プリウス 重量 税。 プリウスの税金と自動車税はいくらかかる?維持費のまとめ

トヨタ プリウスα 車検費用お見積もり

プリウス 重量 税

初代プリウスやインサイトは13年超でも重課なし! 今年も自動車税の通知が届く季節になった。 自動車税のグリーン化特例として、いわゆる「エコカー」においては登録翌年の自動車税が50~75%低減するのに対して、ガソリン車で13年超、ディーゼル車で11年超(いずれも新車新規登録持より)を超えた車両については、乗用車で15%増し、バス・トラックで10%増しと重課(増税)となっている。 つまり前回よりも払うべき自動車税額が上がるのだ。 政府答弁によれば自動車税の重課というのは『二酸化炭素抑制による地球温暖化対策だけではなく、地域における環境対策を重視する、こういう観点から、排出ガスにかかわる環境負荷に着目して、グリーン化特例として重課及び軽課の措置』だという。 つまり、燃費だけでなく、ゼロ・エミッションを意識した措置というわけだ。 そうした狙いで生まれた措置のため、11~13年超であっても増税対象にならない車両というのが存在する。 たとえばエンジンを持たない被けん引車両(トレーラーなど)は排ガスを出さないので増税されないし、公共交通機関として個人ユースの自動車を減らす可能性のある路線バスも増税の対象外。 一般ユーザーに関係する車種でいえば『電気自動車、天然ガス自動車、メタノール自動車、ガソリンハイブリッド自動車』は、その環境性を評価されて重課が適用されない。 つまり13年超のガソリンハイブリッドカー(トヨタ・プリウスやホンダ・インサイト)の自動車税は、もともとの税額で据え置きとなっているのだ。 なお、この特例措置に関しては年度ごとに見直されるものなので、未来永劫ハイブリッドカーの自動車税が重課対象外という保証はない。 また、現在エコカーとして減税対象となっている燃料電池車やクリーンディーゼル、プラグインハイブリッド車が新車登録から13年を迎える頃になれば適用外条件も見直される可能性が高いといえるだろう。 もっとも、自動車ユーザーからすれば、単純に年式で増税するというのは納得いかない部分もある。 せめて一定の燃費と排ガス性能を満たしていれば、年式にかかわらず重課対象外とすべきという風に思うのだが、いかがだろうか。 【詳しくはこちら】.

