うまく いく こと を 願っ てい ます 英語。 きっとうまくいくって英語でなんて言うの?

絶対に知ったほうがいいビジネスメールのコツ8項目!メール技術はマジで重要!

うまく いく こと を 願っ てい ます 英語

こんにちは。 ・Do your Best! ・Best of luck! ・Good luck on your final exams! 、、、などなど、決まり文句として言い方はいくつもあります。 要するに、pocyomukinnさんとしては、軽い気持ちで「まあ頑張ってね」と言いたいのか、もっと祈るような気持ちで「何とか上手く行って欲しいと願っている」と言いたいのでしょうか? 友達に別れ際、軽く「じゃテスト、頑張ってね」と言うのなら上記で充分です。 でもご質問には「願っているよ!」となっているので、そうではなく、誰か特定の人のために願を掛けるような気持ちなのでは? それなら: ・I know you will do good on your final exams. I have a faith in you. (僕は君の期末テストが上手く行くことを疑っていないよ。 君を信じているから) ・I pray for your final exam to go well. とりあえずお知りの単語を使った方が気持ちが伝わるでしょう。 ご参考までに。 A ベストアンサー アメリカに37年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 Now you can get some rest!! との持つ「微笑んで」言う・書くことが出来ます。 冗談ぽいフィーリングにもなります。 もしこれが社交辞令的で、うまく行ったらいいね、というような感じでしたら、The test is over now. I hope you did well. と言うような表現も出来ますね。 このI hopeの方がどちらかと言う「言ってもらいたい」、冗談抜きの友達甲斐のある表現だと私は感じます。 これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 A ベストアンサー I am fine,だと、自分自身のコンディションを言っているので、意味は通じますが、 質問に答えていないことになります。 ここでは主語はyour dayなので、シンプルにfineということであれば、 It's fine. It's okay. または It's going great so far. 等でもいいと思います。 続けて、今日したことを過去形で話しても、その後の予定を話してももちろんいいと思います。 fineくらいなら説明してもしなくても大丈夫ですね。 逆にI'm having a horrible day, Today's disastrous, 等、ネガティブなことを言う場合には説明が必要になるかなと思います。 A ベストアンサー アメリカに38年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 勝手を言ってすみません、と言う日本語は、勝手な事を言っているのはわかっているつもりですが、と言うフィーリングが入っているのがお分かりでしょうか。 こちらでは、お願いする前から謝る必要なはいと感じますので、今から言う事は本当に身勝手な事とだとわかっていますがお願いします、と言うフィーリングを伝えるような表現をします。 迷惑になるかも、と言う「かも」の部分を示す事で、絶対に迷惑になると入っていないけど、と言うフィーリングを入れて、絶対に迷惑になると言うのであればこんな事はお願いしないのですが、と言う言い方をするためにmayと言う単語を入れてあるわけですね。 しかし、絶対に迷惑になると言う事を知っているときもありそれを表現した方がいい、と言う時もありますね。 日本語ではこれを英語力ではなく、英語による説得力、と言う表現であらわす必要がある部分だと思います。 この事を無視すると、フィーリングを伝えその表現によって何かを達成しなくてはならないと言う言葉を使う理由がなくなってしまうわけです。 これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 アメリカに38年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 勝手を言ってすみません、と言う日本語は、勝手な事を言っているのはわかっているつもりですが、と言うフィーリングが入っているのがお分かりでしょうか。 こちらでは、お願いする前から謝る必要なはいと感じますので、今から言う事は本当に身勝手な事とだとわかっていますがお願いします、と言うフィーリングを伝えるような表現をします。 A ベストアンサー アメリカに20年程生活してました。 よろしかったら参考にしてください。 まず3種とも普通に使われているかというと使われます。 其々ニュアンスが違います。 まず I miss you は愛情が前提にあるかな。 恋人どうしでも親子関係でも一緒にいれない時間ができてしまったときに良くつかれてます。 同じ空間にいれてないというこです。 ですのでこの相手に合えた直後には I missed you. と過去形表現ok. I can''t wait to....... は親しい間柄同士が久々に合ったり、上の関係の人達が再開する日時が決まったりした時によく使われます。 I am looking forward..... これは、上の2つに比べるとよりフォーマルな時にいいます。 親密ではない相手と始めて合ったりするときとか、ビジネスでアポをとり面会する直前、面識は有るけれど久しく合っていない人と再開する前、丁寧に伝えたりするときに使われます。 A ベストアンサー ずっと思っていた 会話中の今でもそう思ってる -I've always thought. か I've always been thinking. 現在完了形 例『i've always been thinking of you』 君のこと、ずっと思ってるよ よく似た使用例『I've always wanted this』 これ、ずっと欲しと思ってたの と思っていた-i thought.... 過去形 例『i thought you were gay. 』単純に あなたはゲイだと思ってた でも今は違うと思ってる have thought 思ってしまった は『思っちゃった』という感じ。 had thoughtは過去のある時点を語っているときに使うので、現在の話では使いません。 A ベストアンサー I don't mind. は「気にしてないから大丈夫」というより、相手に「これしていい?」と聞かれた時などに、 I don't mind. 「全然オッケーだよ」 と言う感じの「気にしない」で使うことが多いように感じます。 