プルデンシャル生命 株価。 米プルデンシャルが韓国撤退、KB金融Gに18.9億ドルで部門売却

プルデンシャル生命

プルデンシャル生命 株価

割安が目立つプルデンシャル・ファイナンシャル 今回は 連続増配年数が10年を越えた米保険会社 プルデンシャル・ファイナンシャル について調べてみました。 日本でも外資系保険会社として特に比較的裕福層から人気の高い保険会社です。 同社の営業マンの多くはヘッドハンティングで引き抜かれた優秀な人材が多いと聞きます。 色々と賛否がある保険会社との見方も一部ではありますが企業レベルで見ると 米国の保険会社2位の実績をもつ保険会社の中でも規模も大きな優良企業の一社。 大きな影響を受けたリーマンショック以降の業績は比較的好調に推移しており過去10年間で見ると基本的には右肩上がりとなっています。 しかし世界経済の景気後退を警戒してか現在の株価は年初の急落時と同じ75~80ドル付近まで落ち込んでいます。 その結果、2015~2016年付近の水準まで株価の調整が進んでしまいました。 そのおかげで 現在の利回りは5%程度まで上昇しました。 2017年頃には120ドルまで伸びていた株価はおよそ4割程度下落、それでも引き続き連続増配を更新したので利回りも急上昇しました。 現在のところ、世界経済の景気後退に向けて調整されていると見るのが自然でしょうか。 (ちなみにリーマンショックの時には株価は20ドルまで下がりました。 ) 今現在、高利回りとなっている同社は長期投資に向いているのか調べてみる事にしました。 事業内容 同社の事業内容は大きく分けて下記の4つの事業が主力になるようです。 ・PGIM 資産運用) ・Retirement(退職所得関連) ・Individual Annuities(個人年金関連) ・Life Planner Operations(ライフプランナー事業) 基本的な事業としては生命保険や年金、退職関連のサービスを提供。 一方で資産管理(PGIM)部門で投資機会を提供する金融サービスをメインに事業を行っています。 企業としても 140年以上の長い歴史をもった世界最大級の老舗金融サービス機関です。 同社のHPによると世界40か国、5,000万人以上の顧客を抱えている世界的な企業として君臨していると言っていいでしょう。 ちなみに同社の地域別の売上についてはこのような内訳となっています。 ・米国:43% ・国外:44% ・PGIM 同社の資産運営部門の売上比率):13% 米国と国外の比率がおよそ同じ程度ですね。 日本でもご存知の通り「プルデンシャル生命保険」として事業展開を行っており、契約数・総資産ともに毎年順調に増加しています。 企業全体で見ても後ほど記載しますが外部要因によって赤字となる時期を除いては基本的には売上、利益ともに成長を続けています。 業績について 同社の場合は金融サービスを提供している企業であるため景気等の外部要因によって業績が大きく変わります。 こちらが過去10年間の業績ですが2008年はリーマンショックで赤字転落となっていますがここについては金融サービスを提供している企業である以上、赤字も仕方ない時期です。 しかし、その翌年には早くも黒字に戻しているので 基盤となるビジネスモデルは安定していると見れそうです。 また2013年に赤字となっているのは急速な円安の影響等で赤字となりました。 この期間についてもイレギュラーと見ていいと思いますが外部要因にはやはり大きく影響される事がわかると思います。 そんな時期を除くと最近でも 基本的に純利益はだいたい7~8%前後あたりが平均になると思います。 このように外部要因に大きく左右されるので一時的に業績が大きく下振れする時期があります。 その中で2018年では減益となりました。 減益となった要因は何だったのでしょうか。 それによって利益が圧迫され利益率が下がった形となります。 しかし費用面の一般管理費にあたる「General and administrative expenses」を見てみると年々増加はしているものの、総費用対比で見て 2007年が30%程度でしたが2018年時点では20%に下がっている のでいわゆる固定費にあたる同項目の割合の減少が進んでいる点は中・長期的に見ると良い流れだと思います。 営業キャッシュフローも右肩上がりとはいきませんが、10,000のラインを切ることもほとんどなく高水準です。 同時に投資キャッシュフローも平均15,000程度と営業キャッシュフローとおよそ同規模程度で推移しています。 金融サービスという事業形態のためキャッシュの動きが一般的な企業と異なるので難しい所もありますが現金、現金同等の資産は減っていないので問題なさそうです。 配当について さて次に一番気になる配当金についてです。 まずはこちらをご覧ください。 過去12年間のEPSと配当金の関係です。 配当金の基となる「EPS」 (リーマンショック時を除く)過去12年間のEPSを見ても配当金に対してはまだまだ余裕があります。 マイナスにはなりませんが毎年右肩上がりとはいかず、EPSはあまり安定はしていません。 しかし2012~2013年の時期を挟んでEPSの水準が高くなっている点は良いですね。 この傾向が続くのであれば非常に安心して見ていられます。 (純粋に景気が良いだけ、という可能性もなくはないかもしれませんが…) 「配当金・配当性向」について リーマンショックの影響で赤字となった2008年には減配となりました。 しかしそれ以降は2013年の赤字の時も増配を行っているため、連続増配年数は10年を越えました。 同社の経営陣のコメントでは 「減配は金融危機以外では行いたくない」旨のコメントをしており今後もよほどの事がない限り配当は続くと思われます。 ただし、気をつけないといけないのは何がなんでも減配しない、という姿勢でもないため、万が一減配を発表した場合はその要因をしっかり確認する事が必要になりますね。 配当性向についても2018年で38%ほどで、まだ余裕があります。 ちなみに同社の場合は自社株買いも利益が残る時は原則として行っている傾向があります。 その 自社株買いの金額も配当金総額と同額程度で行われる事が多いので株主還元の面では非常に株主思いの企業だと思っています。 自社株買い分の金額も株主還元として考え、 配当金と合わせてみると株価に対し10%の還元率となります。 まとめ キャッシュフローが潤沢な企業を調べていた所「プルデンシャル・ファイナンシャル」が一際目立っていました。 ・10年連続増配企業 ・配当利回り5%超え ・PER10倍以下 という点が気になりました。 同社は配当利回りが5%を超えているにも関わらず、 あまり高配当米国株投資家の保有株で見ないので、なぜだろうと思い調べてみました。 今回、素人ながらに調べてみた結果、 ものすごく良い条件で放置されている高配当米国株じゃない? という結論に行き着きました。 (もう一度言いますがあくまで素人目線です) もちろん金融サービス業という事で景気の影響をモロに受けてしまいますが 140年以上続く企業としての実績があって増配傾向で、しかも利回り5%の株価水準。 それに「生命保険」や「退職所得関連」のサービスは今後なくなる事は想像できない。 強いていうのであれば高齢化が急速に進む先進国で支払いが増え過ぎた時にどうなるのか不安もありますが現時点ではまだまだ大丈夫なのでは、と思っています。 よし!来月の購入株は「プルデンシャル・ファイナンシャル」で行こうかと真剣に悩んでみる事にします。 あくまで参考程度にお願いします。

