スターダスト レビュー 木蓮 の 涙。 スターダスト・レビューおすすめの名曲 【代表曲「木蘭の涙」ほか】

スターダストレビュー 木蘭の涙 歌詞&動画視聴

スターダスト レビュー 木蓮 の 涙

「 木蘭の涙」(もくれんのなみだ)は、が歌う楽曲である。 作詞は。 作曲は。 1993年7月度月間グランプリ受賞。 なお、木蘭とはのでの表記である。 概要 [ ] スターダストレビューのアルバム『』(発売)の1曲目に収録された(この時の編曲は)。 シングルカットされ同年に発売。 売上約15万枚()とヒットした。 、のとして新たに録音されたアコースティックバージョンが使用され、同年には「木蘭の涙〜acoustic〜」として発売された。 ライブでは調にリアレンジして演奏される。 カバー [ ]• にがシングル『ドライヴ』の両A面として収録。 には「」にてと根本本人によるセッションを行う。 にがアルバム『THE HITS〜CORNERSTONES 3〜』にて「木蘭の涙 with 」として収録。 2004年にがオリジナルアルバム『冬色物語-Winter Stories- 』内でしている。 にはが自身のクリスマスコンサートで取り上げている。 にがアルバム『FLOWERs』の5曲目に収録。 2008年にがアルバム『』の4曲目に収録。 にがアルバム『When a woman loves a man 〜女が男を愛するとき〜』の6曲目に収録。 2013年にがアルバム『Grace of the Guitar』の3曲目に収録。 にがアルバム『PLAY LIST』に収録。 にがシングルとして収録。 にがアルバム『STANDARD〜呼吸〜』に収録。 にがアルバム『Covers』に収録。 その他、・アーティストをはじめ、多くのミュージシャン(特に)がカバーしているが、ほとんどがライブやのカバーであり、CD化されていないものや入手不可能なものも多い。 - 2. - 3. - 4. - 5. - 6. - 7. - 8. - 9. - 10. - 11. - 12. - 13. - 14. - 15. - 16. - 17. - 18. - 19. - 20. - 21. - 22. - 23. - 24. - 25. - 26. - 27. - 28. - 29. - 30. - 31. - 32. - 33. - 34. - 35. - 36. - 37. - 38. - 39. - 40. - 41. with STARDUST REVUE - 43. - 44. - 45. - 46. - 47. - 48. - 49. - 50. - 51. - 52. - 53. - 54. - 55. - 56. アルバム.

次の

木蘭の涙

スターダスト レビュー 木蓮 の 涙

15年前、「木蓮の涙」をラジオで聴いて、いい曲だなぁと思いました。 そして楽団ツアーに行きスタ・レビの大ファンになりました。 寝たきりの息子を介護しながら、ふと寂しい時聴くと涙が出てきます。 いい曲に出会えました。 〈たつえもん〉 この歌は、初めて聴いた時から大好きです。 歌詞といい、曲といい、最高。 私にはこの歌詞のような思い出も何もありませんが、木蓮が咲く時期には特にこの歌を思い出し、(白)木蓮の白が目にしみてきて、切なくなります。 この歌をたくさんの方がカバーしているようですが、スタ・レビにしか歌えない歌だと思っています。 また、誰がなんと言おうと、アコースティックより原曲の方が好きです。 〈まきねん〉 25年間一緒に暮らしていた人が今年の夏、亡くなりました。 喧嘩もしたけれど楽しかった事ばかりが思い出されます。 最後は眠るように旅立って行きました・・・今でも心の中で話しかけたりしているので不思議と寂しくありません。 人生って夢のようなものなのでしょうか?〈かめきち〉.

次の

スターダストレビュー 木蘭の涙 LYRICS

スターダスト レビュー 木蓮 の 涙

15年前、「木蓮の涙」をラジオで聴いて、いい曲だなぁと思いました。 そして楽団ツアーに行きスタ・レビの大ファンになりました。 寝たきりの息子を介護しながら、ふと寂しい時聴くと涙が出てきます。 いい曲に出会えました。 〈たつえもん〉 この歌は、初めて聴いた時から大好きです。 歌詞といい、曲といい、最高。 私にはこの歌詞のような思い出も何もありませんが、木蓮が咲く時期には特にこの歌を思い出し、(白)木蓮の白が目にしみてきて、切なくなります。 この歌をたくさんの方がカバーしているようですが、スタ・レビにしか歌えない歌だと思っています。 また、誰がなんと言おうと、アコースティックより原曲の方が好きです。 〈まきねん〉 25年間一緒に暮らしていた人が今年の夏、亡くなりました。 喧嘩もしたけれど楽しかった事ばかりが思い出されます。 最後は眠るように旅立って行きました・・・今でも心の中で話しかけたりしているので不思議と寂しくありません。 人生って夢のようなものなのでしょうか?〈かめきち〉.

次の