山 怖い話 ランキング。 登山者が体験したほんとうにあった怖い話。山小屋・避難小屋編

山にまつわる怖い話『奈良県の山での出来事』|洒落にならない怖い話【山怖】

山 怖い話 ランキング

あれは、俺が小学5年生のころに体験した話。 当時俺は、秘密基地を作って遊んでいた。 友人達と作った基地だ。 5年だったから「秘密基地」なんて呼び方はしていなかったが、遊びの内容は秘密基地そのものだった。 学校のそばに小さな山があり、その山には誰も使っていないボロボロの小屋があったのだ。 その小屋を軽く掃除して 本当に軽く 、友人たちでたまり場にして遊んでいた。 駄菓子やジュースを持ち込んだり、漫画やポータブルタイプのゲーム機で遊んだ。 昔遊びのコマが流行った時期もあった。 あ、アダルトな本を持ち込んで、みんなで死ぬ程興奮したこともあった。 そんなある日の放課後。 俺は、一番乗りでその小屋に着いた。 家が一番近かったというのと、他の連中は学校へ居残りだそうだ。 作業だか委員会だかがあるとか言っていた。 そんな理由で、俺だけかなり早く着いてしまったのだ。 最初は、小屋の外で待っていたが、どうにも退屈で中に入って待つことにした。 俺は、それ程臆病な人間ではないはずなのだが、一人で入った小屋はちょっと薄気味悪かった。 まだ昼間なのに薄暗い。 普段は、みんなでうるさくしていたから気がつかなかったが、一人だと耳が痛くなるくらい静かだった。 「ああ、早く誰か来ないかな。 暇で死にそうだよ。 」 わざと大きな声でつぶやいてみる。 本当は暇というよりも怖いのだ。 「ああ、本当に早く誰か来てくれ。 俺、マジで怖いよ。 」 今度は心の中でつぶやいた。 そのとき、外に誰かが見えた。 小屋には小さな窓があるのだが、窓の外に誰か居る。 何で入ってこないのだろうか。 「おーい。 誰だ?中に入れよ。 俺一人で死ぬほど暇してたんだから!」 明るく声をかけながら窓に近づいた。 必要以上に明るい声を出したのは、無意識では気が付いていたのかもしれない。 外にいるのが友人ではないことを。

次の

古い村の恐ろしい風習

山 怖い話 ランキング

この話は、父親がある山深いキャンプ場でキャンプをしている時にたまたま一緒になった男の人から聞いた話だそうです。 そのキャンプ場は登山者に人気の山の麓にあり、登山者が利用するキャンプ場で、その日は3人の利用者がいました。 父ともう一人は、そのまま登山者という感じですが、一人の男(F)はちょっと変わった格好をしていました。 黒の皮のコートと皮のズボン、野球帽に暗くなってきているのにスポーツサングラスをかけ、ワークブーツを履き、皮の手袋をしています。 何となく、纏まっていない感じがするのですが、本人は全然気にしていないようでした。 ここで出会ったのも何かの縁だということで、3人でお酒を飲みながら話でもしようという事になりました。 小一時間もたち、お互いに打ち解け合ってきた頃、変わった服装の男Fが言い出しました。 「ところで、猫という生き物のことをどう思いますか?」 変わった言い方をするなと思いながらも、「猫は可愛いですね。 」と私達は答えました。 F:「貴方たちは解っていない!猫は動物よりも悪魔に近い生き物なんです。 」 F:「猫は可愛い外見と違い、獰猛で執念深い悪魔の様な生き物です。 」 F:「私の村の忌まわしい風習と猫の恐怖から逃げ回る私の話を聞いてくれますか?」 以下、その時にFが語った内容です。 Fの生まれ育った村は山麓にある孤立した村で、外部との交流もほとんどない過疎の村だったそうです。 その村では、昔から猫は魔物と信じられていて、見つけると火の中に放り込んで殺してしまっていたそうです。 その風習のせいで村には猫という生き物は存在しませんでした。 そんなある日、村の外れに子猫を3匹連れた猫が迷い込んできたのです。 猫は疲れ切っているようで人間が近づいても逃げなかったそうです。 村人たちは、村の風習に従い、親猫と子猫を捕まえ、火の中に放り込んで焼き殺してしまいました。 それからです!村の人間がかみ殺される事件が多発しました。 どの死体も、両目をえぐり取られ体中傷だらけで発見されていることから、野犬の群れにでも襲われたのだろうという事になりました。 村では若い者がパトロールをして廻りますが一向に発見できず犠牲者だけが増えていきます。 その頃になると、必ず目を潰すのは猫なんじゃないか!という話になりました。 猫は頭が良いので、まず目を潰しその後で嬲り殺すようにして殺害するというのです。 単独のハンターである猫は、物陰からじっと獲物を狙うので正体が発見できないのだろうと。 村の最後の老人が殺害された後、残った少数の若者である8人は村を出ることになりました。 Fは仲の良かった友人と2人でこのキャンプ場に近い町にきたそうです。 その後、5年間何事も無く暮らしていたFですが、3か月前、一緒に町に来た友人が獣に噛み殺されたと聞き、直後に猫に襲われたため、山奥に逃げ込んだのが今日ここにいる理由だというのです。 「私は猫が魔物だという事を伝えるためにここにいるんです。 」 そういって、Fはサングラスを外しました。 猫が魔物というよりも、その村の風習が恐ろしいと思いました。

次の

【2018年度版】怖い話ランキング!

