彦星 折り紙。 七夕飾り 天の川の作り方。折り紙で子供でも簡単な切り方をご紹介♪

七夕飾りの簡単作り方!折り紙で織姫彦星・吹き流し・星が作れる!

彦星 折り紙

切れ目の幅が違うものや、色違いのものを何種類か作ると、見栄えが良くなりますよ。 網飾り1と違い、奥行きがありますね。 切れ目の幅が違うものや、色違いのものを何種類か作ると、見栄えが良くなりますよ。 オレンジ色の折り紙で作ると、より提灯(ちょうちん)っぽく見えますね。 形が短冊に似ていますね。 折り紙の代わりに 千代紙を使うと、おしゃれ度が増しますよ。 これが千代紙 織姫と彦星 別パターンその1 こちらは、顔がかわいいタイプの織姫と彦星です。 ちなみに、この動画では笹舟の折り方も紹介されています。 より七夕っぽくなると思いますので、ぜひ作ってみてください。 織姫と彦星 別パターンその2 こちらは、ちょっと大人びた織姫と彦星です。 他の折り方に比べれば少し難しいかもしれませんが、一味違った織姫と彦星ができます。 出来上がったときの達成感があると思いますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。 織姫と彦星 別パターンその3 こちらは、短冊に付けるタイプの織姫と彦星です。 織姫と彦星の折り紙の中では、一番簡単な折り方だと思います。 折り方が一緒ですし、折り紙の色で織姫と彦星を分ければ良いだけです。 短冊に付けるというアイデアは、気付きそうで気付きませんでした。 折り方は簡単ですが、出来上がりはとてもかわいいですよね。 保育園や幼稚園など、小さい子供が喜びそうな折り方だと思います。 色違いの折り紙をたくさん使ってカラフルにしましょう。 色違いの折り紙をたくさん使ってカラフルにしましょう。 色違いの折り紙をたくさん使ってカラフルにしましょう。 何個かつなげてみても良いかもしれませんね。 色違いの折り紙をたくさん使ってカラフルにしましょう。 それぞれ三角に折って、重ねてのりで貼るだけなので簡単にできます。 金色の折り紙を使えば見栄えが良くなりますよ。 種を描いて、スイカっぽくしましょう。 切れ目の入れ方が特徴的ですが、難しくないのでチャレンジしてみましょう。 折り方に少しだけクセがあります。 3枚星とは形が違うので、違った形の星がほしいときにおすすめです。 吹き流しの種類が増えるので、飾れば見栄えが良くなりますよ。 手順は少し多いですが、折り方はシンプルです。 少し折り方にクセがあり、切り方にコツがいりますが、立体的な星になるのでおすすめです。 4等分に切って、折ってつなげるだけなので簡単にできます。 女の子が喜ぶと思いますので、色違いの折り紙をたくさん使ってカラフルにしましょう。 はさみで星の形がうまく切れるかどうかがポイントになります。 クオリティの高い飾りになるので、ぜひチャレンジしてみてください。 はさみで星の形がうまく切れるかどうかがポイントになります。 2つ作らなければなりませんが、豪華な飾りになりますよ。 つなげる個数が多いほど豪華に見えます。 色違いの折り紙をたくさん使ってカラフルにしましょう。 色違いの折り紙をたくさん使ってカラフルにしましょう。 色違いの2枚星をたくさん貼り付けてカラフルにしましょう。 色違いの折り紙をたくさん使ってカラフルにしましょう。 1つ作って飾れば、夏を感じさせてくれること間違いなしですね。 飾りのアクセントとして1つあっても良いかもしれませんね。 いかにも夏という感じがする飾りなのでおすすめです。 一つ一つの部品は簡単にできますよ。 豪華な星になるのでおすすめです。 終盤の段折りがうまくできるかどうかがポイントです。 少し折り方にクセがあり、切り方にコツがいりますが、出来上がりはキレイなのでおすすめです。

