賢者 の 孫 12 話。 賢者の孫/12話感想 シンがいれば大丈夫!!原作とは違ってミリアをラストに添えてアニメ的に盛り上げてきた|とりもげ.com

【賢者の孫 12話(最終回) 感想】魔人を薙ぎ払うシンさん…悪人の顔だ、これ【アニメ感想】

賢者 の 孫 12 話

戦いも右腕なシュトロームの右腕ミリア【原作との違い】 ミリアは敵の大将の右腕として出てきたわけですが、原作ではミリアが戦う描写はありません。 (確か)なので、ミリアの戦いっぷりはアニメオリジナル。 華麗に足技も使えるスレンダーな見た目通りの戦いっぷりでしたね。 女同士だからということで、アリスやマリアなどにも容赦なく攻撃してきて、冷徹さもありつつ力のある戦いを見せてくれました。 そこのところも加味して比べてみると原作・アニメともになかなか楽しめると思います。 アリスの活躍が嬉しい 「こんのぉぉ!」 賢者の孫(とくにアニメ版)でどのキャラが一番好きかと言われると、とりもげはア リスとオリビア、ユーリの三推しでした。 あんまり幼女キャラにはなびく性質ではないのですが、アリスは幼女ではないですからね!(笑)オリビアは黒と紫という音楽ライブに赴くロックファンのような髪型だった原作コミックとは違って髪の色が控えめになったものの、マークに寄り添う姿が終始ブレず、とても様になっていて印象的でした。 ユーリは活躍が少なかったのがちょっと残念。 声優さんによる演技も迫真で、元々元気いっぱい娘だったことから演出を盛り上げてくれる役を担ってもいましたね。 その理由が、シンの「犠牲を減らすため」はともかく、 「ゲートでいつでも行き来できるように」とは面白い展開。 (笑) 「勇んで攻め入り 返り討ち…尻尾を巻いて撤退とは滑稽ですね」 その一方で、シュトローム陣は、なにやらシュトロームがやる気を出してしまった様子。 この辺りも原作とは違っていて、原作ではシュトロームは相変わらずやる気のない感じのまま話が進んでいます。 (でもへらへら笑って、楽しんではいた) 「帝国を滅ぼし暫く退屈でしたが…。 10話はシュトロームの人間時代の頃を描くとともにシュトロームという人物に訪れた悲劇の現実的・人格的根拠をまざまざと見せつけてくれましたからね。 アニメ的には盛り上げておきたいということで、変えたのでしょうね。 元々賢者の孫はアニメ映えのする作品でしたので、仕方のない部分とはいえ、放送期間の長い夕方アニメならともかくスパンの短い深夜アニメだしさすがにこの終わり方は食傷気味。 最後は…… 「考えてみれば こうしてお主と2人きりになるのは久しぶりじゃのう」 「よしとくれ。 