知らなくていいコト 2話 あらすじ。 「知らなくていいコト」2話ネタバレあらすじと感想考察や次回予測!仁志と流子は原作だとどうなる?

「知らなくていいコト」2話ネタバレあらすじと感想考察や次回予測!仁志と流子は原作だとどうなる?

知らなくていいコト 2話 あらすじ

真壁ケイト: 吉高由里子 主人公。 東源出版の一流週刊誌「週刊イースト」の編集部で働く特集班記者 真壁杏南: 秋吉久美子 主人公の母で、映画翻訳家。 脳梗塞で他界してしまう。 野中春樹: 重岡大毅(ジャニーズWEST) ケイトの恋人で、同じ編集部で働く記者。 尾高由一郎: 柄本佑 ケイトの元カレで元同僚。 動物専門のカメラマン。 岩谷進: 佐々木蔵之介 ケイトの上司で、出版社の編集長。 乃十阿徹: 小林薫 ケイトの父親で、かつて世間を騒がせた殺人犯。 出所後の現在は、自転車屋で働いている。 黒川正彦: 山内圭哉 特集班・デスク 小野寺明人: 今野隆文 特集班(黒川班)のケイトの先輩 佐藤幸彦: 森田甘路 特集班(黒川班)のケイトの後輩 第7話ゲスト 知らなくていいコト 第7話あらすじネタバレ 尾高(柄本佑)も自分と同じ気持ちだと知った ケイト(吉高由里子)。 ついに2人は一線を超えてしまう。 「バチが当たっても、時々私と一緒に居て。 何も望まないから。 」と甘えるケイト。 すると尾高は 「そんな風にうまくは行かないよ。 ケイトはそれでいいかもしれないけど、俺そんなに器用じゃないもん。 さりげなく両立なんてできない。 」とケイトを優しく抱きしめる。 不倫を追う立場でありながら、道ならぬ恋に惹かれることに罪悪感を抱くケイトだった。 翌日、高熱を出した 黒川(山内圭哉)に代わり、デスク代理に指名されたケイト。 校了前日の激務に追われていた。 そんな中、編集部には次々とトラブルが発生。 マネージャーの恫喝を記事にされた演歌歌手・ 笹美鈴(小沢真珠)が殴り込んできたのだ。 記事を書いたのは誰だと、大声を張り上げ大騒ぎ。 すかさず編集長の 岩谷(佐々木蔵之介)が出て行くと、 「我々はきちんと裏の取れたものでないと、記事にしません」と主張。 美鈴は一方的な証言で記事にするのかと、さらに騒ぎ立てるが、岩田は美鈴に何度も取材を申し込んだが、応じなかったため、歴代のマネージャーや、周りの歌手たちによる証言を元に、記事を書いたと説明した。 「私は恫喝なんてしないない!」と叫ぶ美鈴に、 「あなたは今私を恫喝しておられますよね?」 と岩谷が言い返す。 図星をつかれ、逃げ場のなくなった美鈴は、「なめんじゃねえ!」と、岩田をビンタ。 怒りが収まらない様子で、帰って行った。 美鈴が帰ったのを見届けると、岩谷は今起こったことを動画撮影していたか確認すると、記事にまとめあげろと冷静に指示。 「2時間で戻る」と岩谷はそのまま、編集部の業務に後ろ髪を引かれながらも、駆り出された連載を抱える大物作家・ 丸山シゲオ(西村まさ彦)の接待へと向かった。 場が収まったと安心したのもつかの間、今度は右トップを飾る予定だった政治記事の告発者が、突然掲載の撤回を要求し、スクープ記事が飛ぶ大ピンチに。 家族の事を考えると、実名告発はやっぱり止めたいと、言ってきたのだ。 担当記者が、なんとか説得しようと、告発者に合いに向かったが、ボツになった場合の代わりとなる記事のネタ探しに、編集部は一丸となって奔走する。 気難しい作家で有名な、丸山との食事会真っただ中の岩谷。 校了前の編集部の様子を見に、席を外すと言って後を連載班に任せ、食事会を抜け出して編集部へ戻っていく。 岩谷が編集部へ戻ると、告発者の説得を根気よく続けろと指示。 