年末 調整 電子 化。 保険料控除証明書等が電子データになり、電子的提出が可能になります【年末調整・確定申告で提出できます】

令和2年の年末調整電子化、電磁的方法の承認申請が必要

年末 調整 電子 化

来年令和2年10月以降の年末調整からは証明書も、データにて提出することが可能となります。 ) なおこの届出にてデータ申告が可能となる書類は以下のものです。 ・ 給与所得者の扶養控除等申告書/ 従たる給与についての扶養控除等申告書/ 給与所得者の配偶者控除等申告書/ 給与所得者の保険料控除申告書(所得税法第198条第2項) ・ 退職所得の受給に関する申告書(所得税法第203条第4項) ・ 公的年金等の受給者の扶養親族等申告書(所得税法第203条の5第5項) 来年からは上記に加えて、控除証明書と住宅借入金等特別控除のデータ提出が可能となるため、年末調整申告手続きの、完全なペーパーレス化が実現できるようになるということです。 年末調整手続の電子化に向けて今からできる準備 ・ 給与システム等の改修 従業員が提出する控除申告データ・電子的控除証明書を給与システムへ取り込み、計算を行うためのシステム改修等が必要です。 改修対応にあたっては、給与システムを提供する開発業者へ確認をしておきましょう。 ・ 税務署への届出 上記の「源泉徴収に関する申告書に記載すべき事項の電磁的方法による提供の承認申請」にて、税務署の承認を受けます。 申告データの提出を令和2年10月から行う場合には、令和2年8月までの税務署提出が必要となります。 ・ 従業員への周知 保険会社からの控除証明書をデータ添付してもらうにあたり、従業員へあらかじめ周知をしておきましょう。 従業員から取得方法等の問い合わせを受けた場合は、各保険会社へ尋ねるよう案内してください。 電子化導入後の年末調整業務の変化 ・従業員の申告提出 電子的控除証明書等をインポートし、自動入力にて申告データをする場合、記載の手間が削減されます。 また控除額の自動計算により、手計算の手間と誤りが無くなります。 ・給与支払者の確認業務 手計算で作成された控除申告と比べ、計算誤りのチェックやデータ入力等の手間を削減できます。 電子控除証明書をインポートしたデータについては、申告書と証明書の突合確認が不要となります。 まとめ 今年令和1年の年末調整業務の真っ最中、またはひと段落した時期と思いますが、今年の業務の振り返りとあわせて、次年度の業務フロー変更も検討されてはいかがでしょうか。 特に、既に電子化を導入されている会社であれば、保険料控除証明書と住宅借入金等特別控除の電子化も困難ではないと思いますので、ご利用の給与システム等の改修予定のチェックや、従業員への周知の準備をなさることをお勧めします。 参考:.

