お体の具合はいかがですか。 「早く良くなりますように」を韓国語で言うなら

「大丈夫ですか」の英語表現!体調や気分を気遣うフレーズ11選!

お体の具合はいかがですか

長期で療養をしている相手には、季節の挨拶を兼ねて、年賀状や暑中見舞いハガキなどを送りに、短めのメッセージを付け加えるといいでしょう。 療養中の人には、封書の手紙を受け取ることは、嬉しいけれど、負担になることもあります。 ハガキは気軽さがあるので、おすすめです。 メッセージの内容で気をつける点は、「全快の希望を損なわない」「過大な同情の表現をしない」「暗い印象を与えるようない」「長すぎない」などです。 メッセージ例として、「お加減はいかがでしょうか。 一日も早いご回復をお祈り申し上げます。 」や「お怪我の具合はいかがでしょうか。 年の改まりますのと共にお加減も快方へ向かわれることと信じております。 」季節のご挨拶に添えてみましょう。 メール 休職中の上司にのお見舞いに会いにいけない時や、お見舞いするほど重篤な状態でない場合などは、メールで気持ちを伝えることがいいでしょう。 相手に余計な気遣いをさせず、気楽に受け取ることができます。 <締めくくり>寒い日が続きますが、くれぐれもお大事になさってください。 書き始めの文章は、体調をたずねるものにし、締めくくりは、相手を思いやっている、回復を願っていることを伝えます。 なるべく簡潔な文章にし、相手の負担になることは書かないようき、配慮をしましょう。 病気による入院の場合は、こちらからは、病状の全てを把握できない場合が多く、重篤な状態もあります。 慎重に言葉を選びましょう。 自宅療養中の場合も、同じです。 その後のお加減はいかがでしょうか。 ご無沙汰ばかりでお見舞いが遅れてしまいましたこと深謝申し上げます。 この機会に、焦る事無く十分に治療され一日も早く全快されますよう心からお祈りしております。 機会をみてお見舞いに伺いたいと存じますが、取り急ぎ書中にてお見舞い申し上げます。 その後のお加減はいかがでしょうか。 どうかご無理をなさいませんよう、この機会に十分ご静養されてください。 取り急ぎ、書中にてお見舞い申し上げます。 軽い風邪で、相手が出勤していれば、「お加減はいかがでしょうか。 ご無理なさらないようにしてください。 」、と声をかけるのがいいでしょう。 まれに、念のための入院することもありますが、多くは自宅療養をします。 ツールは手紙よりメールがおすすめですが、相手がメールを扱えない場合は、ハガキやお見舞いの品に添えるメッセージカードでもいいでしょう。 その後、お加減はいかがでしょうか。 一日も早くご回復されて、お会いできます日を楽しみにしております。 いろいろ使える「お加減はいかがでしょうか」.

次の

「早く良くなりますように」を韓国語で言うなら

お体の具合はいかがですか

Are you back to yourself? How are you feeling? Asking someone if they are ''back to themselves'' means that you are wondering if they are back to full health. They may have been unwell lately and you are wondering if they are fully better. In this case, just to ask how your coworker is feeling may not be specific enough to actually gain any real insight into what's happening. If you ask specifically about the recovery, then you may understand better the coworker's state of mind. However, it does depend on how friendly you are with each other. Some people may find personal questions about their health a little too personal. The two questions you see provided above are excellent ways to ask your coworker if they feel better. In the second question you will notice the phrase back on one's feet. This means to fully recuperate from and illness, injury, or surgery. This is a phrase that is common in our everyday conversation and it would make a great addition to your vocabulary. The most common ways to ask, would be : "How are you feeling? " or "Are you fully recovered? " If you ask "How are you feeling? " - you would like to know if the person is feeling better after the surgery. If you ask "Are you fully recovered? " - you would like to know if the person is completely healed or if they still have some pain. Example : A : How are you feeling? B : Much better, but I still have a little pain. A : I hope you feel better soon! 最も一般的な聞き方は、 "How are you feeling? "(体調はどうですか?) または、 "Are you fully recovered? "(完全に治りましたか?) です。 "How are you feeling? " - これは、手術の後体調がよくなったかどうか尋ねています。 "Are you fully recovered? " - これは、完全に治ったのか、あるいはまだ痛みがあるのか尋ねています。 例: A : How are you feeling? 体調はどうですか? B : Much better, but I still have a little pain. 随分よくなったけど、まだ少し痛みます。 A : I hope you feel better soon! 早くよくなるといいですね!.

次の

「いかがでしょうか?」目上の相手への正しい尋ね方と文例集

お体の具合はいかがですか

"Good Morning"- A polite greeting for the morning, it can be replaced with Hello or Good Afternoon depending on the time of day "How are you feeling today? "- Asking the person how they are feeling at this time. "- shows that you are concerned about how they were feeling and want to find out how they are feeling now. "- how are you feeling? This is a longer pause than a comma , , but a shorter pause than a period. I hope this helps! Good luck! It shows respect. In this case, the person is a superior or a person in authority. Have you recovered well from your illness? Are you feeling better after that bout of flu? Welcome back. How are you feeling now? 相手の人が目上の場合は、相手の性別に応じて"sir"か"madam"と言うのが望ましいです。 これは敬意を表します。 この場合、相手は目上か権力のある人間です。 口にするのが恥ずかしい病気でなければ、相手が患っていた病気について触れるのが良いでしょう。 相手の調子を尋ねる前に"Welcome back" おかえりなさいませ と言えるのが理想的です。 Have you recovered well from your illness? おはようございます。 Are you feeling better after that bout of flu? おはようございます。 Welcome back. How are you feeling now? おはようございます。 おかえりなさいませ。 調子はどうですか? When talking to a superior it's best to talk in a formal way to give them respect. When they attend the business meeting and you want to ask how they are feeling you can say, " Hi, I'm sorry you weren't feeling well, how are you feeling now? " It's a nice way to show them that you care about them even if they are your boss. When someone is not feeling well and we would like to check up on their progress we can use any of the sentences above. We can ask if they are feeling better than they were the day before, "Are you feeling better today? " "Is there an improvement in your health today? " In good health: free from any sickness Improve: to make better, to feel better in this case "I hope you're feeling better! " This statement is used when someone has been ill or sick, and you are expressing that you hope they are not sick anymore and are feeling better, this is a casual and polite way of phrasing this. "Are you feeling any better today? " This is used when asking someone has been feeling ill and you are asking if they feel any better, if they are still sick.

次の