ウイルス 性 胃腸 炎 仕事。 ウイルス性胃腸炎で仕事の復帰はいつから?休むべき理由は?

感染性胃腸炎(ノロウイルス)は出勤停止?仕事を休む期間・復帰まで何日?

ウイルス 性 胃腸 炎 仕事

スポンサードリンク ウイルス性胃腸炎大人がかかったときの食事のコツ ウイルス性腸炎だけど、回復させるにはやっぱり食事も少しは取らないと…と思うかもしれませんが、早く治すためのポイントは、 胃腸をしっかりと休めてあげることです。 胃腸炎って文字のとおりそのままなんですけど、胃や腸が炎症を起こしているってことなんですよね。 だから炎症が起きている胃や腸に食べ物が入ってくると、粘膜が擦れてしまいます。 これ想像しただけでも痛そうですよね?! だから最低でも下痢・嘔吐の症状が出たら24時間は何も口にしないのが一番です。 もちろん24時間過ぎてもあまり食欲がないのであれば、ご自身の体の状態に素直に従って食べなくても大丈夫。 無理して食べると悪化してしまうので、「食べたいな~」「なんだか少しなら食べれそうな気がする!」「お腹が空いてきた」と思うようになって食事をスタートしたらOKです。 ただ食欲が少し湧いてきても気をつけたいのが、食べ物の柔らかさ。 とくに下痢が続いている場合は、 下から出てくる便の柔らかさや水っぽさと同じ形状の食事内容にしてあげることが大事です。 なぜかというと、口の中に食べ物を入れると胃腸は頑張って消化するというお仕事をしないといけないんですよね。 スポンサードリンク ウイルス性胃腸炎のときに適切な飲み物とは? 胃腸炎のときの下痢・嘔吐で気をつけたいのが脱水症状なんですよ。 そのためさきほど下痢・嘔吐が始まって24時間は食べちゃダメってお伝えしたのですが、 水分はこまめに少しずつでも摂ることがホント大事です。 最初は水分も摂りたくないと感じるかもしれません。 ただどうしても吐き気があると飲み物も進まなかったりもしますよね。 そんなときは胃酸過多になっていることもあるので、梅干しを小さくちぎって白湯の中に入れて少しずつ飲むと少し症状が和らぐこともあるので、よかったら試してみてくださいね。 オススメの飲み物は? 胃腸炎のときに脱水症状にならないように摂りたいのが 経口補水液。 スポーツドリンクとは違い、胃腸からの吸収がよく素早く水分を補うことができるので、とくにあまり水分が摂れない…そんな状態のときにはオススメです。 経口補水液は近所のドラッグストアでも簡単に手に入りますし、自宅でも簡単に作れちゃいます。 柑橘系のジュース 炭酸飲料 コーヒー 牛乳や飲むヨーグルト 上にあげたような飲み物は、胃に対する刺激が強かったり、牛乳などの乳製品飲料は消化が悪いので、まだ胃腸が弱っている間は控えるようにするのが無難かな~と思います。 さいごに 胃腸炎… 早く回復させないと仕事だって長く休めないし… と思ったりもすると思いますが、実は早く回復させるためには食べることではなく食べずにしっかり胃腸を休ませてあげることが一番大事ですからね。 まだ食べたくないな~と思うなら、水分補給はしっかりしなきゃダメだけど、食事はパスしてOKです。 胃腸炎の症状が少しラクになってきて、「なんだか食べれそう!」と思ったら、食事スタートしてみてください。 そのときのポイントは、まだ下痢が続いているなら、下痢の症状と同じような形状の食事にしてあげることでしたね。 無理せずご自身の回復具合に合わせて、流動食からいつもの食事に段階を踏んで少しずつ戻していってあげてくださいね。

次の

ウイルス性胃腸炎で仕事を休める?休まなければいけない?