しばらくすると、告発者の気持ちが変わったと連絡が入る。 予定通り右トップの記事としての掲載が確定。 食事会を中座した岩谷は、連載班に「10分で戻る」と連絡し、急いで店へ戻っていった。 編集部には更にトラブルがやってくる。 大人気アイドル・篠原モモカの写真集発売前に、週刊イーストが、彼女の路チュウ写真を掲載すると耳にした、出版局長・ 江川直之(おかやまはじめ)が、アイドルのスキャンダルが露呈すれば、写真集の売上が落ちてしまうからと、掲載を1ヵ月送らせて欲しいと、圧力をかけてきたのだ。 黒川班のデスク代理のケイトが、掲載については編集長次第だと、口外できないことを説明するが、江川はすぐに岩谷を呼べといって聞かない。 食事会へ戻ろうとしていた岩谷は、ケイトからの連絡により、再度編集部へ戻ることに。 岩谷は写真の掲載中止はしないと断言。 その方が写真集が売れるだろうと言うが、江川は全く引かない。 一方、岩谷が戻って来ないことで、すっかりヘソを曲げてしまった作家の丸山。 連載は止めるとダダをこね始めたと連絡が入る。 岩田はすぐに食事会へ戻らなければと、江川の話を保留にしようとすると、江川は丸山と懇意の中だから俺に任せろと、一緒に食事会へ行ってしまった。 江川のおかげで丸山との接待は無事終り、ホッとする岩谷と連載班。 校了前で徹夜の作業になるだろうと、差し入れのお寿司を購入し編集部へ戻る。 疲労と活気と混乱が渦巻く編集部は、岩谷からの差し入れに一息ついていた。 しかし、そんなムードを壊すかのように、刃物を手にケイトに近づいていく人物が。 週刊イースト始まって以来の大惨事、襲撃事件が発生。 ケイトは前回、不倫スクープをした、天才技師の妻・和美(三倉茉奈)に刺されてしまった。 そしてケイトが襲撃された場を偶然目撃した尾高。 とどめを刺そうとケイトに襲い掛かった和美から、とっさにケイトをかばい、背中を刺されてしまう。 救急車で運ばれる尾高とケイト。 尾高の手術は成功し2人とも無事だった。 岩田には今回の襲撃事件を右トップにし、特集記事にすることを決定する。 その頃、尾高の病室を訪れようとしたケイトだったが、部屋から出てくる子供を抱えた尾高の妻を目撃してしまう。 ケイトは自分の病室へ戻ると、尾高からメッセージが届く。 (尾高)「生きてる?」 (ケイト)「生きてる」 (尾高)「今どこ?」 (ケイト)「ウチ」 会いたい気持ちを抑え、嘘の返事を打つケイトだった。 編集部には警察も入り、特集記事の準備で皆が奔走するなか、一人孤立していた 野中 (重岡大毅)。 暇なら全員分の飲み物買ってきて、と買い出しに行かされ、疎外感を感じていた。 野中が編集部のビルを出ると、外には大量のマスコミが。 その中の一人が野中に近づき、被害者の真壁ケイトについて、教えて欲しいと名刺を渡す。 ケイトと尾高の関係や、編集部内での孤立で、屈折した思いを抱く野中。 名刺の人物の取材を受け、ケイトの父が殺人犯・ 乃十阿徹(小林薫)であることを暴露してしまう。 『知らなくていいコト』第7話|視聴者の反応 尾高がケイトをかばったことで、2人の関係に気づいた野中。 ケイトを振った身でありながらも、2人への屈折した感情から、ケイトの出生の秘密をマスコミにバラすという、最低の行動に視聴者は予想通り激高です。 命を張ってケイトを守ろうとする尾高と、ケイトを陥れようとする野中の対照的な描写は、人間の深い愛情と闇の対比を体現しているようで、ドキドキしてしまいました。 秘密をバラされたケイト。 このピンチをどう乗り切るのでしょうか。

次の

「知らなくていいコト」2話ネタバレあらすじと感想考察や次回予測!仁志と流子は原作だとどうなる?

