迅速な対応 敬語。 急なお願い後のお礼メール|ビジネスで使える2フレーズ&活用例文

【ビジネスマン必見】「迅速な対応」の意味と使い方を解説

迅速な対応 敬語

「迅速な対応」という言葉はビジネスシーンで多く使われますので一度は耳にしたことはありますが、実際にどんな場面で使用し、どんな相手に使うのか分からないまま使用していることもあります。 「迅速」という漢字がどんな意味か、どんな相手に使うかというのはビジネスで必須となるマナーになりますのできちんと把握をしておいてください。 「迅速なご対応をしていただき、誠にありがとういました」という表現は、相手先や取引先の素早い対応にたいして、感謝の気持ちをあらわす表現になります。 ビジネスシーンでは、このような言葉のかけ方がとても大切になります。 この声かけひとつで相手の対応も変わってくるので感謝の気持ちを伝えるためにも活用してください。 メールでの使い方 「迅速な対応をしていただき」は感謝を表す言葉なので、ビジネスメールで相手に送る場合でも「迅速なご対応をしていただき、誠にありがとういました」で十分に伝わります。 もう少し格式高く使用したいときは「平素より迅速なる対応をしていただき、厚く御礼申し上げます」という使い方もあります。 「言い方」や「書き方」も大事です。 しかし言葉をいかに丁寧にするかではなく、「感謝の気持ち」や「まごころ」を伝えるということが大切になります。 「いつも迅速なる対応をしていただき、大変助かっております。 」「迅速なる対応をしていただき、まことにありがたく感謝いたしております。 」など感謝が伝わる自分なりの文章をアレンジしてください。 オークションやフリマサイトでの使い方 ネットオークションなどの個人間取引において、相手が素早い対応をしてくれるととても安心感があり信用できます。 その取引相手の素早い対応へ感謝を表す表現で「迅速な対応、ありがとうございました」という表現がよく使われます。 最近は個人間取引の利用者が増加していますが、その中で「迅速」という言葉にはじめて出会う人もいます。 相手の見えない個人間での取引は、目や声で伝えられない分文章での伝え方がとても大切になります。 たとえ一回のみのやり取りだとしても素早く対応してくれた事への感謝の気持ち、安心感をきちんと伝えてあげると自分も信用される取引相手になっていきます。 個人間取引相手の素早い対応へ感謝する表現に「迅速な対応をしていただき、ありがとうございました。 とても安心できる出品者様(落札者様)でした」というものがあります。 感謝の気持ちは取引をとてもスムーズに進めることができるのでぜひ活用してください。 Web電話帳を導入しませんか? 「迅速な対応をしていただき、ありがとうございました。 」という敬語表現を使うことで取引先と円滑な関係を作ることができます。 このような言葉のかけ方ひとつで、相手の印象や対応も変わってきます。 取引先の素早い対応にたいして、丁寧な敬語で感謝の意思を伝えることがビジネスを円滑に進めていくための重要なポイントです。 「適切な対応をしていただき、感謝しております」「迅速な対応に感謝いたします」という表現もこちら側のリクエストやクレームなどに対し適切に対応してくれた感謝の意味があります。 「迅速な対応」というのは「相手の行ってくれた仕事に対して素早くお礼の気持ちを伝えたいとき」などに用いるので覚えておいてください。 他にもビジネスシーンや普段使える例文・英語での例文などもご紹介いたしますのでご活用ください。 「ありがとうございます」を使用した例文 「迅速な対応」の例文として一番多く使用される「ありがとうございます」に焦点をあてて例文をご紹介いたします。 「ありがとうございます」はとてもストレートな感謝の表現なのでどんなシーンでも使えるので、しっかり覚えて活用してください 「迅速なご対応をありがとうございます。 」は大丈夫ですが「迅速なご対応をしていただきをありがとうございます。 」という表現は使用できません。 「~いただき」を使いたい場合は「ご対応」を「対応」に変えて「迅速な対応をしていただきありがとうございます。 」となりますので注意してください。 