役所 広司 映画。 司馬遼太郎の名著「峠」映画化! 役所広司、松たか子、仲代達矢ら豪華キャスト結集 : 映画ニュース

映画【孤狼の血】のキャストとあらすじ!役所広司が熱い!

役所 広司 映画

映画『孤狼の血』の続編が製作されることが決定した。 5月12日から公開されている白石和彌監督の『孤狼の血』は、柚月裕子の同名警察小説をもとにした作品。 暴力団対策法成立直前の広島を舞台に、金融会社社員の失踪事件が発端となった暴力団同士の抗争や、役所広司演じるベテラン刑事・大上章吾と、松坂桃李演じるキャリア組の新人刑事・日岡秀一がそれぞれの正義を追求していく姿が描かれる。 映画『孤狼の血』の続編は、柚月裕子の同名警察小説の続編である『凶犬の眼』をもとにする予定。 スタッフとキャストは『孤狼の血』から続投する方向で調整しているという。 詳細は続報を待ちたい。 続編の製作について、役所は「続編は、第一作を遥かに超えるいい作品を期待しています」とコメント。 続編は望外の喜びです」と語っている。 役所広司のコメント 続編は、第一作を遥かに超えるいい作品を期待しています。 続編は望外の喜びです。 持てる力すべてを注ぎ込んでくださった 東映とスタッフ、劇場に足を運んでいただいた観客の皆様には、感謝の言葉しかありません。 あの狂熱と恍惚を、再び期待しております。 多田憲之(東映株式会社代表取締役社長)のコメント 「孤狼の血」は東映らしい作品となりました。 このジャンルの映画を続けていかなくてはならないと思い、続編の決定を致します。

次の

司馬遼太郎の名著「峠」映画化! 役所広司、松たか子、仲代達矢ら豪華キャスト結集 : 映画ニュース

役所 広司 映画

解説 日本を代表する名優・役所広司と、「M:I-2」「レッドクリフ」シリーズで知られるプロデューサーのテレンス・チャンがタッグを組んだ日中合作のスペタクル映画。 ヒマラヤ周辺国家が地域の平和のために地域会議を開催することとなったが、会議開催前に機密文書を積んだ飛行機がエベレスト南部に墜落してしまう。 その文書はヒマラヤ地区の平和的局面を脅かす可能性のあるものだった。 インド軍側は特別捜査官を自称する2人の男を緊急に派遣し、ヒマラヤ救助隊「Wings」に機密文書を取り戻す手伝いを依頼する。 隊長のジアンは隊が深刻的な財政難であるという現実を前にガイドの依頼を引き受けることにする。 標高8848m、氷点下50度という苛烈な雪山の頂・デスゾーンに挑むミッションの背後で、世界規模の陰謀が動き始めていた。 役所が隊長のジアン役を演じるほか、「唐山大地震」のチャン・チンチュー、ドラマ「金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件」のリン・ボーホンらが顔をそろえる。 2019年製作/110分/PG12/日本・中国合作 原題:氷峰暴 Wings Over Everest 配給:アスミック・エース スタッフ・キャスト 監督のユー・フェイは、中国でゲームプロデューサーとして活躍し、冒険好きで北極南極、エベレストも制覇しているという変わったキャリアの持ち主。 2016年に映画会社を設立し、初メガホンが本作だ。 大物プロデューサーのテレンス・チャンが加わったことも大きいだろうが、映画の才能は未知数の新人のよる初監督作、しかもアクション満載の準主役を受けた役所広司のチャレンジ精神に敬意を表したい。 潤沢な中華マネーを後ろ盾に、ワイヤーアクションやCG視覚効果を含むド派手な活劇は、ファンタジックな要素もからめ外連味あるがリアルさを軽視し、BGMが過多でメロドラマのようでもある。 過剰な演出が散見されるのは、中国市場を第一に意識したせいで仕方ないか。 実質的な主演のチャン・チンチューは魅力的で、日本でもファンが増えそうだ。 C Mirage Ltd. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

