ソフトバンク スマホ安全教室。 50歳からのスマホ教室.COM【iPhone】東京・シニア・出張OK!

子どもを守るための取り組み

ソフトバンク スマホ安全教室

この春、ガラケーからスマホに乗り換えを考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 「自分に使いこなせるのか」 そんな不安をお持ちの方は、各社が行なっている無料のスマホ教室を利用してみてはいかがでしょうか。 ドコモ、au、ソフトバンク各社のスマホ教室の内容をまとめてみました。 ドコモ「スマホ・ケータイ安全教室」を地域のコミュニティで開催 個人では開けませんが、シニア向け地域コミュニティなどを介して人数が集まれば、教室を開くことができます。 シニア向けには、振り込め詐欺などの犯罪、自然災害や日常における様々なトラブルなどから身を守るためのポイントを説明してくれる「 講義型」と『らくらくホン シリーズ』を使っての基本操作を体験できる「 操作型」の2つのタイプが用意されています。 1教室は約50分。 ドコモ「スマホ・ケータイ安全教室」の問い合わせ先 NTTドコモ『スマホ・ケータイ安全教室事務局』 電話:0120-707-360 受付時間:午前10時~午後5時 (土曜・日曜・祝日・年末年始12月29日~1月3日は休業) 教室で使用する資料は無料でダウンロードできるので、個人の方はこちらから内容はチェックできます。 auスマホ・ケータイ安全教室 シニア向け講座 auは、教室を開く主催者が限られています。 申込は、教育委員会、消費生活センター、地方自治体の防災課 危機管理担当部署 、地方自治体の高齢者大学運営団体のみ。 それ以外の団体、個人からのお申し込みは受付できないとのことです。 ソフトバンク スマホ教室 ソフトバンクは、各店舗で教室を開催。 最寄りのショップで開催しているかどうかは、から確認できます。 「ケータイ教室」の欄に「あり」とあれば、開催しています。 開催時期などは、最寄りのソフトバンクショップに確認してください。 上記のほかにも、ショップ独自で開催している教室も。 我が家の近くのドコモショップには教室開催のおしらせがあったので、確認してみてはいかがでしょうか。