次の

配当マシーン プルデンシャル【インカム投資】

プルデンシャル生命 株価

プルデンシャル生命の悪い評判 悪評 プルデンシャル生命の評判は、経済雑誌でも保険ブログでもよく目にします。 米国最大級の金融機関プルデンシャル・ファイナンシャルの一員であり、いわゆる「外資系保険会社」であるプルデンシャル生命ですが、とかく悪評が多く目につきます。 今回は、よく聞く代表的な悪評を取り上げ、個人的に感じたなぜ悪評が立つ理由を考察し、実際に採ったアンケート結果をご紹介していきたいと思います。 プルデンシャル生命の特徴 保険販売員を「ライフプランナー」と呼称し、CM・広告はいっさい打たず、ライフプランナー自身が販売チャネルとなり、顧客開拓をしています。 業界の中でも特に質の高いコンサルティングセールスを行い、商談で話すトーク内容を一言一句スクリプト化されたものが会社から与えられ、何度も何度もセールスロールプレイングを行うことでそのスクリプトを習得し、さながらプロ野球選手のバットスイングのように、いつでもどこでもどのお客様の前でも、覚えたトーク内容を一言一句間違うことがないように話せるようになることが求められます。 そのスクリプト化された文章は、人間心理学を取り入れた言葉・文章構成になっており、このタイミングでこのフレーズを使うとお客様は感動する、このタイミングではこの話をする、といったように完全に体系化されています。 商品の提案方法も、各個人・各家庭に合ったオーダーメイドで保険を設計してくれ(実際は全然オーダーメイドではないのですが)、スクリプト化された感動話を箇所箇所に入れてくるので、こうしたセールスを受けると契約者様はとても感動し、親身になって考えていてくれると錯覚を起こすようです。 商品はどれもこれもが高めの保険料になっており、高いものを高く感じさせないでセールスするプロフェッショナルと言えます。 プルデンシャル生命のライフプランナーの提案を受けた契約者の傾向 非常に満足度が高いです。 顧客満足度に関する調査・コンサルティングの国際専門機関であるJ. パワーによる満足度調査においても、業界でもトップの満足度を誇るほどです。 実際問題として、商品の内容や保険料の高さなど、他社と比べると劣っているものばかりなのですが、契約した本人はそうは感じていないことが多いのです。 つまりプルデンシャル生命は商品力では勝負しておらず、ライフプランナーの圧倒的なクオリティで勝負しているのです。 保険料が高いという主張 一番の理由としてよく挙げられています。 確かに、プルデンシャル生命の保険商品は、安い保険商品を売らないので単純に保障内容と保険料だけで比較したら保険料は高いといわれてしまうかもしれません。 ただおそらく競合他社に勤めている人間による意見なのでしょうが、外野がとかく言ったところで、契約者本人がそう思っていなければ意味のない指摘です。 そう感じさせないで契約を取れるライフプランナーの質を素直に褒めるべきです。 つきつめると、競合してもライフプランナーの「質」に魅せられて契約してしまうので、人間の「質」で適わなければ、保障の割に保険料が高いとしか主張できないのです。 なお、実際にプルデンシャル生命の保険料を他の会社とどれくらい高いのか?が知りたい方は「」もオススメです。 ライフプランナーの手法 プルデンシャル生命のライフプランナーは、保険料が高いということは重々承知して保険を販売しており、保険料勝負になったら絶対に競合に適わないことは分かっています。 なので、プルデンシャル流に言うと、ライフプランナーは顧客に「魔法」をかけます。 徹底したセールスロールプレイングで身につけた話法で、保険料が高い安いといった次元ではなく、それを凌駕した次元、「このライフプランナーに全てを任せたい」といかにして思わせるのかを重視しているのです。 ちなみに、契約者が保険料の高さに気づいてしまうことを、「魔法が解けた」と言うそうです。 会社側からすれば、高いものを売ることができる「営業力」は評価され、会社に対する貢献も大きい人材と言えるでしょう。 