お前 が 打 た なきゃ 誰が 打つ。 与田も許してくれそうな○○が打たなきゃ誰が打つを考えるスレ

「選手に失礼」と中日応援歌自粛 「お前が打たなきゃ」:朝日新聞デジタル

お前 が 打 た なきゃ 誰が 打つ

1日に中日の公式応援団が2014年シーズンからここまでチャンス時に流していた応援歌「サウスポー」を自粛するとSNS上で発表。 ピンクレディーのヒット曲「サウスポー」の替え歌で「お前が打たなきゃ誰が打つ」の歌詞の中に「お前」があることを与田剛監督が問題視し、球団を通じて変更を要請したことが発端となった。 ワイドショーまで取り上げる騒動に 「『お前』という言葉を子どもたちが歌うのは、教育上良くないのではないか」というのが、そもそもの与田監督の持論。 これを指揮官自らが事実上の強権発動により、せっかく竜党の間に浸透していたお馴染みの〝チャンステーマ〟を封印させてしまったことで大きな騒動へと発展した。 案の定、ネットは大炎上である。 そのほとんどが与田監督に対するバッシングだ。 しかもスポーツニュースだけでなく、テレビのワイドショーでも取り上げられ〝お前騒動〟は沈静化する兆しが見られない。 さらにマズかったのは与田監督の苦しい弁明だ。 2日に東京ドームで行われた巨人戦の試合前にはメディアの前で困惑の表情を浮かべながら、「僕は単純に『お前』という表現よりは名前の方にしてもらえませんかというのが事の発端なので。 シンプルにそこだけです。 他球団でも野球界の現場の人間は『お前』より名前がいいと思っている人が多い。 応援を自粛してくれとか、やめてほしいとも言っていない。 応援団の方々をリスペクトしているし、否定しているわけではない」などと〝逃げ口上〟に終始し、騒動の火消しを図った。 しかし、それも完全に裏目に出てしまったようである。 この弁明にもツッコミどころはとにかく満載。 特に「他球団でも野球界の現場の人間は『お前』より名前がいいと思っている人が多い」との発言には球界内からも数多くの異論が噴出している。 セ・リーグの某球団関係者も次のように言い切った。 「監督という立場にある人が応援歌にクレームをつけたケースなんて過去に聞いたことがない。 ファンの人たちが一生懸命になって応援してくれていることを考えれば、歌詞がどうこうなんて思うはずはなく感謝の念しか浮かばないはず。 しかも『お前』というフレーズだってファンが誹謗中傷まがいの罵声を浴びせるために歌っているわけではなく、リスペクトの姿勢から用いられているのは誰だって理解できますよ。 中日以外の球団でも応援歌に『お前』は数多く使われているが、名前のほうがいいと大真面目に思っている選手なんてまずいない。 もう明らかに今回の一件は、与田監督の暴走だったと思う」.

次の

井端とドアラ’s blog

お前 が 打 た なきゃ 誰が 打つ

によりますと、中日ドラゴンズの応援団がチャンステーマとして使用している『サウスポー』の歌詞に好ましくない表現があるとの指摘が与田監督からあり、応援歌の使用が自粛されることになったとのことです。 「お前」という表現が「選手に対する敬意を欠いている(= 失礼)」というのが与田監督の主張です。 1つの意見として認められるべき内容ですが、 「ファンとの関係性」という点で間違いなく尾を引くことになるでしょう。 中日は1日までに中日ドラゴンズ応援団に試合中に使用する応援歌「サウスポー」について、好ましくない表現があるとして歌詞の変更を要請し、1日に同応援団が同曲の当面の使用を自粛することを公式サイトなどで発表した。 好ましくない表現は「お前が打たなきゃ誰が打つ」という部分で、多くの子どもたちも応援する中、「お前」という表現はどうかと与田監督も疑問視し、その旨を球団を通じて応援団に伝えていた。 同応援団側は歌詞の変更が難しいとして、使用の自粛を決断したとみられる。 『身内(= 仲間)』や『対等な関係』にある者同士で「お前」という表現は許容範囲内 「お前」という表現に「与田監督が主張するネガティブな意味合い」が含まれていることは事実です。 その典型的はケースは「目上の者に対して『お前』という呼びかけをした場合」でしょう。 これは「非常に失礼」であり、相手を侮辱していることと同じだからです。 しかし、そうではないケースも存在します。 例えば、仲間内であったり、対等な関係にある者同士の間で『お前』という表現を使う場合です。 チームメイト間での「お前が打たなきゃ誰が打つ」という発言は全く問題にならないと考えられるからです。 今回の応援歌使用自粛で波紋が予想以上に広がっている理由は 「ファンをどう位置付けているのか」という問題が絡んでいるからです。 場合によっては「応援歌『サウスポー』の使用自粛」だけでは済まなくなるだけに、騒動の発端を作った与田監督が責任を持って対処する必要が生じたと言わざるを得ないでしょう。 「ファンが選手をお前呼ばわりするのは問題」と言ったに等しい 仲間内で『お前』と呼ぶことは問題になりませんが、中日ドラゴンズでは「ファンが選手を応援する際に『お前』という表現を使うことは好ましくない」との与田監督による意向が反映されました。 これは 「ファンは仲間ではない」と発言したことと同じです。 つまり、選手を含む球団とファンとの間には明確な線引きがあるのだから、「(相応の)敬意を示せ」と要求したことと変わりないのです。 「たかが選手が」と発言して大バッシングを浴びた某球団オーナーがいましたが、今回の与田監督の発言は「たかがファンが」と述べたことと同じであるとの認識を持つ必要があります。 『燃えよドラゴンズ!』の歌詞にある「燕落として大男 息の根止めて 勝ち進め」の部分は「お前」とは比較にならないほど不適切です。 もちろん、与田監督は該当部分に対する懸念を球団側に伝えていることでしょう。 もし怠っているなら、論外だと言わざるを得ないでしょう。 広島カープには「お前」という表現を使ったチャンステーマも、公認タオルも存在する 一方でドラゴンズと真逆の対応をしている球団も存在します。 それは広島東洋カープです。 『極チャンス』というカープの得点機に使用される応援歌には「おっ!・まっ!・えっ!・がっ!・決めろ!」と『お前』という表現が思いっきり入っています。 それどころか、球団公認タオルとしてもされています。 選手を侮辱する内容ではないのなら、『お前』という表現に目くじらを立てる必要はないと言えるでしょう。 要するに、中日・与田監督の要望は「時期」も「内容」も「方法」も間違いだったのです。 「応援歌の内容」を不適切と感じたなら、オープン戦やオールスター期間中といった「変更に時間の取れるタイミング」で球団側から先に意見表明をできる状態を整えておくべきでした。 応援団から「球団からの要望があった」と発表された後に、球団から「変更を要望した理由は次のとおりです」とのプレスリリースを速やかに出していれば、波紋はここまで大きくはならなかったでしょう。 それができずに火に油を注ぐ結果となったに過ぎません。 「その意図はなかった」との弁解はすでに手遅れですし、現時点で発生している騒動を収束させる責務が与田監督にはあると見なされるのは止むを得ないでしょう。 ドラゴンズが球団としての危機管理を適切に行い、問題を上手く収束させることができるかが注目点になると言えるのではないでしょうか。 sqboe.

