ディス コード ライブ。 ディスコード・レコード

Discord(ディスコード)の使い方!ダウンロードからスマホアプリを解説

ディス コード ライブ

もくじ• ディスコード(Discord)とは「チャットアプリ」 ディスコードとはゲーマー向けのボイスチャットアプリとして、2015年にリリースされたサービスです。 今では日本でも沢山の利用者がいますが、開発元は海外なので知らない人もいるのではないでしょうか。 アプリ内のサービスの特徴としては多彩な機能に合わせて、個人専用サーバーが利用できるようになっているのでカスタマイズもかなり自由度が高いです。 1-1. リアルタイムでゲーマーがボイスチャットをやり取りする事から、騒音のように感じるといったイメージでその名が付けられました。 最近は多くのゲーマーが利用しており、他のチャットサービスを活用していたユーザーも次々にディスコードへ乗り換えています。 利用者も世界中にいるので、オンラインゲーム等を行う際にはディスコードはとても適していると言えるでしょう。 1-2. ディスコードはゲーマー向けの無料ボイスチャットアプリ ディスコードは基本的には無料で利用できるアプリケーションです。 有料プランも用意されてはいますが、無料プランでも十分活用する事ができます。 PC版であればブラウザ上でニックネームを入力するだけでチャットに参加が可能となっており、アプリをダウンロードする手間も必要ありません。 また、不特定多数のゲーム仲間とワイワイ楽しむ事ができるような仕様になっており、ゲーム中の通知をリアルタイムで行う事もできます。 1-3. ディスコードはXP(仮想通貨)が原因で利用者が増加した ディスコードは今や世界中の人達に利用されているボイスチャットアプリではありますが、これほどまで周知されたのはXP(仮想通貨)が原因だと言われています。 元々ディスコード内では、投げ銭としてXPが使われていました。 XPのやり取りは日本で仮想通貨が流行する前からディスコード内で普通に行われており、今のような認知度はそれほどなかったのです。 XPが世界中で有名になった事と同時に、ディスコードのアプリも同じように世界に知れ渡ったのが一番の理由です。 私たちが今や当たり前のように耳にしている仮想通貨は、元はディスコード内の投げ銭からきているといっても過言ではありません。 ディスコードの主な7つの特徴・できること• 世界中で2億5,000万人のゲーマーが利用している• リアルタイムでテキストやボイスを送信できる• プライベートやパブリックなグループチャットも自由自在• 気軽にチャットサーバーへ招待できる• サーバーツールがかなり充実している• コミュニティ管理が容易にできる• 通知機能の管理も簡単である ディスコードの一番の特徴は、不特定多数の人と一つのゲームで楽しく繋がれること。 世界中で使われているアプリなので、仮にあなたが1つの有名なゲーム作品のスレッドを立ててプレイしていると必ず少数人のユーザーが見に来るはず。 勿論、掲示板等にスレッドを立てなければ見てもらえる確率は低いかもしれませんが、それでも一つの話題で世界中と繋がれるのですからかなり面白いです。 また、複数のコミュニティを作成したとしてもかなり管理しやすい仕様になっているので、どれだけの人が集まってもカテゴリー別にしっかりと分ける事が可能です。 2-1. 世界中で2億5,000万人のゲーマーが利用している ディスコードは今では世界中で2億5,000万人のユーザーが利用している、大規模なアプリケーションとなっています。 最初は仲間内でゲームチャットアプリとして利用する為に開発されたディスコードですが 、ゲーマーの界隈でかなり話題となりXPの影響で爆発的に利用者が増えました。 日本の人口よりも多いユーザーの数となっていますが、今後もユーザーの数は増えていく事が予想されます。 また、ディスコードの仕様は海外で開発されているという事で、和訳されていない部分も多々ありますので利用の際には注意してくださいね。 2-2. リアルタイムでテキストやボイスを送信できる ディスコードでは他のチャットアプリ同様にメンションを付けてテキストを送信したり、絵文字を利用したりする事ができます。 その他、相手ユーザーと会話をしたい時にはリアルタイムで、ボイスチャットを立ち上げてディスコードを通じて会話する事も可能です。 テキストでは伝わりにくい場合や直接話して伝えたい場合などにとても便利であり、画面共有機能も付いてるのであらゆる場面で活用できます。 また、テキストとボイスはそれぞれチャットを立ち上げる事ができ、両方活用しながら複数人とのやり取りも用意にできます。 2-3. プライベートやパブリックなグループチャットも自由自在 ディスコードではプライベートチャットと誰でも参加可能な公開チャットの両方が、自由に立ち上げ可能となっています。 仲間内同士で利用する際にはプライベートチャットでやり取りを行い、パブリックに多くの人に見てもらいたい場合は、グループチャットとして活用する事も可能です。 両方共に複数のチャットを立ち上げる事ができるようになっており、チャット管理の仕方も大変やりやすい仕様になっています。 また、他人が運用している非公開チャットサーバーへ参加する際には、管理人の承認が必要となります。 2-4. 気軽にチャットサーバーへ招待できる ディスコードでは友人をチャットサーバー紹介する際には、リンクを送信するだけで簡単に招待ができるようになっています。 リンクの生成方法もとても簡単で、その後はメール等を活用して招待したい相手にリンクを添付し送信するだけです。 また、PC版だと仮に招待した相手がディスコードをインストールしていなくても、自由に無料でチャットを行う事ができます。 2-5. サーバーツールがかなり充実している ディスコードでは自身のチャットサーバーを自由に拡張できるようになっており、新しいプラグインやbotを導入する事でより便利に活用できるようになります。 