セールスプロセス・営業の手法の詳細についてはの記事も合わせてご参照ください。 保障額が大きすぎる この評判もよく見ます。 つまり、提案された保障額や加入している保障額が大きすぎる、そんなに保障いるの?といった批判です。 保障を下げれば保険料も下がるから負担が軽くなるよ、といった競合側の論理展開でしょう。 確かにプルデンシャル生命では、保障額、つまり保険金額を大きく提案してくる傾向があります。 ただ、これは一概には悪いとは言えず、裏を返すと、どんなことがあってもそのお客様の家族を困らせたくない、といった思いの現れなのです。 プルデンシャル生命の方針 プルデンシャル生命では、保有契約高、つまり何かあった時に支給する保険金額の全契約者数の合計、保険会社としてどのくらいの保障を預かっているか、を意識する方針があります。 保障額の大きさは、思いやりの大きさだ、なんて言葉もあるみたいです。 この契約高を上げるため、1ヶ月ごとに契約をいただいた保有高に対して、臨時ボーナスをライフプランナーに支給するほど力を入れていたようです。 確かに実際には、遺族年金といった社会保障を考慮していないのではないか、と思える位の保障ををお持ちの方が多数いらっしゃいます。 この保障額を大きくするために、上で述べた「スクリプト化された感動話」が生きてくる訳です。 営業マンが紹介くれ紹介くれうるさい プルデンシャル生命では、販売チャネルがライフプランナー自身なので、永遠に自分で顧客開拓をしなければいけませんので、どうやったら紹介がもらえるのか、が永遠の課題になっています。 紹介をもらいやすいトークスクリプトもあるのですが、うまく紹介をもらえる人と、紹介をもらえない人の差が激しいらしいです 商談の最中や、保険証券を渡しに来るとき、どこかで会ったとき、「友達や両親、ご兄弟を紹介してくれませんか?」「職場の同僚に是非合わせてください」などと言われたことがある人も多いのではないでしょうか? そのお願いされる頻度は、うざったく、苦情ものであり、悪評と言えるでしょう。 紹介は、お願いされてするものではなく、善意で自然と出てくるものなので、紹介紹介うるさいライフプランナーは、あまり成績がうまくいっていないのでしょう。 2つの立場からの評判 競合他社側から見て 競合他社側としては、単純に営業の質、提案の質では適わず、保険料勝負に持ち込むしかありませんので、「保険料が高い」や「保障が大きすぎる」くらいしか否定できないのです。 それほど、プルデンシャル生命のライフプランナーの質はとても高いです。 プルデンシャル生命のライフプランナーの提案と、街中にある大手保険代理店ショップでの提案、両方聞いてみると良いと思います。 人間的魅力、提案力、トーク力、どれをとっても比較にならないほどプルデンシャル生命のライフプランナーは優れていることがすぐにでも体感できると思います。 あらためて言いますが、ライフプランナーは保険料勝負に持ち込まれたら勝てないのは分かっているので、安い高いといった低い次元では戦ってはおらず、それらをはるか凌駕する場所、全く違う土俵にいることを認識しなければいけないでしょう。 契約者側から見て 紹介くれ紹介くれのオンパレードは本当にしつこく、うざったいです。 本当に心から紹介したいと思えたのであれば、紹介してあげるとよいと思います。 高い保険料、弱い商品性、欠点はあるけれども、紹介した先でも、あなたが魅力的だと感じたのと同じように感じてくれることを祈ってください。 紹介はいいや、と思ったら、きっぱりと断ることも大切です。 はっきりと言わないと、本当にしつこくて、会うたびにせがまれますよ。 プルデンシャル生命のライフプランナーに営業を受けた知人の評判・口コミ 彼は24歳の頃、月に6万円弱の投資系の商品を提示され、それからの営業がしつこかったと言っていました。 彼の感想は「資料はよく、説明は抑揚がつき保険の仕組みも丁寧に説明してくれて本物の営業マンて迫力あるなぁ・・・。 」と感心したそうです。 また、本当に営業がしつこくいらないと言っても電話がきて、無視しない限りかかってくるそうです。 もし、営業がしつこかったら無視するというのもテだと思います。 