おっしゃる状況だと、 Never mind. It's ok. などが一番広い意味で使えるのではないでしょうか? 言い方はたくさんありますが、そのシチュエーションに合ったものではないかも知れませんし、何に対して気にしていないのかが重要かもしれません。 相手が、自分の言ったことで質問者さまが気に触ったかな?と心配して謝ったことに対して「気にしないで」と言うなら、やはり never mind. It's ok でしょうか。 I really don't mind you saying that. とも言えそうかな。 言い方にもよりますが、返す言葉によってはちょっと卑屈っぽく聞こえてしまうものもあるかもしれません。 何かものを壊してしまって謝ってきたら It's no big deal. Don't worry about it. で、「そんなの大したことないから、大丈夫」と言うニュアンスで一番よいかなぁとも思いますし。 気の利いた一言…。 難しい…。 It's really ok with me. No need to worry. Please forget about it, will you? とか? あまり「いいよ、いいよ」というと反って気にしちゃうかもしれないので、 Never mind! We don't talk about it anymore, ok? 「その話はなしね」 みたいに言ったりしてもいいかもしれません。 I don't mind. は「気にしてないから大丈夫」というより、相手に「これしていい?」と聞かれた時などに、 I don't mind. 「全然オッケーだよ」 と言う感じの「気にしない」で使うことが多いように感じます。 おっしゃる状況だと、 Never mind. It's ok. などが一番広い意味で使えるのではないでしょうか? 言い方はたくさんありますが、そのシチュエーションに合ったものではないかも知れませんし、何に対して気にしていないのかが重要かもしれません。 相手が、自分の言ったことで質問者さまが気に... A ベストアンサー おっと、初デートでしょうか? それはきっと「待ちに待った」だけでは言い表せないことでしょう! 「ついに」という意味合いをもっと出すために現在完了形にして、 The day has finally come. 、、、が良いと思いますよ。 ちなみに欧米ではこういう場合、「決戦(がある日ほど大事な日)」という意味で「D-Day」と言います。 これはもともと、旧ナチスドイツ軍の敗戦を決定的にしたと言われる、連合軍による「1944年6月6日 ノルマンディ上陸作戦」を指しています。 「Day of Days(数ある日々の中で、歴史上最も重要な意味があるその日)」の略だと聞いたことがあります。 それ以来日常においても、この「D-Day」はとかく「重要な日」を指すようになったようで、結婚式の日でも試験の日でも、何か人生の中で特別に大きな意味があるような日の到来を The D-Day is here. 、、、と表します。 ご参考まで。

次の

「幸運を祈る」をネイティブ流な英語で言う

うまく いく こと を 願っ てい ます 英語

「あなた方お二人の日本での仕事が成功することを願っています」= I wish you both the greatest success with your work in Japan. ボキャブラリー wish you ~, hope you ~ = ~を願っています greatest success = 大成功 both = あなたたち(二人とも) work = 仕事 sincerely = 心から、本当に "I wish you both luck and success in Japan. " This is the most formal way of wishing someone luck and success in their endevours. There is really no other way to be clear and concise about it. "I will keep my fingers crossed for you guys! " This is a very popular saying in the U. by saying this you are wishing them good luck. "I'm rooting for you. " This is slang for "I hope you succeed". You say it to someone when there is a lot of competition and you want them to win or do better than other people. It's similar to saying "I'm on your team". "Good luck! " This is a very simple and common phrase. It means you hope that they will be lucky and succeed in whatever it is they are doing. When expressing "I only hope for," it implies that you want one thing only, and in this situation that is "the best. " It is an endearing expression that shows that there are hopes for no problems or bad outcomes. "Everything you go for" is an expression that refers to the efforts or goals that somebody is wanting to accomplish. THe first two senteces are straight forward. The last one is a little more complicated. In American performing culture, it is often considered bad luck to wish a performer luck before they go on stage. It is customary to wish someone "Break a leg" instead. This is just a superstition, but is a very natural way to wish a performer good luck in American culture.