実際に多くのゲーマーが自身の用途に合わせてプライグインやbotを導入しており、通話中にBGMを流したり、特定のコマンドを押す事で魅力的な演出を行ったりできます。 また、プラグインやbotの導入方法はとても簡単なので、初心者の方でも気軽に行えます。 2-6. コミュニティ管理が容易にできる ディスコードではユーザーごとに権限を設定できるようになっています。 その為、グループチャット事に管理人を任せる事もできますし、その他のユーザーに対して制限をかける事も可能です。 権限は細く指定できるようになっており、管理者であるあなたが自由に付与したり制限したりする事ができます。 勿論、グループからのメンバーの除外等もできるので、荒らし等をされた場合にも速やかに対処が可能です。 2-7. 通知機能の管理も簡単である 所属しているグループチャットのやり取りがストレスに感じる場合は、ディスコード内の通知機能をオフにする事で簡単に対処できます。 その他、様々な通知機能の設定が細かくできるようになっているので、ご自身が気になるユーザーやグループチャットだけに絞っておく事も可能です。 また、ゲーム配信者の配信がリアルタイムで分かる通知機能等も搭載されているので、ゲーム好きな方には大変便利ですね。 ディスコードの基本的な使い方【おさえるべき8つの操作方法】• アプリのダウンロード方法• ログイン方法• チャットサーバーへの招待【フレンド追加】• 通話方法• 画像共有のやり方• ブラウザ版で利用する方法• PC(64bit版)でアカウント登録なしで使う方法• チャンネル切り替え方法 ディスコードには様々な機能が搭載されており、それぞれの機能の使い方はとてもシンプルです。 他のチャットアプリと比較してPC版であれば、会員登録すら必要なくそのまま利用する事もできます。 また、基本的な機能は無料で利用できるようになっているので、かなりコスパが良いといっても過言ではありません。 3-1. アプリのダウンロード方法 ディスコードのダウンロード方法はiPhoneとAndroid、パソコン版によって異なります。 多くの人が活用しているiPhoneのスマホを活用してダウンロードを行う際には、まずはApple Storeで検索をかけてみてください。 アプリをインストールして会員登録するだけで後は、すぐにでも利用が可能です。 また、Androidのスマホを活用している方は、Google Prayのダウンロードページからディスコードのアプリを探してみてください。 ダウンロード後はiPhoneと同じように会員登録する事で、サービスが利用できるようになります。 最後に、パソコンの場合ですがMacBookをお使いの方は、Apple Storeからダウンロード可能です。 Windowsのパソコンをお使いの方は、Googleで一旦「ディスコード」と検索した後に、Google Prayからアプリをダウンロードしてみてください。 いづれもアプリのダウンロード自体は簡単ですので、時間をかけずにできます。 3-2. ログイン方法 ディスコードのアプリをダウンロードした後は、アプリを開くと会員登録の画面が表示されます。 PC版の方は会員登録なし(仮アカウント)でも利用する事はできますが、仮アカウントだと毎回登録しなおさないといけませんので正直面倒です。 本登録をしっかりと行っておけば、例えディスコードのアプリを削除したとしてもまた再ログインして簡単に利用する事ができます。 また、アカウントの作成に関してはメールアドレスとパスワード、ユーザー名を入力するだけなので、他のチャットアプリと変わりありませんね。 一旦、ディスコードのアプリをログアウトした後は、再度ログインする際にパスワードとメールアドレスを入力するだけなので至って簡単です。 3-3. チャットサーバーへの招待【フレンド追加】 ディスコードのフレンド追加は、至って簡単です。 ユーザーアイコンを選択• メニュー内の「フレンドに追加」を選択• アイコンから「保留中」を選択• チェックマークを選択して承認すれば完了 申請後は相手が承認さえすれば自身のディスコード内にフレンドといてアイコンが追加されます。 また、フレンドを検索する際には同じように「フレンドに追加」を選択し、入力バーが表示されるので、タグを貼り付けて検索をするだけです。 タグとはニックネームの下に表示されている「 〇〇〇〇」を指します。 その他、チャットサーバー自体への招待に関しては、リンクを招待したい相手に送信してグループに加入してもらうだけとなっています。 3-4. 通話方法 ディスコードでは2つの方法を使って通話する事ができます。 ボイスチャンネル• DM(ダイレクトメッセージ) まずボイスチャンネルを活用した通話方法ですが、こちらに至ってはWindowsデスクトップ版のみ対応しているので他では利用できません。 ボイスチャンネルでの通話制限は特にありませんので、ご安心ください。 利用手順としては• 画面共有を開始する• 表示された画面にカーソルを合わせる• カメラマークをクリックする• 「他の画面共有オプション」から「自分の画面共有を停止」をクリックする• 画面がビデオに切り替わる の5つのステップとなっています。 次に、DM(PC版)を活用した通話方法ですが、DMでは最大10名の人との通話を楽しめます。 DMでの利用手順としては• 「ダイレクトメッセージ」からユーザーを選択し、カメラマークをクリックする• ビデオ通話が開始される の2ステップとなっておりとても簡単です。 また、スマホでDMを活用して通話する際には、同じように「ダイレクトメッセージ欄」から通話したいユーザーを選択します。 その後、画面右上にある「・・・」から「ビデオ通話」を選択すると通話ができるようになっています。 3-5. 