「~いただき」を使用しない場合は「 迅速な対応、ありがとうございました。 」でも「迅速なご対応、ありがとうございました。 」でも大丈夫ですが、「 ご迅速なご対応、ありがとうございました。 」という「迅速」と「対応」の両方に「ご~」をつけてしまうは敬語表現として間違いなので気をつけてください。 「ありがとうございます」以外を使用した例文 「ありがとうございます」とよく似た表現で使われる言葉の例文もご紹介します。 「ありがとう」以外の表現を使って相手に感謝を伝えたい場合には、ストレートに「感謝します」「感謝しております」の言葉を使でもいいです。 「 迅速な対応に感謝します。 」「迅速な対応に感謝しております。 」という直接的な感謝の言葉を伝えても相手は喜びます。 それ以外に「助かりました。 」「とても助かりました。 」という表現も、相手に自分が困っていた時にとても助けになったことへの感謝が直接が伝わる表現になります。 「迅速な対応をしていただき、とても助かりました。 」感謝と合わせて「迅速な対応をしていただき、とても助かりました。 感謝します。 」としてもいいです。 言葉にはあまりこだわらず、自分が感謝した気持ちを相手に伝えることがとても大切なので難しく考えずに感謝を表す言葉をたくさん相手に伝えるように心がけてください。 ビジネス英語での例文 「迅速な対応」の英語表現は多くありますが、代表的なものをご紹介します 「わたしたちはあなたの迅速な対応に感謝します。 」というのは「We would appreciate your prompt response. 」になります。 「わたしはあなたの迅速な対応に感謝します。 」 は「I am grateful for your speedy handling. 」や「I am grateful for your prompt response. 」他にも「I appreciate your swift reply. 」も使われます。 少し丁寧な言い回しをするなら「わたしはあなたの迅速な対応に心から感謝します。 」を意味する「I sincerely appreciate your swift action. 」や「あなたの迅速な対応に、心から感謝しています。 」の「I sincerely appreciate your swift action. 」などを活用してください。 ビジネス英語のメールでの例文 ビジネス英語でのメールにも相手への感謝の気持ちを伝えると相手に好印象を与えることができます。 一言添えるだけで違いますので活用してください。 メールで書く場合の「迅速なご対応に感謝しております。 」というのは「Thank you for your quick response. 」が一般的です。 もう少し丁寧な表現で「迅速なご対応に感謝いたしております。 」は「Thank you very much for your quick response. 」や「I am very grateful with you quick response. 」などが使われます。 もっと相手に直接的な感謝の気持ちを伝えたい時は「あなたが迅速に対応してくれたことに、心から感謝しています。 」という意味にあたる「I'm sincerely grateful for your swift actions. 」という表現を使うと相手にちゃんと伝わり、喜ばれます。 「迅速な対応」をもう少し丁寧な表現をしたい場合には、「ご迅速」や「ご対応」を使います。 ただし「ご迅速」と「ご対応」を一緒に使うことはできないので使用するさいには注意してください。 一般的には「ご対応」と表記するのが一般的なケースですが、実際にしようしてみると「迅速なご対応ありがとうございます」と少し堅苦しくなります。 そこまでへりくだる必要はないので、「迅速な対応をしていただき」の方が伝わりやすいです。 「~いただき」だけでも十分な丁寧語になりますし、回りくどい丁寧語は返って失礼に当たるので、言葉の言い回しより感謝の気持ちを伝えることを一番に考えてあまり堅苦しくない文章で相手に伝えましょう。 基本の「迅速に対応していただき、ありがとうございます。 