一重 奥二重。 【デザイン例】一重・奥二重の方のマツエク提案と参考画像まとめ|Beauté(ボーテ)

一重・奥二重用ビューラーが凄い!アイプチ フィットカーラー❤根元から上向きに

一重 奥二重

一重まぶたなら一重まぶたに• 奥二重なら奥二重に• 二重なら二重に なる確率が高いです。 両親のどちらかが一重で、どちらかが二重の場合は、50%の確率で一重か二重になることが多いですが、両親が二重でも子どもは一重だったというケースも多くあるので、あくまでも計算上は遺伝だと言えます。 脂肪が原因 遺伝の他にも、脂肪が関係している場合があります。 一重まぶたの人は、まぶたの脂肪とむくみが、二重の人に比べて多く付いていることが分かっています。 実際に、ダイエットに成功した女性が、痩せたら二重になった! という話はよく聞きますので、遺伝じゃない場合は、脂肪が原因だと思っておいてください。 奥二重や一重まぶたを二重にする方法6選! 一重や奥二重の人に向けて、二重にする方法を集めてみました。 自分に合った方法で行ったり、さまざまな方法を試してみたりして、ぱっちり二重を目指しましょう。 毛細血管マッサージで代謝アップ 毛細血管をマッサージすることで、まぶたに刺激を与えて二重にする方法です。 目の周りの血液循環が良くなり、代謝がアップする効果があります。 爪が長いと、このマッサージはできないので、マッサージをする際は、眼球を傷つけないように爪を短くした状態で行うことをオススメします。 絆創膏を使った二重にする方法 絆創膏のガーゼではない、粘着の部分だけを使って二重にする方法です。 自分のなりたい二重の幅に合わせて、絆創膏を切っておきましょう。 幅をあまり欲張りすぎると、二重にならない場合があるので、気をつけて下さいね。 綿棒などを使ってまぶたの油分を取り除きます。 化粧水など何もつけていない状態のまぶたに、先程切った絆創膏を、目を開けたまま、まつげの生え際にそって貼っていきます。 最初はうまくいかずに失敗する人が多いですが、だんだん癖が付いてくると、絆創膏を貼る位置も一目で分かるので、練習あるのみです。 でも、なかなか難しい!上手くできない!という人が多いです。 透明で防水の絆創膏がオススメです。 100円均一などでも、売られているので、失敗しても良いようにお手頃価格の絆創膏を用意した方がいいです。 まぶたの筋トレをする 毎日コツコツ腹筋をすれば、必ず効果は現れるものです。 それと同じで、まぶたも毎日コツコツと筋トレを行えば二重になることができるのです。 その筋トレ法とは、「ウインク」をするだけ。 それも1日に1回を目安に行うので、時間の空いた時にできます。 テレビを見ながらでも出来ますし、入浴中にもできますので、是非試してみてください。 3分間を目安にして、片目ずつリズミカルにウインクをしていきましょう。 好きな音楽を流しながら行っても効果的ですよ。 鏡を見ながらウインクすると、より効果が出て良いと思います。 二重の癖をつけるアイプチを使う方法 さきほどまで、お金を掛けずに二重にする方法を紹介してきました。 でも、• 「そんな面倒なことはしたくない!」• 「もっと簡単にできる方法はないか?」 という女性におすすめなのが、二重にするアイプチを使った方法です。 アイプチは、二重まぶたにしたいと思う女性なら、誰もが知っている定番のアイテムです。 アイプチは化粧をする時に使うことが多いですが、すっぴんの時や、夜寝る時もアイプチをし続けることで、癖がついて二重になった人がたくさんいます。 夜寝ている時に使うのがおすすめ! アイプチは特に、夜寝ている間に使うと、癖がつきやすくなります。 寝ているときは昼間と違い「まばたき」をしないから癖がつきやすい!というのがおすすめの理由です。 しかし、寝る時にアイプチをしていると、無意識に目を掻いてしまうということがあるかもしれません。 それを防ぐ方法としてはアイプチをしたら、その上からアイマスクをするなどして対策をするのもおすすめです。 夜用で優しい成分のものがおすすめ! 