次の

メルフレのお父さんが難しい手術・・・こんな時は英語でどう言えばいい

うまく いく こと を 願っ てい ます 英語

メールフレンドのお父さんが癌になり医者から2つの手術を提案されているけど、どちらも安全性の保障はなく、あさってから実家に戻りみんなでどうするか決めることになった、とメールがきました。 こんな時、日本語だとしたら 「お父さん、大変だね。 どちらの手術だとしてもうまくいく事を祈ってます」 といったことを私の場合は書くだろう、と思います。 でも最初の「大変だね」というのは、日本語でしか使わない、というか、英語でこの一言では表現しないと思うけど、英語でどういえばいいか分かりません。 それで I'm sorry to hear your father's colon cancer. はどうかな、と考えたのですが、このような場合、適切でしょうか? また2番目の手術についての一文は辞書の例文に近いものがあり、 I'm sure it will go well. I'm praying for your father. というのはどうかと思っています。 でも「I'm sure it will go well」が「きっと大丈夫だよ」ってなんだか軽い感じにも思えるし、実際どうなるか分からないくらいの手術に対して お父さんは70代半ばでご高齢ですし、心臓に出血もある、といった事も書いてあったので、厳しい手術では、と思います 、文章が軽いのでは、とも思っています。 また友達が風邪をひいてたりすると、メールの最後には Take care of yourself. を使っていますが、このような場合は、 Please take care of your father. でも失礼ではないでしょうか? 友達も私の英語のレベルは知っているので、普段は分からない文章を辞書や翻訳サイトで作ってみて少しくらいヘンでも、意味が通ればひとつやふたつ少し微妙な文章があっても、全部の文章が完璧でなくても送るのですが、内容が内容なのでこの部分はきちんとした英文を書きたいと思っています。 この文章は適切でしょうか? またこのような場合、通常使うような英文があれば教えてください。 どうぞよろしくお願いします。 こんにちは。 5/15のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。 ご質問1: <「大変だね」というのは~英語でどういえばいいか分かりません。 > 1.「大変だね」を英訳し易いような日本語にすると「大変のことと思います」になります。 といって、思う=thinkをこの場面で使って適切、というものでもありません。 また、(大変だと)想像する=imagineもいまひとつです。 2.この表現は敬語を使うと、「心中お察しします」になります。 実は、この「察します」という表現に適切な英語はsupposeになります。 3.Supposeは相手の喜怒哀楽といった感情を「想像できます」「斟酌できます」といった意味で通常口語で使われます。 4.「大変」はこの場合は「切羽詰った」状況ですから、serious「深刻な」という形容詞が的を射ているでしょう。 ~このような場合、適切でしょうか? > 問題ありません。 1.ただ、病名を書くのは読み手にインパクトがあるので、ここは控え目に「ご病気」などと婉曲的に書いた方がいいでしょう。 4.以上を踏まえて訳に忠実な訂正例は I'm sorry to hear your father's sickness. 「お父様のご病気のことを伺って残念に思います」 となります。 4.文末に I feel for your suffering. 「あなたの苦しみに思いを馳せています」 「あなたの苦しみに思いを分かち合いたいと思います」 といった表現を入れると相手の心が慰められるでしょう。 ご質問3: <また2番目の手術について~「I'm sure it will go well」が「きっと大丈夫だよ」ってなんだか軽い感じにも思えるし> そうですね。 1.この場面で、当事者でない人のI'm sureと安請け合いはやや無責任に聞えてしまうかもしれません。 2.ここでは純粋に手術の成功を祈る英文でいいと思います。 3.ご質問の例文ではprayを使って、I'm praying for your father. となっていますが、これだと「お父様に祈りを捧げます」という意味になり、お父さんがもう亡くなってしまったかのような印象を受けます。 4.Prayを使うなら、pray God to~「神に~するよう祈っています」といった表現なら使えます。 5.ここでは「希望的なことを願う」という意味でhopeが適切です。 6.以上を踏まえて訳例は I hope the operation will succeed/go well. 「手術がうまくいくことを祈っています」 となります。 ご質問4: <Please take care of your father. でも失礼ではないでしょうか? > 1.失礼ではありませんが、この命令文は読み手=お父様の家族に対する丁寧な命令文です。 