最高の担当者はプルデンシャル生命以外にもいる プルデンシャル生命のような最高の担当者は実は保険代理店にもいます。 私の知り合いにも元プルデンシャル生命のライフプランナーで契約者側に立って保険を提案してくれる保険代理店の営業員もいますので、そういう担当者に巡り合うことも可能です。 しかも、保険代理店の強みは自社の保険商品でなければいけないという制約がありません。 最近では、保険相談としてそんな最高の担当者に保険の見直しを依頼することがメジャーになってきましたよね。 そんな保険診断ができるアプリ 「パシャって!保険診断」は匿名性が高く安心して相談できるとレビューでも平均4. 2と非常に評判が高く気軽に保険相談がしたい人にオススメ。 全国各地にいる担当者から保険診断を受けることができるので、最高の担当者を選ぶことができます。 また、来店型の保険相談窓口である 「ほけんの窓口」は、テレビCMでも頻繁に見かける大手であるため、安心感も強いかもしれません。 も合わせてご覧いただければと思います。 プルデンシャル生命の実際の口コミ・評判を独自アンケートを採ってみた 先日、保険会社の評判などのアンケートを独自に行ったところ、プルデンシャル生命の口コミ・評判に関して回答をしてもらいました。 良い評判・印象と悪い評判・印象で各々30件ほどアンケートを採ったところ、良い評判・印象では2件の回答、悪い評判・印象では1件の回答を得られました。 それぞれの具体的な評判をご紹介しますね。 【アンケート結果】プルデンシャル生命の良い評判 30代男性 プルデンシャル生命ライフプランナーの方には知人の紹介で知り合い、とても仕事ができそうな方でした。 今現在、加入している保険についてや他社の保険について第三者の立場からお話を聞くことができました。 「米国ドル建終身保険」を提案されましたが、外貨建て保険に抵抗があったため、契約までには至りませんでしたが、非常に好印象でまたの機会があれば是非、検討したいです。 この方は知人の紹介でライフプランナーの方と出会ったようですね。 私自身もプルデンシャル生命のライフプランナーの方とお話していても、とても自信にあふれ、仕事が出来そう!という印象を持っているので、なかなか信頼できそうであるという感想は同じです。 この方は外貨建て保険に抵抗があったようで結果的に契約まで至らなかったようです。 しかし、このように人と人との出会いは貴重なもので、いろんな人のお話を聞く機会は今後の財産になると思います。 もちろん、保険商品は一生付き合うものになるので、商品にも納得して加入していかないといけないため、いくら営業員が良くても、確固たる意志でお断りできれば、印象も良くなるのですね。 20代女性 友人がプルデンシャル生命に務めており、ファミレスで説明を受けました。 先方は上長と営業担当の2名、こちらは1名で、どのような場面でも図解や資料を用いて、明確な数字を提示してくれて信頼感がありました。 初めて保険について話を聞くということを伝えると、商品内容だけでなく、保険自体の仕組み、生涯どれくらいお金が必要か、保険で使われる用語の意味等まで説明してもらうことができてありがたかったです。 米国ドル建リタイアメントインカムの提案を受けましたが、元々加入する前提で話をきき、商品の説明を聞いて納得することができたため、加入に至りました。 この女性の方は、もともと加入するつもりでお話を聞いたようですが、それ以上に保険自体の仕組みや生涯のお金について学べる良い機会になったと仰っていますね。 もちろん、営業員との相性もありますが、これからの時代、自分自身も保険やお金についての知識を付けていかなければ、口車に乗せられる結果になってしまいます。 こちらの方も良い機会にめぐまれ、良い商品と納得できて加入しているので良い印象になるのでしょう。 【アンケート結果】プルデンシャル生命の悪い評判 30代男性 とにかく営業員の態度が大きく、出向いてきたんだから加入するのが当たり前だという態度で、悪い印象しか持ちませんでした。 こちらが疑問に思って質問しても答えになっておらず知識もないと感じました。 