次の

七夕飾りの工作!幼児(2~5才)が折り紙で簡単に作るならコレ|30代ママの子育てとマイホーム

彦星 折り紙

切れ目の幅が違うものや、色違いのものを何種類か作ると、見栄えが良くなりますよ。 網飾り1と違い、奥行きがありますね。 切れ目の幅が違うものや、色違いのものを何種類か作ると、見栄えが良くなりますよ。 オレンジ色の折り紙で作ると、より提灯(ちょうちん)っぽく見えますね。 形が短冊に似ていますね。 折り紙の代わりに 千代紙を使うと、おしゃれ度が増しますよ。 これが千代紙 織姫と彦星 別パターンその1 こちらは、顔がかわいいタイプの織姫と彦星です。 ちなみに、この動画では笹舟の折り方も紹介されています。 より七夕っぽくなると思いますので、ぜひ作ってみてください。 織姫と彦星 別パターンその2 こちらは、ちょっと大人びた織姫と彦星です。 他の折り方に比べれば少し難しいかもしれませんが、一味違った織姫と彦星ができます。 出来上がったときの達成感があると思いますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。 織姫と彦星 別パターンその3 こちらは、短冊に付けるタイプの織姫と彦星です。 織姫と彦星の折り紙の中では、一番簡単な折り方だと思います。 折り方が一緒ですし、折り紙の色で織姫と彦星を分ければ良いだけです。 短冊に付けるというアイデアは、気付きそうで気付きませんでした。 折り方は簡単ですが、出来上がりはとてもかわいいですよね。 保育園や幼稚園など、小さい子供が喜びそうな折り方だと思います。 色違いの折り紙をたくさん使ってカラフルにしましょう。 色違いの折り紙をたくさん使ってカラフルにしましょう。 色違いの折り紙をたくさん使ってカラフルにしましょう。 何個かつなげてみても良いかもしれませんね。 色違いの折り紙をたくさん使ってカラフルにしましょう。 それぞれ三角に折って、重ねてのりで貼るだけなので簡単にできます。 金色の折り紙を使えば見栄えが良くなりますよ。 種を描いて、スイカっぽくしましょう。 切れ目の入れ方が特徴的ですが、難しくないのでチャレンジしてみましょう。 折り方に少しだけクセがあります。 3枚星とは形が違うので、違った形の星がほしいときにおすすめです。 吹き流しの種類が増えるので、飾れば見栄えが良くなりますよ。 手順は少し多いですが、折り方はシンプルです。 少し折り方にクセがあり、切り方にコツがいりますが、立体的な星になるのでおすすめです。 4等分に切って、折ってつなげるだけなので簡単にできます。 女の子が喜ぶと思いますので、色違いの折り紙をたくさん使ってカラフルにしましょう。 はさみで星の形がうまく切れるかどうかがポイントになります。 クオリティの高い飾りになるので、ぜひチャレンジしてみてください。 はさみで星の形がうまく切れるかどうかがポイントになります。 2つ作らなければなりませんが、豪華な飾りになりますよ。 つなげる個数が多いほど豪華に見えます。 色違いの折り紙をたくさん使ってカラフルにしましょう。 色違いの折り紙をたくさん使ってカラフルにしましょう。 色違いの2枚星をたくさん貼り付けてカラフルにしましょう。 色違いの折り紙をたくさん使ってカラフルにしましょう。 1つ作って飾れば、夏を感じさせてくれること間違いなしですね。 飾りのアクセントとして1つあっても良いかもしれませんね。 いかにも夏という感じがする飾りなのでおすすめです。 一つ一つの部品は簡単にできますよ。 豪華な星になるのでおすすめです。 終盤の段折りがうまくできるかどうかがポイントです。 少し折り方にクセがあり、切り方にコツがいりますが、出来上がりはキレイなのでおすすめです。

次の

【折り紙】織姫と彦星 (原案:おりがみの時間)

彦星 折り紙

準備するもの• 頭:7. 5cmの折り紙1枚 頭のパーツは髪の毛があるので黒がおすすめです。 のり 折り方(体のパーツ)• 折り紙の色柄のある面を表に向けて、長方形になるように半分のところで谷折りし、折り目がついたら一度開きます。 左右のふちを中心線に沿わせてそれぞれ内側に谷折りします。 紙を裏返して、また左右のふちを中心線に沿わせてそれぞれ谷折りします。 ・裏にあった紙はいっしょに折ってしまわないように、広げた状態で手前に出しておきます。 上のふちを持って下に折り下げます。 この時半分に折るのではなく、折り下げた部分の幅が、下に見えている柄のない部分の幅よりも少し多くなるくらいのバランスで折ってください。 ・色のある部分が着物、白い部分が足になるので、裾の長さはお好みで調整してみてください。 折り下げた色柄のある右下の角を指でつまんで右へスライドすると隠れていた内側の紙が出てくるので、おうぎ形に広げた状態のまま上から指で押さえて折り目をつけます。 左側も同じように広げて折り目がついたら、紙を裏返します。 左右の下にある角を、一つ内側にある縦のふちに沿って三角形に谷折りします。 紙を裏返したら彦星の体のパーツが完成です。 折り方(頭のパーツ)• 紙の白い面を表に向けて、三角形になるように対角線で谷折りし、折り目がついたら開きます。 左右の上のふちをそれぞれ中心線に沿うように内側に谷折りし、また開きます。 左右の下にある角のふちを、ななめの折り目に沿って内側に谷折りします。 すでについているななめの折り目に従って左右の角を内側に戻します。 裏返して、上の尖った角を下に折り下げます。 ・折り下げたときに上の角が左右の角と同じくらいの高さになる位置で折り目をつけてください。 際ほど折った折り目から1㎝ほど下のあたりで尖った角を上に折り返します。 尖った角が隠れるように、折り返したふちと角の半分くらいの高さで折り下げて紙を裏返したら彦星の頭のパーツが完成です。 折り方(パーツをくっつける)• 頭のパーツを表に向けて下の角にのりをつけたら、体のパーツの裏側に貼り合わせます。 お好きな顔を書いて完成です。

次の