意訳では「お父様お大事に」と伝えたいのでしょうが、直訳すると「お父様をお大事になさって下さいね」となります。 家族が病気のお父さんを大切にするのは当たり前のことなので、やや余計な干渉に聞えてしまいます。 2.第三者について「~をお大事に」という表現をするのであれば、シンプルに「~を願っています」でhopeを使うといいです。 3.あとは何を願うかですが、文面の状況から考えて締めくくりの挨拶としては、以下のような英文は如何でしょう。 例: Hoping anything will go better for your father. 「お父様にとって全てがいい方向に向いますように」 Hoping your father will make for recovery. 「お父様が回復に向いますように」 いい結果になるといいですね。 以上ご参考までに。 こんにちは。 いつもご丁寧な回答頂きありがとうございます。 supposeは「〇〇だと思う」という文章を作りたい時「〇〇」の部分が分からず翻訳サイトで訳すと時々「I think that 〇〇」ではなく「suppose」を使って変換される事があったのですが辞書に「仮定」と説明はありましたが違いがよく分かりませんでした。 でも今回、具体的にご説明頂き1歩理解に近づいたように思います。 病気についても確かにそうですね。 日本で同じ状況でも「お父さんの癌は大変だろうけど・・・」とは言いませんよね。 「お父さんのご病気」等、ですよね。 ご指摘ありがとうございます。 「I'm praying for your father」はこういう状況では「亡くなってしまった印象にもなる」と知ってとても驚きました。 私の親友がクリスチャンですが、私が何か悩みをメールに書いたりすると、彼女は必ず返事のメールの最後に「I'm always praying for you」と書いてくれていたので、どんな時にも「相手のことを想う」というような状況では使うものだと思っていました。 ずっとそう思っていたので、大変失礼なことを書いてしまうところで、教えていただいて助かりました。 大変勉強になりました。 「Please take care of your father」もおっしゃるとおりですよね。 日本語だと「お父さん、お大事にね」などですみますが、英文だと・・・と思うとこの文章かな、と思いましたが「あなたのお父さんを大事にしてください」と「お父さん、お大事にね」は意味が違いますから失礼な感じでもあるように思いました。 色々な例文も教えていただき、大変勉強になりました。 またこのような時こそ、友達に少ない言葉でも気持ちだけは伝えたい 私もこれまでに辛い時など友人達の励ましや些細な言葉で救われたことも何度もありますし と思いますので、さっそく教えていただいた例文を使わせていただいてメールを書きたいと思います。 回答いただき、ありがとうございました。 「お父さん、大変だね。 どちらの手術だとしてもうまくいく事を祈ってます」これは本当に日本風の言い回しです。 私も#2の方のご意見に賛成です。 こういう場合は静かに見守ってあげて 簡単で心のこもったものの方が良いように思います。 大変な状況なのはわかりきっているのですから 追い討ちをかけるように言うのはどうかなと思う次第です。 英文は#2様がご提示なさっているものの繰り返しになりますが I'm so sorry to hear that. I belive everything will be alright. And I'm always praying that your father will recover from his illness. Please take care of yourselves. 最後が複数形になっているのは 相手の方皆様にお気をつけてお過ごしくださいね という意味です。 一見命令文に見えますが 命令文ではありません。 単なる挨拶でも使う言葉です。 お使いになって問題はありません。 私なら使います。 ご参考までに。 A ベストアンサー 死を待つばかりの状態では相手も動揺しているでしょうし、何を言ってもそれが状態を改善する訳でもないので、手短にご自分の気持ちを伝えるだけで大丈夫です。 英国圏では通常、I'm so sorry to hear that. というのが普通最初に口に出る言葉です。 その後は相手の方とどのくらい親しいかにもよりますが、下記の様な事も言えると思います。 It breaks my heart to imagine what you and your family are going through. I know words are inadequate to express how sorry I am. Please let me know if there's something I can do for you. I'm a good listener, so if you'd like to talk about it, I'm always here for you. この他にもご自分で相手に心の底から伝えたい事があれば、紋切りの表現より相手に感銘を与えると思います。 