山 怖い話 ランキング

第10位 【怖い話】裏S区 今から何年か前に男の子(仮にA)が一人行方不明になった。 (結局自殺してたのが見つかったけど) 俺はS区出身者。 彼は裏S区出身者だけどS区の地域にある高校に通ってた。 まぁ、彼は友人だった。 あくまで「だった」だ。 1年の頃は仲良かった。 彼が一人の生徒をいじめるまでは。 いじめられたのは俺。 周りはだれも止めない。 止めてくれないし、見てもない。 傍観者ですらなかった。 必死にやめてと懇願しても殴る、蹴る。 俺は急に始まったから最初はただの喧嘩と思い殴りあったが、彼の体格と俺のでは全く強さが違う。 でも、次の日も急に殴ってきた。 意味も無く。 理由を聞くも答えない。 薄っすらと笑ってたからもう兎に角怖かった。 ある日いきなりAが学校に来なくなった。 俺はかなりうれしかった。 でも、もうその状況では誰も俺に話かける奴はいなかった。 初めての孤独を味わった。 多数の中に居るのに絶対的な孤独だった。 それからAが3週間学校を休んだある日、先生が俺を呼び出した。 第9位 【怖い話】八尺様 親父の実家は自宅から車で二時間弱くらいのところにある。 農家なんだけど、何かそういった雰囲気が好きで、高校になってバイクに乗るようになると、夏休みとか冬休みなんかにはよく一人で遊びに行ってた。 じいちゃんとばあちゃんも「よく来てくれた」と喜んで迎えてくれたしね。 でも、最後に行ったのが高校三年にあがる直前だから、もう十年以上も行っていないことになる。 決して「行かなかった」んじゃなくて「行けなかった」んだけど、その訳はこんなことだ。 春休みに入ったばかりのこと、いい天気に誘われてじいちゃんの家にバイクで行った。 まだ寒かったけど、広縁はぽかぽかと気持ちよく、そこでしばらく寛いでいた。 そうしたら 「ぽぽ、ぽぽっぽ、ぽ、ぽっ…」 と変な音が聞こえてきた。 機械的な音じゃなくて、人が発してるような感じがした。 それも濁音とも半濁音とも、どちらにも取れるような感じだった。 何だろうと思っていると、庭の生垣の上に帽子があるのを見つけた。 生垣の上に置いてあったわけじゃない。 帽子はそのまま横に移動し、垣根の切れ目まで来ると、一人女性が見えた。 まあ、帽子はその女性が被っていたわけだ。 女性は白っぽいワンピースを着ていた。 でも生垣の高さは二メートルくらいある。 その生垣から頭を出せるってどれだけ背の高い女なんだ… 驚いていると、女はまた移動して視界から消えた。 帽子も消えていた。 また、いつのまにか「ぽぽぽ」という音も無くなっていた。 第8位 【怖い話】渦人形 高校の頃の話。 高校2年の夏休み、俺は部活の合宿で某県の山奥にある合宿所に行く事になった。 現地はかなり良い場所で、周囲には500m~700mほど離れた場所に、観光地のホテルやコンビニなどがあるだけで他には何も無いけれど、なんか俺達は凄くわくわくしてはしゃいでいたのを覚えている。 その日の夜の事。 暇をもてあました俺達は、顧問の先生の許可を貰いコンビニまで買出しに行く事にした。 わいわい騒ぎながら10人ほどで外にでて歩き始めると、昼間はそちらのほうに行かなかったので気付かなかったが、合宿所の裏手に家らしき建物があるのが解った。 その建物には明かりがついていなかった。 多分空き家か民家っぽいけど、別荘か何かなんだろうと思われた。 友人が調子の乗って「あとで探検いかね?」と言い出したが、あまり遅くなると顧問の先生にドヤされるし、ひとまず買い出し終わってから、合宿所内で今後のことは考えよう、という話になった。 コンビニで買出しをし合宿所に戻る途中、後輩の1人が変なことを言い出した。 例の建物の玄関が少し開いていて、そこから子供がこちらを覗き込んでいたという。 第6位 【怖い話】夜中の死神 家系なのか血筋なのかわかりませんが、私の家族は代々霊感が少なからずあります。 それを踏まえてこの記事を読んでください。 あれは私が高校生くらいの頃のことでした。 今はスーツを着て革の鞄を持っているバリバリのサラリーマンの姿をしていますが、当時は結構やんちゃなことをしていました。 恥ずかしながら夜遊びやバイクを乗り回していたものです。 恥ずかしながら、何度か警察にもお世話になったこともあります。 そんなやんちゃな私はあるとき、当時の仲間とともに心霊スポット(H県有名な心霊スポットです)に行こうという話になりました。 