三谷幸喜 オンライン演劇。 PARCO劇場「大地」オンライン観劇してみた。|坂上なつめ|note

「パルコ劇場」がオンラインプロジェクト 三谷幸喜さん新作舞台配信も

三谷幸喜 オンライン演劇

三谷幸喜: 脚本を考えて書いたのは去年なんですけども、何という先見の明なのかと、我ながら驚いております 今回の舞台は、 「Social Distancing Version」と銘打ち、舞台上が密にならないようセットを区切るなど、演出に工夫が施され、客席も636席から半分の318席に減らしている。 独裁政権の収容施設で、「演じる」行為を禁じられた俳優たちを描く作品。 コロナ禍の現状を彷彿させる内容で、俳優への愛をこめて描く、三谷流「俳優論」がテーマとなっている。 出演は、 大泉洋 47 さんをはじめ、 山本耕史 43 さん、 竜星涼 27 さん、 栗原英雄さん 54 、 藤井隆 48 さん、 濱田龍臣 19 さん、 小澤雄太 34 さん、 まりゑ 34 さん、 相島一之 58 さん、 浅野和之 66 さん、 辻萬長 76 さんと、三谷作品には欠かせないメンバーから注目を集める実力派まで、一筋縄ではいかない個性豊かなキャストが集結。 大声 永尾亜子アナウンサー: はい!! (笑) 大泉洋: そんなに出さなくても、聞こえますよ 笑 三谷幸喜: 俳優さんって! 大声 大泉洋: 聞こえます、聞こえます、大丈夫です 三谷幸喜: 基本的には、仕事を待ってる人たちじゃないですか。 僕ら作り手側の方が積極的に今後どんどんやっていかなければ、本当に俳優さんたちは、ただただずっと待ち続けるだけなんだと思うと、すごく責任を感じました 永尾亜子アナウンサー: あ~… 大声のパフォーマンスからの、意外にも感情のこもった回答に、永尾アナも思わず絶句。 三谷さんはそんな永尾アナを見て… 三谷幸喜: 責任を、感じました 大声 大泉洋: 聞こえてますよ!? 一同: あはははは 山本耕史のおうち時間の成果が台本を変えた!? 永尾亜子アナウンサー: ちなみに、大泉さんはおうちでどう過ごされていましたか? 大泉洋: 私は、役者としてのスキルは何も上がってなくて。 ずっと娘の面倒に追われていました。 とても幸せな時間だったな、それはそれで。 ずっと一緒にいれたんでね そんな中、山本耕史さんは、おうちである「新しいこと」を始めそうで… 永尾亜子アナウンサー: 新しいことと言いますと? 山本耕史: ほぼ筋トレですね 笑 一同: あはははは 大泉洋: それは新しいことなんですか?随分と体は良いですけど 三谷幸喜: ずーっとやってた 山本耕史: 普段やってる人が、もう一回り、二回り大きくするって、至難の業なんですよ! 大泉洋: なるほどなるほど、これは失礼 山本耕史: だから、それが今回ちょっと生かせた 三谷幸喜: そのために、台本にはなかったんですけども、あえて裸のシーンを作りましたもんね 永尾亜子アナウンサー: 追加したんですね 三谷幸喜: 僕は何も言ってないんだけど、突然裸で現れた(笑) 見よ、これがその肉体美! 山本耕史: スターの役なので、ここで何もやってないのに裸で出てきたら面白いなと思って 大泉洋: 不安がってましたよ、先ほどの場面はずっと裸でいたんでね 大泉洋: どういうふうにテレビに出てしまうかわからないから。 個別取材があって大変良かったと、ホッとしています 笑 めざましテレビのスタジオでは… 軽部真一アナウンサー: 山本耕史さんの筋肉美、すごい 永島優美アナウンサー: 胸板の厚さが違いますもんね!この腕の感じとかも… 軽部真一アナウンサー: これぞマッチョ 会場は新装となったPARCO劇場で行われ、主要劇場では初となる観客を入れての上演となった。 通常は複数回行われるカーテンコールも、1回のみということで、終演時には三谷さんの声で、 「拍手をしても無駄です。 速やかにお帰りください」というアナウンスが流れるという。 舞台は12日から、イープラス「Streaming+」でオンライン配信も予定されている。 動画で見る.

