木酢液 うどんこ病対策。 木炭のはなし、木酢液のはなし

木酢液の利用法についてうどん粉病には、アルカリや酸性の液体の散布が...

木酢液 うどんこ病対策

紫陽花の病気と対策 3月ともなると三寒四温で、温かい日もあれば、まだまだ真冬のような日もありますが、 少しずつ春らしくなり、葉っぱも芽吹き始めましたね。 紫陽花は、まだまだこれからですが、 病気になる前に、ひどくなる前の対策が大切ですので、 病名と対策を、わかりやすくまとめてみました。 紫陽花がきれいに咲くことを願って。 紫陽花の病気になる原因って? 病気に侵されてしまった葉や枝、幹などを土の上に落ちたまま放置しておくと、 病原菌が葉っぱなどに潜んだまま、 枝や土の中で越冬します。 翌年、暖かくなってくると、病変して落ちた葉や枝などにに付いた菌が、 寄生繁殖し、健康な樹木に感染し発病します。 これを防ぐには、 病気にかかった枝、葉などは焼却する、 または、 土の中、1メートル以上深く埋めるなどすることが肝心です。 買ってきたものが病気にかかっている場合もあるので、 購入するときは樹木をよく観察することも大切ですね。 新しく樹木を植えるときは、完熟した堆肥や石灰を十分に施してから、 土壌とよく混ぜてから植え付けましょう。 ウイルスを持ったアブラムシやアザミウマ類の害虫が感染源となる場合もありますので、 害虫が寄ってこないようにする、侵された枝や葉を早く除去するのも大切ですね。 紫陽花の病原菌の種類と対策 植物の病原菌はウイルスが約300種、細菌が約300種前後、 糸状菌が4000種以上と様々な病原菌があります。 植物は人間と違って全ての菌に侵されるわけではなく、 樹木により、特定の菌や害虫にのみ侵されます。 植物は、病原菌に侵されると、細胞、組織内に抵抗する物質ができる、 「抵抗性」という遺伝的な性質を持っているからです。 紫陽花がかかる病気は、ウイルス、細菌、糸状菌 カビ などがあります。 では、詳しく見ていきましょう。 モザイク病 発生部位 葉、花など全体 病原菌 CMVウイルス、球形の30ナノメートルの大きさ。 このウイルスは世界中に分布しており、発病した植物が近くにあると、多発生しやすい。 発病した樹から挿し木をすると例外なく発病するので注意しましょう。 症状 緑色濃淡のモザイクができる。 花の奇形、葉の奇形が見られる。 葉が萎縮し成長不良になる。 伝染方法 アブラムシや線虫などにより媒介。 接触や接触伝染する。 発病を防ぐには• アブラムシを寄せ付けないようにすること。 汁液や接触でも伝染するので、病気の樹を切った刃物で健康な樹を切らないこと。 発病した樹は、根元から抜き取り焼却するのが良い うどんこ病 発生部位 葉、枝、生長点付近 病原菌 糸状菌 症状 感染し始めは、葉にうどん粉のような白いカビが円形に生じる。 さらに進むと、葉裏全体に広がる。 生長点付近に発生すると新芽が奇形になる。 伝染方法 うどん粉病は、侵す植物の種類が多いので、どこかで越冬した植物が生育し、そこに形成された病原菌の分生子が飛散して伝染すると考えられます。 