」や「迅速なご対応、ありがとうございました。 」が一番無難な敬語・丁寧語の表現になります。 「迅速な対応」の尊敬語表現 尊敬語というの敬語の一分類のことです。 名前のとおり相手に対しての尊敬を表す言葉になりますので、自分が相手にたいして尊敬の意思伝えたいときに使用してください。 この場合の例文として「迅速な対応」という言葉に、尊敬語を合わせた使用方法をご紹介します。 「迅速な対応をしていただき、ありがとうございます。 」「迅速な対応をしていただき、感謝しています。 」「迅速な対応をお願いいたします。 」など相手を敬うことが尊敬語の基本となりますので、お礼の意や感謝の気持ちを合わせて使用してください。 「迅速な対応」という言葉に尊敬語を合わせて使うことで、相手が受ける印象もよくなります。 相手に感謝して丁寧に接するということだけではなく、人としての基本的なマナーがきちんと身につきますので自分の品位もあがります。 身構えずに自分の感じている感謝の気持ちを相手に丁寧に伝えられる言葉だということを心にとめて使用してください。 「迅速」と同じ意味合いのある「素早い」や「早速」、「敏速」など物事の進みぐあいが非常に速いときに使用する類似した言葉はたくさんあります。 これらの言葉を使用しなくてもコミュニケーションに支障がでることはありませんが、さまざまな言葉に使い方を覚えておくほうが言葉のマンネリ化をさけることができます。 言葉を使い分けるというのは難しいイメージがありますが、「迅速」という言葉を少し変えるだけで雰囲気の違う文章を作ることができます。 同じ言葉でも理解をすればその状況に応じて使うことが簡単になりますし、敬語表現が気軽に使えるようになると自分の自信もにつながります。 感謝の意味のある言葉というのは自分や相手の気持ちを明るく前向きにしてくれますので感謝の気持ちを伝える言葉を知ることはとても大切です。 ここではさまざまな言い換え表現をご紹介しますので、ぜひご活用ください。 素早い対応 「迅速」と同じ意味の言葉であまり堅苦しくなく使用できるのが「素早い」という言葉です。 同じような意味の言葉なので、「 素早い対応をしていただき、ありがとうございました。 」「 素早いご対応に感謝してます。 」のように少し気分を変えて使用したいときに使いやすい言葉になります。 表現的にはビジネスシーンでも大丈夫なのですが、言葉のもつ印象は少しラフな感じもしますので、会社で使用する場合にはの取引先やお世話になっている上司に使うより、もう少し気軽な対応ができる場面で使用することをおすすめします。 それぞれの言葉には使い方や使うのに適した人がいますので、きちんと意味や用途を知った上で使用してください。 早速のご対応 「早速」は文字どおり「早く(速く 」対応してくれたという意味がありますし、「応じてすぐに」という意味もあるので、何かをやろうとしてからすぐにやり始める時や、何か要望がありその内容にすぐに応じないといけない時など「行うことが決まってからすぐに対応すること」を「早速」という言葉で表現します。 早速の敬語的な表現の「迅速」を例にした使い方としては、「早速のご対応をありがとうございます。 」「早速の対応をしていただきありがとうございます。 」「お早い対応に感謝しております。 」「早速のご対応に感謝しております。 」「早急なご対応、ありがとうございました。 」などをがありますので活用してください。 「早速」は「起こし言葉」なので文頭につけることができますし、目上の方や初対面の方に使うこともできます。 主な使用方法も「早速のご入金ありがとうございます」と使われますのでそれぞれのシーンに合わせて使用してください。 早々なご対応 「早々」は「そうそう」や「はやばや」と読みます。 どちらも一般的には目下の人や友人、知人、同じ立場にある人などに使いますが、お世話になった目上の方や取引先に使う場合は失礼にあたるとされます。 「迅速な」と同じように「早々なご対応を」と同じ文で用いられるため間違えやすいので注意してください。 目上の人や顧客に対しては「早々なご対応」の言葉は使用してはいけませんし、ヤフオクなどの取引相手に対してもあまり使わない方が良いでしょう。 