役所広司

役所 広司 映画

うなぎ 監督 脚本 今村昌平 原作 製作総指揮 出演者 音楽 撮影 小松原茂 編集 製作会社 グルーヴコーポレーション 配給 公開 1997年5月12日 () 1997年5月24日 上映時間 117分(劇場公開版) 134分(完全版) 製作国 言語 『 うなぎ』は、公開の。 制作・配給会社はで、の『』を原作としてが監督と脚本を担当した。 なお、今村の実子であるも脚本に参加した。 主演は・。 また、において『』と共に作品賞に相当するを受賞した作品であり 、のプロジェクト「シネマ・ジャパネスク」における唯一の成功作品である。 した妻を殺害して以来人間不信に陥り、であるにだけ心を開きながら静かにを営む中年男性と、自らの境遇を嘆きを図った女性との心の交流を描いた物語である。 今村は『』に続き2度目の受賞を果たし 、主演の役所も前年の『』『』に続き、国内のを多数受賞した。 キャスト [ ]• 山下拓郎 -• 服部桂子 -• 高田重吉(隣家の船大工) -• 高崎保(刑務所仲間) -• 野沢祐司(スポーツカーの男) -• 斎藤昌樹(UFO青年) -• 山下恵美子(山下の妻) -• 刑務官 -• 山下の妻の不倫相手 -• 刑事 -• 刑事 -• 医師 -• 監察官 -• 初老の医師 -• 中島次郎(住職) -• 中島美佐子(住職の妻) -• 堂島英次(桂子の愛人) -• 服部フミエ(桂子の母) -• 、、、、 ほか ストーリー [ ] サラリーマン勤めの男のもとに手紙が届く。 それは愛する妻が不倫しているという内容であった。 当初は半信半疑であったが、実際に現場を目撃したことで男は怒りを抑えきれず妻を殺してしまう。 8年後、出所すると同時に、昔自分が飼っていたうなぎを職員から手渡される。 男はうなぎと共に、ひっそりと理髪店を始める。 次第に町の人との交流も増えていった。 ある日、うなぎの餌を探しに川へ行くと、川原の茂みで倒れている女を発見。 女は殺した妻に瓜二つで、戸惑いながらも警察に通報する。 女は一命を取り留めた。 後日、女が謝礼に訪れ、男の経営する理髪店で働きたいと言い出す。 男はしぶしぶ女を受け入れ、町の住民はそれを歓迎した。 しかし、女は何か秘密を隠しているらしく…。 スタッフ [ ]• 監督 -• 脚本 - 今村昌平、、• 音楽 - 演奏 -• 撮影 - 小松原茂• 照明 - 岩木保夫• 美術 -• 装飾 - 相田敏春• 録音 -• 編集 -• リーレコ - 神保小四郎• スクリプター -• 助監督 - 井上文雄、桑原昌英、小林宏治、久保田傑• 音響効果 - 斎藤昌利• 技斗 -• 特殊メイク -• フラメンコ振付 - 岩崎恭子• フラメンコギター演奏 - 高橋紀博• スタジオ -• MA - にっかつスタジオセンター• 音楽録音 -• 現像 -• デジタル合成 -• ラインプロデューサー - 松田康史• プロデューサー - 飯野久• 製作者 -• 製作協力 - 今村プロダクション• 製作 - 、、グルーヴコーポレーション DVD『うなぎ 完全版』 [ ] この節のが望まれています。 受賞/ノミネート [ ]• 1998年 優秀助演女優賞(『』)• 第71回ベスト・テン 日本映画ベスト・ワン• 第26回読者選出ベスト・テン 日本映画第2位 エピソード [ ]• タイトルの「うなぎ」の「う」は、尾びれがついており、ウナギに見えるようになっている。 カンヌ映画祭には監督・俳優らが参加したものの、上映時点では受賞を予想した者は誰もおらず、早々に帰国してしまった。 そのため、受賞の可能性が高いことが判明した時点で映画祭関係者から今村監督のカンヌへの呼び戻しの努力がなされたという。 結局監督のカンヌ入りは果たせず、休暇中の主演俳優・役所が代理で受賞することになった。 は巨匠・今村昌平に対する尊敬から、タイトル変更も記者会見場での監督の申し出どおりにさせた。 『闇にひらめく』製作発表という看板を掲げる会見に於いて、題名を『うなぎ』に変更との発表をするという、前代未聞の製作発表会見となった。 吉村昭『仮釈放』から [ ] 原作は、吉村昭の『闇にひらめく』だが、同作家『仮釈放』も多分に参考にしている。 主人公の長い刑期で染みついた、刑務所特有の歩き方• 主人公の釣り好き• 手紙による妻の不倫の発覚• 殺害動機、殺害方法• 出所後、主人公が生き物を飼う(『うなぎ』では、鰻。 『仮釈放』では、メダカ。 同じ刑務所の受刑者だった者からの主人公への接触 脚注 [ ]• 2013年5月19日. 2013年5月26日閲覧。 2013年5月24日. 2013年5月26日閲覧。 2006年5月31日. 2013年5月26日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語)• - (英語).

次の