次の

プリウスに掛かる税金(自動車税や重量税、自動車取得税)はいくら?減税額や税制の変更についても

プリウス 重量 税

この記事ではプリウスPHVの税金・維持費の計算をしています。 プリウスPHVの自動車税額 自動車税の金額は排気量ごとに決まっていて、2020年度の自動車税額はこのようになっています。 排気量 自動車税額 660cc以下 10,800円 1000cc以下 25,000円 1000cc〜1500cc 30,500円 1500cc〜2000cc 36,000円 2000cc〜2500cc 43,500円 2500cc〜3000cc 50,000円 3000cc〜3500cc 57,000円 3500cc〜4000cc 65,500円 4000cc〜4500cc 75,500円 4500cc〜6000cc 87,000円 6000ccより大きい 110,000円 プリウスPHVの排気量は1800ccなので、その場合の自動車税の金額は 3. 6万円になります。 詳しくはの記事をご覧ください。 なお、プリウスPHVの自動車税はで133位、で12位となっています。 スポンサーリンク プリウスPHVの自動車税の減税 プリウスPHVはグリーン化特例対象車なので、2021年3月31日までの購入なら翌年の自動車税が安くなります。 プラグインハイブリッドは75%減税になるので、プリウスPHVの自動車税は3. 6万円から 9000円に減税されます。 ただし、減税されるのは購入の翌年の自動車税だけで、購入した年や3年目以降は減税なしの自動車税3. 6万円を毎年支払うことになります。 グリーン化特例とエコカー減税の期限 今のグリーン化特例は2021年3月31日までが期限となっています。 2009年に初めてグリーン化特例とエコカー減税が導入されてから毎年延長されていますが、今回が最後になるかもしれません。 また、これまでも延長の時に燃費基準や減税額が変わってきたので、次回も制度が変わってプリウスPHVの減税額が減ったり減税がなくなる場合もあります。 もし2021年3月31日以降に新車を購入する予定なら、その時点での減税の制度がどうなっているかは注意しておきましょう。 スポンサーリンク 自動車重量税の計算方法 自動車の税金は自動車税以外に自動車重量税もあります。 自動車重量税は車両重量ごとに決まっていて、0. 5トンごとに4,100円ずつ増えていきます。 ただし、2021年4月30日までにエコカー減税対象車を新車登録した場合は0. 5トンごとの税額が2,500円になります。 さらにエコカー減税対象車なら購入時に支払う3年分の自動車重量税が減税になります。 プリウスPHVはエコカー減税対象車で重量税が免税となります。 また、初回の車検も2021年4月30日までなら、その時に支払う2年分の自動車重量税も免税となります。 プリウスPHVの自動車重量税 プリウスPHVはエコカー減税対象車で車両重量が1510〜1530kgなので、車両重量税は1年あたり 1万円になります。 また、プリウスPHVのエコカー減税は免税なので、購入時に支払う3年目までの自動車重量税は 0円になります。 さらに、初回の車検も2021年4月30日までなら、その時に支払う2年分の自動車重量税も免税となります。 なお、プリウスPHVの重量税はで68位、で5位となっています。 スポンサーリンク プリウスPHVの保険 税金に続いて保険の費用も計算してみます。 保険には加入が必須となる自賠責保険と、種類を自分で選べる任意保険があります。 自賠責保険については新車購入時に3年分39,120円を、車検の度に2年分27,840円をまとめて払います。 1年あたりにすると1〜3年目は13,040円、4年目以降は 13,920円となります。 任意保険については年齢制限や保障内容などにもよるのですが、平均的には年間約6. 5万円ほどとなっています。 プリウスPHVの車検費用 税金・保険に続いて車検費用も計算してみます。 車検については検査手数料の印紙代が1800円かかります。 あとは車検基本料がかかるのですが、この費用はディーラーや車検業者など、どこに頼むかによって結構変わってきます。 平均的には4万円程度なので、今回は車検基本料は4万円として計算してみます。 合計すると車検費用は 検査手数料 1800円 + 車検基本料 4万円 = 4. 18万円 となります。 車検は2年に1回なので、年間のコストとしては半分の2. 09万円となります。 また、当たり前ですが新車購入時は車検は不要なので、車検費用がかかるのは4年目以降になります。 車検について詳しく知りたい方はもご覧ください。 スポンサーリンク プリウスPHVのガソリン代 ガソリン代は、年間1万キロ走った場合で計算します。 プリウスPHVのカタログ燃費はJC08モードで37. なお、プリウスPHVの燃費はで9位、で5位となっています。 ガソリン価格については、リッター135円で計算します。 この燃費でリッター135円で1万キロ走るとガソリン代は 5. 18万円になります。 カタログ燃費37. 18万円 駐車場の費用 駐車場を借りている場合などは駐車場の賃料もかかってきます。 月極駐車場の賃料の全国平均は8000円なので、年間だと 8000円 x (12ヶ月 + 更新料 1ヶ月)= 10. 4万円 となります。 スポンサーリンク プリウスPHVの年間維持費 これまで計算した自動車税、重量税、保険、車検、ガソリン代、駐車場の費用を足すとプリウスPHVのグレード毎の年間の維持費が計算できます。 なお、ここでは車の平均保有年数の8年間の平均額を計算しています。 燃費37. 26万円+重量税 3750円+自賠責保険 1. 36万円+任意保険 6. 5万円+車検費用 1. 31万円+ガソリン代 5. 18万円+駐車場代 10. 4万円 = 28. 4万円 プリウスPHVの維持費ランキング プリウスPHVの維持費はで52位、で8位となっています。 人気の記事•

次の

プリウスの車検が近いけど重量税はいくら?

