)、(5)または(6)で示されたジカルボン酸である。 【0027】 なお、前記ジアミン又はジカルボン酸はそれぞれ、単種類で用いることが好ましい。 ジアミン又はジカルボン酸が複数種類の混合物であると晶出が困難となり、化学純度の管理が複雑になる恐れがあるからである。 【0028】 本発明において、ジカルボン酸として、以上の通りのものが選択されると工業利用されているポリアミドが製造できるため好ましいのである。 【0029】 晶析操作前に水溶液中のジアミンとジカルボン酸を等モルに調整することが好ましい。 更に好ましくはジカルボン酸を過剰(ジアミン:ジカルボン酸=1:1.1〜1.5[モル比]に加える方がよい。 【0030】 本発明の精製方法は、ジアミン・ジカルボン酸塩を含む水溶液に、不純物としてアミノ酸が含まれている場合の精製に特に有効に本発明の効果を発揮するものである。 含まれているアミノ酸に特に制限はない。 本発明において、水溶液中に含まれるアミノ酸濃度は、好適には0.01から1重量%である。 【0031】 本発明で使用する官能基として2つのアミノ基のみを有する脂肪族または芳香族のジアミンと、官能基として2つのカルボキシル基のみを有する脂肪族または芳香族のジカルボン酸塩水溶液は、特に限定されない。 例えば、官能基として2つのカルボキシル基のみを有する脂肪族または芳香族のジカルボン酸酸を生産することのできる微生物を、官能基として2つのアミノ基のみを有する脂肪族または芳香族のジアミンで中和しながら培養した液体培養液および固体培養物を熱水抽出した固体培養抽出水溶液などが好ましい。 液体培養液を用いる場合は菌体を除去した方が好ましい。 培養液中の金属イオンや低分子の陰イオン濃度は低い方が好ましい。 【0032】 また、脱色のために活性炭処理を行っても良い。 活性炭処理を行う溶液のpHは特に限定されないが、中性付近で行うのが効率的であり好ましい。 【0033】 晶析を効率的に行うために、および釜効率を良くするためにジアミン・ジカルボン酸塩を含む水溶液中におけるジアミン・ジカルボン酸塩濃度は、好ましくは60(より好ましくは80)重量%以上である。 その為ジアミン・ジカルボン酸塩を含む水溶液は濃縮するのが好ましい。 濃縮の程度は、無機塩およびジアミン・ジカルボン酸塩が結晶として析出しない程度が好ましい。 水溶液中のジアミン・ジカルボン酸塩濃度、その他の塩濃度によって濃縮の程度は変わるが、重量基準で1/4〜1/30まで濃縮するのが好ましく、1/10から1/20まで濃縮するのがより好ましい。 【0034】 濃縮方法は常圧濃縮、減圧濃縮のいずれでもよいが、濃縮時の液温は通常、水の沸点以下で行われる。 かかる液温とするとジアミン・ジカルボン酸塩が分解する恐れがない。 【0035】 本発明で、晶析母液に添加する有機溶媒は、アルコール類、ケトン類またはニトリル類が好ましい。 更に好ましくは、炭素数6以下の脂肪族アルコール類、炭素数6以下の脂肪族ケトン類または炭素数6以下の脂肪族ニトリル類である。 【0036】 例えば有機溶媒の具体的例として、メタノール、エタノール、プロパノール、ブタノール、ヘキサノール、イソプロパノール、アセトニトリルまたはアセトン等が挙げられる。 【0037】 その他、有機溶媒は単独である必要はなく、混合溶媒で有っても良い。 例えば、エタノール・アセトン混合液等が挙げられる。 【0038】 本発明で用いる有機溶媒量は特に限定されないが、有機溶媒が添加される際のジアミン・ジカルボン酸塩を含む水溶液の重量に対して通常0.1〜5倍、本発明を特に効果的に実施するためには0.3〜2倍が使用される。 あるいは、ジアミン・ジカルボン酸塩重量に対して、好ましくは1から10(より好ましくは3〜7)倍である。 ジアミン・ジカルボン酸塩を含む水溶液と有機溶媒との接触方法は任意であり、バッチ法であっても連続法であってもよい。 【0039】 次いで、好ましくは濃縮工程で濃縮された、ジアミン・ジカルボン酸塩水溶液に有機溶媒を添加し、析出した結晶を遠心分離などの通常の固液分離の方法によって取り除き、この濾液である有機溶媒溶液からジアミン・ジカルボン酸塩を通常の晶析分離操作によりジアミン・ジカルボン酸塩を単離する。 例えば、この有機溶媒溶液をそのまま冷却してジアミン・ジカルボン酸塩を晶析した後、結晶を遠心分離などの通常の固液分離の方法によって単離すると高純度のジアミン・ジカルボン酸塩を得ることができる。 このようにして、製造されたジアミン・ジカルボン酸塩は、ジアミン1分子とジカルボン酸1分子よりなる塩であると考えて良いが、何等他の形態を排除するものでもなく、例えばジアミン2分子とカルボン酸2分子より形成された塩等が含まれていても良い。 【0040】 晶析行程でジアミン・ジカルボン酸塩から分離された有機溶媒は晶析操作にリサイクルすることが好ましい。 【0041】 かくして単離したジアミン・ジカルボン酸塩は、必要に応じて、再度既知の晶析精製方法で、つまり、有機溶媒で均一溶液とした後、その均一液を冷却したり、熱時ろ過したろ液を冷却したりしてジアミン・ジカルボン酸塩を結晶化させ、高純度品にできる。 こうして得られたジアミン・ジカルボン酸塩がポリアミド原料として利用できる。 【0042】 【実施例】 以下に実施例を示し、本発明を更に具体的に説明するが、本発明はこれら実施例の記載に限定されるものではない。 スラリーの粘度が上昇し攪拌操作性が悪化し始めたところで濃縮を終了した(スラリー重量:30.5g)。 この結晶の化学純度は87.6重量%であった。 この水溶液を1L3つ口フラスコ内で減圧下で水を留去した。 スラリーの粘度が上昇し攪拌操作性が悪化し始めたところで濃縮を終了した(スラリー重量:46.5g)。 溶解せずに析出した結晶をろ過により固液分離した。 この結晶の化学純度は99.6重量%であった。 【0047】 比較例1に比べ化学純度の高いジアミン・ジカルボン酸塩が得られた。 この水溶液を1L3つ口フラスコ内で減圧下で水を留去した。 スラリーの粘度が上昇し攪拌操作性が悪化し始めたところで濃縮を終了した(スラリー重量:43.8g)。 溶解せずに析出した結晶をろ過により固液分離した。 この結晶の化学純度は99.4重量%であった。 【0049】 ジカルボン酸成分としてアジピン酸に代えて、コハク酸について実施例1に記載と同様の条件にて実施したところ、化学純度は99.4重量%となった。 この水溶液を1L3つ口フラスコ内で減圧下で水を留去した。 スラリーの粘度が上昇し攪拌操作性が悪化し始めたところで濃縮を終了した(スラリー重量:44.5g)。 溶解せず析出した結晶をろ過により固液分離した。 その後均一に溶解した溶媒を徐々に冷却し、晶析、固液分離、乾燥してヘキサメチレンジアミン・コハク酸の等モル塩である結晶19.2gを得た。 仕込みヘキサメチレンジアミン・コハク酸基準のヘキサメチレンジアミン・コハク酸塩単離収率は82%であった。 この結晶の化学純度は99.5重量%であった。 【0052】 【発明の効果】 本発明によれば、アミノ酸を含有するジアミン・ジカルボン酸塩水溶液からジアミン・ジカルボン酸塩とアミノ酸を分離できる。 2002•