知らなくていいコト 2話 あらすじ

しかも、元カレ・尾高は何か知っているような雰囲気でしたね。 DNAを調べてその相性で結婚相手を結びつけるという、DNA婚活。 Contents• ドラマ『知らなくていいコト』2話のキャスト 真壁ケイト 役… 吉高由里子 《東源出版『週刊イースト』特集班の敏腕記者。 》 尾高由一郎 役… 柄本 佑 《フリーランスの動物カメラマン。 ェイトも元彼で、現在は妻子がいる。 》 野中春樹 役… 重岡大毅 ジャニーズWEST 《東源出版『週刊イースト』連載班。 ケイトの彼氏で、そろそろ結婚しようか悩んでいる。 》 小野寺明人 役… 今井隆文 《東源出版『週刊イースト』特集班。 》 倉橋朋美 役… 小林きな子 《東源出版『週刊イースト』特集班デスク。 》 小泉愛花 役… 関水 渚 《東源出版『週刊イースト』連載班。 》 鮫島裕二 役… 和田聰宏 《東源出版『週刊イースト』特集班デスク。 》 佐藤幸彦 役… 森田甘路 《東源出版『週刊イースト』特集班。 》 東山秀則 役… 本多 力 《東源出版『週刊イースト』連載班デスク。 》 黒川正彦 役… 山内圭哉 《東源出版『週刊イースト』特集班デスク。 》 真壁杏南 役… 秋吉久美子 《ケイトの母。 映画評論家かつ、字幕翻訳の第一人者。 シングルマザーとしてケイトを育てたが急死。 》 岩谷 進 役… 佐々木蔵之介 《東源出版『週刊イースト』編集長。 部下から厚い信頼を得ている。 》 乃十阿徹 役… 小林 薫 《自転車屋を営む謎の男。 》 ドラマ『知らなくていいコト』2話のゲスト 山際 篤夫役…えなりかずき - 2018年 4月月21日午後8時32分PDT 役どころ DNA婚活パーティーの参加者。 プロフィール• 生年月日:1984年11月9日• 出身地:東京都世田谷区• 身長:167cm• 体重:非公開• 血液型:O型• 趣味:ゴルフ・アマチュア無線• 特技:空手• 所属事務所:ジェーディーエス 主な出演作 【 ドラマ 】• 『渡る世間は鬼ばかり』小島眞役• 『アンティーク~西洋骨董洋菓子店~』吉永正太役• 『えなりかずきの少年探偵 事件でござる』小林真一役• 『ごめんね青春!』原一平役• 『瀬戸内少年野球部』正木次郎役• 『サヨナラ、えなりくん』えなりくん役• 『バイプレイヤーズ』本人役• 『G線上のあなたと私』白鳥敬一役 笹野 明奈役…市川由衣 - 2019年12月月2日午後10時12分PST 役どころ DNA婚活の結婚相談所の事務局職員。 プロフィール• 読み:いちかわ ゆい• 生年月日:1986年2月10日• 出身地:東京都中野区• 身長:158cm• 体重:非公開• 血液型:A型• 所属事務所:研音• 公式SNS: 主な出演作 【 映画 】• 『呪怨』千春役• 『ゼブラーマン』市川みどり役• 『サイレン 〜FORBIDDEN SIREN〜』主演・天本由貴役• 『NANA2』主演・小松奈々役• 『ひゃくはち』相馬佐和子役• 『海を感じる時』主演・恵美子役• 『アリーキャット』ヒロイン・土屋冴子役• 『月と雷』吉村役 【 ドラマ 】• 『時空警察ヴェッカーD-02』主演・カナ・ゴトー役• 『逮捕しちゃうぞ』小橋由佳役• 『クロサギ』三島ゆかり役• 『サマーレスキュー〜天空の診療所〜』沢口光香役• 『』桃役• 『軍師官兵衛』宇都宮鶴役• 『』一ノ瀬里佳役• 『』冴木瑠衣子役 ドラマ『知らなくていいコト』2話のあらすじ 殺人犯の娘かもしれないことが判明し、 さらにそのことで彼氏の 春樹(重岡大毅さん)から別れを切り出された ケイト(吉高由里子さん)。 落ち込む中、DNA婚活について調べるようにと指示されます。 マッチングパーティーのイベントの取材に行ったケイトでしたが、 そこではDNAのマッチング率だけで相手を選ぶという方法が取られ、驚きます。 