プリウス 重量 税

スポンサーリンク プリウスを買いたいけど「自動車重量税」って何? プリウスの重量税・取得税・自動車税 プリウスを新車で購入した場合、エコカー減税の恩恵を受けられます。 毎年支払う自動車税では1年目こそ費用面では変わりませんが、翌年度の支払いはかなり減額され、30%程度です。 その翌年からは元に戻りますが、自動車税の面でもその恩恵を感じられます。 自動車重量税と自動車取得税は、プリウスの場合エコカー減税の対象となっている関係で本来であれば数万円かかる取得税は一切かからず、重量税は購入時と次の車検時では免税です。 その次からの車検ではかかりますが、それでも費用面ではいくらか安くなります。 プリウスにすることで本来支払うべき税金の一部がカットされ、維持費という点で購入してから数年間はお得な状態となります。 車の税金表と税金の種類を知っておこう 車にかかる税金として自動車税、自動車重量税、自動車取得税、車を購入した際の消費税などがあります。 一方でエコカー減税のように免税の対象になる車や減税対象の車などがあり、税金表を見て把握する必要が出てきます。 特にエコカー減税の対象ではない車の場合は多少重くなることがあります。 例えば自動車重量税は、新車登録から何年経過しているかが大きなカギを握っており、新車登録から13年が1つのポイントです。 これを過ぎると一気に高くなり、18年経過するとさらに高くなる形です。 エコカーであるかどうかや車の重さ、新車登録の時期などで税金は変わります。 そのあたりを踏まえて車の処分などを検討していくことも必要になっていきます。 自動車重量税とは? 自動車重量税は自動車の重さによって変化する税金であり、新車購入時と車検のタイミングで支払うものです。 軽自動車はどの種類でも同じ金額ですが、普通車は0. 5トン刻みで高くなっていきます。 新車の新規登録から13年未満は0. 5トンごとに年4100円ずつかかっていたものが、13年を過ぎると5700円に増えます。 エコカー減税の場合、燃費基準をどれくらいクリアしているかで変化し、免税のケースもあります。 新車で購入すれば最初の車検時も免税となり、5年間実質的に免税される形です。 これだけで10万円近い金額が免税されることから、車検の負担がかなり軽減されます。 エコカーを希望する人にはかなりの恩恵があるシステムです。 自動車を購入すると消費税や保険料、自動車重量税など色々な諸費用が必要です。 自動車を買う時には本体価格だけでなく、オプション費用や自動車税などの税金についても考慮しておくことが大切ですが、自動車重量税とはどのような税金であるのかご存知でしょうか。 この税金は自動車を購入して新規登録を行う時と車検を受ける時にまとめて支払う税金です。 購入した後は新車登録を行い、この時税金を支払いますが、新車購入から最初の車検までは3年間となり、この時に再び支払います。 さらに、最初の車検から次の車検は2年後であり、2年毎に税金を支払うことなるわけです。 尚、自動車重量税は、自家用車の時には車両の重量に応じて税額が異なるのが特徴ですが、軽自動車の場合は車両の重さに関係なく税額が一律になっているのが特徴です。 取得税とは? 自動車取得税とは50万円以上の新車や中古車を購入した場合に発生する税金です。 新車の場合は自動車取得価額、中古車は残価率で計算されます。 100万円の車を新車で購入した場合、普通車なら3%、軽自動車なら2%の税率をかけて算出します。 2万円あるいは3万円を支払う形です。 中古車は年式に応じて変化し、取得価額と残価率をかけて決定されます。 エコカーだった場合は、この場合も燃費基準で算出され、いわゆる免税になることもあります。 プリウスの場合は免税対象となっており、支払う必要はありません。 消費税増税の場合は取得税は廃止予定となり、別の税金に置き換わることになっていることから、あと数年でなくなるかもしれない税金でもあります。 自動車税 とは? 自動車税は毎年支払う税金であり、排気量などで変化します。 軽自動車がとても安くなっており、維持費の安さにつながり人気が根強い要因となっています。 排気量が多くなればなるほど高くなり、一般的な大きさであれば4万円程度毎年払い続けます。 5月31日までが支払い期限となっており、そこまでに払うことが求められています。 プリウスのようなエコカーでは、こちらも燃費基準に応じて減税となります。 50%減税あるいは75%減税となり、排気量が1800ccのプリウスであれば3万9500円の自動車税が1万円まで減額されます。 これは新車登録した翌年度のみの恩恵ではありますが、3万円ほど安くなります。 ただ逆に環境負荷が大きく、新車登録からある程度経過した車は逆に増税となるので注意です。 新車購入時や車検の際に課税される税金 自動車重量税は新車購入時、最初の車検時、2年毎の車検時にそれぞれ課税が行われる税金です。 