商品ではなく私を信じて加入しろという態度で不信感が募りました。 あれだけの根拠のない自信が持てるのは何なのか、そういうセールス方針なのか。 加入しないのに、確実に加入する仲の良い友人を紹介するまで話が終わらないため、非常に辟易しました。 こちらの方の印象は、営業員の方の高圧的な態度によって悪い印象へと変貌を遂げたようですね。 質問に対して、的確な答えが出せなかったことや自信過剰の印象を持ったことで何も聞いてもらえないと感じたようですね。 やはり良い印象と悪い印象は表裏一体であると感じます。 この営業員もしつこくしてしまって、せっかくのお客様を逃がしたという感じがしますね。 もしも、あなたがプルデンシャル生命のを望んでいるならば、ライフプランナーが親密にお話を聞いてくれる信頼関係を築ける方であることを願います。 プルデンシャル生命の評判についてのまとめ あくまで個人的に思うことをを書いてみました。 悪評の原因の大半は、「嫉妬」ではないのかなと思っています。 そして、ネットに溢れる「プルデンシャル生命の悪い評判」というのはそのもの自体が大きく表現されているということも感じます。 良い評判もあるにはあるのに、そういう良い面はあまりクローズアップされず、悪い面ばかりが目立ってしまう、そういうことの典型であるということでしょう。 確かにライフプランナーの質は高いですが、保険料勝負、商品力勝負の土俵に持ち込めば、絶望的に商品性が弱いプルデンシャル生命は分が悪いです。 どのような手法で、どのようなプロセスで、プルデンシャル生命のやり口を知っておくことは損ではありません。 敵を知り、己を知れば百戦危うからずです。 結局、自分にあった保険と出会うにはどうしたら良い? 商品を全て見ることは難しいため、プロにオススメをベースに様々な商品を見るのが一番早いと思います。 保険相談窓口を今、最も注目している1社を筆頭に有名どころ4社の独自アンケートによる口コミや客観的レビュー、店舗数などのデータ、個人の評価を元に、比較してみました。 3 店舗数が多い事で信頼度が高く相談がしやすい環境がありますが、直接来店する形は、拘束時間が長すぎるという口コミが多かったり、自宅に直接、来てもらうのはセキュリティー上、不安があることや仕切りが少ない店舗だと他人に話が聞かれるのでは?といった個人情報に対する不安は実際に口コミでありました。 2 以上はなかなかないと思いますので、まずはアプリで保険を見直しをどのようにされているか口コミ・体験談を見てみるのもアリかもしれません。 そして、保険の勉強をしている方に是非おすすめしたい保険相談窓口の比較記事を作りました。 独自アンケートによる口コミや客観的レビュー、店舗数などのデータ、個人の評価をまとめたページの「」を是非、ご覧ください。 ほけんケアは池山による保険や税金など家計を預かる方には必見のサイトです。 呼び名はほけんケア池山と呼んでください! このブログは主婦が保険相談のため自分の力で徹底的に調査した記事と保険を調べることで出会った保険代理店の方に色々お話を伺ってまとめた記事で成り立っています。 過去に日商簿記3級を取得、現在3級FP技能検定取得に向けて勉強中! かれこれ保険について学び初めてから15年近く前、話せば長くなりますが、長男の誕生が保険の勉強のきっかけでした。 大恋愛の末に結婚した夫は企業関係で大手国内生保の保障額が高すぎる保険に加入しており、20代でも5万近い保険を払っていて保険貧乏になっていました。 結婚してから少しずつ保険の見直しをしていこうとしたと矢先に長男を迎えることになり、家計の見直しとともに本気で保険の見直しを検討し始めることになりましたね。 きちんとしたライフプランを考える上でも保険は切っても切れない存在であると同時に、保険貧乏になれば保険で不幸になる可能性もあります。 私や夫のように不適切な保険加入者をこれ以上増やしたくないという一心でこのブログを書き続けていきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

