国家 公務員 家賃 補助。 公務員はローンを組んで持ち家が良い?それとも賃貸が良い?解説します

【人事院勧告2019】国家公務員の住居手当が変わります!

国家 公務員 家賃 補助

飲み会 労働組合活動と聞くと構えてしまうかもしれませんが、主たる活動は飲み会です。 新卒職員が採用になった• 全国異動の若手職員が転入してきた 労働組合に加入してもらい歓迎会を開きます。 係長昇進に青年組織から卒業することになった• 全国異動の若手職員が転出することになった 送別会を開きます。 他にも忘年会もありました。 飲み会の参加費は組合からの補助が出て半分自己負担というのが多かったです。 青年組織の飲み会ということでガッツリ食べることができるお店をチョイスしました。 機関紙の発行 飲み会など青年組織活動を行ったときは機関紙を作って、全ての組合員に配布しました。 飲み会で撮った写真を貼り付けて過去に発行した機関紙の内容に少し手を加えたら完成です。 新人が加入したら紹介したり、スペースが余ったら競馬予想を書いたり、自由に書くことができました。 当局への交渉 青年独自の要求を当局に交渉する機会もありました。 当局といっても普段身近にいる総務部長や人事課長が交渉相手です。 出張旅費日当の引き上げや新卒採用を増やしてほしいといったことが主な要求内容でした。 交渉を終えたら交渉内容を思い出してメモを書き、機関紙を発行しました。 交渉中は一言一句メモをとることはできませんが、不思議と頭に残っているため、交渉を行ったその日に、思い出しメモを書き出しました。 定期大会 組合活動は8月で一区切りを迎えます。 7月中に次期役員の選挙を行い、8月に定期大会を開催し1年を締めくくります。 定期大会は盛り上がることもなく、議事進行メモに従い淡々と進んでいきます。 定期大会が終わると、卒業する人がいる場合は送別会、いない場合は大会の打ち上げをします。 他官署との交流 入庁した官署内での青年組織の組合活動だけでなく、同一地域内の他官署の青年組織との交流もありました。 官署内だけの活動であれば大して負担はありませんでしたが、他官署との交流は大変でした。 各官署から2名ずつ担当者を派遣するのですが、私が担当になった年に、事務局にあたってしまいました。 続きは、近日公開.

次の

【体験談】若手公務員の一人暮らしは苦しい・辛い?【生活のコツを教える】|All About 公務員

国家 公務員 家賃 補助

国家公務員の住居手当について 住居手当は、職員本人か配偶者が賃貸住宅を借りている場合に支給される手当です。 しかし来年度の令和2年4月1日以降から家賃手当の額が以下のように改定されます。 16000円以下の家賃の国家公務員へ住居手当が一切支給されなくなった。 家賃手当の上限が27000円から28000円に上がった。 国家公務員の 住居手当の改定で生じること• 独身公務員・地方在住国家公務員の負担増加• 首都圏勤務・本省庁勤務・結婚世帯の国家公務員の負担軽減 1. 独身公務員・地方在住国家公務員の負担増加 1Rや1Kなどの狭い部屋でも十分に生活できる独身の国家公務員や、家賃相場の安い地方で勤務している国家公務員の負担が増加します。 一人暮らしの家であれば本当に都心部を除けば、家賃が59000円に届かない家も多く存在しています。 また、地方であれば2人暮らし用の賃貸住宅でも家賃が月額59000円に到達しない物件も割と存在します。 一番悲惨なのが、独身で地方に住んでいる国家公務員です。 この層は家賃の高い賃貸に住んでいるわけではないので、確実に住居手当は減少します。 さらに、地方在勤の国家公務員は地域手当の加算もありません。 そのため、独身・地方在住国家公務員は経済的にかなり経済的に厳しい立場に追い込まれるでしょう。 首都圏勤務・本省庁勤務・結婚世帯の国家公務員の負担軽減 一方で、首都圏勤務・本省庁勤務・結婚世帯の国家公務員は負担が軽減されます。 東京都や大阪府などの首都圏の賃貸物件は価格相場が高いため、家賃が5. 9万円を超えることはザラにあります。 特に、霞ヶ関がある東京都千代田区の近辺に住もうものなら、確実に5. 9万円は超えることでしょう。 また、結婚世帯の国家公務員も賃貸物件に住む場合5. 9万円を超えることは多いため、実質的な負担が軽減されることとなります。 住居手当を多くもらえる国家公務員になるには? 住居手当を多くもらえる国家公務員になるためには、国が期待している国家公務員の姿に近づくことが最も近道です。 今回の住居手当の改定から、国は公務員に対して次のことを求めていることが伺えます。 結婚して子育てをして欲しい• 本省庁勤務の忙しい公務員を厚遇して頑張ってもらいたい 1. 結婚して子育てをして欲しい かねてから少子高齢化が叫ばれているように、 国は生産年齢人口である子供を増加させることを公務員に期待しています。 子供が増えることで、税収の増加や経済の活性化など国にとってあらゆる面でメリットを得ることができます。 そのため、結婚して子育てする世帯の住宅費を少しでも軽減しようとしう意図を汲み取ることができます。 本省庁勤務の忙しい公務員を厚遇して頑張ってもらいたい 本省庁勤務の忙しい霞ヶ関などに勤めている公務員を厚遇して頑張ってもらいたい、という意図も読み取れます。 元々こういった制度を霞ヶ関の本章長の人たちが決めているという側面もあるのですが、 やはり国の中枢機関で働いている人たちを手厚い待遇にした方が将来的にも国にとってメリットが大きいという判断でしょう。 そもそも、正直なところ都心に住む場合、家賃補助は2. 7万円2. 8万円に増加したところでまだまだ到底足りていません。 これは私も都心部に住んでいるからわかることなのですが、立地のいい家であれば家賃が10万円近くになることはザラにあります。 個人的にはむしろこれまでの家賃手当の額が少なすぎたと思います。 ですが、月に1000円の増額であれば年間で12000円になります。 金額にしてみれば若干ではありますが、特に薄給の若手の国家公務員で都心に住む予定の人にとっては嬉しいニュースですね! 【まとめ】国家公務員は結婚・子育てをして、一生懸命働きましょう 住居手当に限らず、国が公務員に期待することとして、• 結婚して子育てをすること• 仕事に意欲的に取り組んで国を支える仕事をすること といった事項が挙げられます。 結婚・子育てに関しては、税制改正や子育て支援の改正により、年々子育て世帯にとって有利な制度に改められています。 また、公務員は年々成果主義の風潮が強まっており、ボーナスについても勤務評定をより強く反映するような動きが高まってきています。 つまり、仕事に一生懸命取り組んで、首都圏にある本省庁で一生懸命働く公務員(=住居手当もボーナスも多くもらえる公務員)にとって追い風です。 結婚して子育てをして仕事に打ち込む公務員という昔ながらの働き者を求めていることが伺えます。 今後この風潮はますます強くなっていくでしょう。 そのために結婚して子育てをし、仕事に一生懸命取り組む公務員を目指すことで経済的に豊かになることができます。 ご覧いただきありがとうございました。 その他の手当についてはこちらの記事で紹介しています。