10組中9組のカップルが、DNAの相性が一番いい相手を選び、 カップルが成立していく中、 残りの1組の男性、 山際(えなりかずきさん)が、 事務局の 笹野(市川由衣さん)という女性といるところを目撃します。 ケイトとのことで気まずさを感じる春樹は、 岩谷(佐々木蔵之介さん)にケイトと別れたことを話し、異動したいと相談をします。 ですが岩谷は男女の関係で異動はさせないと言い、 春樹が戦力なのだとも言い断ります。 遺伝学の教授に取材に行ったケイトは、教授からマウスを見せられながら、 親の経験が子供のDNAに遺伝するのだと説明を受けます。 それを聞き、 乃十阿(小林薫さん)のDNAが 自分にも遺伝しているのかもしれないと考えるケイト。 会社に戻り、DNAと犯罪の関係について調べ、 さらに乃十阿の殺人事件が起きた際のニュースを見ます。 無差別に人を殺したことなどが報道される様子にショックを受けるケイト。 そこに春樹が現れます。 ケイトを見る春樹の怖い目を見て 「私が人殺ししたとでも思ってるの?」と言い、春樹に幻滅するのでした。 その帰り、ケイトは撮影に行こうとする 尾高(柄本拓さん)と偶然会い、撮影について行きます。 そこで乃十阿について自分に隠していることがあるのでは?と問い詰めます。 ラーメン屋に寄り、話をする尾高。 刑務所から出所する乃十阿の写真を撮り雑誌に掲載した際に、 杏南(秋吉久美子さん)から呼び出された尾高は、 乃十阿を追わないように言われます。 理由を聞くと、乃十阿はケイトの父親なのだと告白される尾高。 乃十阿のことはそっとしておいてと言い、 ケイトを生涯守って欲しいと言う杏南でした。 山際の部屋を訪ねると、山際と笹野が手をつないで部屋に入るのを見ます。 すぐにもう一度部屋を訪ねると、山際が出てきます。 取材を申し込みますが断られ、笹野の名前を呼ぶケイト。 すると諦めたように笹野が出てきます。 2人に話を聞くと、付き合っていながらもDNAマッチング率が10%にも満たないため、 笹野がマッチング婚活を山際に勧めたのだと言います。 それでもやはり笹野が好きな山際。 DNAなんてどうでもいいと叫び、10倍努力するから結婚して欲しいとプロポーズします。 DNAなんてどうでもいいと言ってくれる人はそう居ないと強く言い、 二人の恋愛を応援するケイトでした。 翌朝 黒川(山内圭哉さん)に見せると、いい記事だと褒められます。 岩谷に誘われて飲みに行ったケイト。 春樹が異動したいと言ってきたことを伝えられ、ケイトの気持ちも聞かれます。 ケイトは、もうどうでもいいと返事をするのでした。 尾高の家に寄るケイト。 聞きたいことがあると言い、付き合っていた時にプロポーズした時のことを尋ねます。 なぜプロポーズしたのかと聞くと、 離したくなかったからだと言う尾高。 乃十阿徹の子供だと知っていて結婚したいと思ってくれたのかと聞くと、 うんと答える尾高。 それを聞いて泣き出してしまうのでした。 ケイトにプロポーズした時、殺人犯の娘だと知っていても、ケイトのことを離したくないと思ったからって言われたら、女性はメロメロになっちゃうよ。 ケイトが今更ながら後悔している気持ちがよく分かった。 30代 女性 の感想 殺人犯の娘かもしれないと聞き、ケイトに別れを告げた野中、本当に二人はこのまま終わってしまうのでしょうか。 一見冷たい気もしますが、彼なりにケイトのことを考えての結論だったのかもしれません。 ただ、今のケイトを理解してくれているのは尾高のほうだと思います。 恋人には戻れなくても今後、尾高がケイトの力になってくれることを期待しています。 20代 女性 の感想 ケイトのお母さんが、ケイトの父親が乃十阿だと尾高に話したということは、これはもうケイトの父親で確定だろうなと悲しかったです。 