気持ちが悪い」 「キ、キモッ!? 」 まさかの JIJI&BABAエンドか? とちょっと期待しましたが、そういえば賢者の孫は、異世界もの、ないしアニメ的に王道なジャンルにも関わらず老人二人がメインキャストな珍しい作品でもありました。 これもありかと一瞬思いましたがもちろん二人で終わることはなく(笑)、 「マーリンおじい様 メリダおばあ様、夜分に失礼します」 「ってなわけでみんな泊めていい?」 こんな感じで話は締めくくられました。 結構あっさりした感じで終わりましたが、賢者の孫らしいラストと言った感じでしょうねw 「アンタたち静かにおし!」 「はいー!」 2期について 「この人たちを助けたのは紛れもなく君だよ。 よく頑張ったね」 無事に最終回を迎えた賢者の孫。 さて、2期はどうでしょうか? ちょっと考えてみましたが、難しいところだなぁと思いました。 見やすさではピカイチの作品ではありましたが、 平凡と言えば平凡な作品ではありますからね。 その点は、視聴者もかねてから散々言及されてます。 ただ、2期が出てきても、製作陣などが変わらなければ同じように気軽に楽しめるとは思いますし、同じシーズンでやっていた「異世界かるてっと」でまさかの参入するか? といった部分もあります。 原作の売り上げはいいので、今後次第といったところでしょうね。 もっと楽しむ方法 賢者の孫は、動画ストリーミングサービスのサイトで一気見することができます。 動画ストリーミングサイトとはようするに、 「月々いくら払ってアニメ見放題できる」というサイトのことですね。 個人的におすすめなのはアニメの作品数が多い 「dアニメ」です。 なんといってもここは値段が安く、 月に500円しかかかりません。 OPとED飛ばしもしっかりあり、ほっといても勝手に次の話が視聴もできたり、UI(サイトの使い勝手)も良いです。 アニメだけでなく、 映画やテレビドラマの視聴も視野に入れるなら、 「U-NEXT」がおすすめです。 アニメ数はdアニメほどではありませんが、人気作品はしっかり見ることができます。 勘違いされそうですが、日本の会社が運営している動画ストリーミングサイトです。 どちらも 初月無料で試せる上、解約の手間もないので、アニメファンにおすすめのサイトです。 一つデメリットを挙げるなら、 見すぎてしまうことなので、そこだけは注意してください。 (笑)また、見たいアニメが配信しているかどうかあらかじめチェックしておくのも、無駄遣いを防ぐ有効活用の方法ですね。