自家用車の場合は軽自動車を除いて車両の重量毎に課税額が異なりますが、課税額は年数が経過する毎に金額が変わるのが特徴です。 新車時から12年目までは0. 5トン毎に年4,100円、13年目から17年目までが0. 5トン毎に年5,700円、18年以降は0. 5トン毎に年6,300円などの用に課税額が上昇します。 そのため、10年~12年などを目安に新車への買い替えを行う人が多いのは、走行距離などもあるかと思われますが、節税効果を期待する目的もあるわけです。 ちなみに、新車登録時には初回の車検までの分をまとめて支払うことになるので、3年分を一括で納める形になるなど諸費用の計算を行っておきましょう。 普通車の自動車税率重量税税率一覧表 車両の重量で税額が変わってくる自動車重量税ですが、ネットを利用すると、普通車の自動車税率重量税税率一覧表を使い、これから購入しようとしている車の税金を事前に調べることが出来ます。 国土交通省が運営を行っているウェブサイトの一つに、次回自動車重量税照会サービスがありますが、このサービスを使えば次回の車検を受ける時の税額を調べることが可能です。 ちなみに、このサービスは利用可能時間が決まっており、午前9時より午後9時までの間に使えます。 但し、このサービスは新規登録時ではなく、初回車検を実施した以降に利用出来るサービスです。 新規登録時に支払う3年分の自動車重量税はこちら「」 軽自動車の自動車重量税一覧表 自家用車の中でも総排気量が660cc以下であり、長さ3. 4m以下、幅1. 48m以下、高さ2. 0m以下の三輪および四輪自動車などの条件を満たしているものとなります。 この規格は2018年現在のもので、将来的に変更が行われる可能性もあるかと思われますが、軽自動車における自動車重量税の税額は一律です。 但し、普通車と同じく年数に応じて金額が変わるため、があると便利です。 普通車同様にネットを使って一覧表を入手しておけば、次回車検時に納める金額を事前に把握することが出来ます。 ちなみに、自家用乗用軽自動車の税額は、新規登録時には年3,300円、12年目までも年3,300円です。 13年から17年の間は年4,100円、18年以降は年4,400円になるなど、車両の重さに関係なく一律の金額です。 プリウスの排気量は約1,800ccとなっており、1,500cc〜2,000ccの区分に該当します。 自動車税は毎年3万9,500円ですが、プリウスはエコカーであり、平成32年度の燃費基準を大幅にクリアした車です。 このため、自動車税の一部が減税されます。 自動車重量税に関しては、1,300キロ台の重さとなっており、1トンから1. 5トンの範囲に該当します。 毎年7500円かかる形に本来はなりますが、こちらもエコカーということで数年分免税となります。 合計すると自動車税と重量税だけで数万円以上他の車よりも安くなる計算です。 プリウスの自動車税ですが、元々支払うべき年間3万9500円の自動車税は長く乗り続けていくのであればずっと払い続けるものです。 エコカー減税で自動車税が減らされるのは新車として登録した翌年度の自動車税についてです。 プリウスの場合は75%の減税ということになっており、新車登録の翌年度に支払うべき自動車税は1万円となっています。 3万円近い減税はその1年限りとなっており、今後は3万9,500円を払い続けます。 その一方、エコカーではない車で環境に負荷を抱えている車は登録13年以降となると逆に増税されることになっています。 プリウスである限り、そうした憂き目には遭わないことからも長い目で見てプラスの自動車です。 プリウスのエコカー減税 エコカー減税といっても一律で同じというわけではありません。 平成32年度の燃費基準を単にクリアしただけでは税金が減ることにはならず、燃費基準を大きく上回らないことにはそれだけ多くの減税は勝ち取れません。 このため、最大限の減税です。 電気自動車などいわゆる次世代自動車と呼ばれるものは一律最大限の減税、免税ですが、エコカー減税の中でも規模の縮小なのでこれまで通りの減税にはならないケースもあります。 プリウスはそうした流れに関係なく、75%減税などが適用され、トータルで相当の税金を減らせます。 プリウスの自動車税と重量税の合計 自動車税は新車登録翌年のものが75%減税です。 重量税は新車登録時にかかる3年分の重量税と初回の車検時に支払う重量税の2つ、計5年分が免税となるため、自動車税と重量税が最も安くなるタイミングは2年目です。 毎年7,500円ずつ重量税で支払うことにすると、通常は4万6,800円がトータルの税金となりますが、2年目では自動車税と重量税がそれぞれ減らされるため、1万円で済む計算です。 5年目までは重量税が免税になる関係で自動車税のみがかかります。 そのため3万9,500円を支払っていけば大丈夫です。 