画像共有のやり方 ディスコードでの画面共有のやり方としては、主に2つの方法があります。 ボイスチャンネル• DM(ダイレクトメッセージ) まずボイスチャンネルでの画面共有のやり方ですが、現時点でWindowsのディスクトップ とブラウザでのみ利用が可能となっています。 そのため、MacBookやiPhone等では利用できません。 やり方としてはまず最初に「ボイスチャンネル」で通話を開始した後に、「通話中」と緑の文字で表示されている横のテレビマークを選択。 選択後に特定のウィンドウのみか、全体を写すのか選択できるようになります。 配信画質とフレームレートの詳細を入力した後に「共有」をクリックします。 また、ディスコードに共有画面が無事表示されたら、ダブルクリックして画面を大きくする事も可能です。 次に、DMを活用した画像共有のやり方を解説します。 まず最初に「ダイレクトメッセージ」欄から共有したいユーザーを選んで、ビデオ通話を開始してください。 ビデオ通話が開始されたら、ビデオ画面にカーソルを合わせて、画像共有アイコンをクリックします。 その後、配信画質とフレームレートの詳細を設定し「共有」を選択したら完了となります。 3-6. ブラウザ版で利用する方法 ディスコードをブラウザで利用する方法としては、基本的にはアプリと操作方法などは変わりありません。 ただ、ブラウザで利用する際にはPCで利用する場合のみに限り、会員登録なしでサービスを利用する事ができるようになっています。 他のiPhoneやAndroid等のスマホで利用する場合は、必ず会員登録が必要となりますがブラウザをPC版で活用する際は必要ありません。 会員登録のやり方やログインの仕方などは、アプリと同じですのでストレスなくサービスを利用する事ができるでしょう。 3-7. PC(64bit版)でアカウント登録なしで使う方法 64bit版とは、WindowsのPCにおける処理能力の高さを示した数字になります。 ディスコードではPCブラウザで利用する場合に限り、アカウント登録なしで利用できるようになっています。 処理能力が高い64bit版のWindows PCを活用して、お手軽にディスコードを活用する事ができる方法としては至って簡単です。 ディスコードに実際にアクセスすると最初に、自分のニックネームを入力します• 入力後に画面が切り替わったら、利用開始となります また、MacBook PCでも同じようにアカウント登録なしでディスコードが利用できますので、是非とも試してみてください。 3-8. チャンネル切り替え方法 ディスコード内では一度入室したチャットサーバーのグループは、全て「ダイレクトメッセージ」が表示されているアイコンのところに表示されるようになります。 アイコンをクリックするだけで、各チャンネルとなるチャットサーバーを切り替える事ができるのでとても簡単です。 ただ、管理者から制限をかけられたり、チャットサーバー自体から除外されると入る事ができなくなってしまいますのでご注意ください。 ディスコードへのbotの導入方法 ディスコートでは機能を拡張する為のbotが導入できるようになっており、botの殆どがディスコードのユーザーが個人で作ったものとなっています。 導入しておくと大変便利にコミュニティを運営できる他、流れていくテキストを自動でメモしてくれたり、読み上げてくれたりといったものもあります。 また、botは気軽に導入できる特徴がある為、多くのユーザーが利用しているツールでもありますね。 4-1. 一定の動作を他のユーザーが行うと動作に反応してbotがタスクを実行してくれるので、あなたが実際に操作しなくても良くなります。 要は、あなたの作業をロボットが代わりに行ってくれるということ。 また、ディスコードだけではなくTwitter等でも活用しているユーザーも多い事から、ネット上の様々なところで活用されています。 4-2. ディスコードのmod導入方法 ディスコードにbotを導入する場合は、PCが必要となります。 ここでは分かりやすいように、テキストチャンネルで発言すると称号が貰えるようになっている を例に解説していきますね。 ディスコードを開いた状態にしておき、導入したいMEE6のページを開きます• MEE6 ページで「Add to Discord」を選択する• 画面が切り替わり自身のアイコンが表示されるので選択する• botを実際に導入したいチャンネルを選択する• 「認証」を選択する• MEE6 のページが切り替わり「levels」を選択する• 再度、ディスコードを開きMEE6 がインストールされていたら完了 基本的な導入方法はどのbotも同じですが、用途によっては複雑に感じるbotもあるので、その都度に自身で調べながらインストールしてみてくださいね。 4-3. ディスコードにおすすめのbot機能 ディスコードには数々の便利なbot機能が存在しますが、その中でも特におすすめなのが「読み上げくん」と「メモ張くん」です。 < > ゲーム中のテキストの読み上げを行ってくれる便利なbotです。 ゲーム中はどうしてもテキストに集中できず、読む事ができませんので代わりに「読み上げくん」が音声に変換して読み上げてくれます。 多くのゲーマーが利用しているbotの一つですね。 < > テキストを覚えさせておく事で、あるコマンドを入力するだけでテキストチャットに覚えさせたテキストが自動で表示されるbotです。 長文を前もって覚えさせておけば、コマンドを入力するだけで簡単に表示する事ができるので、毎回入力する手間を省けてとても便利です。 ディスコード小技・裏技• ディスコード内で動く絵文字や他サーバーの絵文字を活用する方法• ディスコード上のテキストを装飾する方法• プレイ中のゲーム表示通知を好きなものに変更する方法• ディスコード内のプロフィールにバッチを付ける方法• PC版ディスコードアプリの画面の大きさを制限なしで最小化する方法 ディスコードではとても便利な小技や裏技が存在します。 