お義理で言うだけでなく、相手からその後の連絡がなくても「どうしていますか?」というフォローアップをしてあげると良いと思います。 死を待つばかりの状態では相手も動揺しているでしょうし、何を言ってもそれが状態を改善する訳でもないので、手短にご自分の気持ちを伝えるだけで大丈夫です。 英国圏では通常、I'm so sorry to hear that. というのが普通最初に口に出る言葉です。 その後は相手の方とどのくらい親しいかにもよりますが、下記の様な事も言えると思います。 It breaks my heart to imagine what you and your family are going through. I know words are inadequate to express how sorry I am. Please let me know if there's some... A ベストアンサー アメリカに35年ほど住んでいる者です。 まだ締め切っていないようですので、私なりに書かせてくださいね。 囲まれている、包まれている、と言う外側からの表現もいいですね. その表現の代わりに、あなたがしあわせに溢れている、と言う中側からの表現をしてみました. Wish you be always filled with happiness. Wish happiness be always in you. Wish happiness be always with you. May God always fill your heart with happiness また、幸せと言う物があなたを引っ張っていく、と言うような表現で、 May happiness lead your life always. May your life be always fulfilled with Happiness. 最後のように、Happinessと大文字で書く事も、幸せ! と言うフィーリングを強調する為にもいい事だと思います. そして、monti55さんとここの皆さんへ、私から、 I wish you be always filled with Happiness! アメリカに35年ほど住んでいる者です。 まだ締め切っていないようですので、私なりに書かせてくださいね。 囲まれている、包まれている、と言う外側からの表現もいいですね. その表現の代わりに、あなたがしあわせに溢れている、と言う中側からの表現をしてみました. Wish you be always filled with happiness. Wish happiness be always in you. Wish happiness be always with you. May God always fill your heart with happiness また、幸せと言う物があなたを引っ張っていく、と言う... Q お世話になります。 外国人の友達とメールをしていて、文の最後に「あなたが幸せでいることをいつも願っています」みたいなニュアンスの文を、いつも書き添えたいと思っているのですが、あまり形式ばった堅苦しい表現は嫌なのです。 」と書いてきます。 これをそのまま真似するのも変なので… 何かちょうどいい表現がありましたらアドバイスください。 表現が堅いとかそうでないとかは、帰国子女などネイティブレベルの人でないと分からない感覚なのではないかと思い、質問しました。 A ベストアンサー 数々のアメリカ人の友人から実際に受けとった物を見てみたら、いろいろあったのでコピペしてみました。 参考になれば幸いです。 Please stay in touch! Take care and will stay in touch... Take care and hope to hear from you soon. I hope to hear from you soon. Stay well, Take care, Have a wonderful day and enjoy living. Warm regards, Take care of yourself and keep in touch. Kindest regards, I hope to hear from you soon. A ベストアンサー 他の方が回答されている内容でまったく問題ないと思いますが、あえて別の表現で。 You are very welcome always to visit Japan. こうすると「来てください」という命令形にならず「いつでも歓迎します」という感じになります。 具体的なスケジュールが決まっていないわけですからこの方がいい?かな... You'll be missed very much. これは We miss you very much. の受動態ですが私自身がアメリカから帰国する際に送っていただいた言葉で「なるほどそういう言い方もできるのか」と印象に残ったフレーズです。 