次の

中日・与田監督「お前より名前で呼んで」 応援歌自粛問題で見解「辞めろとは言っていない」― スポニチ Sponichi Annex 野球

お前 が 打 た なきゃ 誰が 打つ

浮かない表情の与田監督 中日の公式応援団が応援歌「サウスポー」使用を自粛すると発表した問題が、大きな波紋を呼んでいる。 中日・与田剛監督(53)が「お前が打たなきゃ誰が打つ」の「お前」の部分を疑問視し、球団を通じて歌詞の変更を要請。 これが「言葉狩りだ」などと大炎上してしまった。 果たして今回の騒動にはどんな背景があり、どう収束していくのか。 在京球団の元応援団長・X氏は本紙に緊急声明を寄せた。 中日の公式応援団が「サウスポー」自粛を発表したのが1日のこと。 以降、ワイドショーなどではこの問題の是非について盛んに議論が交わされ、与田監督が「教育上好ましくない」と発言したことについても、「お前」の語源はそうではない、じゃあ語源のいい「きさま(貴様)」ならいいのかなどと、とんでもないところにまでヒートアップしている。 当の与田監督は「不本意な方向にいっている」と戸惑いを隠せないでいるが、騒動のもう一方の当事者ともいえる応援団は今回の騒動をどう受け止めているのか。 かつて在京球団で応援団長を務めたX氏によると「今回の騒動の背景には、2002年から始まる応援団問題があるんです」という。 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(暴対法)を受け、球界が本格的に「応援団のクリーン化」に動きだしたのが02年のこと。 12球団は球場から暴力団構成員ら、いわゆる「反社会的勢力」の徹底排除を目指した。 「なかでも問題視されたのが中日の応援団でした。 今では『反社』は一掃されて12球団すべてクリーンな応援団となりましたが、中日にはその時のトラウマがいまだに強く残っているんだと思います。 その影響もあり、中日球団と応援団の関係はクリーンとはいっても健全な関係ではないのかな、という気がします」 どういうことか。 「応援団が完全に球団の言いなりになってしまっている。 応援団はファンの代弁者であるべきで、球団とファンをつなぐ役目を担わなければいけません。 球団から『歌詞の変更』を要請されたら、まず聞かなければいけないのは『ファンの意見』です。 ですが、現在の応援団は球団の言うことを聞かないと球場から排除されてしまいますし、球団の許可をもらわないと、メディアにコメントすることもできません。 健全な関係ではないと思います」 ではどうするべきなのか。 「まずは球場に来ているお客さんの意見を聞くことが第一。 もう結果は分かり切っているかもしれませんが、たとえば7月中にナゴヤドームのお客さんにアンケートを取って『お客さんの意見はこうですよ』と球団に伝えるべきです。 そこで球団側と話をできる環境をつくらなければいけない。 そもそも、今回の一件だって、与田監督が何の気なしに漏らした一言を、球団が過剰に反応して応援団に伝え、応援団も過敏に反応してしまっただけではないのか。 それでも応援団の本来の在り方を考えるという意味では、大きな騒動になった今がチャンスかと思います」 そして今後の中日応援団に望むことは何か。 「応援団経験者としては、ならばオリジナルのチャンステーマを作ろう、という方向に意識を向けてほしいですけどね。 それでも応援団が球団の顔色を気にして動けないというのなら、私がナゴヤドームで内野席のファンをリードしながら『サウスポー』を歌いますよ」 今回の騒動は、時間が経過すれば自然と沈静化していくのか、それとも…。

次の