実際にディスコードを使い慣れている方は利用されている方が大変多い上に、一度覚えておくとかなり便利なのでおすすめです。 また、中には有料会員になる事ですぐにでも利用できる機能等もありますので、是非とも検討してみてくださいね。 5-1. ディスコード内で動く絵文字や他サーバーの絵文字を活用する方法 ディスコード内で動く絵文字や他サーバーの絵文字を活用する方法としては、Nitro classic(月額有料サービス に加入する事で利用できるようになります。 具体的に有料会員になる事で利用できる機能については、大きく分けて7つあります。 ユーザー名のタグが変えられる• 動くアバター画像にできる• 高品質でスクリーンシェアができる• どこでもカスタム絵文字を使用できる• 動く絵文字が使用できる• 大きなファイルを共有できる• プロフィールにバッジが付く また、Nitro classicに加入するためにはディスコードを開いてもらい「ユーザー設定」から、気軽に入会可能となっています。 利用料金に関しては、• 99(5,400円程度)• 99(500円程度) の2つのプランから選べるようになっています。 注意点としては月額支払いを選んだ場合には、自動更新となっているので途中で解約される方はしっかりと有料プランの解約申請も行ってから、解約するようにしてください。 5-2. ディスコード上のテキストを装飾する方法 ディスコード内のテキストチャットでテキストを入力する際に、プラスしてコードを打ち込む事で文字の色を変えたり、テキストに線を引いたりする事ができます。 5-3. プレイ中のゲーム表示通知を好きなものに変更する方法 ディスコートではゲームを開始すると、ディスコード内でプロフィール上に「〇〇プレイ中」と表示されるようになっています。 プレイ中の通知に関するテキストは、自由に変える事ができます。 ちなみに、承認済のゲームはテキストを変更する事ができないので、注意してくださいね。 変更方法としては、• 「アプリ設定」を開く• 「ゲーム」を選択する• ゲームを「追加する」を選択し、ディスコード内に追加する• 追加したゲームを選択し、選択したアプリが起動していれば一番上に表示される• ゲームの名前をクリックして変更する となります。 逆にプレイ中のテキスト通知を非表示にすることも「アプリ設定」から簡単にできますので、是非とも試してみてください。 5-4. ディスコード内のプロフィールにバッチを付ける方法 ディスコード内ではプロモーションを目的とした「HypeSquad」といったキャンペーンを行っています。 キャンペーンに参加することで自身のプロフィールに、バッチをつける事が出来るというわけですね。 HypeSquadに参加する為には、主に2つの方法があります。 ディスコード内から簡単に申し込める審査不要の方法• ディスコードの公式ページから申し込む審査が必要な方法 また、HypeSquadに参加すると特典が貰えるようになっており、審査が不要な申し込みをした方と、審査が必要な申し込みをした方とで特典内容が別れます。 <審査が不要の方の特典>• Super Secret Newsletter:毎月、プレゼント企画等を含んだニュースレターが配信。 Hype Profile Badge:自身が所属した種類のHypeSquadのバッジがプロフィールに表示。 Squad Challenges:自身の所属した種類のHypeSquadを勧めて、他の種類のHypeSquad参加者に対抗するチャレンジに参加可能。 <審査が必要な方の特典>• プロフィールバッジ:自身がプロフィールに他で入手できないバッジ付けれる。 Secret Server:イベント関連のメンバーは、スーパーシークレットHypeSquadイベントのサーバーにアクセス可能。 HypeSquad Shirt:イベントでサポートする場合、HypeSquadのTシャツをプレゼント。 イベントグッズ:自身がイベントを主催する場合、グッズの沢山詰まったボックスをプレゼント。 プロフィールのバッチは審査不要の参加方法でも貰えるので、その点だけ考慮してどちらに参加するか好みの方を選んでみてくださいね。 5-5. PC版ディスコードアプリの画面の大きさを制限なしで最小化する方法 パソコンでディスコードを活用する際には、初期状態では縮小の限界ちが決まっている為、作業を行っているとかなり邪魔になる場合があります。 ディスコードの縮小限界値を制限なしで利用できる方法としては、ディスコードの設定ファルを書き換えるだけで出来るようになります。 具体的な方法としては、• 「Windowsキー + Rキー」 で検索画面を表示させる• 「discord」という名前のファイルを開く• 「setting. json」というファイルを探して、メモ帳アプリ等で開く 「setting. json」というファイルを開いたら、以下のコードの上に新しいコード(赤)を追記します。 その後、ディスコードを再起動する事で、画面の最小化が出来るようになっています。 ディスコードの専用掲示板を活用して仲間を募集してみよう! ディスコードを初めて利用される方が他のユーザーと繋がる方法として、ディスコードが公式に運営している掲示板の利用をおすすめします。 掲示板の名前は「」と呼ばれており、自由に自身が使ったチャットサーバーへの募集や他のチャットサーバーへの参加が出来るようになっています。 また、サイト内では検索機能もついているので、ご自身が気になるゲームのタイトルや特定のキーワードを入力する事で世界中の人と繋がる事が可能です。 ディスコードに登録したは良いけれど仲間がいないといった方は、是非ともディスボードで素敵なコミュニティを探してみてくださいね。

次の

Discord(ディスコード)の音声通話のやり方!初期設定や聞こえない対処法など解説!