他には定番ですが Keep in touch 「連絡くれよ」というのもありますね。 A ベストアンサー アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 Sleep wellは問題ないですね。 Have a good sleep. はちょっと違うフィーリングを持っていて、疲れているように見える人に向かってYou need a good sleep. と言うような表現でも分かる様に、何もかも忘れ疲れを取るようにぐっすり寝てください、と言うフィーリングが加わります。 しかし例えばお客さんがとまりに来た時などはHave a nice sleep. と言うようにどちらかと言うと「安眠」「安らかな眠り」と言うフィーリングに変わってきます。 i hope youwill have a nice dream. と言うように、I hope を使う事もできますね。 もちろん人によってはこの安らかな眠りとぐっすり眠る事が同じように感じる人はいるともいます、 これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 A ベストアンサー 一般的にはNo. 2さんのアプローチが自然だと思います。 Thank you so much for for me, あるいは I very much appreciate that you for me, 等、感謝を述べた後にbutでつなぐ形です。 たとえば「せっかく夕食を用意して頂いたのに(お断りして)ごめんなさいね」の場合、 Thank you so much for preparing dinner for me, but I already had one (もう食べました)とか、 I'm not hungry right now (今お腹がすいてません)とか、 I don't have time to sit down and eat(ゆっくり座って食べてる時間がありません)など。 sorryというと自分に非があったり遺憾の意を表したりというニュアンスがあるので、こういった場合での「ごめんなさいね」にはあまりそぐわないように思います。 ただ、例えば「せっかくお電話頂いたのに(留守で)ごめんなさいね」ということであれば、Sorry I missed your callという言い方はします。 一般的にはNo. 2さんのアプローチが自然だと思います。 Thank you so much for for me, あるいは I very much appreciate that you for me, 等、感謝を述べた後にbutでつなぐ形です。 たとえば「せっかく夕食を用意して頂いたのに(お断りして)ごめんなさいね」の場合、 Thank you so much for preparing dinner for me, but I already had one (もう食べました)とか、 I'm not hungry right now (今お腹がすいてません)とか、 I don't have time to sit down and eat... Q 海外に住んでいる者(女)です。 とても仲良しの男性が何人かいるのですが、それぞれ私に対して違った表現を使います。 オーストラリア人の50歳の友人は私のことを常に「sexy」と言います。 「gorgeous」「beautiful」とも表現します。 また、イギリス人の30歳の友人は「lovely」「sweet」と表現します。 「beautiful」とも言います。 私から見ると、この2人の表現には違いがあるような気がするんです。 前者は、どちらかと言うと私を大人としてみていて、後者は、かわいらしいと感じているような気がするんですが、どうなんでしょうか? 2.イギリス人の友人は常に私のことを「baby」「babe」「darling」と呼びます。 (恋人ではありませんが、それに近いくらい仲良しです。 )これってイギリスでは当たり前のことでしょうか?誰にでも使うんでしょうか?メールの最後にも必ずxxxxをつけてきます。 3.二人とも「you are beautiful」と常に言ってくれるのですが、これって本心なんでしょうか?(爆)自分では信じられないんですが・・・。 それとも、オーストラリアやイギリスでは女性に大してはそういうのが当たり前なのでしょうか?(私は自分でも飛び切り美人だとは思いませんが、いわゆる欧米人ウケするタイプの顔なんだそうです。 欧米人の友人によく言われます。 ) ちょっとcultual differenceを感じています。 (いい意味で) ご存知の方、教えてください。 海外に住んでいる者(女)です。 とても仲良しの男性が何人かいるのですが、それぞれ私に対して違った表現を使います。 オーストラリア人の50歳の友人は私のことを常に「sexy」と言います。 「gorgeous」「beautiful」とも表現します。 また、イギリス人の30歳の友人は「lovely」「sweet」と表現します。 「beautiful」とも言います。 