発病した葉に触れると、白い粉が飛び散るのが分生子で、これが健全な植物の葉に付着し、組織内に侵入し発病する。 発病を防ぐには• 周囲に発病した植物は取り除くか焼却する。 もしくは、土の中に1m以上深く埋める• 病状が進むと、病斑上に黒い小粒点ができる。 鮭肉色の塊は病原菌の分生子で風雨によりまわりに飛散し伝染する。 伝染方法 病原菌は植物の葉などの表皮を貫通して組織の中に侵入し、栄養分を吸収し増殖する。 傷がなくても発病する。 発病を防ぐには• 前年に発病した葉、枝は焼却するか土の中に1メートル以上深く埋める• 薬剤散布は病斑が小さい初期のうちに行う• 降雨により伝染しやすいので、雨の前後と、発病が激しい時には、薬剤を1週間〜10日おきに散布する。 萼にも生じてひどくなると枯れる。 伝染方法 病原菌は、発病して落葉した葉、枝などの組織とともに土の中で越冬。 翌春、分生子、菌糸、分生子殻などが空気中に飛散して植物に付着し感染する。 感染すると、植物から栄養分を吸収し、どんどん増殖。 発病を防ぐには• 発病した枝を切除し焼却するか、土の中に1メートル以上深く埋める• 葉や枝が繁り過ぎないようにする• 葉の上から水をかけないようにする• 孔があいたりすることも。 葉脈に沿って水浸状の病斑を生じて葉が垂れ下がる。 伝染方法 病気の葉っぱが土の中に落ち、病原菌が越冬。 翌年、降雨の雨滴によって土の粒とともに跳ね上がり、そこで増殖したのちに気孔や傷口から侵入する。 発病を防ぐには• 病原菌は水を好むので、土の排水をよくし、水のやりすぎに注意する• 最近は気孔、水孔、傷口から侵入するので、傷をつけないようにする• 薬剤は病斑が形成された時に、かけムラのないように散布する• 病状がひどい時は1週間おきに散布する。 500倍以上に薄めた木酢液は根を傷めることなく、 土壌中の有用微生物のえさとなり、その活動を活発にします。 にんにくを木酢液に漬け込んだ 「にんにく木酢エキス」は、 うどん粉病や害虫 アブラムシ の忌避効果があります。 すりおろしたにんにく100gを木酢液1リットルに入れて1〜2ヶ月おくと、 「にんにく木酢エキス」ができます。 300〜500倍に薄めたものをうどん粉病が発生しやすい時に、 3〜4日おきに数回散布すると効果がありますよ。 自然派で環境に優しいのでオススメです。 病気はすぐに対処することが大切 植物が病原菌に侵されるのは、植物の生育環境が、 病原菌が活動しやすい環境になった時なのです。 ということは、活動しにくい環境にするのが大切ですね。 密植した枝葉、繁茂しすぎたら、風通しが良くなるように枝を整えましょう。 春になると、土の中や枯れて落ちた枝や葉で越冬した病原菌が活動し始めます。 発病しないように環境を整えましょう。 ウイルスを媒介する、アブラムシ、アザミウマ類を防除し、伝染しないようにするのも大切ですね。 病気にあった適切な処置で、綺麗な紫陽花を咲かせましょう。 紫陽花の害虫については、こちらでまとめてます。