ウイルス 性 胃腸 炎 仕事

感染性胃腸炎とは・・・? 感染性胃腸炎とは、 大きく分けて《ウイルス性胃腸炎》 と《細菌性胃腸炎》があり ます。 ウイルス性胃腸炎は嘔吐下痢症などとも言われ、どちらかというと冬場に多い感染症です。 一方、 細菌性腸炎は食中毒などといわれ、 夏場に多い傾向があります。 冬場に流行するウイルス性胃腸炎の中には、白血球の上昇をともない、 細歯性の様相を帯びている、 もしくは合併している症例も散見します。 ウイルス性胃腸炎とは?どこで感染するの? よく知られているウイルスにはロタウイルス、 アデノウイルス、 アストロウイル ス、 ノロウイルス、 サッポロウイルスなどがあります。 何れのウイルスも口から入ったウイルスが十二指腸から小腸の粘膜上皮に感染することで発病します。 感染した腸管はむくんで水っぼくなり、 嘔吐や腹痛、 下痢、 発熱を起こします。 ウイル スの稲類や個人差にもよりますが、 下痢にはならず、 張り感や膨満感、 腹痛のみの症状の人もいます。 「下痢がないからといって腸炎でない」とは言えないのです。 一般には罹患した人の便や吐物にウイルスが含まれており、 それにより感染する場合があります。 また感染力の強いウイルスには、 そのウイルスに汚染された場所に触れただけでも感染することがあります。 この感染には個人の免疫力が影響しますので、 普段から疲れをためない生活習慣を心掛けておくことが重要です。 ウイルス性胃腸炎、 どうやって予防できますか? 最も効果的な予防対策は、手洗いです。 トイレの後や、食事の前後、調理をする方はその前後など・・・これは食中毒の予防にも共通します。 また、普段からタオルを共有しないことも重要です。 家族といえども、下痢症状の出ている人がいたら、入浴時もまずシャワーでよく洗ってから入浴する、バスタオルを共有しないなどの工夫が必要です。 お子さんなどで、ブロックなどのおもちゃを使うような時は、一日一回はアルコールスプレーなどで除菌する、洗えるものなどは洗うなどの工夫が重要です。 下痢や嘔吐を起こしてしまったら・・・? 食欲がない時や、嘔気がある時に無理に食事を取る必要はありません。 食事より水分を「いかにして取るか」が重要です。 スポーツドリンクを少量ずつ飲むようにしましょう。 但し、冷蔵庫に入っているものをすぐ飲むのは刺激になって余計下痢を誘発してしまうことがあります。 常温に30分ほど置いておいてから飲むと良いでしょう。 牛乳などの乳製品は腸内で発酵して下痢を悪化させたり、膨満感を悪化させたりすることがあります。 少し回復するまで摂取を控えましょう。 食事は柔らかく煮たうどん、おかゆ、おじやなどが良いでしょう。 パンが食べたければ、食パンなどあまりバター成分の多くないものが良いでしょう。 野菜はスープなどに調理して、繊維成分を除いて飲んでみるのが良いでしょう。 細菌性胃腸炎とは?どこで感染するの? 文字通り細菌によって起きる腸炎です。 別名、食中毒と言います。 起因菌によっても異なりますが、一般に原因となる食べ物を摂取してから、5~72時間の間に発症します。 魚介類の加工品、肉、卵、カキ氷、いずし(ニシン、アユ、ハタハタなどの保存食品) などで起こることがあります。 これらの食事を摂取し、暫くして下痢や腹痛の症状が出た時には食中毒を疑ってみる必要があります。 多くの人が同時に起こる場合もありますが、体力や免疫力などの差で同じ食べ物を摂取してもかかる人とかからない人がいます。 特にいずしなどの摂取後に起こるポツリヌス菌と日われる細歯による食中毒は、眼瞼下垂(まぷたが下がつてくる)、複視(ものが何重にも見える)、発語障害(言葉が話しにくい)などの神経症状が出ることがあり、 重症な場合は死亡することさえあります。 細菌性腸炎にかかってしまったら? 症状や対応方法はウイルス性腸炎とほぼ同じです。 但し、基本的に下痢止めを使用してはいけません。 症状を慢性化させたり、悪化させたりする事があるからです。 前述したように合併している場合もあります。 国近、街中の薬局でも多くの止痢剤(下痢止め)が市販されています。 全てがだめというわけではありませんが、特に細菌性胆炎の場合、症状を悪化させることがありますのであまり服用しないほうが良いでしょう。 止痢剤を使うよりまず下痢で失われた水分補給をこまめに行い、それでも繰り返す場 合は医療機関を受診しましょう。