当時怖いもの無しだったので、度胸試しのつもりでみんなで行きました。 その心霊スポットについたのは大体夜中の1時ごろでしょうか。 みんなは怖がっていましたが、私には全く怖くありませんでした。 というのも冒頭で話したように私の家系は霊感が強かったので、守護霊がついているということを聞いていたからです。 とりわけ私についている守護霊は強いようだったので、それもあわさって怖さはありませんでした。 そこでの出来事は何も起こりませんでした。 あまりにも何も起こらなかったので他の心霊スポットを何件も回ったのですがそれでも何もありませんでした。 仲間たちとはその日別れて何事もなく次の日の朝を迎えました。 第5位 【怖い話】廃病院の地下 まだ俺が大学にいた頃だからもう二、三年前になると思う。 田舎を出て県外の大学に通ってた俺に、実家から婆ちゃんが倒れたって電話があった。 昔から色々と面倒見てくれてた婆ちゃんで、俺はすぐさま実家に帰って病院に行った。 幸い、婆ちゃんは大事には到らなかったんだけど、俺はもしもの場合に備えて一週間かそこらまでバイトも大学も休みをとっちまってた。 家にあった俺の部屋は弟に使われてたし、居間でゴロゴロしてても退屈だったから、俺は県内に残ってる友達に電話をかけた。 みんな仕事に就いてたり専門行ってたりと忙しそうだったけど、やっぱり暇人はいるもんで、県内の大学に行った友達が三人、次の日から会うことにした。 つっても本当に実家のある町っていうか県そのものが田舎なんで、やることって言ったらカラオケとボウリング、あとは車で三十分かかるネカフェでダーツやらビリヤード。 飲みにいこうかって話も出たんだけど、一週間分の稼ぎがなくなった来月のことも考えて俺が断った。 だから俺らがやれるっていったらぶらつくのに飽きてファミレスのドリンクバーで粘るみたいなことしか出来なかった。 あと二日で俺が帰るっていう火曜の夜に、帰ってきてからずっとツルんでた三人のうち二人と例の如くファミレスでダベってた時だった。 第4位 【怖い話】昔田舎で起こった怖い話 俺が小学5年の頃の話だ。 東京で生まれ育った一人っ子の俺は、ほぼ毎年夏休みを利用して1ヶ月程母方の祖父母家へ行っていた。 両親共働きの鍵っ子だったので、祖父母家に行くのはたいてい俺一人だったが、初孫だった俺を祖父母はいつも笑顔で歓迎してくれた。 山あいにある小さな集落で、集落の北端は切り立った山になってて、その山のすぐ下を県道が走ってる。 県道沿いに商店が数軒並んでて、その中に祖父母家があった。 山を背にすると猫の額程の平地があり、真ん中に川が流れてて、川を渡って数分歩くとすぐ山になる。 山に挟まれた県道と川がしばらく坂を上っていくと、険しい峠になっていて、この集落は峠までの道で最後の集落になってる。 この峠は名前も何だか不気味だったこともあって、昔ながらの怪談話をよく大人たちに聞かされたものだった。 そんな寒村の小さな集落、全部合わせて50人も住んでないような場所だから、遊び仲間になる子供も5~6人ぐらいしか居なかった。 よく遊んでいたのが 子供たちの年長者であるA(中1) Aの弟のB(小6) 仲間内で唯一俺より年下だった魚屋のC(小4) 川で泳いだりカブトムシを取りに行ったり、東京のコンクリートジャングルで生まれ育った俺にとって、ファミコンが無くても楽しい田舎での暮らしは新鮮で天国のようだった。 第2位 【怖い話】田舎の大根さん 去年の秋頃だったかな 俺は時々変なものを見るようになった 明らかに人間じゃないんだけど、邪悪なものって感じもしないからその時は放っておいた そいつはいろんなところに出没した 家のすぐそばだったり、学校の窓から見た風景の中だったり だいたい明るいうちに見えることが多かった気がする 俺はこっそりそいつを「大根さん」て呼んでた というのもなんか見た目が真っ白で、人型なんだけど大根みたいな身体から大根みたいな腕やら足やらのパーツが生えてたから で、俺が見るとぱっと走ってどっかに逃げていってしまう 妙に愛嬌があったから嫌いじゃなかった ちなみに、俺以外にそんなのは見えてるはずもなかった 当たり前っちゃあたりまえだが いやマジなんだこれが 以下そいつのことは大根さんとするが 大根さんは先に書いたとおり妙に愛嬌のあるやつだったんだ 悪さしないし、視線向けると勝手に逃げてくしな 最初は俺もびびってたけどいつの間にか自然と探すようになっちゃって 一ヶ月くらいそれが続いた.

次の