川崎 医科 大学 ポータル サイト。 川崎医科大学 基本情報|大学ポートレート

重要なお知らせ|川崎医科大学

川崎 医科 大学 ポータル サイト

学年の人数が少なく狭く専門的な知識を身につけることができ、卒業後すぐに医療現場で活躍をすることができると考えられる。 また、単位は落とすことができず再試験になる場合もあり、相当な勉強量が必要だと思われる。 卒業後は病院に就職することが一般的であり、就職には困らない。 講義・授業 授業内容は先生方が細く専門的知識を教えてくださるので知識が定着すると思う。 教授は医者も多いので医療現場のことが授業でされるのでより実践的に学ぶことができる。 履修はほとんど必修なので選択の余地がないことが難点。 研究室・ゼミ 研究が終わりに近づくにつれてあるので大変忙しくなる。 同学年同士繋がりが深いので仲は良いと思われるので心配はいらない。 就職・進学 卒業したら心配することはなくすぐにどこの現場でも就職はできることはありがたい。 活動のサポートは手厚く受けられるのでとても良いと思う。 アクセス・立地 大学から駅が若干遠いのでアクセスはいまいちな気がする。 都会出身者からするとド田舎だとよく耳にする。 店は大学生の店が多いのでそこは良い。 施設・設備 現場で必要な器具が揃っているのでしっかりとした実習が出来ると思う。 電話番号 086-462-1111 学部 概要 川崎医科大学は、岡山県倉敷市に本部を置く私立大学です。 通称は「川崎医大」、「川大」。 岡山市の「川崎病院」を母体に1970年に設置されました。 医学部では、附属病院での現場実習をはじめ豊富な実習体験で、基礎的な理論学習から実践まで充実したプログラムを受けることができます。 キャンパスは倉敷市にあり、最寄り駅のJR山陽本線中庄駅からは徒歩で約15分です。 2007年には校舎の増設と改修工事が行われ、新しく整備されたラウンジは学生と教職員のコミュニケーションに活用されています。 日本の医科大学では唯一、附属高等学校を有しており、卒業生の9割が川崎医科大学へ進学します。