肌が弱い人は、経験したことがあるかと思いますが、まぶたは特に皮膚の中でも薄い部分なので、少しの刺激で傷ついてしまいます。 そのため、夜寝る時に使用するアイプチは、昼用ではなく、夜用のものを使うようにしましょう! 自分のまぶたに合う合わないもありますし、その時の自分のまぶたの状態によっても、効果のあるアイプチは変わります。 そのため、いくつか商品を試してみて、一番自分に合うアイプチと出会うことが大切です。 目が腫れた日などは、同じ場所に二度アイプチをすることで、いつも通りの二重を作ることができます。 メザイクを使う これも良く、二重を作るに当たって使っている女性が多いと思いますが、細くて透明のファイバーを、まぶたにくい込ませて二重を作る方法です。 絆創膏などよりも目立つことが少ないので人気を集めているのですが、 くい込ませることが難しく、なかなか始めは上手くいかないことが多いです。 練習をして慣れてしまえば、メザイクをつかった方が良いと思いますが、失敗してしまうと返ってメザイクは目立ってしまう可能性があります。 そのため練習期間は、家の中だけにするなどの工夫をして、挑戦してみるといいと思いますよ。 タオルの温令交代法 まぶたに冷たいタオルと、温かいタオルを交互に乗せていく方法です。 温かいタオルをまぶたに乗せることによって、血行が良くなり腫れぼったいまぶたを、スッキリさせる効果があります。 血行が良くなると、まぶたがスッキリするだけではなく、目の疲れも一緒に取れていくので、一石二鳥ですね。 ホットタオルは、水に濡らしてかるく絞ったタオルを、電子レンジで1分程度温めると出来上がりです。 取り出してから数秒は、とても熱くなっているので少しタオルを振ってから、まぶたに当てるようにしてくださいね。 ホットアイマスクを使っても同じように効果がありますよ。 ホットタオルやホットアイマスクは、5分程度まぶたの上に乗せておきましょう。 そしてその後、冷たい水で濡らしたタオルを1分まぶたの上に乗せて引き締めます。 これを毎日コツコツと2、3回繰り返すことによって、まぶたの血行がよくなりむくみが取れてくるので、二重まぶたになる人もいると言われています。 40度程度の温かさで大丈夫なので、お風呂の入浴中にするとリラックスできてオススメです。 自宅にいながらl自力で二重まぶたにする方法6選をお伝えしました。 アイプチやメザイクを使って、二重にする方法を選ぶ場合は、それに加えてマッサージや筋トレをすると、より効果が出安くなります。 アイプチやメザイクをしていない時間に、マッサージなども取り入れて、行ってみてはいかがでしょうか。 自宅で二重にするには、時間はかかりますが、諦めずにコツコツ続けていくことが、二重への近道となります。 実は多くの人がやっている二重整形 二重になりたいけれど、整形まではちょっと勇気がいると思っている人は少なくありません。 二重にしたいけれど、なかなか勇気が出せずに結局そのままの人のために、二重整形について詳しくお伝えしていきます。 詳しく知った上で、整形を考え直すのも遅くないと思います。 是非参考にしてみて下さいね。 まず、二重整形と言っても、様々な種類があり、その人のまぶたの特徴や状態によって、どの方法で手術をするのかが決まります。 大きく分けて2つの手術方法があるので順番にご紹介します。 二重埋没法 この二重埋没法は、つくりたい二重のラインに合わせて糸を結びつけて、二重にするというもの。 二重整形のなかでも一番気軽にできると言われています。 大きく切開することがないので、初めて整形を考えている人には、オススメの方法ですし、比較的お値段もリーズナブルです。 また、埋没法の中にもさらに種類があり、• 「瞼板法」• 「挙筋法」 の2種類があります。 瞼板法のメリットとデメリット 瞼板法は、糸を上まぶたの裏にある「瞼板」と言う軟骨に結びつけます。 そのため、安定した二重が作れると言われており、術後に時間が経っても二重幅が狭くなったり、一重にもどってしまうことが少ないです。 