相手にたいして「早々にとりかかってください」という敬語表現で表せますが、自分が命令している事に対して早急に行ってくれるようにお願いしていることになるのでこれは命令口調になります。 使い方で敬語表現も変わりますが、早々に関しては目上の人に使用しないよう注意してください。 早急なご対応 「早急」とは非常に急ぐことやその様子を意味するので、主に緊急時に相手に依頼するときの敬語表現で使われています。 「迅速」も急ぐと言った意味ですが、こちらはお礼の意味で使われますので「早急」とは少し違う意味になります。 「迅速」は対応をした後に使う言葉ですが、「早急」は問題が起きてこれから対応をするときに使います。 「早急なご対応」は、仕事をする上で対等な間柄の時に使用します。 緊急時に相手にお願いするときにも使用しますが、この言葉だけでは相手に対しての命令になってしまうので、ビジネス敬語としては「申し訳ありませんが早急なご対応をお願いいたします。 」など相手に対してお願いの気持ちを現す敬語を使うことをおすすめします。 「早急に対応していただけたので助かりました。 いつもありがとうございます」と最後に感謝を伝えてもよいです。 それぞれの状況に応じて違いをよく理解しながら言葉を使い分けて使用してください。 敏速な対応 社会人になると人間関係や人との接し方、話し方がとても変わります。 上司やさざまざな年齢、役職の方と仕事する機会が増えてきますので、それぞれの立場に適した話し方があります。 いざというときにきちんとしたビジネス敬語が使えるかで評価や信頼につながることがあるくらい言葉というのは大切になります。 打ち合わせなどで素晴らしいプレゼンテーションをしていても、伝えたい言葉の使い方や敬語が間違っていたら、一気に評価も信頼も薄れてきてしまいます。 「言葉は人をあらわす」ものなので、ちゃんとした敬語。 ビジネスでよく使用される敬語はしっかり覚えておくと今後の社会人生活においてとても強い武器になりますのでぜひ身につけてください。 ビジネスシーンでの使い方 「迅速」は相手に対する感謝の意味がありますので、職場の士気を高めたい時にも使えます。 大きな仕事の前に上司から部下に「迅速に処理していこう」と声をかけることで全体が前向きな気持ちになり士気が高まります。 部下が処理をしてくれた仕事に対しても「迅速に処理してくれてありがとう」と一言伝えると、相手は報われた気持ちになります。 「敬語」の中にあるのは常に相手に対する「敬う」という気持ちです。 丁寧な言葉を使用してもそこに気持ちが無ければ伝わらないですし、言葉自体が軽くなるので間違った敬語を使用してしまうこともあります。 「感謝します」や「勉強になります」などビジネスにおいては感謝の気持ちをどんどん言葉にのせることを心がけてください。 「迅速な対応をしていただき、ありがとうございました」は会社内の上司だけではなく、取引先やクレームなどどんな場面にも対応できる万能なフレーズなので大いに活用してください。 クレーム対応時の使いかた 仕事をしているうえで対応が難しいのがクレーム処理になります。 小さなクレームから会社全体にかかわるクレームとさまざまなクレームやリクエストがありますが、どの場合においてクレーム対応やクレーム後のお礼は素早く的確に返すことが大切です。 何か問題があったときには「直ちに対応いたします」という言葉を添えて処理をしてください。 取引先に対して敬語を使うことは、相手との円滑な人間関係を維持するうえでとても大切なポイントです。 取引先などにクレームやリクエストをする場合にも「ご確認いただければと存じます」や「お取り計らいのほどお願い申し上げます」と丁寧にお願いするといいです。 クレーム処理をしていただいた後のお礼も素早く的確に伝えてください。 「適切な対応をしていただき、感謝しております」は相手への感謝の気持ちをあらわす敬語表現なので相手の素早い処理にたいし、いち早くお礼の気持ちを伝えたいときに使用してください。 「迅速な対応」は「じんそくなたいおう」と読みます。 「迅速」には「迅」と「速」という、どちらも「物事の進み具合や行動が非常に速い」という意味を持つ漢字が使用されています。 