次の

ウイルス性胃腸炎について

ウイルス 性 胃腸 炎 仕事

激しい嘔吐、繰り返す下痢に始まり、高熱、関節痛、頭痛などなど…かかってしまうとそれはもうめちゃくちゃ辛いウイルス性胃腸炎。 上からも下からも悲惨だし仕事なんて行けるような状況じゃないけど、休んでしまうと職場の人達にも迷惑がかかるし休みにくいな~ってのもあると思います。 ウイルス性胃腸炎の時は仕事は休むべき?何日間休むべきとかあるのか? 職場にウイルス性胃腸炎ですと説明した際に、診断書の提出を求められたりすることはあるのか?についてお話ししていきます。 スポンサーリンク ウイルス性胃腸炎になったら仕事休むべき? ウイルス性胃腸炎は、気温が下がり空気が乾燥しだす冬~春の間に流行します。 症状に個人差はあれどたいてい、激しい嘔吐や下痢・腹痛・発熱が主な症状。 「お腹の風邪」とも言われますよね。 仕事ってそう簡単に休めないし、仕事場での立場などもあると思います。 『職場の人に迷惑かかっちゃうし…』と無理にでも仕事に出ようかななんて考えてしまうかもしれませんが、 ウイルス性胃腸炎は周りの人間に移してしまう可能性があるので仕事は休むべきと言えます。 ウイルス性胃腸炎の原因となるウイルスは、ロタウイルス・アデノウイルス・ノロウイルスと推測されます。 病院でも診察の度にウイルスの検査をするわけじゃなく、症状とその時期の流行から予測して「感染性の胃腸炎でしょう」と診断されることが多いですよね。 「お薬〇日分出しておくのでこれで様子見てみてください」みたいな。 何ウイルスかは検査してみないとわかりません。 冬場にウイルス性胃腸炎と診断された場合は、ロタウイルス・アデノウイルス・ノロウイルスのどれかの可能性が高いと考えられます。 いずれも感染力が強いウイルスのため、症状があるうちは特に出勤は控えたほうがいいですよ。 食品関係のお仕事や、介護施設や保育園など高齢者や小さい子供と接するようなお仕事をされている場合は、感染性の胃腸炎による集団食中毒に発展してしまうと、会社の信頼が危うくなるケースもあるので、「7日間出勤停止」などのように厳しく制限しているところもあります。 スポンサーリンク ウイルス性胃腸炎の時仕事は何日休むの? ウイルス性胃腸炎の場合、仕事は何日休むべきなのでしょうか? 多くの場合は2~3日くらいで激しい下痢や嘔吐の辛い症状が治まってきて、1週間経つ頃には徐々に回復し元に戻ってきます。 ごはんが食べられるようになって、ひどい下痢症状も落ち着けば、とりあえず仕事ができる状態にまで回復してることも多いはず。 しかし、症状の出方や回復までにかかる時間は個人差があるので、自分の体の具合を見ながら職場の上司と相談してくださいね。 嘔吐や下痢が続いているのに無理して出社し、職場でゲロゲロ~なんてやってしまうとそれこそ感染拡大させる可能性があり周囲にも迷惑をかけてしまいます。 「〇〇さんのせいで…」なんて言われたくないですよね。 辛い症状が続く間は、自分のためにも、周囲に感染を広げないためにも、お家で安静にする事が大切です。 体に鞭打って無理すると完治までの期間が長引く可能性だってあります。 症状が長引いて仕事を何日間も休まなければいけない時は、職場にも気を使ってしまいますが、「周りに移してしまう可能性があるようなので…」と伝えればさすがに理解してもらえると思います。 風邪でもこじらせたら完治するまで一か月以上かかったなんて話も耳にしたことがあるくらいなので、症状が辛くて体調が悪いうちはしっかりと休んでおきましょう。 気を付けないといけないのは、症状が治まって出勤できるようになっても、病み上がりの体はまだ本調子じゃないことがほとんどなので、普段よりも風邪やインフルエンザなどにかかりやすい状態になっています。 また、ウイルス性胃腸炎の症状もなくなり治った!と思っても、しばらくの間は体からウイルスを排出し続けていると言われています。 個人差はあれど、短くて約1週間程度、長くて約2~3週間はウイルスを排出しているといわれています 病み上がりで出勤する場合は、マスク着用や手洗い・消毒は徹底しておきましょう。 スポンサーリンク ウイルス性胃腸炎で仕事休む診断書の提出を求められることはある? 世の中には色んな職種もあれば、職場の雰囲気も様々だと思います。 ウイルス性胃腸炎で病欠することに理解のあるところだといいですが、なかには「それを証明しろ」みたいなところもあるかもしれません。 就業規定で医師の診断書の提出が必要なところもあるかもしれませんね。 ウイルス性胃腸炎の場合でも、診察してくれたお医者さんに理由を伝えてお願いすればきちんと診断書を書いてくれます。 診断書発行にかかる料金は病院によって違いますが大体3000円~5000円くらい。 診断書作成までに2~3週間ほどかかるケースが多いので、提出を求められたらなるべく早めにお医者さんにお願いしておくほうがいいですよ。

次の