2回目の車検のタイミングで自動車重量税を支払っていくことになるため、そのタイミングで新型のエコカーの購入を検討していくのも1つの考え方です。 プリウスだから事故を起こすので高くなるということではなく、盗難の件数が多いのがプリウスだからです。 プリウスの人気はいまだに高く、海外でも多くの人が欲しがる車です。 海外に転売しようとするために盗難をしようとする人が増え、その支払いの関係で高くなるということです。 その一方、事故に遭った際に保険を使ってプリウスを修理すると高くつくことが多いです。 これは最新鋭のシステムを使っており、やや複雑な仕組みになっていることが考えられます。 車両保険に入る際は他の車と違ってどれだけ違うのか、安くできる方法はないかなどを調べてできるだけ負担のない形にしていくのが一番です。 結局プリウスの車検代金はいくらかかる? 新型プリウスの車検代 新型プリウスと言えばハイブリッドカー、燃費が低くて経済的と感じている人も多いことでしょう。 ちなみに、新型プリウスの燃費はJC08モードで2WDではリッター当たり37. 2~40. 8km、4WDではリッター当たり34. 0kmなど、いずれもハイブリッド車の中でもトップ暮らしの燃費性能を持ちます。 さらに、プリウスなどのトヨタ車は幾つかのメーカー保証が無料で最長5年間付いて来るなどの魅力もありますし、ボディ表面に発生してしまう錆、錆により空いた穴なども5年保証があるので安心です。 尚、新型プリウスの車検費用は重量が1. 5トン以下になるので中型車に分類が行われる、この場合の法定費用は重量税と印紙代、自賠責保険などの合計で約45,000円です。 但し、新型プリウスはエコカー減税の対象となる車で、重量税の15,000円が免税となり、2回目の車検までの法定費用は約3万円で済みます。 プリウスの予想車検代、車検費用の相場など プリウスは1800ccのハイブリッド車であるため日本の自動車税の税制によれば2000cc以下の部類に入り車検費用も同じ排気量の車種に近い金額となることが少なくありません。 ハイブリッド車の場合には様々な部品や機能が装着されていることから通常のガソリン車に比べて車検費用が高額になってしまうと考えてしまうことも多いのですが、一般的に車検をディーラーなどに依頼する場合には整備費用と車検利用が含まれていることが多く、純粋に車検費用だけを考えた場合には通常のガソリン車と同じ金額になることが多いのです。 そのため特に問題がなければその費用は概ね同程度と予想されることから約7万円程度の費用で収まることが多くなっています。 新車から3年後 (走行距離3万キロ)に予想される費用 新車から3年後に予想される車検の費用は基本的には大きなトラブルもなく部品もそれほど交換せずに済むことが多いため基本的には最も安い金額で収まることが少なくありません。 通常プリウスの場合には平均的には7万円程度でおさまると考えられており、概ねこの程度の金額を予想しておけば良いと考えられています。 ハイブリッド車の場合にはガソリン車に比べそれぞれの部品の長期的な保証がかかっていることも多いため、これもさらに新車から3年後の車検費用が軽減される大きな要因となることから、比較的低い金額で車検を受けることができるようになっている実態があります。 ただし場合によってはこれに様々な部品の修理代等が含まれる場合もあるので余裕を持って考えておくことが必要です。 新車から5年後 (走行距離5万キロ)に予想される費用 プリウスはハイブリッドシステムを導入していることから様々な部分で故障が発生した場合その修理費用が高くなってしまうことが少なくありません。 特に一般的には保証期間も3年程度であることが多いため、購入後5年を経過した場合にはこれらの修理代については自ら負担しなければならないことが多く、車検の際にはこれらの金額が上乗せされます。 基本的な車検の金額は7万円程度と変わりませんが、5年を経過すると様々な部品の交換時期も迎えていることからさらにこれらの費用もかかることが予測され、10万円以上となる事は少なくないのです。 そのためこの時期になると車検については相応の費用を考慮しておくことが必要となります。 新車から7年以上 (走行距離7万キロ超)に予想される費用 新車から7年以上経過した場合にはさらに交換部品が増えることが予測されるため、車検時の費用はさらに大きくなることが予測されます。 特にインバーターやハイブリッドシステムの交換が発生した場合には非常に大きな金額となることもあるため、その費用が数十万円となってしまうことが少なくありません。 また自動車の価値自体も年数の変化とともに低くなってしまうため、日常的の維持費やその他の条件を考慮すると買い換えることも十分に視野に入れて車検の費用を確認することが必要となります。 基本的に7年経過した場合には下取りや買取などで売却した場合でも高額になることが少ないため、車検時の費用が高額になってしまう場合には売却をすることを考慮するのも良い方法となっています。 