「迅」と「速」の二つが重なることで速さの程度が上がり、「とても速い」という意味を持つようになります。 「迅速」とは物理的な物事や作業などのスピードが速いという言葉なので、「 迅速な対処」 「迅速に行動する」「迅速な報道」「迅速に処理する」など物事の処理などが素早く行われたときに使用してください。 「迅速」という言葉や少し硬いイメージがありますが相手に対しての感謝の意味があるのできちんと使用してください。 「迅速果敢」という四字熟語も「直面した物事に素早く決定を下し、躊躇せず即座に実行できる決断力があること」をあらわす言葉なのでビジネスシーンや小説などでよく使われます。 「迅速」とはポジティブな言葉なのでどんどん活用してください。 自分の品位と教養をあげる 最近はラインやツイッターなど感情や思い付いたことをありのままに表現できるツールが多くなっています。 そのため普段の言葉遣いも正しい敬語や日本語が使われていない、分からないという事態になっています。 言葉というのはその人自身の品格をあらわしますので、正しい敬語を知っているというだけであなたの品位と教養があがります。 敬語は「心のキャッチボール」なので相手に対する敬う気持ちがあり、そこから言葉がでてきます。 言葉に心がこもっていないと不思議と相手に伝わらないし、その言葉自体も間違っていることがあります。 ビジネス敬語でもある「迅速な対応」というのは迅速に対応をしてくれた相手に対する「感謝」なので気持ちがとても大切なです。 「迅速な対応」を含めたフレーズを覚えることでビジネス以外の人間関係も円滑に進めることができるようになりますので、社会人としてだけではなく一人の人間として活用していくことをおすすめします。

次の

「ご対応」の意味とは?目上への敬語表現と類語を紹介

迅速な対応 敬語

2.「早速のご対応」をメールで使うのは失礼? 「早速のご対応」という表現をメールで使っても失礼には当たらないのでしょうか? 結論を述べると、 メールで使っても失礼には当たりませんので、安心して使いましょう。 「早速のご対応」が失礼に当たらないのは、感謝の意味が込められているからです。 「早速の対応」だと語が使われていないので失礼にあたってしまいますが、「ご対応」と丁寧語が使用されているので、メールで使用する上でも失礼にあたるということはありません。 また、 上司のような目上の人に使っても失礼当たることはありません。 たとえば、社内で上司に何かを依頼したときにメールの文頭で使用するという場合が考えられるでしょう。 また、初対面の人にも使える表現なので、同僚や部下であってもまだ知り合って間もない時にはメールで「早速のご対応」を使っても不自然ではありません。 次からは、「早速のご対応」の具体的な使い方と例文について見ていきましょう。• 以上の3つの類語・言い換え表現について、順番に解説していきます。 「速い」と「早い」は読み方は同じであるものの、意味が異なっていることに注意しましょう。 「早い」の場合は、ある時点を基準にした時に、それよりも時間的に前の時点にあることを意味しています。 、夜の8時に集合なのに7時に到着すれば「早い」と言えますし、平均初婚年齢が30歳の時代に20代前半で結婚すれば「早い」と言えます。 その一方で、「速い」とは物理的な速度を表しています。 例えば車の速度は時速40kmよりも時速60kmの方が「速い」と言えますし、キーボードで1分間200語打てる人は100語打てる人よりもタイピングの速度が「速い」と言えます。 そのため「迅速なご対応」とは物理的な速度が速いと言うニュアンスが込められており、 こちらの依頼や要望に対する対応の速度がきわめて速い場合に使われる言葉だと言えるでしょう。 たとえば納期が1週間後であるにもかかわらず2日後に納品してくれたのなら、「迅速なご対応」と使っても違和感はないでしょう。 「早々」とは、 ある状態が成立した直後に、といったニュアンスがあります。 「早々」を使った例文としては以下のようなものが考えられます。 生まれて 早々に言葉を喋れるようになった。 就職して 早々、新卒で入った会社を辞めてしまった。 結婚して 早々に子供が生まれた。 