次の

年末調整の電子化

年末 調整 電子 化

年末調整って、会社の給与担当に提出するあれよね? そう、それです。 実は年末調整の電子化が 2020年10月から開始される、というのです。 年末調整って、手書きとか添付書類とかたくさんあって結構めんどくさいですよね。 今日は年末調整が電子化されることでどんなふうに便利になるのか?課題はないのか、といったところをご紹介したいと思います。 年末調整の電子化とは 年末調整の電子化によって、どんなメリットがあるのでしょうか? 年末調整が電子化されるということは• 申告書を手書きする手間が省ける• 添付書類もデータ化される• データを送信するだけで生命保険の証書などを会社の給与部門に提出する必要がなくなる うーん、なんとなく便利になるようなならないようなw 国税庁の資料によるとこんな感じに変わるそうですよ。 こちらがこれまでの手続き そしてこちらが変更後 もうちょっと掘り下げて見てみましょう。 従業員側のメリット まず、年末調整に 必要な添付書類を管理する必要がなくなります。 年末調整に必要な添付書類は…• 扶養控除等(異動)申告書• 生命保険などの証書• 地震保険の証書• 住宅借入金等特別控除申告書• 住宅ローン残高証明書 などがあります。 従業員は、自宅に届いたこれらのはがきや書類を手書きしてを会社に持っていって提出する必要があります。 そして、会社の給与担当は、提出された年末調整の申告内容を 自社の給与システムに手入力することになります。 さらに、提出された申告書を手計算で誤りがないかチェックしたり、ハガキなどの書類は最低7年間は保管しなければならないとされます。 こうした面倒な事務処理が電子化によって軽減されるとのことです。 よって、給与担当側のメリットとしては、• 給与システムへの入力不要• 計算チェックの手間が簡略化• 紙文書の保存が不要 ということで企業の手間も少なくなるとのことです。 もしも、年末調整が電子化されれば• 自宅のパソコンから会社あてに送信できる• 添付書類は保険会社らからデータで受領するので書類を管理する必要なし• 入力支援ソフトにより複雑な計算は不要になる 証書のはがきを無くして慌てることもなくなるわけね。 来年からホントに電子化が始まるの? 本当に来年から電子化が始まるの?というそもそもの疑問があります。 おそらく国がそう言うなら 制度としては始まるのでしょう。 ただ、なかなかハードルも厳しそうで、電 子的に年末調整できる対象者はかなり限られるのではないか、と思います。 給与システムの改修 従業員から受け取るデータは、最終的には自社の給与システムに取り込まれることになります。 国は処理を行うためのソフトウエアを無償で配布するとしていますが、これに対応させるための給与システムの改修が必要になりますよね。 データを取り込むソフトウェアは国が提供するとのことですが、データレイアウトや必要な属性など課題はいろいろありそうです。 マイナンバーカードを取る必要がある 先ほどの図でも記載のとおり、データで受け取るためには、マイナポータルを経由することになります。 マイナポータルを使うということはマイナンバーカードが必要ということです。 マイナンバーカードをめんどくさがって申し込まない人が多い中でどれほど電子化が進むのか?給与担当者は電子化の準備をしつつも、永遠に紙文書の処理を強いられることになるのです。 給与担当者の作業負荷は変わらない 確かに従業員全員が電子で年末調整してくれたら結構楽になると思うんですけどね。 でも、紙文書で年末調整する社員と電子で年末調整する社員が混在することは目に見えています。 ということは事務の進め方は二重になるし、どの社員が紙か電子かといったことも管理しなければならないので 給与担当者の負担はあまり変わらないんじゃないの? そんな感じもしますね。 保険会社がマイナポータル連携に対応する必要がある 一番のネックは証書を発行する企業がマイナポータルでやり取りできる対応が可能になるかどうかが不明確な点です。 システム構築など一定の負担もかかりそうですし、今後どれだけ普及するのかが見所ですね。 また、対応していなくてもデータをダウンロードするだけでも良いとされます。 このあたりは企業ごとに対応が分かれることになります。 ちなみに証書等の電子化に対応している企業はどこか、Googleで検索したのですが、 現時点ではヒットする企業はひとつもありませんでしたが… 年末調整関連銘柄 一応、資産経営ブログですので、年末調整電子化関連銘柄でも挙げておきましょうか。 ミロク情報サービス• PCA• OBC• アマノ• TKC 給与システム関連は富士通、NEC、日立がやはりシェア上位のようです。 ただ、投資するなら業績的なインパクトがありそうな銘柄のほうが良いのかな、と。 もしもよろしければ調べてみてください。 最後に ということで年末調整の電子化についてまとめてみました。 実際にこれを実施したところで便利になるかどうかは分かりませんが、世の中なんでも電子的に物事を解決していこうという流れは間違いないようです。 ワタシもこうした流れに遅れを取らないように世の中の勉強に励まないといかんですね… とりあえず、うちの会社も年末調整の電子化を取り入れるようなことがあれば、真っ先にチャレンジしたいと思っています。 都内居住、40代、こども2人、奥さん1人。 株をなんとなく始めて15年。 未だに億り人になれず、最近になって経済的自由をゲットするために本気に取り組み始める。 好きなものは、馬券、ポイ活、 LINE Pay、飛び地。 【メインテーマ】 日本株、米国株投資のほかインデックス投資の資産運用や節約情報、ガジェット関係。 運用資金は生活費の節約。 スマホなどの節約情報からクレカ、ポイントサイト、ふるさと納税、株主優待クロスに挑戦中。 【ブログのポリシー】 ブログは雑記ですが、毎日更新が目標。 実体験に基づき本当に良いものは良い、悪いものは悪いと感じたことをそのままに表現することが信条です。 申し訳ありません。 NEW ENTRY.

次の

年末調整控除申告の電子化が始まります! 早めの準備を心がけましょう

年末 調整 電子 化

テーマ 年末調整手続の電子化について 広報対象 給与等の支払者(勤務先)及び給与等の支払を受ける者(従業員) ポイント 年末調整手続の電子化による年末調整事務の簡便化 年末調整手続の電子化について 令和2年10月以後に提出する生命保険料控除、地震保険料控除及び住宅借入金等特別控除に係る控除証明書等について、電子データによる提供が可能です。 これらの電子データを利用し年末調整手続を簡便化するため、国税庁が「年末調整控除申告書作成用ソフトウェア」(以下「年調ソフト」といいます。 )を無償提供します(令和2年10月リリース予定)。 (年末調整手続の電子化による手続の流れ)• 従業員が、保険会社等から控除証明書等を電子データで受領• 従業員が、 の電子データを年調ソフトにインポート(自動入力、控除額の自動計算)• 従業員が、控除額が自動計算された保険料控除申告書、住宅ローン控除申告書等(以下、「年末調整申告書」といいます。 )を電子データにて勤務先へ提供• 勤務先において、 の電子データを給与システム等にインポートして年税額を計算 年末調整手続の電子化のメリット (勤務先のメリット)• 年末調整申告書の記載内容・控除額のチェック、給与システム等への入力、年税額の計算等が自動化されることによる事務コストの削減• 年末調整申告書(書面)の保管が不要となり保管コストが削減• 従業員が作成する年末調整申告書の記載誤りが減り、従業員への問合せ事務が削減 (従業員のメリット)• 手書きによる作業の省略(年末調整申告書への記入、控除額の計算)• 作成した年末調整申告書データを翌年度以降も利用することによる、翌年度以降の入力事務の軽減 年末調整手続の電子化の準備 従業員から年末調整申告書に記載すべき事項を電子データにより提供を受けるためには、勤務先があらかじめ所轄税務署長に、「源泉徴収に関する申告書に記載すべき事項の電磁的方法による提供の承認申請書」を提出し、その承認を受ける必要があります。 また、従業員においては控除証明書等を書面(ハガキ等)ではなく電子データで取得するために、契約している保険会社等に控除証明書等のデータ発行を依頼する必要があります。 年末調整手続の電子化についての詳細 年末調整手続の電子化の詳細については、国税庁ホームページの「年末調整手続の電子化に向けた取組について」()をご覧ください。 サイトマップ(コンテンツ一覧)• 年末調整手続の電子化について.

次の