ディス コード ライブ

Discord(ディスコード)とは Discord(ディスコード)とは、通話やチャットを楽しめるゲーマー向け 音声通話アプリです。 ゲーマー向けだけあってゲーム用の機能が充実していますが、純粋にチャットアプリ・通話アプリとしても高機能かつ簡単なので、世界中で幅広く使われています。 最大の特徴は、自分たちの部屋(サーバー)を自由に立てることができることです。 またサーバーは出入り自由なので、身内だけで会話したり、大きなコミュニティで掲示板代わりなど、さまざまな用途に使用できます。 もちろん、一対一でのチャット・通話も楽しめ、画面共有やオーバーレイ(フルスクリーンのゲーム画面に表示)など機能も豊富です。 Discordの始め方 Discordには下記の3種類があります。 Discordのダウンロード まずは、からダウンロードしましょう。 スマホ版はそれぞれのストアから 「Discord」で検索すればOKです。 画像の 赤枠のところをクリックでダウンロードできます。 もし画面が英語でも、同じ場所をクリックすれば大丈夫です。 日本語化は続けて説明していくのでご安心ください。 ちなみに、隣の「Discordを開く」をクリックすると、ブラウザ版が開きます。 アカウントが無くても使用でき、アカウントがあればインストール無しで使用可能です。 DLした「DiscordSetup. exe」をダブルクリックし、好きなところにインストールしてしまいましょう。 Discordのアカウント登録 インストールしたらまずはDiscordを立ち上げましょう。 特に操作しなくても勝手に立ち上がると思います。 さて、まずは アカウント登録です。 非常に簡単なのでサクっと終わらせちゃいましょう。 いきなり 濃い画面でビビりますね。 洋ゲー用っていう感じが漂っていますが、気にせず 赤枠の「アカウント登録」をクリックしてください。 すると以下のような画面になります。 ここから 赤枠内のEmail・ニックネーム・パスワードを入力し、 「続ける」をクリックしてください。 ちなみにニックネームは いつでも変更できるので適当で大丈夫です。 「続ける」をクリックすると、登録したメルアドに以下のようなメールが届きます。 またまた 英語で精神的ダメージが大きいですが、やることは簡単です。 画像のように、 青いボタンをクリックして登録完了です! ちなみにメール本文には「登録ありがとう! メルアドが君のもので合ってるか確認するから下の奴クリックしてね!」って感じのことが書いてます。 青いボタンは「Emailの確認」ですね。 Discordのサーバー作成手順 ログインすると突然チュートリアルが始まります。 いきなり、サーバーを作ることでうんたらかんたら言われても正直「 は?」って感じですね。 この項目ではそんなチュートリアルの補足をしていきます。 さて、まずはサーバーについて軽く説明します。 Discordは複数人で通話や会話をするとき、必ず 「サーバー」を作成します。 サーバーはいわゆる家のようなもので、コミュニティやグループと思っていただいて差し支えありません。 サーバーに所属しているメンバー同士で会話や通話が楽しめます。 では、まずは実際にサーバーを作ってみましょう。 上記画面の 赤枠をクリックしてください。 新規登録画面に進むことができます。 青枠は既に作成済み or 所属しているサーバーになります。 今度は 「新規作成」と 「招待」が選べるので、今回は新規作成を選びます。 知り合いのサーバーに誘われた場合など、既存のサーバーに所属する場合は右の「参加」を選択します。 選択したらサーバー作成画面に移ります。 ここで必要なのは 「サーバー名」のみです。 サーバー名はいつでも変更可能ですので、適当に入力してしまいましょう。 最後に「参加」を押して 作成完了です! サーバーリージョンとは すぐ下に 「サーバーリージョン」とかいうまたイミフな言葉がありますね。 これはサーバーをDiscordの持つ世界中のサーバーのうち、どこを借りるかという意味です。 これもいつでも変えられますし、どこにしてもあまり変わらないのでデフォルトで構いません。 実際に通話するとたまに「 エンドポイントを待っています。 」という意味不明なことを言われますが、これはサーバーに不具合が生じているという意味です。 その時に設定からサーバーリージョンを変えてあげることで解決できます。 サーバー画面の見方 Discordの画面は情報でいっぱいです。 まずはざっくりとした画面の見方を見ていきましょう。 左の赤枠がチャンネル一覧です。 サーバーが 家だとしたら、チャンネルは 部屋です。 チャンネルは テキストチャット専用 の 「TEXT CHANNEL」と、 通話専用 の 「VOICE CHANEL」があります。 この二つは同時に入ることができ、それぞれ複数個いくらでも作ることができます。 先の例で例えると、この画像の場合、「てすとさーば」という家の中に、テキストチャット専用の「general」という部屋が一つ、通話専用の「General」という部屋が一つずつある訳ですね。 真ん中の 赤枠はチャット欄です。 自分が入っているテキストチャンネルの会話が表示されます。 そして右の枠はサーバーの所属メンバーになります。 Discordの通話のやり方 ここでは肝心かなめの通話のやり方について説明します。 やり方は簡単、 ボイスチャンネルに入るだけです。 詳しくは下記の画像を見てください。 非常に簡単ですね。 同じチャンネルに入っている同士で通話ができます。 逆に言えば、チャンネルから退出することが切断になります。 ここまでの説明で一通りのことは出来るようになったはずです。 以下では、 私が行った設定や困ったことについて記述していきます。 Discordのビデオ通話のやり方 Discordではビデオ通話が可能です。 PCなら繋げたカメラ、スマホなら内蔵カメラによって行います。 スマホ版のビデオ通話 まずは ビデオ通話をしたいフレンドを選択し、一対一チャットを開きます。 複数人とビデオ通話したい場合は後で追加できる(自分含めて最大10人)ので、今はとりあえず1人で構いません。 