瞼板は、挙筋よりも手前に位置しているため、瞼の手前の方で糸を結ぶことができるので、術後の腫れも少ないですし、埋没法の修正を行う場合も、スムーズに進むと言われているのです。 しかし、本来まぶたは軟骨と繋がっていません。 なのでこの瞼板法で作った二重は、突然糸が切れてしまう可能性も考えられています。 そうなると、 糸が切れる度に手術を行わなければならないのがデメリットです。 また、まぶたの裏に糸を通すので、眼球に糸が当たってしまって違和感ができるという可能性もあります。 挙筋法のメリットとデメリット 挙筋法は、「挙筋」という筋肉に糸を結びつける方法で、瞼板法に比べると奥の方で糸を結びつけるため、糸が取れにくいと言われています。 糸の結び目も奥にあることから、糸がまぶたの裏にでてくる心配もありません。 しかし挙筋が傷んでくることがあります。 挙筋が傷んできてしまうと、「眼瞼下垂」になる可能性があるのがデメリットになります。 糸が奥にあることで、腫れも長く続きやすいです。 埋没法をやる際には、どちらの種類で二重整形するのかをきちんと考えましょう。 二重切開法 まぶたを切開して、二重まぶたにする方法です。 こちらも• 「全切開法」• 「部分切開法」 の2種類の方法があります。 全切開法のメリットとデメリット 全切開は目の上の皮膚を一度切ってから縫合する手術法になります。 手術を行いながら、まぶたの余分な脂肪も取り除くことができるものなので、腫れぼったくて、なかなかアイプチなどでも二重にならない人にオススメの方法です。 メスを使って皮膚を大きく切る手術なので、術後の赤みや腫れが他の手術法に比べると、長くなってしまいます。 糸を抜くまでにはだいたい5日から7日かかると言われているのと、二重が完全に定着するまでに1年かかる人もいますので、ダウンタイムがとても長いです。 部分切開のメリットとデメリット 部分切開は、全切開と同じ方法で行うのですが、メスを入れて切る部分が少ないことから、ダウンタイムは短くなります。 二重が定着するのに3ヵ月から半年と言われているので、比較的早くから日常生活に戻ることができるので、ダウンタイムを短くしたい人にはオススメの方法です。 しかし、どちらも術後は5日から7日程度、まぶたに糸が残った状態で過ごさなければなりませんし、腫れや赤みもあるため、外出は控えたほうが良さそうですね。 長期休みを取れる時にしか行えない手術なので、時間を作るのが難しい人にとっては、デメリットとなります。 このように、二重整形にはメリットもデメリットもあります。 二重の整形手術の費用はいくら? 手術料金は、受ける病院によって大幅に変わってくるので確認が必要ですが、 埋没法は高くても20万円程度で、切開法は45万円程度になります。 また、追加の料金が発生する可能性もあるので、手術を受ける前にきちんと担当医と相談をしておくことが大切ですね。 まとめ いかがでしたか? 二重になるまでには、コツコツと日々努力が必要ですが、最終的には二重整形という方法もあるので、諦めずに行っていきましょう。 多くの人が抱えている悩みなので、友人やネットなどで情報交換をしながら自分に合った方法で、二重を作って行けるといいですね。

次の

せめて一重から奥二重になりたい!癖付けする方法やコツとは

一重 奥二重

一重・奥二重・二重:見てわかる違い 「暗い」「眠そう」なんてイメージを持たれがちな一重まぶた。 「クール」な印象で一重に見えてしまいがちな奥二重まぶた。 「明るい」「華やか」な雰囲気のパッチリとした二重まぶたと、いったい何がちがうのでしょう? まずは、 まぶたの構造について知っておきましょう。 まぶたを開いたり閉じたりする動きは、「眼輪筋」の奥にある、「眼瞼挙筋」というまぶたの筋肉の収縮によって、「瞼板」が持ち上がったり下がったりすることによるものです。 まぶたを動かしたり、涙の量を調整する機能を持っています。 この筋肉が収縮することによって、まぶたが開きます。 眼瞼挙筋の収縮により持ち上げられ、まぶたが開きます。 