バイバイ ママ。 Hi Bye, Mama!

韓国ドラマ「ハイバイ、ママ!」感想 / キム・テヒ主演 この世に未練を残した母親が49日間だけ蘇る感動のファンタジーストーリー

バイバイ ママ

韓国ドラマ「ハイバイ、ママ! 」の相関図 をもとに作成 実際の呼び名と異なる場合があります。 韓国ドラマ「ハイバイ、ママ! 」のキャスト(俳優) 主な登場人物 チャ・ユリ役:キム・テヒ <幽霊5年目 ママのおばけ> 5年前に子供と夫を残して死んだ幽霊。 悲しい実情とは裏腹に楽天的な性格で幽霊の世界には対応する。 現在は、京畿道龍仁市にある平穏納骨堂でビジュアルセンター? として活動。 5年間ひたすら娘を見守り続けてきた。 そんなある日、娘ソウが幽霊が見えるように。 娘のために姿を消すことを決心するが、突然人になった!人間に戻るためには、あの世ではなくこの世で、49日間の審判を受けなけれなばならない。 しかし、既に家庭は彼女なしでも元気で暮らしていて…。 チョ・ガンファ役:イ・ギュヒョン <死んだユリの夫> ユリの出産予定日の数日前、娘のソウだけを残して事故でなくす。 胸部手術でトップを誇る大学病院の実力のある医者であり、患者への思いやり溢れる人だったが、妻の事故をきっかけに変わってしまう。 もはや医者の使命感はなく、明るく情熱的だったガンファはどこにもいない。 何事も一生懸命で他人の仕事にも進みでるようなことはなく、冷たい彼だけが残った。 ユリが去ってから5年。 いつのまにか結婚までし、妻ミンジョンと娘ソウと一緒に住んでいる。 オ・ミンジョン役:コ・ボギョル <ガンファの新しい妻> ガンファと同じ病院の看護師で、ガンファと結婚後ソウを育ててきた。 他人には無関心で保育園のママたちから嫌われている。 血も涙も無いような彼女にも人間的な姿はある。 食器棚に隠しておいた焼酎を飲みストレス解消する。 ソウの幼稚園に赴任してきたキッチンのおばさんがなぜか気になる、ソウを特別可愛がってくれるし、死んだガンファの嫁にも似ているし …。 ユリの家族 チョ・ソウ役:ソ・ウジン <ユリとガンファの娘> 突然の事故で予定日より早くかろうじて生まれたかけがえのない赤ちゃん。 生まれてすぐに母親を失い、新生児室から保護を受けた。 その後、ガンファが再婚し、ミンジョンを本当の母親だと思っている。 チョン・ウンスク役:キム・ミギョン <ユリの母> 娘の死を淡々と受け入れるように見えて、心の中では悲しみに溢れている母。 自分だけが悲しめばいいと思っているので、ガンファの再婚を積極的に望んだ。 結婚後はガンファとの一切の連絡を立つ。 ガンファとソウと道で出会っても知らないふりをする徹底ぶり。 そこまでする必要がないという見方もあるが、痛みを全て一人で背負おうとする一本筋の通った人。 チャ・ムプン役:パク・スヨン <ユリの父> ユリの母とは違い、心の弱い父。 花よ蝶よを育てた2人の娘を育てた。 大切な娘を嫁に出すときは、ひどく寂しがった。 ユリがこの世を去ったあと、ユリを忘れられないでいる。 ユリの母・ウンスクの判断で孫娘とはあっていないが、ミンジョンのSNSでこっそり様子を見ている。 チャ・ヨンジ役:キム・ミス <ユリの妹> 男のようにガサツな性格の運動選手。 いつも合宿やキャンプに行っていて家にいる時間はほとんどなかった。 ところが娘を失ってからは、苦しんでいる両親のために家に戻ってきた。 普段はユリよりも姉のように見えるが、いざという時は、ユリを頼りにしていた。 ユリを取り巻く人々 コ・ヒョンジョン役:シン・ドンミ <ユリの親友、グンサンの妻> ユリをガンファに紹介した人。 ユリがなくなったあと、誰よりもガンファとソウを心配している。 アパートの団地内に小さな深夜食堂「未生」を経営している。 ユリが再び帰ってきた時、大喜びする。 ミ・ドンテク役:ユン・サボン <平穏社のシャーマン> ユリのメンター的存在。 生まれ変わりの条件を説明してくれる。 チャン・ピルスン役:イ・シウ <平穏納骨堂に居住している幽霊の息子> 外見、学力、財力。 何一つ劣ることとがないように見えるパイロット。 全てを持っているように見えるが1つがない。 家族だ。 9歳の下校途中に家族の交通事故を発見。 財閥の祖母のおかげで不自由なく育つが、いつも孤独だった。 30歳になった今、家族を失った痛みは見られないほど、明るく変わり者の大人だ。 ガンファを取り巻く人々 チャン教授役:アン・ネサン <トンソン大学病院の胸部の教授> 腕のある実力者で全ての後輩が尊敬するし続ける教授。 かつてはガンファもそうだった。 ユリがなくなってからもぬけの殻になったガンファをおおらかな心で見守る偉大な先生。 ケ・グンサン役:オ・ウィシク <ヒョンジョンの夫、ガンファの親友> トンソン病院の精神科の先生。 心の弱い性格のせいで、たまに患者に感情移入してしまうが、いつも患者に味方の心強い先生。 ガンファとは医学生の時からの親友。 当時彼女だったヒョンジョンの親友・ユリをガンファに紹介した。 平穏納骨堂の人々 チャン・クィスン役:バン・ヒョジョン <チョン氏、おばあさんの幽霊 幽霊歴7年目> 納骨堂内のリーダー的存在。 心温かく情に厚いおばあさん。 すい臓がんを再発した娘のせいでこの世を去れない。 生前、自分に亡くなった夫がずっと心のなかにいたように、子供たちの心の中に自分がいることが悩み。 ソン・ミジャ役:ペ・ヘソン <チョンガ宅、嫁の幽霊 幽霊歴55年目> 生涯、チョンガ宅の嫁として生きてきたが、死んでも嫁のまま。 ソ・ボンヨン、チャン・デチュン、チャン・ヨンシム役:パク・ウネ、キム・デゴン、シン・スヨン <ピルスンの家族、幽霊歴22年目> 同じ日に一緒に幽霊になってしまった、ピルスンの母、父、姉。 交通事故で9歳の息子だけを残した。 幼い息子が大きくなるまでいようと誓ったが、まだ彼らには30の息子も子どものようで成仏できないでいる カン・サンボン(カン・ビン)役:イ・ジェウ <野球選手の幽霊 幽霊歴55年目> ゲームの勝敗のやらせ疑惑とゲイの噂で自殺した野球スター。

