13 星座 占い。 13星座占いの性格まとめ。12星座から13星座に変わったら性格も変わるのかチェックしよう!!

13星座占い

13 星座 占い

13星座占いでの性格まとめ 13星座の日にちと、それぞれの性格をまとめてみた。 山羊座の性格(1月20日~2月16日) 頑固一徹!職人タイプ 研究熱心で計画性もあり、ひとつのことを極めるのに努力を惜しまない完璧主義者。 孤独でも平気で忍耐力も強いので、まさに職人気質という感じ。 悪気なく相手の痛いところを突く、自覚のない毒舌家の側面も。 優しいのに周りにそれが伝わらず、コミュニケーション能力は低め。 水瓶座の性格(2月17日~3月12日) 破天荒な芸術家タイプ 独創的で個性的な、常識にとらわれない芸術家肌の性格。 それでいて合理的に目的を達成する能力も高い。 人付き合いもよく、人を楽しませるのが大好き。 好奇心旺盛なので、刺激を求めすぎて暴走することも。 魚座の性格(3月13日~4月18日) 優しすぎる聖人タイプ 優しくて気配り上手、感受性が強くロマンチスト。 相手の気持ちに寄り添えるがゆえに、困っている人を放っては置けないお人好し。 無償の愛を周りにまき散らすが、精神的にもろい部分があり、誰かに必要とされることで心を安定させている一面もある。 人を信じやすく、詐欺に騙されやすいかも!? 牡羊座の性格(4月19日~5月14日) パワフルな正義の味方タイプ 活発でポジティブな性格、頼りがいがあり、努力を怠らず、どんな困難にも立ち向かう!まさに少年漫画の主人公のような性格。 みんなからの信頼も厚く、リーダーとして活躍することも。 でも、他人の忠告に耳を貸さないので、周りの人は疲れちゃうかも…。 牡牛座の性格(5月15日~6月21日) 芸術を愛でる平和主義タイプ インドア派で誠実な性格。 誰かを助けることに喜びを見出し、誰かに頼られると思いがけない力を発揮する、根っからのいい人。 美を好み、芸術を愛する。 コレクター気質も兼ね備えているのでオタクになるかも!? ふたご座の性格(6月22日~7月20日) 流行に敏感な遊び人タイプ 好奇心旺盛で新しいものが大好き!頭が良くて明るくて話も面白いみんなの人気者。 だけど、心の奥底に超ネガティブな自分がいたりする。 双子座的な二面性を持っている。 蟹座の性格(7月21日~8月10日) お人好しな親分肌タイプ 思いやりもあるし行動力もあり、困っている人を放ってはおけない親分肌な面がある。 お人好しで頼りにされることも多いけど、怒ると手が付けられないくらい感情的になることも。 しし座の性格(8月11日~9月17日) 誇り高き王者タイプ 活動的で明るく、みんなのリーダー的存在。 プライドが高くて無邪気な性格なので、おだてられると弱い。 実はかなりの寂しがりや。 不器用で臨機応変さに欠けるので、不慮の事態にテンパってしまうことも。 乙女座の性格(9月18日~10月31日) ホンモノの意識高い系タイプ 清廉潔白・理性的・純粋・強い正義感・細やかな気遣い・礼儀正しい・自己実現能力が高い…と、見せかけではない高潔な意思を持っている。 そのため、他人の欠点が許せずに攻撃的になってしまうことも。 天秤座の性格(11月1日~11月23日) 世渡り上手な貴族タイプ 初対面の人ともすぐに仲良くなれ、誰からも愛される人気者。 八方美人で合理的な性格のため、優しさと冷淡さを併せ持つ。 友達はすごく多いけど、他人に本音を話さないので親友は少ないかも。 さそり座の性格(11月24日~11月29日) 寡黙だけど内面は凄まじい変人タイプ 独特の世界観を持っていて、無口で何を考えているのかよくわからないと思われがち。 実は激しい情熱を内に秘め、一度決めたら目的に向かって努力を惜しまない。 とっつきにくいけど、一度仲良くなればめっちゃ面白い人物だとわかるかも。 へびつかい座の性格(11月30日~12月17日) 理想に突き進む一匹狼タイプ ポジティブな性格と凄まじい実行力で、自分の理想に突き進む。 自分の価値観と合わないことには激しく反発するので、集団行動で他人に合わせるのがニガテ。 合理的で計画性もあるので、周りから傲慢と思われてもどんどん理想に突き進む。 射手座の性格(12月18日~1月19日) 楽天的な実業家タイプ ウジウジ悩まず、いつも前向き。 精神的にもタフで、周りからは「能天気なヤツ」とおもわれているかも。 その割に頭が切れて、しっかりとした信念を持っている。 自分が納得しない限り、考えを改めない頑固さも持っている。 楽天的でありながら他人に指図されるのが嫌いなので、会社勤めではなく事業家として才能を発揮する。 おすすめ記事: いつから13星座占いに変わるのか? 13星座占いの性格は当てはまっていただろうか? 13星座になると、8割以上の人々の星座が変わってしまうという。 たくさんの人たちの性格や運勢も、大きく変わってしまったことだろう。 「え、じゃあいつから13星座になるんですか?いつから私の性格は変わるんですか??」 と思った人もいるかもしれないが、別に13星座に変更されるってことはない。 NASAが13星座を発表したといっても、それは子供向け教育サイトでのこと。 実は古代バビロニアの時代から13番目の星座「へびつかい座」は認識されていて、黄道十三宮ってのはわかっていた。 だけどその前に十二宮を決めてしまっていたし、十二宮は数的にもとても使い勝手が良かったので、へびつかい座の存在は黙殺されてしまったらしい。 それに「占星術」と「天文学」はそもそも違っていて、使用する星座も若干違ってくる。 天文学的な事実としては確かに13星座かもしれないが、占星術的にはこれからもずっと12星座でやっていって問題ない、というのが占星術業界の認識だ。 というわけで、13星座占いと12星座占いの性格をくらべてみて、似ている方の星座占いを信じればいいのではないだろうか。 おすすめ記事:.