一重、奥二重、二重:構造の違い 「瞼板」を持ち上げている「眼瞼挙筋」が、「瞼板」と1カ所で接合していると一重まぶたになります。 一方、「眼瞼挙筋」が枝分かれして、「瞼板」以外の場所で、皮膚とも接合していると二重まぶたになるという、構造上の違いがあります。 目を開いた時に、皮膚につながっている「眼瞼挙筋」の枝分かれした部分が同時に引っ張られることによって、まぶたの上の皮膚が全体的に引っ張られて折り込まれることによって、二重のラインが形成されます。 しかし、「眼瞼挙筋」が枝分かれしていても、折り込まれる皮膚の部位は人によって異なるため、二重のラインが極端に狭くなったり、まぶたの脂肪が多いために二重のラインが全体的にまぶたの皮膚の内側に隠れて見えなくなったりすることによって、奥二重が形成されます。 つながっていたとしても、つながりが弱かったり、まぶたの皮下脂肪が多かったりすると、まぶたの上の皮膚が持ち上がらず、二重のラインが形成されないため、一重になります。 末広二重と平行二重の見分け方 二重まぶたにも、大きく分けて2つのタイプがあります。 蒙古襞(もうこひだ)が目頭を覆っている黄色人種に多い二重です。 目頭に密着するような形で二重のラインがスタートし、目尻に向かって徐々に広がっていくのが特徴です。 目頭から目尻まで、ほとんど同じ幅で二重のラインが続いているのが特徴です。 一重:アイメイクのポイント! まつ毛の生え際がまぶたに覆われて見えないことが多い 一重まぶたの場合、アイメイクのポイントを目尻と下まぶたに置くとよいでしょう。 上まぶたに太いラインを入れる人もいますが、目を閉じた時の印象が悪くなるので控えることをオススメします。 <一重まぶた:アイメイクのコツ>• アイホール全体に、ベージュのアイシャドウをふわりとのせて影をつくる。 アイシャドウは、締め色を引いたアイラインをぼかすようにしてのせる。 (カラーのアイメイクを楽しみたいときには、下まぶたにのせるのがオススメ)• 下まぶた全体に、パール系のアイシャドウやハイライトを広げる。 上まつ毛は、根本ではなく中間部分をビューラーで上げ、マスカラはさっと塗る程度に。 下まつ毛は、マスカラを縦に持って、1本ずつ丁寧に塗る。 奥二重:アイメイクのポイント! 目頭側のまぶたが重く、二重幅がほんのり見える奥二重まぶたの場合も、アイメイクのポイントを目尻と下まぶたに置きましょう。 アイラインは細く入れて、二重の幅を消さないことが大切です。 <奥二重まぶた:アイメイクのコツ>• アイホール全体に、ベージュのアイシャドウをふわりとのせて影をつくる。 アイラインは、まつげの生え際を塗りつぶすようにしながら、細く入れる。 アイシャドウは、締め色を目を開けたときに見える位置まで、やや広めにのせる。 (カラーのアイメイクを楽しみたいときには、目尻と下まぶたにのせるのがオススメ)• 下まぶた全体に、パール系のアイシャドウやハイライトを広げる。 上まつげは、根本からビューラーであげ、マスカラをしっかりと塗る。 まぶたの重さで下がりがちな目頭は、特にしっかりと持ち上げる。 二重になるマッサージの効果と注意点 二重まぶたにする方法は、アイプチやアイテープなどのアイテムを使ったものやマッサージなど、様々な方法があります。 しかし、 一重まぶたと二重まぶたは基本的な構造が違うため、一重まぶたの人が、自然に二重まぶたになることは難しいと考えられています。 でも非常にまれに、一重まぶたの人が二重まぶたになることがあります。 それは元々、二重まぶたの構造であったにもかかわらず、まぶたの脂肪が多かったり、慢性的なむくみがあったために一重まぶたになっていたのが、まぶたのマッサージを正しく継続することによって、むくみが改善されて二重まぶたになったなどのケースです。 まぶたのマッサージは、すべての人に効果が表れるわけではなく、また肌の弱い人はまぶたの皮膚を傷つけたり、皮膚の厚みを増してしまう恐れもあるので、注意が必要です。 二重まぶたになるマッサージの方法 まぶたの表皮はとても薄いので、強くこすらないように注意しましょう。 