次の

韓国ドラマ ハイバイ、ママ! 第16話(最終回)あらすじ

バイバイ ママ

織物芯地 こだわりの手作りにお薦め。 作品をより美しく仕上げることができます。 薄手~中肉素材 ストレッチ素材 〈品番〉 AM-W1 〈カラー〉 ホワイト ブラック すっきりマイルドな仕上がり 薄くてややハリ感のあるナチュラルな風合い ストレッチ性があり、さまざまな素材に対応します。 薄手~中肉素材 〈品番〉 AM-W2 〈カラー〉 ホワイト ブラック すっきりシャープな仕上がり ハリ・コシ感のあるシャープな風合い 寸法安定性に優れ、衣類の形崩れを防止します。 中肉素材 〈品番〉 AM-W3 〈カラー〉 ホワイト ブラック しっかりハードな仕上がり ハリ・コシ感のある硬めの風合い 弾力性があり、形をしっかり保ちます。 中肉~厚手素材 〈品番〉 AM-W4 〈カラー〉 ホワイト しっかりスーパーハードな 仕上がり ハリ感が際立つ、格別に硬い風合い 厚みがあって弾力性に優れ、形をしっかり保ちます。 中肉~厚手素材 〈品番〉 AM-W5 〈カラー〉 ホワイト 不織布芯地 寸法安定性に優れた不織布芯地は扱いやすく、初めての方にもお薦めです。 薄手素材 〈品番〉 AM-N1 〈カラー〉 ホワイト ブラック すっきりソフトな 仕上がり ソフトで自然なハリ感のある風合い 接着力が出やすく、さまざまな素材に対応します。 薄手~中肉素材 〈品番〉 AM-N2 〈カラー〉 ホワイト ブラック すっきりシャープな仕上がり ハリ・コシ感のあるシャープな風合い 形崩れせず、思い通りの形に仕上がります。 薄手~中肉素材 〈品番〉 AM-GS5 〈カラー〉 ホワイト しっかりハードな仕上がり ハリ・コシ感のある、しっかりとした風合い 作品の形をしっかりと保ちます。 中肉~厚手素材 〈品番〉 AM-F1 〈カラー〉 ホワイト MFスーパー接着シート アイロンで簡単に接着できる両面接着シート(強力接着タイプ)です。 パッチワークやホームソーイング、ホビー、クラフトなどいろいろなシーンで使え、テクニックの幅も広がります。 品名 特長 用途 適応素材 品番 MFスーパー接着シート (両面接着) お気に入りの表布が接着布に変身。 アイデア次第でさまざまな用途に! 生地同士を簡単に貼り合わせることができます。 クモの巣状の樹脂で、しっかり接着できます。 ミシン針、縫い針がべた付きません。 水洗いやドライクリーニングにも対応します。 中肉~厚手素材 AM-MF30 MF(Melt Fuse) アイロンで簡単に接着できる両面接着シート&テープです。 パッチワークやホームソーイング、ホビー、クラフトなどいろいろなシーンで使え、テクニックの幅も広がります。 ノン・アイロン シート 「ノン・アイロン シート」はアイロンを使わず、生地に接着できるシールタイプの芯地です。 貼るだけで、生地に適度な張りと膨らみを出すことができます。 アイロンが使えない合成皮革やラミネート、起毛素材などにお薦め。 バックやポートなどの小物作りやミシン手芸にぜひご利用ください。 キルティングしやすく、仕上がりも美しい。 長年の実績を誇る信頼のブランド「アウルスママ」のキルト芯。 豊富なラインアップで、ビギナーからプロの方まで、目的や用途に合わせて幅広くお使いいただけます。 ドミット芯 ボリュームのあるやさしい風合いのキルト綿。 膨らみのある綿と裏打ち材の2層構造で、キルトラインが美しく保たれます。 キルトならではの立体感が表現できます。 キルトならではの立体感が表現できます。 ネットによる2層構造のため適度な安定感。 しつけの手間が省け、作品をスピーディーに美しく仕上げることができます。 ハンドはもちろん、ミシンキルトにも。 中肉~厚手素材向け。 黒・濃色地の作品の綿抜け対策に。 生地への吸い付きが良いので縫いずれしにくく、作品がきれいに仕上がります。 伸縮性があり、ニット素材に最適。 自着性が良く、ミシンキルトに最適。 ハンドキルトにも。 5m 樹脂綿 さまざまな用途にお使いいただけるキルト綿。 適度なハリと膨らみ感があり、作品を軽く仕上げることができます。 適度なハリ感。 しっかりしたハリ感。 着火しても広がらず、火元がなくなると自己消火します。 スーパーソフトなやさしい風合い。 天然素材独特のソフトな風合い。 黒、濃色地の作品の綿抜け対策に。 抗菌・防臭機能にも優れています。 薄く、スーパーソフトな風合い。