次の

13星座でみる!最強相性の男女カップルTOP10

13 星座 占い

信憑性を当たる可能性が高い、という意味として回答させて頂きますね。 信憑性という点で言えば、12星座の方が間違いないと思います。 と、いうのは今のところ、12星座の方が圧倒的多数(主流)ですし、当然その研究も盛んに行われているためです。 12星座での占いの原型は紀元前から行われているものなので、それに対するノウハウや、統計といったものが豊富に揃っています。 そのため、信憑性が高いものであると言えるでしょう。 ですので、数百年、数千年後にはひょっとすると13星座の方が信憑性が上かもしれません。 ただ、占いというのは結果を見た人が納得できればそれで良いと思っていますので、ご自分に当てはまるものであったり、好きな占いであれば、それが信憑性の高い占いなのではないでしょうか。 余り上手い回答になっていないかもしれませんが、参考にして頂ければ幸いです。 A ベストアンサー 占いってあんまりあてにならないことの多いような気がします。 私と前の彼は、星座・血液ともに占いでの相性はばっちり(一番良いくらいにいい)でしたが、結局性格が合わずに別れましたし。 今の彼は、星座・血液型ともに同じですが、性格はかなり違いますよ。 相性は悪くは無いですが…。 でも、星座の本に書いてある通りかというと…全く違いますね。 笑 動物占いにしても…本来相性のいいはずの人と仲が良かったり、相性は悪いのにとても仲がよかったり…。 ちなみに私も水瓶座。 母と妹は山羊座。 あんまり相性は良くなかったように思います。 確かに、母とはあんまり相性良くないけど、妹とはとても仲良しです。 あんまり、気にしても仕方ないと思うのですが…。 彼の発言、引っかかりますね。 そのような発言をするのはcococoaさんに何か不満があったからなんでしょうけど、それを星座の違いのせいにして片付けてしまうなんて…。 星座の違いを気にするより、いったい彼はcococoaさんの何を不満に思い、どうしたらその不満が消えるのか…を考えた方がよいように思われます。 とりあえず、私が経験上思うのは、血液型・星座・動物占いともに、ちっともあてにならない…ということです。 笑 すっごく仲良くしている人が相性良くない人だったり、相性良い人と全然うまくやれなかったり…そんな事がたくさんあったので最近前ほど占いに興味をもてなくなりました。 …遊び半分でやることはありますけど。。。 質問とずれた答えですみません。 占いってあんまりあてにならないことの多いような気がします。 私と前の彼は、星座・血液ともに占いでの相性はばっちり(一番良いくらいにいい)でしたが、結局性格が合わずに別れましたし。 今の彼は、星座・血液型ともに同じですが、性格はかなり違いますよ。 相性は悪くは無いですが…。 でも、星座の本に書いてある通りかというと…全く違いますね。 笑 動物占いにしても…本来相性のいいはずの人と仲が良かったり、相性は悪いのにとても仲がよかったり…。 ちなみに私も水瓶座。 母と妹は山... A ベストアンサー 間違いか間違いじゃないか、ということは現在研究中なんじゃないかと思います。 12星座占いというものは、西洋占星術のごくごく一部だけを取り出した簡易な占いです。 その大元の西洋占星術では、それぞれの星座には主支配星・副支配星を10の惑星で分担して受け持たせています。 