次の

賢者の孫 動画(全話あり)|アニメ広場|アニメ無料動画まとめサイト

賢者 の 孫 12 話

戦いも右腕なシュトロームの右腕ミリア【原作との違い】 ミリアは敵の大将の右腕として出てきたわけですが、原作ではミリアが戦う描写はありません。 (確か)なので、ミリアの戦いっぷりはアニメオリジナル。 華麗に足技も使えるスレンダーな見た目通りの戦いっぷりでしたね。 女同士だからということで、アリスやマリアなどにも容赦なく攻撃してきて、冷徹さもありつつ力のある戦いを見せてくれました。 そこのところも加味して比べてみると原作・アニメともになかなか楽しめると思います。 アリスの活躍が嬉しい 「こんのぉぉ!」 賢者の孫(とくにアニメ版)でどのキャラが一番好きかと言われると、とりもげはア リスとオリビア、ユーリの三推しでした。 あんまり幼女キャラにはなびく性質ではないのですが、アリスは幼女ではないですからね!(笑)オリビアは黒と紫という音楽ライブに赴くロックファンのような髪型だった原作コミックとは違って髪の色が控えめになったものの、マークに寄り添う姿が終始ブレず、とても様になっていて印象的でした。 ユーリは活躍が少なかったのがちょっと残念。 声優さんによる演技も迫真で、元々元気いっぱい娘だったことから演出を盛り上げてくれる役を担ってもいましたね。 その理由が、シンの「犠牲を減らすため」はともかく、 「ゲートでいつでも行き来できるように」とは面白い展開。 (笑) 「勇んで攻め入り 返り討ち…尻尾を巻いて撤退とは滑稽ですね」 その一方で、シュトローム陣は、なにやらシュトロームがやる気を出してしまった様子。 この辺りも原作とは違っていて、原作ではシュトロームは相変わらずやる気のない感じのまま話が進んでいます。 (でもへらへら笑って、楽しんではいた) 「帝国を滅ぼし暫く退屈でしたが…。 10話はシュトロームの人間時代の頃を描くとともにシュトロームという人物に訪れた悲劇の現実的・人格的根拠をまざまざと見せつけてくれましたからね。 アニメ的には盛り上げておきたいということで、変えたのでしょうね。 元々賢者の孫はアニメ映えのする作品でしたので、仕方のない部分とはいえ、放送期間の長い夕方アニメならともかくスパンの短い深夜アニメだしさすがにこの終わり方は食傷気味。 最後は…… 「考えてみれば こうしてお主と2人きりになるのは久しぶりじゃのう」 「よしとくれ。 気持ちが悪い」 「キ、キモッ!? 」 まさかの JIJI&BABAエンドか? とちょっと期待しましたが、そういえば賢者の孫は、異世界もの、ないしアニメ的に王道なジャンルにも関わらず老人二人がメインキャストな珍しい作品でもありました。 これもありかと一瞬思いましたがもちろん二人で終わることはなく(笑)、 「マーリンおじい様 メリダおばあ様、夜分に失礼します」 「ってなわけでみんな泊めていい?」 こんな感じで話は締めくくられました。 結構あっさりした感じで終わりましたが、賢者の孫らしいラストと言った感じでしょうねw 「アンタたち静かにおし!」 「はいー!」 2期について 「この人たちを助けたのは紛れもなく君だよ。 よく頑張ったね」 無事に最終回を迎えた賢者の孫。 さて、2期はどうでしょうか? ちょっと考えてみましたが、難しいところだなぁと思いました。 見やすさではピカイチの作品ではありましたが、 平凡と言えば平凡な作品ではありますからね。 その点は、視聴者もかねてから散々言及されてます。 ただ、2期が出てきても、製作陣などが変わらなければ同じように気軽に楽しめるとは思いますし、同じシーズンでやっていた「異世界かるてっと」でまさかの参入するか? といった部分もあります。 原作の売り上げはいいので、今後次第といったところでしょうね。 もっと楽しむ方法 賢者の孫は、動画ストリーミングサービスのサイトで一気見することができます。 動画ストリーミングサイトとはようするに、 「月々いくら払ってアニメ見放題できる」というサイトのことですね。 個人的におすすめなのはアニメの作品数が多い 「dアニメ」です。 なんといってもここは値段が安く、 月に500円しかかかりません。 OPとED飛ばしもしっかりあり、ほっといても勝手に次の話が視聴もできたり、UI(サイトの使い勝手)も良いです。 アニメだけでなく、 映画やテレビドラマの視聴も視野に入れるなら、 「U-NEXT」がおすすめです。 アニメ数はdアニメほどではありませんが、人気作品はしっかり見ることができます。 勘違いされそうですが、日本の会社が運営している動画ストリーミングサイトです。 どちらも 初月無料で試せる上、解約の手間もないので、アニメファンにおすすめのサイトです。 一つデメリットを挙げるなら、 見すぎてしまうことなので、そこだけは注意してください。 (笑)また、見たいアニメが配信しているかどうかあらかじめチェックしておくのも、無駄遣いを防ぐ有効活用の方法ですね。

