トークン ゆうちょ。 トークンとは

ゆうちょ銀行からワンタイムパスワード生成機が送られてきたので使ってみた

トークン ゆうちょ

解約する場所 解約は、 ゆうちょ銀行の窓口に直接行く必要があります。 ゆうちょ銀行の支店なら どこでも可能です。 口座を開設した支店でなくても大丈夫なので、引っ越しした場合などでも、近くの支店に行けば大丈夫。 私も引っ越し前に作った口座でしたが、現在の住居の近くに新しくできた支店で解約しました。 自分じゃ行けない・・・!という場合 基本的には名義人本人が窓口で解約するものですが、平日の昼間しか窓口が開いていませんので、行くのが難しい方もいますよね。 そんなときは代理の方でも解約手続き可能なのですが、 委任状が必要になります。 名義人本人が記入しなければいけないので、詳しいことはゆうちょ銀行のwebや窓口にて確認しましょう。 ゆうちょダイレクトだけの解約は? ゆうちょ銀行口座の解約はせずに、ゆうちょダイレクトのみの解約の場合は、 郵送での手続きでも可能です。 ゆうちょダイレクト利用申込書兼変更・廃止届書をゆうちょ銀行のwebからダウンロードして、郵送すればOK。 もちろん店舗でも解約手続き出来ます。 持って行ったもの+必要なもの• キャッシュカード• 届出印• 免許証(本人確認書類)• トークン(ゆうちょダイレクトで使用) 通常の口座解約で必要なもの+ゆうちょダイレクトで使用していたトークンです。 通帳がない!ハンコがわからない!場合 通帳や届出印を紛失している場合は「貯金全払請求書」の提出で解約可能とのこと。 「貯金全払請求書」は、窓口で受け取れます。 キャッシュカード紛失の場合は、持って行かなくても問題ないとのこと。 持って行くのを忘れた場合でも、自己責任で処分をお願いされるだけで、解約に支障はありません。 「届出印がわからない・・・」ということもありがちですが、もし紛失ではなくいくつか候補の印があるようでしたら、まとめて持って行けば確認が取れます。 もし何かを紛失したり、わからなくなっている場合は窓口に問い合わせると良いですよ。 解約手続き さて、必要なものたちを持っていざ窓口へ。

次の

トークンとは

トークン ゆうちょ

ゆうちょダイレクトでトークンの必要性 トークン(ワンタイムパスワード生成機)は、事前に申し込みをして送ってもらわないと使えませんので初めての時は時間がかかります。 そのため面倒で手続きしない人も多いと思います。 しかし、ネット経由の銀行手続きは、セキュリティをきちんと強化しておかないと今後に心配がありますのでトークン利用をおすすめします。 小さい電卓のようなデザインです。 例えばワンタイムパスワードは、トークンなしでスマホのメールアドレスだけでも発行してもらえますが通信障害でメールが受信できない事もありますし、メールアドレスを変更していた事を忘れていて混乱することもあります。 また、他者からの不正アクセスで勝手にメールアドレスを変更されてパスワード送付をコントロールされる可能性も否定できません。 このような状況を回避するために 手元にトークンを用意してあれば解決します。 トークンを口座に紐づけ登録しておけばトークン発行のワンタイムパスワードしか使えないからです。 年に数回程度しかゆうちょダイレクトからの手続きをしない場合でも時間がある時にトークン申し込みをしておきましょう。 ゆうちょダイレクトの「トークン」ページから申し込みができます。 無料でもらえます。 トークンを紛失して再発行してもらう場合 何らかの事情でトークンを紛失してしまった場合は、先に利用停止をしないといけませんのでをして下さい。 次にから申し込みをして再発行してもらうことができます。 ただし、 手数料1,080円がかかりますのでご注意下さい。 手数料は、ご自身のゆうちょ銀行口座から引き落としされます。

次の

トークン、ゆうちょダイレクトの送金時における認証方法の変更について

トークン ゆうちょ

トークンとは? トークンとは、 ワンタイムパスワード生成機のことです。 上記の画像がゆうちょ銀行のトークンになります。 なぜ私が一刻も早くトークンを導入すべきだと書いているのかというと、 トークンの利用は不正送金被害のセキュリティに高い効果があるからです。 これまで、インターネットバンキングはログインIDとパスワードを使って取引をしていました。 通常はパスワードが漏れることはないのですが、コンピューターウイルスなどによってIDとパスワードを盗み取り、銀行預金を不正に送金されてしまうという被害が報告されています。 これに対処するために導入されたのが「 ワンタイムパスワード方式」です。 すでに多くの銀行でこの方法が導入されています。 ワンタイムパスワードとは、定期的にパスワードが自動変更され、しかも1度使ったパスワードは2度と使えないという「その時だけ使えるパスワード」のことです。 ログインID、パスワード、そしてワンタイムパスワードの3つがあれば、万が一IDとパスワードが漏れても安全だということです。 メール通知のワンタイムパスワードでは安心できない ワンタイムパスワードには、「メール方式」と「トークン方式」があります。 最近だと「スマホアプリ方式」も増えました。 メール方式とは、登録メールアドレスにワンタイムパスワードを送付する仕組みのことです。 しかし、すでにこの方法も突破するウイルスが報告されており、現在は安心できる手段ではありません。 コンピューターがウイルスに感染してしまうと、犯人は自在にコンピューターを操れるようになります。 すると、インターネットバンキングのID・パスワードだけでなくメールの中身もチェックされ、ワンタイムパスワードごと抜き取られてしまいます。 そこで、より安全である「トークン方式」のワンタイムパスワードを採用する銀行が増えています。 トークン方式が安全である理由 トークンを申込むと、キーホルダーサイズのトークン(ワンタイムパスワード生成機)が銀行から配布され、郵送されます。 インターネットバンキングで振込をする時は、IDとパスワードを入力した後に、最終的に手元のトークンに表示されているワンタイムパスワードを入力します。 なぜこの方法が安全なのかというと、仮にIDとパスワードを抜き取られても、 トークンに表示されているワンタイムパスワードはパソコンと完全に分離されているため、それを所有しているあなたにしかわからないからです。 先ほどの「メール方式」はすべてのパスワードがコンピューター内で完結していますが、「トークン方式」はパスワードがコンピューターから分離されています。 安全な取引を実現するためにすぐ導入を 注意喚起のような記事になってしまいましたが、ゆうちょ銀行もセキュリティの重大性にはすでに気づいているので、 トークンを無料で配布し、導入を推奨しています。 トークンは再発行手数料こそかかってしまいますが、初回の申し込みは無料で年会費などもかかりません。 申し込みはから行えます。

次の