例えばおひつじ座は火星が、てんびん座とおうし座は金星が、しし座は太陽がそれぞれの星座の主支配星です。 こういった受け持ちごとや意味付けは他にもたくさんあるのですが、それを誰が決めているのかというと イギリスの占星術協会の総本山みたいな機関(名前を忘れてしまいました)が 研究に研究を重ねた上で決定するようです。 13星座ですと『へびつかい座』が入るか入らないかという議論が出てくるのですが、 今のところ『へびつかい座』には支配星がまだ配当されていないはずですしその他の意味づけもされていないと思いますから 正式に認証されたものではありません。 12星座占いが西洋占星術の一部分を取り出したものである以上、13星座占いも西洋占星術の中できちんと認められる必要があると思われます。 今現在の位置づけは『西洋占星術の鬼子』なんだと思いますよ。 間違いか間違いじゃないか、ということは現在研究中なんじゃないかと思います。 12星座占いというものは、西洋占星術のごくごく一部だけを取り出した簡易な占いです。 その大元の西洋占星術では、それぞれの星座には主支配星・副支配星を10の惑星で分担して受け持たせています。 例えばおひつじ座は火星が、てんびん座とおうし座は金星が、しし座は太陽がそれぞれの星座の主支配星です。 こういった受け持ちごとや意味付けは他にもたくさんあるのですが、それを誰が決めているのかというと イギリスの占... A ベストアンサー 私は、ここで時々話題になる星占いを見ていて、何かの法則性があるのではないかと考えました。 そこで、昨年の7月1日から、ずっと星占いの記録と統計を取って、それをグラフにしています。 だから、次は、基本的に上がるか下がるか、ほぼパターン化はできています。 自分の星占いと同じパターンで動く派と逆の動きをしている派とを交互にみながら、自分は今どこらにいるだろうか、と自分なりの解答を出しています。 本来は、バイオリズムと重ね合わせると良いのですが、あまり生々しくなるのも良くないかなっと思っています。 添付画像は、その一例です。 波の高い星座と低い星座の対比です。 他の占いと見比べても、それは点で捉えているにすぎないように思います。 そこから得るものは、ただのランダムにしか感じられません。 占いは、数日の短い周期を繰り返していますが、それが合っているときもあれば、あっていずにずれている時もあります。 そんな時には、自分の星座とは違う、自分の状態に近い星座を探しています。 私は、個々にはこだわりません。 大事なことは、流れがあるということです。 あの短い文章は、占い師というよりも、いわば作家のようなものでしょうが、その内容は多岐に渡り、とても面白いと思います。 毎日つづるけるのは大変なことだと思います。 私は、いつも最下位の言葉を読んで、気をつけなくてはいけないなって思ってみています。 私は、ここで時々話題になる星占いを見ていて、何かの法則性があるのではないかと考えました。 そこで、昨年の7月1日から、ずっと星占いの記録と統計を取って、それをグラフにしています。 だから、次は、基本的に上がるか下がるか、ほぼパターン化はできています。 自分の星占いと同じパターンで動く派と逆の動きをしている派とを交互にみながら、自分は今どこらにいるだろうか、と自分なりの解答を出しています。 本来は、バイオリズムと重ね合わせると良いのですが、あまり生々しくなるのも良くないかなっと思...