次の

インターネット、スマホの安心・安全教室「e

ソフトバンク スマホ安全教室

シニア世代にとってのスマホとは? 「スマホ」ことスマートフォンは、今やシニア世代にとっても便利なアイテムとなっています。 携帯電話各社もシニア向けのスマホを競って販売。 とても人気があるようですね。 スマホの便利なところは電話としての通話だけでなく、インターネットでの情報収集や、SNSやメールを利用して 家族やお友達とも気軽にコミュニケーションを取れるところではないでしょうか。 また災害時連絡機能やGPS機能など、いざというときにも安心です。 ただし、 慣れるまでが一苦労!せっかくスマホを購入したのに、便利な機能を使いこなせてない方がたくさんいらっしゃいます。 そこで今回は、主要3社の シニア世代に対するスマホ講座をご紹介。 どの講座ももちろん無料です。 また、各社ともこれからスマホを持とうとしている方向けの講座も行っていますので、ご家族が購入する際はぜひ参考にしてください。 充実したカリキュラムでピンポイントに教わるドコモの電話教室 シニア向け講座が充実しているドコモ。 シニア向けの「らくらくスマートフォン」を対象とした講座を行っており、 基本操作からシニア向けの料金形態まで1回で学ぶことができます。 ほかにもシニア限定ではありませんが、スマートフォンの使い方をピンポイントで説明する講座を10種類以上用意。 メール、インターネット、アプリの利用や災害時に備えた設定など、 知りたい情報だけを選んで受講することも可能です。 初期設定の講座もありますので、購入時に講座の予約をしておくと便利ですね。 一部電話教室を行っていない店舗もありますので、詳しくはお近くのドコモショップへお問い合わせください。 出典: たっぷり2時間!自治体とタイアップしたauのシニア向け講座 地元の自治体とタイアップしてスマホ講座を行っているのがauです。 「 今後スマホを購入しようと考えている方向け」と、「 すでにスマホをお持ちの方向け」の2種類の講座を開催。 文字入力などの基本操作からインターネットの知識、高齢者を狙った犯罪対策まで、たっぷりと2時間かけて説明します。 テキストだけでなく、プロジェクターを使った説明が分かりやすいと評判です。 開催しているのは自治体の教育委員会、 消費生活センター、地方自治体の高齢者大学運営団体の3つ。 詳しい情報などは、各自治体にお問い合わせください。 出典: 店舗ごとで独自に行われているソフトバンクのケータイ教室 シニア向けスマホ「シンプルスマホ」を発売しているソフトバンクでは、各県の主要店舗が「ケータイ教室」を開催しています。 スマホの基本操作が主な内容ですが、予約時に「シニア向けの講座を・・・」などと伝えることで 店舗の担当者から希望に沿った内容の講座も受けられます。 詳しくはお近くのソフトバンクショップへお問い合わせください。 いかがでしたか?各社、時代に合わせてシニア層向けに工夫しているようですね。 これからますます普及していきそうなスマートフォン。 ご購入をためらっている方もこうした講座があれば安心できるのではないでしょうか。 介護のほんねは、医療につよい老人ホーム・介護施設の検索サイトです。 特別養護老人ホーム、グループホーム、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅などの介護施設について、実際に利用している方や、そのご家族や、見学・体験入居した方の「生の声」を投稿いただくことで、これから介護施設を探している方にとって信頼できる情報源となり、介護施設をより選びやすくすることを目指しています。 日本全国にある介護施設の基本情報、設備、写真、評価、価格、費用、入居対象者、場所、地図など幅広い情報を掲載しつつ、居室や共有スペースなど施設の設備、行事やイベントやレクリエーションの楽しさ、料理・食事の感想、スタッフや入居者の雰囲気、介護・看護・医療体制、施設の周辺環境やアクセスのしやすさ、などに対する本音の口コミが集まっています。

次の

シニアだって使いこなしたい…各社のスマホ講座とは?

ソフトバンク スマホ安全教室

ソフトバンクモバイルは2月23日、子供が安全に携帯電話を利用するために必要な情報を集めたサイト「子どもの安心・安全に関する取り組み」を、同社サイト内にオープンした。 保護者を対象としたサイトで、子供に携帯電話を持たせる際に活用できるさまざまな情報を提供。 サイトからは、家族のケータイ利用のルールづくりをサポートする「家族のルールチェックシート」、携帯利用時のマナーを知るのに役立つ「トラブル対策&マナーBOOK」をダウンロードできるほか、ソフトバンクモバイルと法企業教育研究会が実施している情報モラル教育「考えよう、ケータイ〜情報モラル授業プログラム〜」の詳細にアクセスできる。 サイトにはほかにも、子供向け携帯電話「コドモバイルSoftBank 820T」「fanfun. petit SoftBank 831T」の紹介ページや、子供の安心、安全をサポートする各種サービスの紹介ページが用意される。 子供の安心・安全に対する取り組みは、ドコモが1月下旬に、青少年の安全な携帯電話利用をサポートするためのWebサイトしたほか、KDDIが携帯電話の契約者と利用者が異なる場合でも、利用者の年齢に応じたサービスを受けられるようにするためのサービスとして「」を開始している。 関連記事• ソフトバンクモバイルと企業教育研究会が12月10日から、青少年の安心・安全な携帯電話利用を可能にするため、全国の小中学校に携帯電話の使用ルールやマナーなどが学べる教材パッケージを無料で提供する。 NTTドコモが、青少年の携帯電話利用に関するルール決めをサポートするサイトを開設。 使う機能や閲覧するサイト、時間、場所などを入力することで、各家庭ごとのルールを作成できる機能も用意する。 KDDIは2月9日から、携帯電話の契約者と利用者が異なる場合でも、利用者の年齢に応じたサービスを受けられるようにするためのサービスとして「利用者登録制度」を開始する。 生徒自身に携帯との付き合い方を考えさせる授業に取り組む中学教諭。 「携帯電話は本当に必要か」と話し合わせたところ、授業を受けた学年ではネットいじめがなくなったという。 関連リンク•

次の