しかも、不倫の末にできた子供だったなんて、なおさらケイトは悲しかっただろうなとつらかったです。 20代 女性 の感想 DNAマッチングで婚活をするシステムを初めて知りました。 DNAと聞くだけで相性が良いように思えてしまうのはわかる気がしたので、春樹が結婚を辞めようとする気持ちになるのもわかる気がしますが、何かに洗脳され結婚を断るのは許せません。 DNAに囚われ結婚したい人たちを騙しているような気もしました。 婚約破棄されたケイトは仕事で取材の為に結婚に関わるのも苦しく思いましたが、DNAで動かされる人だけではないということを感じ記事にでき成果が出る姿をみていると女性は強いと思いました。 尾高のようにDNAは関係ないと考える人と付き合って欲しいと心から思いましたが、尾高に何か秘密があるような気がしてしまいました。 30代 女性 の感想 物語冒頭で前回のおさらいみたいなのをしていたのが先週見逃して今回から見始めた人にも親切だなと思いました。 ケイトは結婚をやっぱりやめようと言ってきた春樹に幻滅したのだと思っていたのに、わざわざお茶に誘って考え直さないかと言っていてそれほど好きだったのかとかなり意外な感じがしました。 40代 男性 の感想 ケイトの元彼の尾高が何かを知っているとは思っていましたが、乃十阿が父親だとケイトの母親から聞いているというのは直球過ぎて驚きました。 しかし、何故今でも仲が良いのにケイトと尾高が別れたのかなと思いました。 30代 男性 の感想 7番以外みんなマッチングしたのがビックリしました。 野中のケイトを見る目が怖くて驚きました。 尾高がコウモリの写真を上手く撮れていたのがすごいと思います。 尾高がケイトの母親から乃十阿がケイトの父親と聞かされていたのがビックリしました。 40代 女性 の感想 自分がキアヌリーブスの子どもではなく、殺人犯の子どもだったと判明したら婚約破棄する男。 誰の子かだけで婚約破棄と言い出す男なんて最悪です。 それにしても若くして母親を亡くし父親もいないなんて自分に置き換えると、中々乗り越えられない壁です。 それにしても今回のお話に現れたDNAを調べてマッチングアプリなんてかなり興味深かったです。 ふられるリスクの少ない恋愛を望む今時の男女。 なんか、もやしっ子的でおば様の私には理解不能ですが、これが現実なんですね。 マッチングアプリで本当に結婚する世の中ですから、つくづく時代は進んでいると思えた回でした。 40代 女性 の感想 ケイトを振った春樹が敬語を使ってムカつきますね。 DNAマッチングパーティーの参加者の山際が事務局の笹野にプロポーズした時に、ケイトが「DNAより気持ちでしょ!」と力がこもっていましたね。 やっぱり自分の父親が『乃十阿徹』だと尾高にはっきり言われたからですよね。 20代 女性 の感想 DNAの相性占いで、マッチングしてパーセンテージが高いだけで洗脳されたかのように笑顔でお話をしていてすごいなと思います。 そして、仮面を外してでも仲良くできるのはいいと思います。 ケイトが結婚できなくてかわいそうだなと感じました。 30代 女性 の感想 DNA婚活というのがあることを始めて知りましたが、楽しそうだなーと思いました。 自分に合う遺伝子ってどんな人だろう?と気になりました。 何だかんだ言って、DNAを1番気にしているのはケイトなんじゃないのかなと思いました。 40代 男性 の感想 ケイトの父親が殺人犯の乃十阿徹だというのがほぼ確定したようです。 個人的にはまだひっくり返るかもしれないと思っていますが。 親のDNAが子供にも大きな影響を与える。 そういった点はありますが感情まで深く関わるとは考えにくいです。 DNAについての話でしたが肝心の雑誌記事としてはあまり面白くないでしょう。 