上記画面のようにフレンドリストから1人選択してください。 選択してチャットが開いたら次は、下記画像を参考に、招待したい 他のメンバーを追加しましょう。 一対一で良い場合、この手順はスキップしてください。 のマークをタップし、 2. 通話に追加したいフレンドにチェックを入れてください。 メンバーが決まったら 3. のボタンをタップして追加完了です。 次はいよいよビデオ通話開始です。 開いたチャット欄の右上、 1. 「…」をタップするとメニューが開きます。 続けて、 2. 「ビデオ通話を開始」をタップすると 通話がスタートします。 PC版Discordでカメラを接続する方法 まずはビデオ通話に繋ぐカメラをPCに接続しましょう。 続けて、Discordのビデオ設定で、カメラの設定を行います。 設定画面に行き、 「音声・ビデオ」の項目にある ビデオ設定を確認します。 カメラが接続されていれば、 1. の枠に表示されるので任意のカメラを選んでください。 続けて、 2. のプレビューでカメラをテストし、正常に動作すれば準備完了です! PC版のビデオ通話(サーバー内でのやり方) 1000人未満のサーバーであれば、25人まで同時にビデオ通話が可能です。 やり方は至って簡単。 以下の画像を見てください。 カメラを接続し、通話チャンネルに入った状態で「 赤枠の『動画』」をクリックするだけです。 なお、その隣の「Screen」は現在開いているアプリやウィンドウを選択して表示させることができます。 お絵描き配信やゲーム配信に使えますね。 PC版のビデオ通話(フレンドを指定する) まず、下記の画像のように、 ビデオ通話をしたい相手との一対一チャットを開いてください。 複数人とビデオ通話したい場合は後で追加できる(自分含めて最大10人)ので、今はとりあえず1人で構いません。 のアイコンをクリックして、 ビデオ通話の開始します。 のアイコンをクリックして、 メンバーを追加できます。 Discordの画面共有(Go Live)のやり方 Discordでは、 PCからゲーム画面を配信することができ、PCとスマホで視聴することが可能です。 「Go Live」と言われる機能で、配信はサーバー内のボイスチャンネルで行い、 配信は配信者を除いた10人まで視聴することができます。 他人の「Go Live」を視聴する方法は 配信者の名前をクリックするだけです。 さて、では「Go Live」で ゲームを配信する方法を見ていきましょう。 まずはPCで、配信したいゲームを立ち上げます。 すると、 画像の赤枠のように、 画面左下にプレイしているゲーム名が表示されます。 続けて、ゲームを配信するサーバーに入りましょう。 すると、 画像の青枠内のアイコンが白くなり、クリックできる状態になるので クリックしてください。 すると上記画面のようにポップアップが表示されますね。 画像の赤枠内のように、サーバー内のボイスチャンネル一覧が表示されているはずなので、配信したいボイスチャンネルに チェックを入れてください。 チェックを入れたら 青枠「Go Live」ボタンを クリックして配信スタートです! 配信を開始すると上記画像のように小さな確認用ウィンドウが現れます。 赤枠のアイコンをクリックすると、 招待用URLが表示されるので、TwitterやLINEなどで友人に教えてあげると便利ですね。 また、 青枠のアイコンをクリックすると 「配信設定」が行え、画質やフレームノートを調整することができます。 Discordのフレンドの追加 画像はPC版だが、スマホ版も基本的に同じ位置にある 画面下部にある自分の名前に横にあるギアマークが個人の設定画面になります。 ちなみに、左隣の2つはスピーカーとマイクのミュートボタンになります。 個人設定に移行するとずらずらっと色々並んでますが、まずは 日本語化しましょう。 Discordを日本語化する もしDiscordが英語だらけならば、まずは 日本語化しちゃいましょう。 下の画像を見ながら丁寧に解説するので安心してください。 左のメニューから 「Language」を選択すると、右に言語がずらずらっと出てきます。 下にスクロールしていくと 「日本語」があるのでクリックして選択します。 これで 日本語化完了です! 一気に使いやすくなりましたね。 次はそのまま 音声の設定に移りましょう。 デフォルトでは通話できない場合があるので、その際は設定を見直します。 まずはマイクやスピーカーが正しく設定されているか見ましょう。 Discordの音声設定。 オススメの入力感度はこれだ! お次はマイクやスピーカの設定を行いましょう。 下の画像を見てください。 すると、マイク・スピーカ・カメラを設定できる画面に飛びます。 音が聞こえなかったり、マイクが音を拾わない場合、それぞれ入力・出力デバイスを「Default」から使用しているものに変更してください。 これでもマイクが音を拾わなかったり、音が途切れ途切れになる場合があります。 その時はマイクの詳細設定をします。 マイクの入力感度を調節する 私のオススメは、「-100dB」つまり一番左に持っていくことです。 理由も含めて、調節方法を説明していきます。 まず、 デフォルトでは入力感度、つまりマイクの音を認識する範囲は自動調節になっています。 このせいで、小さな音などは拾わなくなり、これが音声が途切れる原因となります。 ちなみにこの設定は、ノイズや呼吸音などをカットするためのものなので、必要がなければ設定しなくて大丈夫です。 下手に設定すると、声が途切れ途切れになってしまいがちです。 さて、まずは音を拾っているか確かめるために、上記画像の「 1、つまみを左に」を試してください。 すると 自動感知から入力感度の範囲を手動で切り替える設定になります。 この状態でマイクに向かって喋ると、 少し 色の暗いゲージが動いているのが確認できると思います。 これが 貴方の音声を感知している範囲になります。 「 2」のつまみを調節し、貴方の拾いたい感度の範囲を調節してください。 オレンジ色の範囲がマイクの音声を拾う範囲です。 一番左につまみを持っていくと全ての音声を拾います。 