マッサージの効果を高めるために、マッサージ前に目元の血行を良くしておくことをオススメします。 <二重まぶたになるマッサージ>• そのあと、冷たい水で濡らしたタオルをまぶたの上に1分間のせる。 これを2~3回繰り返す。 眉間のすぐ下の骨が落ち込んでいるところを、親指の腹で1回15秒くらい強く押す。 顔の中心から外側に向けて、少しずつ押す場所を移動する。 ラインを作りたい部分を、アイプチのスティックのような細いもので優しくなぞる。 線が付いたら、目を見開いたり、上目遣いにしたりして、ラインを定着させる。 アジア人の特徴とも言える一重まぶたや奥二重まぶたも、アイメイクなどによってチャームポイントにすることができます。 二重まぶたの人よりもアイメイクができる範囲が広いので、グラデーションメイクや濃い色のメイクが似合います。 自分らしさをいかしたアイメイクや、リップを強調をしたメイクなど、いろいろと試してみることをオススメします。

次の

一重・奥二重必見!おすすめビューラーでまつげが上がらない問題を解決する方法と対策

一重 奥二重

一重まぶたなら一重まぶたに• 奥二重なら奥二重に• 二重なら二重に なる確率が高いです。 両親のどちらかが一重で、どちらかが二重の場合は、50%の確率で一重か二重になることが多いですが、両親が二重でも子どもは一重だったというケースも多くあるので、あくまでも計算上は遺伝だと言えます。 脂肪が原因 遺伝の他にも、脂肪が関係している場合があります。 一重まぶたの人は、まぶたの脂肪とむくみが、二重の人に比べて多く付いていることが分かっています。 実際に、ダイエットに成功した女性が、痩せたら二重になった! という話はよく聞きますので、遺伝じゃない場合は、脂肪が原因だと思っておいてください。 奥二重や一重まぶたを二重にする方法6選! 一重や奥二重の人に向けて、二重にする方法を集めてみました。 自分に合った方法で行ったり、さまざまな方法を試してみたりして、ぱっちり二重を目指しましょう。 毛細血管マッサージで代謝アップ 毛細血管をマッサージすることで、まぶたに刺激を与えて二重にする方法です。 目の周りの血液循環が良くなり、代謝がアップする効果があります。 爪が長いと、このマッサージはできないので、マッサージをする際は、眼球を傷つけないように爪を短くした状態で行うことをオススメします。 絆創膏を使った二重にする方法 絆創膏のガーゼではない、粘着の部分だけを使って二重にする方法です。 自分のなりたい二重の幅に合わせて、絆創膏を切っておきましょう。 幅をあまり欲張りすぎると、二重にならない場合があるので、気をつけて下さいね。 綿棒などを使ってまぶたの油分を取り除きます。 化粧水など何もつけていない状態のまぶたに、先程切った絆創膏を、目を開けたまま、まつげの生え際にそって貼っていきます。 最初はうまくいかずに失敗する人が多いですが、だんだん癖が付いてくると、絆創膏を貼る位置も一目で分かるので、練習あるのみです。 でも、なかなか難しい!上手くできない!という人が多いです。 透明で防水の絆創膏がオススメです。 100円均一などでも、売られているので、失敗しても良いようにお手頃価格の絆創膏を用意した方がいいです。 まぶたの筋トレをする 毎日コツコツ腹筋をすれば、必ず効果は現れるものです。 それと同じで、まぶたも毎日コツコツと筋トレを行えば二重になることができるのです。 その筋トレ法とは、「ウインク」をするだけ。 それも1日に1回を目安に行うので、時間の空いた時にできます。 テレビを見ながらでも出来ますし、入浴中にもできますので、是非試してみてください。 3分間を目安にして、片目ずつリズミカルにウインクをしていきましょう。 好きな音楽を流しながら行っても効果的ですよ。 鏡を見ながらウインクすると、より効果が出て良いと思います。 二重の癖をつけるアイプチを使う方法 さきほどまで、お金を掛けずに二重にする方法を紹介してきました。 でも、• 「そんな面倒なことはしたくない!」• 「もっと簡単にできる方法はないか?」 