次の

JP2004203837A

ヘキサ メチレン ジアミン

テトラメチルエチレンジアミン N, N, N', N'-テトラメチルエタン-1,2-ジアミン 別名 1,2-ビス(ジメチルアミノ)エタン TMEDA TEMED TMED TMEN C 6H 16N 2 CH 3 2NCH 2CH 2N CH 3 2 116. 20 110-18-9 形状 無色液体 と 0. 不快な魚臭を持つ無色の液体。 TMEDA, TEMED, TMED, TMEN などの略称で呼ばれる。 pKb()は 5. に定める第4類危険物 第1石油類に該当する。 さまざまな金属塩と安定な錯体を作り、へ可溶化させる。 では、イオンへの親和性がよく知られる。 n-BuLi が作る6量体クラスターに作用し、活性化させる。 他の用途 [ ] テトラメチルエチレンジアミン(0. 1~0. ポリアクリルアミドゲルは やで担体とされる。 出典 [ ]• 東京化成工業株式会社• Haynes, R. ; Vonwiller, S. "N,N,N',N'-Tetramethylethylenediamine" in Encyclopedia of Reagents for Organic Synthesis Ed: L. Paquette 2004, J. 例:Morse, P. ; Girolami, G. Chem. Soc. 1989, 111, 4114-4115. この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の