ここまでで大体通話可能になるはずですが、まだ出来ない場合があります。 Discordのノイズキャンセリング「Krisp」のやり方 Discordにはノイズ対策としてPC版のみ「Krisp」が内蔵されています。 KrispはAIによるノイズ除去アプリです(参考:) さっそくKrispの使い方を見ていきましょう。 1つ目の方法が、 音声通話中に設定する方法です。 通話チャンネルに入った状態で、「 1」のマークをクリックします。 続けて、ノイズ抑制のポップアップが現れるので「 2. のつまみ」を右に倒してください。 これで設定完了です。 すぐ下の「TEST」をクリックすると、マイクテストを行えるので自分の声まで途切れてないか、ノイズが抑制されているか確認してください。 2つ目の方法が、 設定画面から設定する方法です。 どちらでも同じなので、好きな方を利用してください。 やり方は以下の通りです。 設定画面に移動し「 1. 音声・ビデオ」を選択します。 すこし下にスクロールすると「詳細設定」という項目が現れるので「 2. のつまみ」を右に倒します。 これで設定完了です。 声が途切れるときに見直すもの 下記の画像のように「音声・ビデオ」の エコー除去をオフにしてください。 それでも治らない場合は、 音量調節の自動化もオフにしてください。 ノイズキャンセル マイクのテスト(音声テスト)の方法 PC版のみ音声設定からマイクのテストを行えます。 上記の 赤枠で囲った部分がマイクテストになります。 「Let's Check」を押したらマイクテストスタートです。 マイクが反応していれば、このようにメーターが動くはずです。 より大きな音を感知すればメーターは右へと動きます。 テストをやめたいときは 「Stop Testing」をクリックしてください。 他サービス(Twitter・Skypeなど)との連携 正確には 「接続」と言われ、 他サービスでDiscordを使用しているフレンドを一覧に表示させることができます。 これにより、他サービスからDiscordへの移行をスムーズに行ったり、ひとりひとり申請していく手間が省けます。 連携は以下の画像の手順に従ってください。 PC版も同じです。 この時、既に接続済みのサービスは右の画像のように表示されます。 この画像の場合、SkypeとTwitterが既に接続済みとなり、「プロフィールに表示」をオンにしていると、 Discord内のプロフィールに接続しているアカウントが表示されるようになり、他人から見られるようになります。 「Discordにフレンドを同期」がオンになっていると、 そのサービス利用者でDiscordを利用している人をフレンド一覧に表示するようになります。 すると、フレンドが同期されている場合は、 フレンド一覧の提案タブに表示されるようになります。 まだこの状態ではフレンドになっていないので、Discord上で改めてフレンド申請をしてください。 Discordのサーバー設定 この項目ではサーバーの基本的かつ、知らないと困ることについて説明します。 まずはサーバーの設定画面に移動しましょう。 行き方は2通りあります。 サーバーの設定画面への移動方法 下記の画像を見てください。 左と右で2つの方法があることがお分かりいただけると思います。 サーバーの削除方法について 次は サーバーの削除方法について説明します。 何気に分かりにくい位置にあり、 サーバーの設定画面から移動できます。 ありました! 簡単ですね! スマホアプリ版のサーバー削除 次は スマホアプリ版のサーバー削除について説明しましょう。 Android・iOS共通ですが、めちゃくちゃ分かりづらいです。 これがスマホ版のサーバー削除の手順になります。 もはや嫌がらせですね。 サーバーフォルダを作成する(サーバーをまとめる) Discordは サーバーをフォルダにまとめることができます。 所属するとサーバーが多くなってくると、いちいちサーバーを探すのも面倒なので 整理してしまいましょう。 この操作は PC・スマホ共に共通です。 まずは画像のように、 サーバーアイコンを引っ張って、他のサーバーに重ねてしまいましょう。 すると、 サーバーをまとめたフォルダができあがります。 スマホアプリのフォルダ作成とほぼ同じですね! ちなみに、フォルダをタップすると以下画像のように縦に広がります。 赤枠が広がったフォルダです。 青枠のフォルダアイコンはひとくくりのフォルダであることを示し、PC版ではマウスカーソルを載せると フォルダ内のサーバー名一覧が表示されます。 サーバーフォルダを解体する サーバーフォルダ内のサーバーアイコンを引っ張って、 全部外に出してあげるだけです。 やり方はPCもスマホも同じです。 簡単ですね! Discordのチャンネル・カテゴリー Discordでは、 サーバー内にチャンネルを自由に作成でき、また チャンネルをカテゴリーで分けることが可能です。 さっそく、サーバーにチャンネルを追加していきましょう。 カテゴリーの作成 チャンネルは カテゴリーで分けることができます。 カテゴリーは自由に設定可能で、例えば上の画像のようにカスタマイズできます。 「作業部屋」というサーバーの中に、「お絵かき」と「ゲーム」カテゴリーがあり、テキストチャンネルとボイスチャンネルが1つずつ作成されている状態ですね。 では、さっそく カテゴリーを作成してみましょう。 まず、 1の「…」をタップします。 続けて、出てきたメニューを下までスクロールして 2の「カテゴリーを作成」をタップしましょう。 カテゴリー作成画面が出るので、 1の赤枠に 好きなカテゴリー名を入力してください。 カテゴリー名は後から自由に変更できるので、好きに入れてしまって構いません。 ちなみに、 プライベートカテゴリーにチェックを入れると、特定ロールの人だけがアクセスできるようになります。 最後に、 2のチェックマークをタップすると 作成完了です! 3の赤枠が作成したカテゴリーになります。 この時点ではチャンネルが何もない状態ですね。 チャンネルの作成 さっそく チャンネルを作成していきましょう。 操作はPC・スマホ共に同じです。 