という女性におすすめなのが、二重にするアイプチを使った方法です。 アイプチは、二重まぶたにしたいと思う女性なら、誰もが知っている定番のアイテムです。 アイプチは化粧をする時に使うことが多いですが、すっぴんの時や、夜寝る時もアイプチをし続けることで、癖がついて二重になった人がたくさんいます。 夜寝ている時に使うのがおすすめ! アイプチは特に、夜寝ている間に使うと、癖がつきやすくなります。 寝ているときは昼間と違い「まばたき」をしないから癖がつきやすい!というのがおすすめの理由です。 しかし、寝る時にアイプチをしていると、無意識に目を掻いてしまうということがあるかもしれません。 それを防ぐ方法としてはアイプチをしたら、その上からアイマスクをするなどして対策をするのもおすすめです。 夜用で優しい成分のものがおすすめ! 肌が弱い人は、経験したことがあるかと思いますが、まぶたは特に皮膚の中でも薄い部分なので、少しの刺激で傷ついてしまいます。 そのため、夜寝る時に使用するアイプチは、昼用ではなく、夜用のものを使うようにしましょう! 自分のまぶたに合う合わないもありますし、その時の自分のまぶたの状態によっても、効果のあるアイプチは変わります。 そのため、いくつか商品を試してみて、一番自分に合うアイプチと出会うことが大切です。 目が腫れた日などは、同じ場所に二度アイプチをすることで、いつも通りの二重を作ることができます。 メザイクを使う これも良く、二重を作るに当たって使っている女性が多いと思いますが、細くて透明のファイバーを、まぶたにくい込ませて二重を作る方法です。 絆創膏などよりも目立つことが少ないので人気を集めているのですが、 くい込ませることが難しく、なかなか始めは上手くいかないことが多いです。 練習をして慣れてしまえば、メザイクをつかった方が良いと思いますが、失敗してしまうと返ってメザイクは目立ってしまう可能性があります。 そのため練習期間は、家の中だけにするなどの工夫をして、挑戦してみるといいと思いますよ。 タオルの温令交代法 まぶたに冷たいタオルと、温かいタオルを交互に乗せていく方法です。 温かいタオルをまぶたに乗せることによって、血行が良くなり腫れぼったいまぶたを、スッキリさせる効果があります。 血行が良くなると、まぶたがスッキリするだけではなく、目の疲れも一緒に取れていくので、一石二鳥ですね。 ホットタオルは、水に濡らしてかるく絞ったタオルを、電子レンジで1分程度温めると出来上がりです。 取り出してから数秒は、とても熱くなっているので少しタオルを振ってから、まぶたに当てるようにしてくださいね。 ホットアイマスクを使っても同じように効果がありますよ。 ホットタオルやホットアイマスクは、5分程度まぶたの上に乗せておきましょう。 そしてその後、冷たい水で濡らしたタオルを1分まぶたの上に乗せて引き締めます。 これを毎日コツコツと2、3回繰り返すことによって、まぶたの血行がよくなりむくみが取れてくるので、二重まぶたになる人もいると言われています。 40度程度の温かさで大丈夫なので、お風呂の入浴中にするとリラックスできてオススメです。 自宅にいながらl自力で二重まぶたにする方法6選をお伝えしました。 アイプチやメザイクを使って、二重にする方法を選ぶ場合は、それに加えてマッサージや筋トレをすると、より効果が出安くなります。 アイプチやメザイクをしていない時間に、マッサージなども取り入れて、行ってみてはいかがでしょうか。 自宅で二重にするには、時間はかかりますが、諦めずにコツコツ続けていくことが、二重への近道となります。 実は多くの人がやっている二重整形 二重になりたいけれど、整形まではちょっと勇気がいると思っている人は少なくありません。 二重にしたいけれど、なかなか勇気が出せずに結局そのままの人のために、二重整形について詳しくお伝えしていきます。 詳しく知った上で、整形を考え直すのも遅くないと思います。 是非参考にしてみて下さいね。 