次の

『ハイバイ、ママ!』のあらすじ・キャスト・相関図・ネタバレ・感想

バイバイ ママ

2019. 29 朝、9時頃。 少しずつ弱くなっている呼吸に合わせ、ぽん、ぽん、と優しく撫でるかのように、そっと肩や二の腕を打った。 私が駆けつける前は、「うぅ、うぅ」と苦しいうめき声も上げていたという。 今は、心臓がその負荷に耐えられないとわかりつつも投与された大量の麻薬のおかげで、赤ん坊のような無邪気な寝顔だった。 先に見守っていた叔父が、ただ黙って、枕元に座ることのできる椅子を私に譲ってくれた。 口元に透明なマスクを付けられた母は、そこから供給される酸素を目一杯吸っていた。 逆に、動きらしい動きはその口元だけで、それ以外は、両の手足も、腹も、奇妙なくらい静止していた。 あまりに無防備で安らかなその寝顔に、息子たちがまだ1歳にも満たない頃、毎晩のように寝かしつけをやっていた頃を思い出した。 それで、自然と呼吸に合わせて、優しく肩を抱き、ぽん、ぽんと打ってあげた。 叔父が気を利かせて病室を出ると、二人っきりになった母に一言だけ語りかけた。 「大丈夫だよ、お疲れ様」 もう俺は大丈夫だよ。 息子たちのことはちゃんとやる。 自分自身のことも大事にする。 ここまで、あなたが全力で生きようとしたことを、俺はずっと覚えている。 だから、お疲れ様。 もういいから、これ以上苦しまないで。 お疲れ様。 おおよそ1時間後、10時7分。 母は逝った。 最後の一呼吸から、何も動かなくなって30分。 念の為、それだけの時間様子を見て、正式に死亡の宣告がなされた。 バイバイ、ママ。 私は心のなかで、そう別れを告げて、いつの間にか握っていた左手をそっと離した。 母は、自分のことを「ママ」と呼んでいた。 年齢と共に、私の方が「母さん」などとその呼び方を変えていっても、母はずっと「ママはね」と言っていた。 だから最後くらい、ママと呼んであげた。 令和元年、12月29日、午前10時7分。 ママはやっと安らかな眠りにつくことができた。 翌日になると、非常に簡素な葬式をあげた。 ぎりぎりまで無駄を削ぎ落とした式になったのは、2つの理由があった。 まず、大晦日になってしまうと、火葬場が混みに混んでしまって、遺族にとってそれはそれは大変な負担になると、葬儀会社の担当者から教えられたこと。 もう1つは、生活保護から支給される葬祭扶助の範囲内で式を行う必要があったからだ。 慌ただしく、必要最低限の葬儀となった。 遺影も準備できなかった。 叔父は「それくらい準備しようよ、金なら出す」と言った。 念の為、前もって担当者に確認していたのだが、葬儀にかかる費用に対し、部分的に葬祭扶助で支給される金を充てる、ということは認められないらしい。 葬祭扶助と自腹の金を併用することはNGということ。 立派な式にしたければ、生活保護受給者が喪主から外れ、全て自腹で費用を負担する必要があるとのことだった。 さらに厳密に言えば、葬儀をあげること自体、本来は許されてはいない。 火葬を行うための諸費用だけを認める、という前提であるから、例えば、遺影を作成したり、香典返しを渡したり、読経した僧侶へのお礼などに金を使ってはいけない。 