次の

三谷幸喜 新作書き下ろし舞台、ライブ配信決定!

三谷幸喜 オンライン演劇

『12人の優しい日本人を読む会』の生配信が5月6日にYouTube Liveで実施される。 『12人の優しい日本人を読む会』は、三谷幸喜が劇団「東京サンシャインボーイズ」で活動していた時期に書き下ろした戯曲『12人の優しい日本人』を三谷の許可を得た上で、リモートで読み合わせ、YouTube Liveで生配信するというもの。 ある裁判の陪審員として、仕事も性格も裁判へのやる気も異なる12人の一般市民が集められ、最初の評決で全員が無罪に挙手するが、陪審員2号が「話し合いたいんです」と意見を有罪へと翻すことをきっかけに、各自の考えが二転三転するというあらすじだ。 理由があやふやな人、参加意欲の乏しい人、付和雷同な人、意固地すぎる人など「日本人らしい」議論が展開される。 今回は1992年に上演した『12人の優しい日本人』のキャストを中心に実施。 甲本雅裕、相島一之、小林隆、阿南健治、近藤芳正、梶原善、西村まさ彦、宮地雅子、野仲イサオ、小原雅人といったキャストのほか、吉田羊、妻鹿ありか(Prayers Studio)、渡部朋彦(Prayers Studio代表)が初参加する。 演出は三谷幸喜フリークだという演出家・冨坂友(アガリスクエンターテイメント)が担当。 コンセプトに「どんなに、ぐだぐだになっても最後まで続ける。 」を掲げている。 5月6日14:00から前半、18:00から後半を配信。 本来は一幕の長編作品だが、配信の状況を鑑みて二分割で配信を行なう。 近藤芳正のコメント 今回の企画は、zoomで「12人の優しい日本人」を読んだら面白いかも?と思ったのがきっかけで、三谷さんの快諾を得てスタートしました。 今回の企画主旨は「どんなに、ぐだぐだになっても最後まで続ける。 」コレです。 僕を含め、ネット関連にまったく慣れていないおじさんばかりです。 途中で間違えて音声や画面を切ったりする可能性が大いにあります。 久しぶりに読むので、以前の滑舌がないかもしれません。 老眼がありますので、違う台詞を読んじゃうかもしれません。 それでもネット慣れしていない我々が新たなツールを使って、大昔の劇団の台本に挑んでみます。 大失敗するかもしれません。 失笑だけなのかもしれません。 でもやってみないことにはわかりません! 生(ナマ)の面白さを観てください!.

次の

12人の優しい日本人を読む会

三谷幸喜 オンライン演劇

三谷幸喜が描き下ろす新作舞台「大地」「ショーガール」「其礼成心中」の公演日程が決定。 また「大地」は、「PARCO STAGE ONLINE」の一環としてライブ配信されることも決定した。 1994年からPARCO劇場をホームグラウンドとして、新作を発表し続けている三谷さんが描き下ろす新作舞台「大地」は、7月1日(水)よりPARCO劇場にて上演。 これに続き、7月27日(月)から「ショーガール」、8月13日(木)から「其礼成心中」と、3作品連続上演となる。 「ショーガール」 3作品は、新型コロナウィルス感染予防策のために客席の配席と公演スケジュールの見直しが行われ、今回新たな公演日程が決まった。 さらに、大泉洋、山本耕史、竜星涼、栗原英雄、藤井隆、濱田龍臣らが出演する「大地」は、ライブ配信も行う。 オンラインで演劇の魅力を考えるプロジェクト「PARCO STAGE ONLINE」で三谷作品が今回初登場。 三谷幸喜 コメント 舞台上での俳優の濃厚接触を限りなく避け、俳優同士は常に距離を取って演技。 それによる不都合を不都合に終わらせずに、より豊かな演劇表現に昇華させる。 それがSocial Distancing Versionです。 要は、面白さのポイントがひとつ増えたとお考え下さい。 net》.

次の