私から見ると、この2人の表現には違いがあるような気がするんです。 前者は、どちらかと言うと私を大人としてみていて、後者は、かわいらしいと感じているような気がする... A ベストアンサー アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 私はここで数回この点に書いてきましたが、「文字からではなく体全体で」言葉である英語の本当の意味あいを感じる事の重要性がこのご質問の中にあると思います。 たしかに単語自体がその人の持つフィーリングを適切に表すことはあるでしょう。 しかし、はっきり表しているのかどうか分からない物もあります。 ご質問の言い方がそれにあたるものと思います。 恋人にも使うし何ら関係ない人にも使える 使い方を知っているとして 表現でもあると言う事です。 だからこそ、トラック運ちゃんが良く行くような大衆食堂でウエイトレスが男のお客 女性のお客も に向かってsweety, honeyと言う言い方を単に「名前を知らないから代わりに使う」という状況もあるわけです。 日本の地方のそのような食堂や酒場などでは初見でも「兄さん、なんにする? 」なんて言う言い方をされる時があります。 これらは「全く知らない人」だと言う事で「意味の持たない呼びかけ」と言う事で聞き流してしまいますね。 そして、恋人同士であれば、意味のある呼びかけだとわかりますね。 これも問題ないですね。 問題が起こるのは間柄が中間 友達の間柄 にあるなときですね。 こちらアメリカでは知り合いの程度でご質問にある表現をしたら、まず嫌がれるでしょう。 女性によってはDon't call me that! と怒られてしまう可能性ですらあります。 例外として、そう言う言い方をいつもしている人だと分かっている場合や完全に見下げる人がいった場合 ですから、男性はまず言わないと言う事になります。 さて友達関係になるわけですが、これらの呼びかけはもう気が付いたと思いますが、親しみ・好意を示す表現とされます。 親が子供に対してこの表現する事で子供が怒ることはないわけです。 と言っても問題ないわけで、しかも子育てには必要な表現ともされます。 しかし、年頃の娘にYou are sexyと冗談抜きに言ったらかなりおかしいです。 それを聞いた周りの人はおかしいと思うでしょう。 それはbeautulにはないsexyと言う単語が持っているからですね。 では大人同士の友達だったらと言う事になりますね。 しかし、私個人の感じとしては、この表現を連発する人はまれだと思います。 つまり、少し変わっているなと感じます。 これらの人はあなた以外の友達にもこう言う表現をよくするのでしょうか。 特別なフィーリングを持っているように感じるのは私だけじゃないと思います。 2)はそれほどきつくは感じません。 その人好みの表現ととってしまいます。 しかし、大人の友達関係でこれを言うのはやはりあなたを異性と感じているからでしょう。 女性と感じさせない友達関係であれば、たぶん使わないでしょう。 少なくとも私の知り合いや友達は言わないですね。 必要のない問題を起こしたくない、と言うことでもあるでしょう。 xxxxがLoveであったら、それは単なる誰でもどんな関係でも使える表現です。 特別な意味はありませんので気にする必要はないと思いますよ。 3)は上にも書いたように、あなたが好きであることでしょう。 たぶん本心でしょう。 お世辞ではないと思いますよ。 しかし、上にも書いたように、簡単に女性にそういうことはやはり「変わっているな」と感じます。 少なくとも普通の習慣といえるものではないと思います。 人それぞれですが さて、すごく長くなってしまいましたが、問題点の本題です。 日本語が分かる日本人が、ある人の言った事の「真相」を見極めるにはどうするでしょうか。 それは、相手の全身から真相を掴み取る事です。 ボディーラングエージですね。 あなたに好意を持っている事は確かなようです。 、 それがあなたにとって良い事なのか、それとも、その逆の極端なことをいうと遊ばれているのか、英語と言う言葉ではなく全てから判断する事ができますね。 全くコミュニケーションの問題のない日本語ですら相手を判断する事は難しいですね。 でも、この人下心あるのかしら?、スケベ親父?、やさしい人? 、私を本当に思ってくれている人? 、などいろいろと日本語でも考える事ってありますよね。 アメリカでもDon't call me that! と言う事もある、と言うことを頭の隅において置いてください。 何か取り留めのない事を長々と書いてしまったようでごめんなさい。 これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 私はここで数回この点に書いてきましたが、「文字からではなく体全体で」言葉である英語の本当の意味あいを感じる事の重要性がこのご質問の中にあると思います。 たしかに単語自体がその人の持つフィーリングを適切に表すことはあるでしょう。 しかし、はっきり表しているのかどうか分からない物もあります。 ご質問の言い方がそれにあたるものと思います。

次の