次の

賢者の孫/12話感想 シンがいれば大丈夫!!原作とは違ってミリアをラストに添えてアニメ的に盛り上げてきた|とりもげ.com

賢者 の 孫 12 話

ミリアの実力は…? 負傷者の治療に当たるシシリー。 シシリーの元の一人の女性が駆け寄り「夫を助けてほしい」と悲痛な声でシシリーに助けを要請。 案内されたシシリーが向かった先ではかなり重症な男性が。 「夫を助けてください。 何でもしますから」 何でも…何でも…何でも!? という言葉に釣られたかどうかはわかりませんが、シシリーは難しい顔をしながらも治癒開始。 シシリーが傷ついた人々を治癒している頃、シンが強大な敵の気配を察知。 ミリアはアリスに近接格闘を打ち込み、アリスを盾にしてリンの魔法を防御。 リンとアリスの敗因は、魔法の威力を過信しすぎたところかな。 シンさんの無双が開始だー! ミリアの助けを好機と捉え、ゼストの部下・ローレンスは魔人たちに退却を指示。 暴れ足りないと渋る魔人たちだけど、シンに一瞬に消し炭にされた魔人を見て、ブルって逃げ出すことに。 嘘みたいだろ…主人公なんだぜ…これで…。 いや強いから主人公らしいっちゃらしいんだけど、セリフといい表情といい殲滅の仕方といい、ラスボス的な風格ですわ。 と場面はミリアたちに。 ミリアはアルティメットマジシャンズ4人が束になっても簡単になぎ払うほどの実力。 あ、ミリアさんもこれまでみたいですね…。 シンが魔力を込めた剣で応戦し、追い込まれるミリア。 ミリアの想定以上にシンは強く、シンの剣撃を間一髪で避けたミリアはローブの胸元を斬られてヒヤヒヤ。 その隙にミリアは爆発魔法を放ち、シンたちは全力で魔力障壁を展開せざるを得なくなり、シンたちはミリアを逃してしまう事態に。 シュトロームさん、見てるだけでいいんですか…? 回復魔法もアルティメットなシンさん 男性に治癒魔法をかけていたシシリーだが、一行によくならない男性の状態を見て、もう手遅れだと察するシシリー。 と、何を思いついたのか、突然脱ぎだすシシリー、えぇ…? どうやら自身が着ている自動治癒魔法がかかった服を被せたら、と思いついた様子。 その手があったか! と思ったけど脱いだシシリーに服を着せて止めるシンさん。 婚約者の裸を晒すわけにはいきませんよね! 魔法でも出来ないことがある、と挫折を味わう場面か~ と思ったけど、治しちゃうシンさん。 まぁそうなるんじゃないかと薄々感じてましたがね…。 しかしシシリーの魔法によって救われた人たちにお礼を言われ、『聖女様』と言われたことで、機嫌を取り戻した模様。 うーん、チョロい。 そして後日談みたいなシーン。 結局シュトロームは見てるだけだったのかよぉ! スイード王たちに感謝されながら、魔人襲撃の意図はわからなかったと説明するオーグ。 シュトロームがなんか企んでるんじゃね?とも思えるけど、目的が読めないオーグたち。 シュトロームさん、完全にとばっちりやん…。 これからも警戒を強める必要があるため、オーグはスイードやアールスハイドが加盟する連合の計画を提案。 もうアルティメットマジシャンズだけで、言っちゃえばシンさんだけで十分なんじゃないですかねぇ…。 ゲートを使えばもっと救援にかけつけることができた、と後悔するシン。 でもゲートの魔法は一度訪れた場所にしか使用することができない。 ということでシンたちは世界を巡る旅に出ることに。 旅行みたいでメッチャ楽しそうやん! しかし君たち本当は学生だよね…。 シュトロームが考える次の手とは… シンたちがアールスハイドに戻り国王に報告しているころ、ミリア・ゼスト・ローレンスもシュトロームに報告。 叱ることもなく、笑顔で報告を受けるシュトローム。 あっこれ逆に怖いパティーンの人だ…。 ゼストたちはガタガタ震えながら報告終了。 ゼストは次の手に悩む中『例の実験』について会話するシュトロームとミリアを見て、何かを考えている様子。 実験の進捗について問われたミリアは、お腹に手を当てて顔を赤らめていましたが…。 もしかして、ご懐妊ですか!? そこについてはアニメでは詳細は語られないのか…。 と、シンたちは世界を巡る旅に出発したところで終了。 この調子だとアニメ2期以降もまだまだいけそうだな! エンディング後は、シンが去った後の家で二人きりとなる、賢者・マーリンと導師・メリダ。 この雰囲気…こいつら、いい年してイイ感じになってやがる…。 というところでゲートでぞろぞろと帰ってきたシンたち。 jp限定版】(早期予約特典:A3クリアポスター付)と記載がある商品のみが対象となります。 ・アニメイト全店(オンラインショップ含む) ・ゲーマーズ全店(オンラインショップ含む) ・ソフマップ(映像ソフト取り扱い店のみ、ドットコム含む) ・とらのあな全店(一部店舗を除く、通信販売を含む) ・あみあみ ・HMV ・セブンネットショッピング ・Getchu. com(げっちゅ屋) ・ネオウィング.

次の