次の

創立50周年記念サイト | 学校法人川崎学園

川崎 医科 大学 ポータル サイト

本学は、創設者 川粼祐宣初代理事長の唱えた「人間 ひと)をつくる」「体をつくる」「医学をきわめる」の理念に則った教育を実践しています。 また、全人的医療のできる「良医」の育成を教育目標としています。 「良医」には病気だけでなく患者さんの社会的背景を推し量って、最善の医療をめざすことが求められます。 本学は開学以来、教職員は医学・医療教育に注力し、先駆的な試みを行ってきました。 また、一年次には教育寮である学生寮で過ごし、助け合い、将来に亘る友情を育みます。 本学で学ぶメリットはたくさんあります。 学生の描く将来像は、地域医療に取り組む医師、先進的な医学に携わる研究者、医育機関への勤務などさまざまですが、「全ての学生に自分の夢を叶えてほしい」、それが本学の願いです。 「良医」として学修のみならず、強い意志と自己修練の習慣を身に付け、社会に貢献できる医師を育成しています。 「現代医学教育博物館」 学生の自発的な学習意識を向上させるため、実物の病理標本を中心に魅力ある独創的な展示を行っている。 併せて「健康教育博物館」として一般に公開している。 「OSCE臨床実習センター」 シミュレータ教育やOSCE(客観的臨床能力試験)に対応した演習室10室と、それらと映像で双方向に情報をやり取りできる管理室が置かれ、質の高い実習・教育環境が整備されている。 「臨床教育研修センター」 附属病院の実際の一病棟が完全に再現されており、全国にも類を見ない施設となっている。 学生が将来医療現場で求められるスキルを、臨場感を持って習得する場となっている。 「マルチメディア教室」 大規模コンピューター室であり、情報教育に加え、語学、臨床教育、画像診断など多目的に使用できる設備を備えている。 自主学習の場としても利用でき、レベルの高い教育や学習ができる。 「ふるさとの森」 学生の出身県の木や花が植樹されており、美しい自然が一望できる。 学生や教職員の交流の場としてはもちろん、患者さんやその御家族なども利用できるよう開放されている。 特色ある研究支援体制として、共同利用研究施設である中央研究センターが付置されている。 「医用生物研究ユニット」、「分子細胞生物ユニット」、「バイオイメージングユニット」、「RIユニット」、「総合医療センター研究ユニット」の5ユニットから構成される。 同センターには大型の研究機器、特殊設備等が配備され、専門技術を有する経験豊富な技術員・研究補助員が機器の整備・管理にあたっており、機器使用時には必要に応じて、きめ細かい技術支援も得ることができる。 併せて、DNAシーケンス・タンパク分析、細胞培養器具・試薬の調整・提供、光学・電子顕微鏡用試料作製、動物実験の補助、学会発表用ポスター印刷等様々な支援業務を行っている。 中央研究部と中央研究センターでは研究センターの予算配分、研究者からの要望を勘案した共同実験室の配分を行っている。 また、毎年研究者の希望機器を調査し、最新の機器を設置、汎用機器の更新を行い、日々高度化し、多様化する現代の医学研究に対応して、高い研究成果を出せるよう充実した設備環境を整えている。 『特色ある教育施設・設備の整備』とは? 特別な校舎や教室、実習室などの教育施設や教室等にある機器などの設備を整備し、特色のある教育活動を行う取り組み。 『ラーニングコモンズ』とは? 学生の自主的・自律的な学習のため、電子情報や印刷物など様々な情報資源を使って議論などができる共有の「学習の場」を持つ施設。 『研究施設・設備の充実』とは? 大学の重要な目的である学生への教育と研究活動のうち、研究活動のために建物などの研究施設や研究機器などの設備を充実し、特色ある施設・設備にする取り組み。 『学生寮』とは? 特別な教育プログラムを実施するなど、特色ある教育施設としての学生寮を活用した取り組み。 『学費負担の軽減』とは? 授業料や入学金の減免等や奨学金の支給などにより、経済的に苦しい学生などの学費の負担を軽くする取り組み。

次の

医療資料部|川崎医科大学総合医療センター

川崎 医科 大学 ポータル サイト

重要なお知らせ 2020. 08 自宅学修中の生活上の注意について 本学では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大にともなう緊急事態宣言を受け、別途連絡したとおり、当面の間学生の皆さんの登校を原則禁止とし、指示に従って自宅で学修していただくことにしました。 そこで、改めて日常生活上の注意喚起をします。 本学は医科大学であり、また附属病院を有する施設でもあり、医学生には高邁な倫理性と強い使命感が求められています。 現在の我が国の状況を深く鑑みて、日常生活を律されることを望みます。 健康観察を継続し、発熱等体調不良の時は早めに医療機関を受診すること。 外出時はマスクを着用し、手洗いをまめに行うよう留意すること。 クラブ活動は継続して控えること。 個人での学外イベント等への参加も自粛し、どうしても行く必要がある場合は、学生課に相談してください。 不要不急の外出(必ずしもその日に行かなくてもいい外出)は控えること。 特に、「換気が悪く」、「人が密に集まって過ごすような空間(ライブハウス、カラオケボックス、スポーツジム、ビュッフェスタイルの会食など)」は感染のリスクが高まるので、そのような場所へ出向くことは絶対にやめてください。 自身に風邪などの症状がある場合、高齢者や持病のある方との接触を避けること。 高齢者や心臓、肺、腎臓に持病のある方、糖尿病の方、免疫の低下した方など持病のある方は、新型コロナウイルス感染症が重症化しやすいので、このような方との接触は極力控えてください。 自身の健康等で何か異変があったときは、学生課に連絡してください。 (学園代表電話:086-462-1111) 令和2年4月7日 川崎医科大学 学長 福永 仁夫 コロナウイルス感染症についての重要なお知らせ 在学生の皆様• 1学年の皆様、保護者・ご家族の皆様• 2~6学年の保護者の皆様•

次の