次の

ベト病の症状と対策

木酢液 うどんこ病対策

「うどんこ病」とは何か 「うどんこ病」とは、 野菜の葉の表面に白い糸状菌(カビ)が発生して、葉が白くなる病気です。 「うどんこ病」の名前の由来は、感染すると葉の表面がうどん粉を振りかけたような姿になるところから来ています。 また、英語では、「カビ」や「べと病」を意味する「Powery(粉の) mildew(カビ・べと病)」と呼ばれています。 うどんこ病にかかりやすい野菜 うどんこ病にかかりやすい野菜には• キュウリ• メロン• カボチャ• スイカ• オクラ• トマト• イチゴ などがあります。 うどんこ病の発生原因 「うどんこ病」の発生原因は、土や落ち葉の中に生息する原因菌(カビ)の胞子が付着することです。 胞子が風などで飛ばされ、野菜に付着することで発生します。 うどんこ病の発生しやすい時期と環境 発生しやすい時期は、• 4月~10月頃• 雨や晴れの日が交互に繰り返して続く時期 です。 特に初夏から晩秋にかけて繁殖しやすいです。 発生しやすい環境条件には• 温度や湿度が高い• 陽当たり、風通し、水はけが悪い• 窒素成分肥料のやりすぎ• 連作 が挙げられます。 うどんこ病の特徴 うどんこ病の特徴は、 同じ種類の野菜しか伝染しないことです。 例えば、キュウリに発生したうどんこ病は、同じキュウリしか伝染しないです。 うどんこ病の症状 うどんこ病の症状は、最初に白い斑点がポツポツと野菜の葉に出始めて、やがて葉全体が白いうどん粉をかけたようになります。 例えば、キュウリにうどんこ病が発生すると葉が白から黄色になって枯れ、実も曲がります。 また、トマトに発生すると葉だけでなく、葉柄や果柄にも発生します。 うどんこ病は発生してからそのまま放っておくと、葉の表面がどんどん白くなって野菜の光合成が妨げられてしまうので、生育不良になって収穫量が減少します。 うどんこ病の対策 葉の処分 うどんこ病に感染した葉は早めに切り取り、感染予防として 畑「以外」の場所で処分しましょう。 薬剤を活用する 初期のうどんこ病は、• うすめた酢液• 木酢液• 重曹液 などの薬剤を作り、1週間に1回位の割合で散布しましょう。 うすめた酢液は、酢を30~50倍位の水で薄めて葉に吹きかけましょう。 木酢液は、木酢を500倍位の水で薄めた中に唐辛子を2週間位漬け込み、その後、葉に吹きかけましょう。 重曹液は、重曹を800倍位の水で薄めて葉に吹きかけましょう。 ただし、症状が広がってしまった場合は、市販されている「うどんこ病」専用の薬剤や殺菌剤を散布することをおすすめします。 うどんこ病の予防法 育て方で予防 株と葉の間を開けて風通しや陽当たりを良くし、さらに水はけも良い環境で育てましょう。 定期的な水やりで予防 定期的な水やりをして適度な湿度を保つことで、 原因菌がまわりに飛び散って伝染することを防ぐことができます。 葉に水をかけると効果的です。 薬剤と殺菌剤で予防 「うどんこ病」が発生しやすい時期に入る前に殺菌剤や薬剤の散布をしましょう。 薬剤を選ぶ際、「うどんこ病」は野菜の種類ごとに殺菌剤が異なるので野菜に合ったものを選びましょう。 また、 同じ薬剤を何度も使っているとカビ菌に耐性が出来て効果が弱くなるので、複数の薬剤を交代で使いましょう。 窒素肥料の過少 窒素成分が含まれた肥料を沢山与えると「うどんこ病」の発生率が高まります。 窒素成分が含まれた肥料の使用は控えましょう。 <ライター紹介> Rikuw はじめまして。 自分で野菜を作って自給自足生活を目標にしているライターのRikuwです。 私の野菜作りは失敗も多いですが、毎年、少しずつ上達しています。 自らの体験を通して、ズボラで面倒くさがり屋さんでも出来るだけ簡単で失敗しない野菜の作り方をお伝えしていきたいと思います。 一緒に野菜作りを楽しみませんか。

次の

バラの豆知識006:うどんこ病の応急処置には酢水。

木酢液 うどんこ病対策

お、説明好きのマミちゃん登場ですか。 英語では「mildew」なので「カビ」と同じですね。 うどん粉病はカビと同じく菌が原因で発生します。 放っておくと葉っぱ全体に広がり、光合成ができなくなって枯れてしまいます。 早めの対処が肝心。 キュウリのうどん粉病はナス科にはうつらない ちなみにうどん粉病はバラやイチゴ、ブドウ、トマトなどいろいろな植物に発生しますが、それぞれ別の菌で、バラ科にはバラ科のうどん粉病菌、ウリ科にはウリ科のうどん粉病菌があります。 ですから、例えばバラからキュウリにうつることはありません。 といっても原因が共通していると、同じ時期に発生してしまうことはあります。 うどん粉病が広がる状況・環境はこれ うどん粉病の菌は土の中にいるのですが、乾燥している日に 風にのって飛んでくることもあります。 うどん粉病の主な対策はこちら。 風通しを良くすること• 白くなった葉は除去、ゴミに出す• 適度な湿気を保つ• 薬剤をスプレーする キュウリの足元の葉はとってしまい、風通しを良くしておくのがまずは大事です。 そしてうどん粉病が広がってしまった葉は、切り取ってしまいましょう。 切った葉は畑の中に放置しておいてはダメ! 乾燥して胞子が舞うと他の株にうつってしまうからです。 ゴミ袋に入れてゴミに出さなくてはいけません。 そしてうどん粉病を広げないために「適度な湿気」も大切。 うどん粉病の菌を拡散しないためです。 もともとキュウリは葉が大きくて蒸散しやすいから、毎日水やりを欠さず行うことが必要です。 だからこの点に関しては、普通に育てていたら対策になると思いますけどね。 そして根元の土が乾燥しすぎないよう、根元に三つ葉やシソなどを植えてカバーするのがおすすめ。

次の