ケイトの揺れる心の方がメインで仕事はあくまでも関連付けといった感じでしたね。 30代 男性 の感想 「知らなくていいコト」第02話を観て、ケイトが春樹から結婚のプロポーズについてキャンセルしてほしいと言われてしまったことは、とても残念に感じました。 また、以前の彼氏であった尾高と寄りを戻すことは、正直、あまり良いことではないように感じられました。 DNA婚活イベントでマッチングというのは、中々うまくいかないものだと考えていましたが、10組中9組のカップル成立がすごくかんじました。 しかし、山際と笹野により訳ありの内容だとわかり、そういうものだなあと思いました。 40代 女性 の感想 ケイトがDNA婚活の記事で「DNAがなんだ」と書いたのは、殺人犯の娘である自分を否定したかったからだと思いました。 ケイトが無差別殺人犯、乃十阿徹の娘だと知ることがなかったら、また違った記事になったかもしれないと思いました。 ケイトにはDNAに負けずに頑張ってほしいです。 『知らなくていいコト』2話の見逃し動画を視聴するには? 『知らなくていいコト』2話の 見逃し動画は、 Huluで配信されています。 放送終了後、1週間以内なら、無料で視聴することができます。 会員登録は不要で、ページに飛ぶだけで動画を視聴することができます。 しかも、今なら、トライアルキャンペーン中で、 2週間月額料金が 無料で、 動画を 視聴することができます。 まとめ 吉高由里子さん主演ドラマ 『知らなくていいコト』2話の あらすじや キャスト、 視聴された方の感想、 見逃し動画を無料で配信されているサイト などについてまとめました。 最後まで読んでくださりありがとうございました。

次の

『知らなくていいコト』第7話あらすじネタバレ|野中がケイト出生の秘密を暴露|ソクラテスのつぶやき

知らなくていいコト 2話 あらすじ

真壁ケイト: 吉高由里子 主人公。 東源出版の一流週刊誌「週刊イースト」の編集部で働く特集班記者 真壁杏南: 秋吉久美子 主人公の母で、映画翻訳家。 脳梗塞で他界してしまう。 野中春樹: 重岡大毅(ジャニーズWEST) ケイトの恋人で、同じ編集部で働く記者。 尾高由一郎: 柄本佑 ケイトの元カレで元同僚。 動物専門のカメラマン。 岩谷進: 佐々木蔵之介 ケイトの上司で、出版社の編集長。 乃十阿徹: 小林薫 ケイトの父親で、かつて世間を騒がせた殺人犯。 出所後の現在は、自転車屋で働いている。 黒川正彦: 山内圭哉 特集班・デスク 小野寺明人: 今野隆文 特集班(黒川班)のケイトの先輩 佐藤幸彦: 森田甘路 特集班(黒川班)のケイトの後輩 第8話ゲスト 知らなくていいコト 第8話あらすじネタバレ ケイト(吉高由里子)への歪んだ感情から、ケイトの父が 乃十阿徹(小林薫)であることを、他誌にリークした 野中(重岡大毅)。 襲撃事件で腕を刺されながらも、退院早々ネタ出し会議に復帰したケイトは、さらなる逆境が待ち受けているとは思いもせず、早速取材に奔走する。 そんな中、上層部からケイトの異動について、圧をかけられた 岩谷(佐々木蔵之介)。 上の要求を突っぱねるため、ケイトに右トップを狙う大ネタの真相を追わせることに。 それは、与党議員・梅沢の金庫番だった男・相田正司の自殺で、うやむやになったワイロ疑惑について。 全ての罪をかぶる遺書を残し自殺した相田だが、岩谷は梅沢の資金管理団体の帳簿が、3ヶ月分消えたという情報を掴んでいた。 トカゲのしっぽ切りをしたであろう、梅沢の裏の顔を暴くため、ケイトは襲撃事件のトラウマを抱えながらも、消えた帳簿探しに奔走。 しかし相田の妻・ 依子(遠藤久美子)を訪ねるも、頑なに取材を拒否されてしまう。 一方、入院中の 尾高(柄本佑)は、無理して仕事をするケイトを心配していた。 