まず、二重整形と言っても、様々な種類があり、その人のまぶたの特徴や状態によって、どの方法で手術をするのかが決まります。 大きく分けて2つの手術方法があるので順番にご紹介します。 二重埋没法 この二重埋没法は、つくりたい二重のラインに合わせて糸を結びつけて、二重にするというもの。 二重整形のなかでも一番気軽にできると言われています。 大きく切開することがないので、初めて整形を考えている人には、オススメの方法ですし、比較的お値段もリーズナブルです。 また、埋没法の中にもさらに種類があり、• 「瞼板法」• 「挙筋法」 の2種類があります。 瞼板法のメリットとデメリット 瞼板法は、糸を上まぶたの裏にある「瞼板」と言う軟骨に結びつけます。 そのため、安定した二重が作れると言われており、術後に時間が経っても二重幅が狭くなったり、一重にもどってしまうことが少ないです。 瞼板は、挙筋よりも手前に位置しているため、瞼の手前の方で糸を結ぶことができるので、術後の腫れも少ないですし、埋没法の修正を行う場合も、スムーズに進むと言われているのです。 しかし、本来まぶたは軟骨と繋がっていません。 なのでこの瞼板法で作った二重は、突然糸が切れてしまう可能性も考えられています。 そうなると、 糸が切れる度に手術を行わなければならないのがデメリットです。 また、まぶたの裏に糸を通すので、眼球に糸が当たってしまって違和感ができるという可能性もあります。 挙筋法のメリットとデメリット 挙筋法は、「挙筋」という筋肉に糸を結びつける方法で、瞼板法に比べると奥の方で糸を結びつけるため、糸が取れにくいと言われています。 糸の結び目も奥にあることから、糸がまぶたの裏にでてくる心配もありません。 しかし挙筋が傷んでくることがあります。 挙筋が傷んできてしまうと、「眼瞼下垂」になる可能性があるのがデメリットになります。 糸が奥にあることで、腫れも長く続きやすいです。 埋没法をやる際には、どちらの種類で二重整形するのかをきちんと考えましょう。 二重切開法 まぶたを切開して、二重まぶたにする方法です。 こちらも• 「全切開法」• 「部分切開法」 の2種類の方法があります。 全切開法のメリットとデメリット 全切開は目の上の皮膚を一度切ってから縫合する手術法になります。 手術を行いながら、まぶたの余分な脂肪も取り除くことができるものなので、腫れぼったくて、なかなかアイプチなどでも二重にならない人にオススメの方法です。 メスを使って皮膚を大きく切る手術なので、術後の赤みや腫れが他の手術法に比べると、長くなってしまいます。 糸を抜くまでにはだいたい5日から7日かかると言われているのと、二重が完全に定着するまでに1年かかる人もいますので、ダウンタイムがとても長いです。 部分切開のメリットとデメリット 部分切開は、全切開と同じ方法で行うのですが、メスを入れて切る部分が少ないことから、ダウンタイムは短くなります。 二重が定着するのに3ヵ月から半年と言われているので、比較的早くから日常生活に戻ることができるので、ダウンタイムを短くしたい人にはオススメの方法です。 しかし、どちらも術後は5日から7日程度、まぶたに糸が残った状態で過ごさなければなりませんし、腫れや赤みもあるため、外出は控えたほうが良さそうですね。 長期休みを取れる時にしか行えない手術なので、時間を作るのが難しい人にとっては、デメリットとなります。 このように、二重整形にはメリットもデメリットもあります。 二重の整形手術の費用はいくら? 手術料金は、受ける病院によって大幅に変わってくるので確認が必要ですが、 埋没法は高くても20万円程度で、切開法は45万円程度になります。 また、追加の料金が発生する可能性もあるので、手術を受ける前にきちんと担当医と相談をしておくことが大切ですね。 まとめ いかがでしたか? 二重になるまでには、コツコツと日々努力が必要ですが、最終的には二重整形という方法もあるので、諦めずに行っていきましょう。 多くの人が抱えている悩みなので、友人やネットなどで情報交換をしながら自分に合った方法で、二重を作って行けるといいですね。

次の