次の

13星座占い

13 星座 占い

概要 [ ] 天文学における星座は時代とともに変革があり、の IAU により現在の88星座が定められ、すべての星座は・の線に沿った境界線で区切られて、各星座の範囲を厳密に決められた。 このことを考慮すると、各星座の天文学上での区域を太陽が移動する経路(天の黄道)には、さそり座といて座の間にへびつかい座の部分が存在しており、また太陽が各星座の区域を通過する期間は星座によってまちまちである。 13星座占いは、天文学者の Jacqueline Mitton が「占星術での『星座』 サイン の概念は天文学的にはおかしい。 占星術を正しく行おうとするのならによるズレを修正して、さらに現在の天文学の星座区分で以外に上にある『』も入れるべきだ。 」と指摘し、占星術家達を揶揄したこと が始まりとされている。 ミットンがラジオで「12星座は誤りで本当は13星座が正しい」と述べ、現地の新聞で取り上げられ通信社の手で世界中のマスコミに配信されたことが発端だ とする説もある。 歴史 [ ] 日本でのブームと影響 [ ] 占星学者の () Walter Berg は、1995年にミットンの発言を占星術に取り入れた13星座占いに関する本をおよびで出版した。 ミットンはバーグの著書に対して「占星術上の伝統的な『』と、天文学者たちが実際に観測して利用している天球上の星座と太陽とが重なる位置は、約二千年前は一致していたが、現在の黄道には十三の星座がある。 太陽の軌道は以前から『』を通過していたのに、伝統的な占星術の研究者からはなぜか無視されていた。 この十三番目の星座は伝統的な占星術の枠組みを大きく変えるだろうと、占星術界に大きな波紋を投げかけている。 」 といった寄稿をしている。 同年、が13星座占いに関する本を出版し、その後、までに様々な著者による13星座占いに関する本が出版された。 同じ時期に13星座に関する本が出版されたことについて、は、マーク矢崎がバーグの本を見ずに独創的にこんな13星座本を書いたことは信じがたい、誰が見てもバーグの本が日本で出版される情報が洩れてすぐさまコピー本を作ったということだろう と述べている。 13星座占いの概念はやといった、など日本のポップカルチャーに影響を与えた。 起源について [ ] ウォルター・バーグが13星座占いを唱える以前に日本で「13星座占い」を紹介した書物が出版されており、最初に13星座を唱えた人は不詳だという説もある。 は、二十年前 にの星占いコーナーで「へびつかい座」はおろか全88星座や銀河系・超銀河系を使った占いをやっていた 、13星座などケチなことをいわずもっと多くの星座を採用して星占いのボキャブラリーを増やしたらどうか 、と述べている。 占星術師からの批判 [ ] アレクサンドリア木星王は、13が欧米社会では忌み嫌われている不吉な数字である こと、ウォルター・バーグの他の著書について少しでもお堅い占星学書や天文学書でも発見できれば正当に評価できるのにも関わらず探してみたが見当たらない こと、ある占い師がイギリスを旅行中に知り合った現地の占星家に13星座の真偽を聞いたところ「あればパーティ用のジョーク」と言われたこと を指摘して批判している。 植田訓央は、バーグの「13星座占い」は、従来の12星座を拒絶・否定してかかるには若干なりとも占星学導入の重要な根拠を示されていなければならないのにそれがなされていない と述べ、また、マーク矢崎については、彼は13星座流行の提灯持ちの一人であり「13星座占星術」は13星座導入の根拠に乏しいものであった と述べている。 鏡リュウジは著書の中で、一頃騒がれた「十三星座」を日本のマスコミが「新しい星座が発見された」などと取り上げ、メディアで活躍している占星術家達の多くも「十三星座」に便乗してしまったことを少し残念に思う 、と述べている。 各星座の占い上の期間と概念 [ ] 基本情報 [ ] 従来の12星座占いとの混同を防ぐため、追加されたへびつかい座を除いた各星座に 新をつけて表現される場合もある。 