子供 用 自転車 サイズ。 子供用自転車のインチ数サイズの選び方(適正身長年齢目安対応表) | 子育て19(子育て塾)

サイズを選ぶ

子供 用 自転車 サイズ

自転車のサイズの選び方:自転車に座ってつま先が付く程度 高学年になれば大人用自転車でもOK 高学年ぐらいになれば、大人用自転車の24~26インチが乗れるぐらいの身長になってきます。 自転車屋で相談すれば、「安全上大人用はすすめられない」と言われますが、ある程度身長が高ければほとんど心配ないと思います。 我が家の長女も6年生から大人用の26インチに乗り換えています。 もちろん安全上は子供用のほうがいいのですが、子供用は数がでないので価格が高いんですよね。 大人用と違って種類も限られていますし・・・・。 大人用と子供用自転車の違いは、サドルの高さとハンドル位置 大人用自転車と子供用自転車はタイヤが同じサイズ(インチ)でも、作りが全く違います。 大人用自転車と子供用自転車の違いは下記の2点です。 サドルの高さ(子供用は低い)• サドルからハンドルまでの距離(子供用は短い) 写真で比較するとよく分かると思います。 下記は 身長130cmの子供が、大人用自転車26インチと子供用26インチを跨いだときです。 大人用はサドルが腰辺りに来ていますが、子供用自転車はおしりの位置にサドルがあります。 サドルに座ってみるとこんな感じになります。 大人用自転車26インチと子供用自転車26インチの比較(座った時) 身長130cmの子供では、大人用自転車の26インチの場合は、足がつきません。 (写真にはありませんが、後ろで支えています) 一方子供用自転車の26インチなら、足がつきます。 子供用自転車の26インチなら、身長130cm(小学2年後半)でも十分乗りこなせるサイズです。 タイヤサイズは26インチなので、高学年までは乗っていても恥ずかしくはありません。 子供の自転車 おすすめの買い替え時期とサイズ 子供の自転車の買い替え時期とサイズは本当に悩ましい問題です。 無理して大きいのを買うと怪我や事故にもつながるので、店頭で乗ってみて選ぶのが一番なのですが、ゼニー簿のおすすめを紹介します。 買い替えの回数を最小限に考えた場合になります。 子供の自転車のおすすめの買い替え時期は下記がおすすめです。 幼児用自転車(コマ付き)のものより、正直おすすめです。 バランス感覚がつかみやすいので、ストライダーで慣れれば、自転車にすぐに乗れるようになるからです。 次女の時は幼児用自転車のペダル部分を外して、ストライダーのようにバランス感覚を掴む練習をさせればすぐに自転車に乗れました。 ただ、自転車の場合はペダルを外しても重いので、子供には扱いづらいんですよね。 年中・年長ではじめての自転車 ストライダーを十分乗りこなせるようになって「自転車に乗りたい!」と言い出せば、はじめての自転車購入をおすすめします。 おすすめは20インチです。 (身長が低ければ18インチで) 20インチなら3年生ぐらいまでは、十分乗れます。 (デザインによりますが) 我が家は年長で14インチから20インチの中古自転車に乗り換えました。 3年生で子供用自転車26インチ 3年生あたりで身長が伸びてくれば、子供用の26インチに乗り換えましょう。 子供用自転車の26インチなら、足がつくサイズになります。 この時のポイントはできるだけ、高学年で乗っても恥ずかしくないデザインを選ぶことです。 子供っぽいものを選ぶと、我が家の長女のように高学年で「恥ずかしいから買って」と言われるはめになりますので。 (笑 子供用自転車の26インチなら小学生までは十分乗れます。 理想は中学で大人用自転車に乗り換えるのが、自転車の買い替えを最小限にできる方法です。