「早々のご対応」を使うときも、こちらの依頼や要望などの直後に相手方が対応してくれた場合などに使うと違和感がありません。 ただし、どのようなタイミングであれば「直後」であると言えるのかは仕事の種類によります。 メールでファイルを添付するなど、即日対応可能な仕事もあれば、1ヶ月くらいかかってしまう仕事もあります。 自分が依頼した仕事の種類に応じて使い分けるようにしましょう。 そのため、 どのような場面で使ったとしても違和感のない無難な表現であると言えます。 「素早い」とは文字通り速いという意味ですが、「迅速」ほどには速いというニュアンスはありません。 また、「素早い」は「早々」のように、仕事を依頼した直後に対応してもらった場合のような、依頼から対応までの時間的間隔を表すニュアンスもありません。 そのため、どの表現を使うか迷ったら「早速のご対応」か「素早いご対応」が無難であると言えます。 5.「早速のご対応」の間違った使い方 「早速のご対応」はそれほど難しい表現ではありませんが、間違った使い方もあるので注意しましょう。 「早速のご対応」を自分なりにして使っているうちに、思わず相手に対して失礼な使い方をしてしまっているかもしれません。 ここでは「早速のご対応」の間違いやすい使い方について解説します。• 注意点1. 「早速の対応」は間違い 「早速のご対応」は、こちらの依頼や要望に対して対応してくれた相手方に感謝の気持ちを伝える表現なので、 丁寧語であることが必要です。 そのため、「早速のご対応」の「ご」を抜いて「早速の対応」としてしまったら、相手方に対して失礼な表現となってしまうので注意しましょう。 ただし、いかなる場合にも絶対に使ってはいけないわけではなく、使う場面にもよります。 例えば上司が部下に対して「早速の対応、感謝します」と使うのであれば問題ないでしょう。 注意点2. 「早速のご対応いただき」は間違い 「早速のご対応いただき」と書いてしまいがちですが、 この表現は日本語として不自然になってしまいます。 「早速のご対応」は「早速」と「ご対応」を「の」で繋いでいることから、「ご対応」が名詞的に使われていることがわかります。 そのため「ご対応いただき」ではなく、「ご対応をしていただき」と、「対応」のあとに助詞の「を」を入れないと不自然な日本語になってしまいます。 正しい使い方に変えるとしたら、「早速の」が「する」の変化形「して」を修飾することになるので、「していただき」に続けても不自然にならないようにしなければなりません。 その場合は、「早速、ご対応をしていただき」か「迅速にご対応をしていただき」と表現すれば不自然にならないでしょう。 6.「早速のご対応」の英語表現 「早速のご対応」の英語表現は、「早速」をどの英単語を使うかによって変わります。 「早速」は英語だと 「quick」「speedy」「immediately」「now」「instantly」など多様な表現があります。 また、「I 〜」で始めるか「Thank you for」で始めるかでも変わってきます。 以下では「早速のご対応、感謝いたします」の英語表現の4つのバリエーションをご紹介します。 I your swift reply. Thank you for your quick response. Thank you very much for your quick response. I am grateful for your speedy handling. どの表現を使うか迷ったら、 もっとも無難な「Thank you for your quick response」を使うといいでしょう。 まとめ 「早速のご対応」はこちらの依頼や要望に対して対応してくれた相手方に感謝の気持ちを伝える表現です。 メールで使っても上司に使っても決して失礼な表現ではありません。 ただし、意味としては難しくないものの、使い方には注意しましょう。 特に「早速のご対応」を自分でアレンジして使うときは、ニュアンスの違いによく注意する必要があります。 どのような表現を使うか迷ったら、「早速のご対応」か「素早いご対応」を使うのが無難ですので、不安な時はこのような表現を使って見てください。