と言うものの、生活保護課のケースワーカーも余程悪質なことをしなければ、略式の葬式(のような何か)をあげたところで、それを咎めることもしないとも聞いた。 そこには、役所と葬儀会社の暗黙の了解が存在するようだ。 叔父は戸惑い、何か言いたそうだったが、私はむしろ生活保護のルールと慣習にならった葬式(のような何か)を、堂々とあげたかった。 経済的な自立を破綻させないように上手く乗り切る方法はあったのだと思う。 そのことを反省こそすれ、世間を恨んでいることなど一切ない。 ただ、母と私のおおよそ10ヶ月の二人三脚はこうなってしまった。 その事実を潔く受け入れた葬式を最後にあげることが、自身と、そして誰より母の闘病を肯定することなのだと思った。 反省こそすれ、恥じることなどは何もないのだ。 これが、私たち親子の行き着いた先だとさらけ出せばいい。 それが喪主である私の、偽らざる正直な気持ちだった。 「遺影も香典返しもない葬儀だなんて」と笑う人がいれば、笑えばいい。 最後の最後で、私と母のがん闘病に対して、妙な見栄など張りたくはなかった。 そんなことになるだろうとわかっていたが、母が骨だけになった姿を見ても、思い切り泣くことはできなかった。 ずっとずっと、わんわんと泣くことができない男なのだ。 人目があるから我慢するわけでもない。 どうしても、自分の外側に、悲しみ発散させるということができない。 俗に言われるように「喪主に泣いている暇などない」という状況もある。 こうして今回も、私の悲しみは、心の内側で血の混じった壮絶な涙を流すだけで終わった。 それでも。 自分がわずかに変われたような気がしている。 辛く、ないのだ。 抑圧されているという感覚はない。 「とうとう逝ってしまったな」と、空を見上げる。 冬の北海道らしい、どんよりとした雪雲だ。 けれど、その分厚い雲を貫いて差し込む陽光が、不思議と美しいものとして目に入った。 良かったじゃないか。 自分たちなりに、納得のいく闘病生活だったはず。 試せる治療は全てやってもらい、最愛の孫と過ごせる時間も少なくはなかった。 強がりだけではない、本当の笑顔が、何度もあった。 親子だもの。 傍から見れば、辛く、みすぼらしいことがあったとしても、お互いの手が届くそばで身を寄せ合えば、冗談を言いながらやり過ごすことができた。 悲しみや、くじけそうになる心を奮い立たせるための虚勢だとしても。 笑顔は笑顔。 思い出せば、けっこう私たち親子は笑っていたことに気づく。 だから、前に進める。 次の一歩を。 そういう気持ちに、自然となれた。 悲しいけれど、私の足元に絡みつくような、ねっとりとした感情ではない。 傷ついてもいない。 大晦日と元日は、母の家に集まり、孫たちと水入らずの時間を過ごそうと約束していた。 その約束は、ついに果たされることはなかった。 なかなかに厳しい、吹雪寸前の荒れた天気だったが、この時ばかりは「すごい、すごい」と親子ではしゃいだ。 バイバイ、ママ。 パパとはそっちで会えたかい? …会えただろうね。 しつこく、一途に、あなたを愛した男だもの。 たった数年くらい待てないことはないだろう。 バイバイ、ママ、そしてパパ。 ありがとう。 産んでくれてありがとう。 そう、最後に感謝できる親子になれて良かった。 今度は、息子たちにそう言ってもらえるようにがんばるよ。

次の