次の

【投資】米国ドル建てリタイアメントインカムはダメなのか?

プルデンシャル生命 株価

PGF生命は、2010年、さまざまなバックグランドを持つ社員が集まり、代理店チャネル専業会社としてビジネスをスタートしました。 性別、年齢、職責等に関わりなく社員の働き方は多様化してきています。 そのため当社では、「働き方改革」に本格的に取り組み、社員のライフステージの変化に応じた柔軟な働き方を選択できるようにするなど、その時々で能力を最大限発揮できるような職場環境づくりを進めます。 今後、50年、100年と成長し続ける会社であるための源泉は社員一人ひとりです。 PGF生命は、多様な社員が活躍できる企業を目指します。 女性活躍推進法における行動計画 2015年8月、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」、いわゆる「女性活躍推進法」が成立しました。 この法律のもと、301人以上の労働者を雇用する企業は、女性が職業生活において、その希望に応じて十分に能力を発揮し、活躍できる環境を整備することが義務付けられることとなります。 PGF生命はこれまで、女性が展望をもって仕事に臨み、安心して働くことができるよう、様々な取り組みを行ってきました。 今般、これまでの取り組みに加えて、女性活躍推進法に対応した行動計画を策定しました。 行動計画にある一つひとつの取り組みに真摯に取り組むことにより、男性も女性も同じように働ける職場環境を醸成し、全ての社員が能力をいかんなく発揮し、活躍できる企業となることを目指します。 女性活躍推進に向けたPGF生命の取り組み 2019年1月1日現在、PGF生命の管理職社員数は216人、うち女性は38人(17. PGF生命は、2020年度末(2021年3月31日)までに、管理職に占める女性社員の割合を20%にするという目標を掲げ、推進しています。 プルデンシャル・グループでは2017年度よりLGBTファイナンス*1に協賛し、LGBT*2に対する社会の理解促進を目的とした日本最大級のイベント「東京レインボープライド」のパレードに社員が参加しています。 *1 LGBTファイナンスとは、日本の金融機関で働くLGBTの社員の個性を尊重し、支援する職場環境を作り出すとともに、LGBTコミュニティを取り巻く課題への意識向上を目的として設立された有志団体• *2 レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの頭文字をとった性的少数者の総称• *3 LGBTを理解し、積極的に支援する社員役員・部門長によるイクボス宣言 両立支援制度の拡充.

次の