次の

「迅速な対応」の読み方と意味は?目上への敬語表現、類語、英語も紹介

迅速な対応 敬語

「迅速な対応」という言葉は、仕事でよく使われる言葉ではないでしょうか。 「迅速な対応をします」「迅速な対応でお願いします」などと使われている「迅速な対応」ですが、敬語なのでしょうか。 また、「迅速な対応」の敬語表現や使い方と例文、別の敬語表現についてくわしくご説明します。 尊敬語 尊敬語とは、敬語の一分類のことです。 話し手が敬意を示す形をした言葉です。 「迅速な対応」という言葉に、尊敬語を合わせて使いましょう。 ・迅速な対応をしていただき、ありがとうございます。 ・迅速な対応をしていただき、感謝しています。 ・迅速な対応をお願いいたします。 「迅速な対応」という言葉に尊敬語を合わせて使うことで、相手に対して丁寧に接するということだけではなく、基本的なマナーとしても身につけておきましょう。 「迅速な対応」の敬語での使い方 ビジネスで使うことの多い「迅速な対応」という言葉は敬語表現をすることで、目上の人に対して使っても、失礼にならないという考え方が一般的です。 ビジネスでは、客先や取引先などビジネスの相手に対して「迅速な対応」をお願いする場合と、感謝する場合だけではありません。 上司や同僚など社内の人に対して使う場合もあります。 「迅速な対応」という言葉を使うことで、仕事相手だけではなく、仕事仲間との関係も円滑にすることができるでしょう。 メールでの使い方 「迅速な対応」という言葉は、ビジネスシーンではメールの場合にもよく使われる言葉です。 相手に早い対応をしてもらいたい場合や、対応の早さに対して感謝する場合に「迅速な対応」という言葉を使うことができます。 また、自分の対応について答える場合にも「迅速な対応」という言葉は使うことができるでしょう。 例文 ・迅速な対応をお願いいたします。 ・この度はご多忙のところ、迅速な対応をしていただきありがとうございました。 ・この度は迅速な対応をしていただき、感謝しております。 ・迅速な対応をいたします。 「迅速な対応」を敬語表現するときの例文 「迅速な対応」を別の敬語で表現する方法をご紹介します。 適切な対応 ・適切な対応をしていただき、ありがとうございました。 ・適切な対応をしていただき、感謝いたします。 「迅速な対応」という言葉を別の敬語で表現する場合には、「適切な対応」という表現を使うことができます。 「迅速な対応」と異なる点は、お願いしたい場合には「適切な対応」という言葉を使うことはおすすめしません。 「適切」という判断は人により異なるため、迅速というように早い対応をしてもらえない可能性があるため、注意して使いましょう。 早速の対応 ・早速の対応ありがとうございます。 ・早速対応していただき、感謝いたします。 対応が早くて感謝していることを表現する場合には「早速」という言葉を使って敬語表現をすることができます。 早急な対応 「迅速な対応」と似ている表現には「早速の対応」という言葉があります。 「早速」という言葉には、素早いこと・時を置かずにすぐに行動することという意味があります。 「迅速」という言葉は、物事の進行や人の行動が少しも滞ることがなく進行したり、物事が素早く処理されたりするという意味があります。 「早速」は、物事に対して「すぐに取りかかる」ことを表しています。 「迅速」は、物事が素早く処理されたり進行されたりすることを表しているという違いがあります。 ・迅速な対応をお願いします。 ・早速の対応をお願いします。 どちらも敬語として使うことができますが、使い方の違いに注意しなければなりません。 使い方の注意点 ビジネスシーンで使う場合には、物事に対してすぐに取りかかって欲しいことを伝えたい時には「早速の対応」という言葉を使いましょう。 しかし、「早速の対応」という言葉を使う場合には注意しなければならないことがあります。 「早速」はすぐに取りかかることで、物事が完了するまでの時間については表すことができません。 物事を素早く処理し終えて欲しい場合には「早速の対応」ではなく「迅速な対応」を使用することをおすすめします。 「迅速な対応」で仕事を進めましょう.

次の