次の

【公務員の住宅手当はいくら】経費削減のために見直しされる?

国家 公務員 家賃 補助

公務員の福利厚生について気になる方も多いと思います。 公表はされているのですが、調べてもよくわからないことも多いでしょう。 本ページでは 福利厚生の中でも一般的な住宅手当(家賃補助)について紹介していきたいと思います。 給与、給料等を知りたい方は を参照してください。 公務員の住宅手当は基本的には民間の平均程度であると言われています。 近年、住宅手当を導入していない民間企業も増えてきたそうですが、 手厚い補助を与えている企業も数多くあります。 公務員も基本的には住宅手当という制度は存在します。 自治体にって詳細は変わりますが、年齢や家賃の支払い金額によって手当の金額が変動するのが一般的です。 また、田舎の自治体の方が家賃手当てが安いというわけでもなく、 目次• 公務員の福利厚生について 公務員の福利厚生がとても魅力的である! さらに給与に含まれる手当がとても手厚い! そんなものは遠い過去の話。 今では幻想でしかありません。 行財政改革、民間企業との兼ね合いから近年、これらは見直されてきました。 手当の一つには住居手当があります。 住宅手当とは職員の住宅費用を補助する福利厚生のことをいいます。 支給される費用は自治体等、扶養家族の有無、賃貸か持ち家かなどによって異なります。 民間企業においも住宅手当を出してもらえる企業は大きくあります。 もちろん住宅手当を支給しない企業もあります。 最近は廃止、減少傾向にあるようです。 特に若い会社にはこの傾向が強いそうです。 民間企業の支給額は10,000〜20,000円であるところが多いと言われています。 しかし、大手企業となると100,000円近くの住宅手当がもらえるところもあるそうです。 手当が厚いといわれる 朝日新聞社の場合は100,000円といわれています。 ホームページからは具体的な支給額は分からなかったため間違っているかもしれません。 公務員の住宅手当 気になる公務員の住宅手当 公務員も住宅手当は支給されます。 国家公務員、神奈川県、埼玉県の住宅手当 国家公務員の場合は 支給最高額は27,000円となります。 具体的には、以下の2つのパターンとなります。 一昔前は格安で住むことができました。 しかし、現在では公務員への風当たりも強いことから、 これらは削減する方向に進んでいます。 また家賃も格安というわけではなく、 民間で普通に借りるのと変わらないような値段設定となっています。 それでも築40年とかするような古い住宅の場合は安くすめる場合もあるようですが、 常識の範囲を超えません。 そして、新しいところはやはり高いです。 そのため、職員住宅には住まずアパート等を借りる方も多くいるそうです。 まとめ 自治体等で住居手当の仕組みも違うことがわかります。 また、必ずしも地価が高い地域が住宅手当が高いというわけでもないようです。 今回記載した中で一番住宅手当が低い自治体は東京都特別区の港区でした。 港区の職員が港区に住むことは大変かもしれません。 また、 東京都の住宅手当も低いことが分かります。 東京都は23区、26市、5町、8村あるため地価も様々です。 しかし、23区勤務の方が多いにも関わらず15,000円というのは少々厳しいかもしれません。 また、 東京都庁よりも東京都特別区の方が住宅手当の支給額は高い傾向にあるようです。 さらに近隣の自治体として神奈川県と埼玉県を記載しましたが、こちらも 近隣の自治体の方が東京都より高いことが分かります。 地方上級試験の難易度を考えると、 必ずしも国家公務員や神奈川県、埼玉県の住宅手当は高いとは言えないと思います。 東京都と港区の住宅手当は地価を考えると低いと言わざるを得ません。 東京都の場合は公務員で一番地域手当が高いため、相殺されるかもしれませんが、 住宅手当と地域手当は別なような気もします。

次の