チャンネル作成画面へに行き方には2種類あり、任意のカテゴリー内に作成する方法と、カテゴリーに属さないチャンネルを作成する方法です。 違いは 1. サーバー横の「…」から入るかです。 好きな方をタップしたら、そのままスクロールし、 2の「チャンネルを作成」をタップしてください。 チャンネル画面に移動するので、 1の赤枠に 好きなチャンネル名を入力してください。 チャンネル名は後から自由に変更できるので仮のものでも構いません。 この時、作成するチャンネルの種類を選べるので任意のものを選んでください。 プライベートチャンネルは任意のロールのメンバーだけが入ることができるチャンネルです。 設定を選んだら、 2のチェックマークをタップして 作成完了です。 3の赤枠内に今回したテキストチャンネルが作成されていますね。 画像のように、テキストチャンネルとボイスチャンネルは同カテゴリー内に同居させることができます。 カテゴリー・チャンネルの削除 作成した カテゴリーとチャンネルは自由に削除することができます。 PC版ではカテゴリー名かチャンネル名を右クリックで削除メニューを呼び出せます。 しかし、スマホ版ではやや複雑なので手順を画像で説明していきます。 では、さっそく 削除してみましょう。 削除したい 1の赤枠のように、カテゴリー名かチャンネル名を 長押ししてください。 すると右の画像のようにメニューが現れるので、 2の「チャンネルの編集」をタップしてください。 カテゴリーでも同様です。 設定画面が現れるので、 1の「…」をタップしましょう。 続けて、メニューが現れるので 2の「チャンネルを削除」をタップします。 最後に、削除しても良いかという警告が出るので 3「削除」を タップして削除完了です。 ここまでの手順は、カテゴリーもチャンネルも全く同じになります。 Discordで声が聞こえないときの対処方法 ここではDiscordで良くあるマイクが繋がらない場合の対処集を載せておきます。 わりと治ります。 分からない時や困ったときは設定のリセット。 これ基本です。 特定の人だけマイクが反応しない マイクの設定は正常なのに、特定の人の声が拾われない。 そんな時は 新しくサーバーを作ってみましょう。 なぜか他のサーバーでは正常に揃うのに、特定のサーバーのみダメという場合があります。 現状原因不明なので、分かる方はぜひ教えてください。 Pixel3を使用していてマイクが反応しない Discord公式でも認知されているPixel3固有の不具合です。 ベータ版を使用することで対処できます。 まず、PlayストアのDiscordのページに移動してください。 そして少し下にスクロールすると 「ベータ版テストへの参加」という項目があるので、そこの 参加をタップしてベータ版をインストールしましょう。 いずれ正式版でも修正が採用されるはずですが、正式版が反応しない場合はこのベータ版を活用することで対処できます。 終わりに: ご要望・ご質問について 一通り、私なりに完全な初心者用の導入マニュアルとして作ってみたつもりです。 追記の要望やご質問、ここちょっと情報が古いよというのがあればツイッターやコメント欄からどしどし送ってください。 また、普段からいつもゲームをしているのでTwitterやDiscordでガンガン絡んでくださいね! Twitter: Discordで使える機材 Discordで使える便利な機材を私なりに厳選したものをご紹介します。 ヘッドセットと選び方 実際に筆者がDiscordで愛用しているものから厳選しました。 選び方や注意点についても記述しているので、ぜひご覧になってください。 >> マイク【実況者や生配信者愛用の品】 ECM-PC60.

次の

【Discord】サーバー画面共有機能GoLiveを解説!!

ディス コード ライブ

マイクやスピーカーが故障していないのにお互いの声が聞こえない場合は、以下の項目をチェックしてみてください。 相手の声が聞こえない時の対処のやり方 自分の声が相手に聞こえていない時の対処のやり方 PC側の設定• スピーカーの音量が0になっていないか確認する• デバイスマネージャーを開き、サウンドデバイスのドライバーを更新する• マイクがPCの「IN」端子に接続されているか確認する• マイク本体のミュートボタンがオンになっていないか確認する• Discordの設定で「音声・ビデオ」の「出力音量」が0になっていないか確認する• Discordの設定で「音声・ビデオ」の「出力デバイス」を変更してみる• Discordの設定で「音声・ビデオ」の「入力音量」が0になっていないか確認する• Discordの設定で「音声・ビデオ」の「入力デバイス」を変更してみる アプリの動画が不安定になっている時には、 アプリを再起動してみましょう。 以下のやり方でDiscord(ディスコード)アプリを一旦終了させてみてください。 Androidの場合• 「マルチタスク」ボタン(四角マーク)をタップする• 画面の下から上に向かってスワイプし、途中で指を止める• 起動中のアプリ一覧画面にて、Discordを上にスワイプする iPhone 8以前のiPhoneの場合• ホームボタンを素早く2回押す• 起動中のアプリ一覧画面にて、Discordを上にスワイプする 今回は、Discord(ディスコード)の基本的な使い方や音声通話のやり方、音が聞こえない時の対処方法などをご紹介いたしました。 最後に本記事の要点をまとめると、以下の5点が挙げられます。 Discord(ディスコード)とは、PC・スマホ・タブレットでチャットや音声通話などを行えるゲーマー向け無料ボイスチャットアプリのこと• テキストメッセージの送受信、1対1の音声通話、画面共有など、様々な通信機能が搭載されている• サーバーを作成して友達を招待すれば、ボイスチャンネルにて大人数ボイスチャットを楽しめる• もしも音声が聞こえない場合は、マイクやスピーカーの設定チェック・アプリの再起動・新サーバーの作成などを試してみると良い• Discord(ディスコード)側の不具合が原因の場合もあるので、Discord公式Twitterアカウントをフォローして問い合わせしてみるのも一つの手.

次の