本項ではこれに従う。 星座による 一般的名称 記号 太陽が通過する期間 画像 文字 コード バーグ 1995 マーク矢崎 1995 Yahoo! バーグと矢崎の誕生星座の境界のずれ、特にかに座としし座の境のずれが大きいことについては、が指摘している。 青木は、天体観測用の星図などを見ると矢崎の幅の方が妥当な気がするが、バーグにも言い分があるだろうし、ともかく星座の大きさをそのまま反映した割り振りはかなりいい加減なものだ と論じている。 13星座占いにおける形而上学的意味 [ ] ウォルター・バーグは、占星術におけるの概念を13星座占いにおいて再定義している。 星座による一般的名称 守護星 エレメント 性質 新 海王星・木星 水 相互性 新 火星 火 可変性 新 金星 土 不変性 新 水星 風 相互性 新 月 水 可変性 新 太陽 火 不変性 新 水星 土 相互性 新 金星 風 可変性 新 火星・冥王星 水 不変性 木星・冥王星 水 相互性 新 木星 火 相互性 新 土星 土 可変性 新 土星・海王星 風 不変性 へびつかい座のマークとUnicodeへの影響 [ ] ウォルター・バーグは現在知られているへびつかい座のマークとは別のシンボルを用いており 、著者によっては現在知られているマークとは別のマークを用いることもあった。 その後、13星座占いに関するほかの書籍 でも同じマークが使われるようになった。 において、 OPHIUCHUSの名称で、へびつかい座のマークの絵文字が採用されている。 注釈 [ ]• 述べられているのは1997年なので1977年頃• 著書の中で日付は年によって多少ずれる場合があると述べている 脚注 [ ]• ウォルター・バーグ『13星座の星占い』、14-16頁。 オリビア・ルナサン『超13星座占い』、8-9頁。 ウォルター・バーグ『13星座の星占い』、6-13頁。 ウォルター・バーグ『13星座の星占い』、18頁。 マーク矢崎『13星座占星術』、17頁。 Yahoo! Japan. 2016年9月27日閲覧。 ウォルター・バーグ『13星座の星占い』、ブックカバー,18頁。 エミール・シェラザード、モナ・カサンドラ『「13星座」占星術』、23頁。 オリビア・ルナサン『超13星座占い』、13,50-53,118-121,148。 ベッカー『13星座深層ホロスコープ』、11,et al。 浅野八郎『幸せの13星座占い』、9,139-154。 NASA 2016年9月20日. 2016年10月2日閲覧。 参考文献 [ ]• Walter Berg 1995. The 13 Signs of the Zodiac. HarperCollins. ウォルター・バーグ『13星座の星占い』鈴木樹代子(訳)、〈ノン・ブック〉、1995年。 ウォルター・バーグ『13星座で本当の自分がわかる』・渡辺英人(訳)、、1996年。 マーク矢崎『13星座占星術 : これからは、へびつかい座が加わるぞ! 』〈21世紀ブックス〉、1995年。 マーク矢崎『13星座占星術II』主婦と生活社〈21世紀ブックス〉、1996年。 マーク矢崎『当たる!! 13星座占い』〈MyBirthdayの本〉、1997年。 マーク矢崎『13星座の恋愛占い : 必ずつかむ運命の恋』主婦と生活社、1997年。 オリビア・ルナサン『超13星座占い』、1996年。 エミール・シェラザード、モナ・カサンドラ『「13星座」占星術 : 「本当の自分」と出会える 「蛇遣い座」の出現で、あなたの運命はどう変わる? 』、1996年。 ベッカー『13星座深層ホロスコープ : これがわたしの本当の姿』、1997年。 『幸せの13星座占い : へびつかい座の登場で自分「新」発見! 』、1997年。 『占星綺想』、2007年、増補新版。 『熱風占い読本 : 13星座占いの真実 : 占い雑誌のご臨終』、魔女の家BOOKS〈魔女の家ムック〉、1997年。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる。

次の