翌日、ついにケイトが、乃十阿の娘だという記事が他誌に掲載され、編集部は騒然。 殺人犯の娘が、週刊誌記者ということが公になり、ケイトを取り巻く状況は一転する。 追う立場から、追われる立場になったケイト。 相田の妻は、相変わらず取材に応じてくれない。 そこへ、ケイトを追う別の記者がやってきて、ケイトを取り囲んでしまう。 その様子を見ていた依子は、とっさにケイトを家に引っ張り込んで助け出す。 記者から救ってくれた依子に感謝するケイトだったが、依子は「分かりました?追われる側の気持ち。 もう私のことを追わないでください」と、ケイトを遠ざけようとしていた。 相田が残した帳簿が見つからず、思うようにネタ集めが進まないケイトは帰社。 編集部のメンバーは、ケガが治っていないから早く休めと、いつものように接してくれることに、思わず涙してしまう。 ケイトが自宅マンションに帰ると、マンションの住人は殺人犯の娘が住んでいると大騒ぎ。 部屋に帰ることができず、途方に暮れていると、尾高から連絡が。 自分の仕事場であるスタジオに泊まって良い、という連絡だった。 尾高の優しさにすがりたい気持ちを抑え、ケイトは編集部にしばらく泊まることにした。 ケガが落ち着き、職場に復帰した尾高。 それを見た野中は、尾高に見つからないよう、コソコソと隠れる。 しかし野中を見つけ出した尾高は怒りを爆発。 怯える野中の右頬に、尾高は一発食らわせた。 「もう2人で会わない方がいいですよ。 尾高さんとケイトの不倫がバレたら、もっと大変なことになりますから!」 殴られた頬を抑えながら、不敵な笑みを浮かべ野中は叫んだ。 岩谷はケイトを守った尾高の姿を見て、編集部全員が、尾高の気持ちに気づいていると話した。 ケイトは入院中、尾高の妻と子供を見てから、尾高を訪ねて行けなかったことを告白。 すると岩谷は 「尾高はケイトを選ぶよ。 ケイトはケイトらしく、まっすぐ尾高を求めればいいさ。 」と、ケイトを優しくサポートするのだった。 翌朝、寝起きで朝の準備をしていたケイト。 ヘアバンドをクビに掛けたままのケイトを見た同僚に、 「どうしたの?その首輪」と言われ、ハッとするケイト。 相田家の家族写真に写っていた、愛犬を思い出す。 相田の残した帳簿のデータは、愛犬の首輪ではないかと推測したのだ。 依子の家へ駆けつけたケイト。 相田家の愛犬の首輪をはずすと、そこにはメモリカードが隠してあった。 データの中には、帳簿と相田が自殺したことを告白する文書が。 そこには、何も語らず命を絶った、相田の思いが綴られていた。 夫の思いを知った依子は涙し、週刊イーストで記事にして欲しいとケイトに告げた。 右トップのスクープ記事を無事書くことに成功したケイト。 しかしその頃、岩谷は副社長の 石森(大高洋夫)から、ケイトに手記を書かせろと迫られていたのだった。 知らなくていいコト|第8話 視聴者の反応 予想通りと言いますか、ケイトの秘密を暴露しておきながら、コソコソ隠れるクズっぷりを見せてくれた野中。 ドラマとは言え、重岡大毅のクズ男の演技が上手すぎて、非難が殺到しています。 尾高さんのイケメンっぷりが話題になっていますが、もしかすると本当のイケメンは、岩谷編集長ではないかと感じています。 うちで働いているその娘がなにを考えて生きているのか読みたいねぇ。 書かせろ。 我が社は逃げない。 …それが岩谷のやり方だろ」 煮え湯を飲む思いなのか。 もしケイト以外が相手なら自分でもそう言っただろうと思ったのか。 編集長の一連の表情が…かっこいい — ジャックと豆の木🌱 xgbn609WPY5Kil1 ケイトは手記を書くことになるのか。 そして父・乃十阿徹は冤罪なのか? いよいよドラマも大詰めを迎え、暴かれていく真相にドキドキしますね。

次の