次の

お詫びとお知らせ|イオンバイクオンラインショップ

子供 用 自転車 サイズ

「サイズ」選び方のポイント ここでは、自転車のサイズについて3つのポイントに分けて説明していきたいと思います。 インチの確認 自転車に〇〇インチ等の表示がされていますがそもそもインチって何?という方もいていると思いますのでインチの説明からしたいと思います。 インチとは、長さを表す単位で自転車のタイヤの直径を表しています。 1インチ約2. 54㎝となっており、16インチのタイヤだと直径約40. 64㎝の大きさである事を示しています。 でもこれがわかっただけでどうなるの?ってなりますよね? 実はこれがわかると、そのインチの自転車で足が届くのかどうか?小さすぎないか?等がわかってしまうんです。 タイヤの直径にプラス10㎝した所に一番下に下げた状態のサドルがあります。 これは、メーカーによって若干上下しますがほとんど誤差の範囲です。 これで、自転車のインチ数での大体の大きさが想像できると思います。 想像できませんという方の為に、下にインチ数・身長・年齢の目安を記載しておきます。 【16インチ】 身長 102㎝~ 年齢 3~6歳 【20インチ】 身長 113㎝~ 年齢 5~8歳 【24インチ】 身長 131㎝~ 年齢 7歳~ 子供体に合ったインチ数を選ぶ様にしましょう。 つま先立ちができる 上で説明したインチ数を選べばほぼ問題無いでしょうが大きすぎてサドルを一番下にした状態であっても、つま先立ちができない自転車は危なすぎるのでNGとなります。 私がオススメしているのは、サドルを真ん中くらいの状態でつま先立ちができるサイズが丁度良いと思います。 なぜ、そのサイズが丁度良いのかと言うと、ペダルをこいでいる時に、膝が腰より上に来ていると相当足に負担が掛かるので、疲れてしまいます。 サドルを一番下にしているとこの状態が起こってしまいます。 理想的な状態は、こいでいて、ペダルが一番下に来た時に、膝が少し曲がる程度が良いとされています。 その状態に調整できるように、調整範囲に余裕を持たせた「サドルを真ん中くらいの状態でつま先立ちができるサイズ」をオススメしています。 親の財布事情としては、すぐ大きくなるし、大きめの自転車で、できるだけ長く乗って貰いたい気持ちもすごく理解できますので、そこは財布と要相談でお願いします(笑) ブレーキがしっかりと握り込める 手の大きさは人によって違いますので、選んだ自転車のブレーキを子供がしっかり握り込めるかを確認する必要があります。 身長に合わせたサイズの自転車を選んでいたら大体は握り込めると思います。 もし、少し握り込みが足りない場合は、ドライバーで調整可能です。 調整範囲を超えそうな場合は、違う自転車を検討しましょう。 「安全性」選び方のポイント 次は、安全性についてのポイントについて説明していきたいと思います。 子供の自転車はキックボードの様な玩具感覚で考えてしまう方がいらっしゃいますが、自転車は立派な車両なので、安全性の大切さをしっかり理解して下さい。 BAAマークがついている BAAマークとは、この自転車は厳しい自転車安全基準をクリアしましたという証です。 これは、雨の日でも安全に止まれるかの安全チェックを行っているからです。 安全の為に必要な明るさの決まり(JIS規格)に合格しています。 これは、何万回も大きな力を掛けて、自転車が折れたり曲がったりしないかの安全チェックを行っています。 リフレクタの反射の明るさをチェックしています。 他にもハンドル・サドル・ペダル等、さまざまな安全チェックを行っています。 この様に、自転車の安全性を証明してくれているので、自転車を選ぶ時には、BAAマークがついているかどうかの確認をするようにして下さい。 車体の色が明るい 自転車の種類が増えて、さまざまなカラーバリエーションがあり、どれにするか迷ってしまいますよね。 子供の好きなカラーを選ばせてあげたいのですが、できるだけ明るい色を選ぶ様にしましょう。 子供の自転車は小さいので車からは確認し難い状態です。 又、自転車のコントロールも不慣れな状態でしょうから、少しでも車の運転手にここに子供の自転車が走ってますよと気がついてもらう様に、出来るだけ明るい色の自転車にしましょう。 反射鏡が付いている BAAマーク付きの自転車を選んだ際は、反射鏡(リフレクタ)が付いているので問題はありませんが、BAAマークが付いていない自転車を選ぶ際は注意が必要です。 法律では、反射鏡を自転車の後ろに取り付ける事を義務付けています。 その為、子供用で販売されている自転車はほとんど反射鏡が取り付けられている状態で販売されていると思います。 ただ、ロードバイク等は付いてない事があるので、自転車を選んだ時には、後ろに反射鏡が付いているのかの確認をする様にして下さい。 泥除けが付いている 基本的には、泥除けが付いていると思いますが、マウンテンバイク等には付いていない物もあります。 泥除けってどんな意味があるのかと言うと、文字通り泥を除ける為に付いています(笑) 晴れている日だと、有難さがあまりわからないのですが、地面が濡れている状態で自転車を走らすとお尻と背中に泥がガンガン飛んできて、びしょ濡れになってしまいます。 泥水の汚れって洗濯で中々落ちないんですよね… 子供と洋服を守る為にも、自転車に泥除けが付いていない場合は、是非付けてください。 一番重要なポイント 子供が気に入っている 最後に、言うまでもないですが、子供が気に入った自転車が一番良いです。 これから、練習やお出かけ等の色々な思い出を共に過ごしていく相棒になるので、しっかりと子供の意見を聞いて上げてください。 自転車の練習方法を書いた記事もありますので、これから購入して自転車デビューしようとしている方はそちらもご覧ください。 自転車の練習方法 子供との安全で楽しい自転車ライフをお楽しみください。

次の

子供用自転車の選び方・身長とサイズの目安 [子供用自転車] All About

子供 用 自転車 サイズ

子供は自転車選びの重要なポイントが サイズです。 体に合ったサイズを選ぶことはとっても重要な事です。 もしサイズが合っていなければ、けがの原因にもなりますし、 上達もスムーズにいかなくなります。 一般的に、サドルに座った時両足のつま先が地面に着く程度が良いとされていますが、 初めての自転車の場合は、両足がぴったりと地面に着くほうが安全でしょう。 もちろん、小学生の子供や自転車乗りに慣れてきた子供は、つま先が付く程度で良いと思います。 自転車のサイズを選ぶ際に問題になってくるのが、 子供にぴったりのサイズの自転車を購入するのか、それとも少し大きめの自転車を購入したほうが良いのかという点です。 安全性を考えれば、今ぴったりのサイズを選んだほうが良いです。 子供でも大人でも、自転車はやはり体のサイズに合うものを選びます。 (もしくは、子供の場合少し大きいかなぐらい) サドルの位置が変えられるので少し大きめを・・・、 となると、足がつかなくなってしまう事もあります。 例えば、14インチの自転車であれば、 3才の時に購入をしても6才くらいまでは乗れますし、 小学生であれば、つま先が付く程度で大丈夫だと思いますので、少し大きめを購入できます。 メーカーによって自転車サイズの基準が違いますので、実際に試乗してから選んだほうが良いと思います。 下記は、一般的なサイズ表です。 車輪サイズ 適応身長 14インチ 95〜114cm 16インチ 101〜119cm 18インチ 106〜123cm 20インチ 114〜137cm 22インチ 126〜145cm 24インチ 137cm以上 26インチ 140cm以上 27インチ 150cm以上 28インチ 156cm以上.

次の