どの段階で手放すのがお得か プリウスが非常に人気が高い車種であるため、下取りや買取においても高値が期待できる車種となっています。 しかし他の車種と同じようにおおむね5年を経過するとその価値が極端に低くなってしまう傾向があり、この時期で車検の費用と照らし合わせ手放すことを考えても良い時期に差し掛かっているといえます。 ただし最近のハイブリッドシステムは非常に耐久性が高く、また修理費用も安くなっている傾向があることから5年程度の場合には特に目立ったトラブルがない場合そのまま乗り続けたほうがお得であると言うことが少なくありません。 現場では新車購入から5年ないし7年程度が手放す際の限界となっており、それ以上の場合にはほとんど値がつかないことからこの時期で考慮することが必要となっています。 プリウスを上手くお得に売る方法 プリウスを一番高く売る方法 プリウスの売却を考えているなら、一番高く売れるタイミングを逃さないようにしましょう。 売却予定のオーナーさんは車検が近づくと「今売った方が良いのか」と悩むはずです。 確かに車検のタイミングで諸々の税金も払わなければならないので注意が必要です。 特に気をつけたいのが重量税です。 車の買取サービスを利用すると自動車税は還付して貰えますが、重量税は対象外です。 従って、車検を通す前に売却するのがプリウスを一番高く売る方法です。 プリウスの重量税はエコカー減税対象なので初年度から5年目までは無料ですが、6年目からは7,500円かかります。 重量税のことを考慮すると購入してから5年以内の車検前に売却するのが最も高額で手放す近道です。 車買取専門店を利用すれば問題はすべて解決 税金の話は本当にややこしいものです。 プリウスを手放したいと考えているものの、お得に売却するためにあれこれ奔走するのが面倒でなんとなく時間が過ぎてしまっている方も多いでしょう。 確かに車を売却する時は法律や税の問題も絡んでくるので、素人が頭が混乱してしまうのも無理はありません。 そんな時に頼りになるのが車買取専門店です。 特に車検前後の3月に車を売る予定の方は、信頼できる車買取専門店に依頼しましょう。 税のことなど必要な知識はまとめて説明してくれます。 納税義務があるのは4月1日時点で車を所有している人間です。 つまり、4月に車を売ってしまうと損をしてしまいます。 ただ、事情があってどうしても4月に車を売却する時も、きちんとした買取業者なら自動車税分も還付してくれるので安心です。 一括査定なら査定も高くて時間も節約 車買取業者の一括査定サービスほど売り手にメリットが多いサービスはありません。 必要な情報をたった1度だけ入力すれば、複数業者の見積もり価格がまとめて手に入ります。 具体的な金額は出張見積を依頼しないと分かりませんが、おおよその金額を各社が提示するのでどの会社が自分の車をどのように評価しているのか一発で見比べることができます。 同じ車でも会社によって評価が違うことに驚くでしょう。 せっかく車を売るなら少しでも高く評価してくれるところに売却した方が満足度が高い取引です。 本来なら買取を行っている会社1社1社見積もりを出す作業が必要ですが、一括査定サービスのおかげで1度に済むので時間も大幅に節約することができます。 下取り車を限界まで高く売る 下取り車を限界まで高く売却する方法を考えてみましょう。 高く売れればその分安く車を買うことができます。 新車を購入する時はディーラーに下取りに出す方法もメジャーですが、実はあまりおすすめできない方法です。 ディーラーは交渉のプロなので、値引き交渉で負けることはないと理解しておいて下さい。 長い付き合いがある相手ほど売り手は遠慮する気持ちもあり、値引きを強引に迫れない雰囲気もあります。 値引き交渉が長引くと下取り車の方が調整すると申し出てくるのがセオリーですが、結局査定額などが曖昧になるので相場と変わらない金額で取引されても素人には分かりません。 下取り車を限界まで高く売りたいと考えているならディーラーは避けた方が良いでしょう。 下取りではなくて買取が有利 下取りより買取業者の方が売り手に有利だと言われるのは、売却金額がはっきりしているからです。 また、一括査定などで複数の会社の見積もり金額を比較することで、どれぐらいお得に自分の車が売れるのか見比べることも可能です。 もしディーラーに下取りに出す場合も1度一括査定で買取業者が提示する金額を把握しておくと、良い判断材料になるでしょう。 買取専門の会社はサービスに満足して貰うために、時に赤字覚悟で高額買取の実績を作ります。 びっくりするほどの高値で取引できる可能性もあるので、利用しない手はありません。 面倒な書類関係の手続きを代行して貰えるサービス、税金など必要な知識面もサポートしてくれるサービスも魅力の1つです。

次の