小児白血病 初期症状 チェック。 白血病 症状チェック

小児白血病の初期症状(発病と経過)

小児白血病 初期症状 チェック

もし、あなたがこどもの白血病を 強く疑っている場合、病院へ行き、まず 血液検査をすべきです。 わたしがこの記事を書こうと思ったきっかけは、イギリスの知人の出来事がきっかけです。 彼女は、こどもにぶつけた覚えのない点状のアザが足を中心にできているのを発見して、白血病を疑っていました。 イギリスでは、日本のようにすぐに専門医に見てもらえるわけではなく、とりあえず自分の力で症状をしらべたり、民間医療にゆだねたり、専門性のないかかりつけ医に行くという医療システムです。 専門医までたどり着くのに苦労します。 知人は散々ネットで情報を調べ不安に陥りまくったあげく、結局かかりつけ医へ。 結果は「血管性の紫斑病」と診断されました。 これは皮膚に赤紫色のアザ(紫斑)がでる病気ですが、一過性のものです。 症状をネット検索であれこれ調べるのは今の世の中かんたんですが、やはり情報に惑わされたり、勝手な誤診断をしてしまうことも多い。 この記事は、 【ネットだけの症状判断で不安になるべきではない】ということを伝えるためにつくりました。 原因は他にある可能性のほうが高いのです。 この記事で紹介した【こどもの白血病】の症状は早期発見の役にたてば幸いです。 こどもは自分でちゃんとした症状を訴えられない事が多いので、そばで見ているお母さんやお父さんがこどもの症状に気づけることも重要です。 しかし、 こどもの白血病の多くの場合、わかりやすい明らかな症状はでません。 こども自身も親もまったく気づかず、ぐうぜんに病院を受診したことによって発見されることが多いのです。 幸い日本はどこの病院でもすぐに採血、血液検査が可能です。 疑わしい場合はひとまずかかりつけの病院へいきましょう。 もしも白血病であれば、血液検査の結果に異常がでます。 そして確定診断のための検査へとすすむことになります。

次の

急性リンパ性白血病(ALL) Q&A│小児がん

小児白血病 初期症状 チェック

小児がんとは 小児がんとは乳幼児から15歳までにかかる悪性腫瘍の総称です。 小児の人口10,000人に対して1人の割合で発症するといわれています。 4歳までの子どもでは、先天異常が死亡原因の1位となっていますが、10歳~14歳の学童期以降では、小児がんが小児の死亡原因の第一位となっています。 小児がんの原因はわかっていないことが大部分で、生活習慣が主な原因ではなく遺伝的要因が原因の一つとして考えられているため、予防をすることは難しいです。 しかし、現在では、化学療法や外科療法、放射線治療などがん治療の進歩により、様々な治療を行えることになった結果、70~80%が治療に成功して、成人しております。 医療の進歩により、小児がんもその予後は著しく改善されています。 しかしながら、その一方で長年にわたる長期入院となる場合も少なくはありません。 強力な治療は功を奏する場合も多いのですが、その一方で、治療による急性合併症などの可能性もあります。 さらに、子どもの体は発育途中にあるため、治療による合併症が、何年も経ってからあらわれることがあります。 これを晩期合併症といい、発育や発達の障害、高次脳機能障害、臓器障害、内分泌障害、性腺障害など、さまざまな問題が起こることがあります。 種類 小児がんとは、小児がかかるさまざまながんの総称です。 小児がんの種類は成人とは異なり、白血病、脳腫瘍・脊髄腫瘍、神経芽細胞腫、リンパ腫、網膜芽細胞腫、悪性骨腫瘍(骨肉腫, ユーイング肉腫など)、腎臓の悪性腫瘍(ウィルムス腫瘍など)、結合組織・軟部組織の悪性腫瘍(横紋筋肉腫など)、肝臓の悪性腫瘍(肝芽腫など)、卵巣の悪性腫瘍(胚細胞腫瘍など)などがあります。 このように小児がんは、白血病などの造血器腫瘍や非上皮性腫瘍(肉腫)などが多いことが特徴です。 小児がんの中で、最もかかることの多い白血病が小児がんの約40%を占めて、脳腫瘍・脊髄腫瘍が約20%、神経芽細胞腫が約6. 5%と続きます。 小児がんは、血液のがんである白血病やリンパ腫を除くと、大人ではかかることがまれなものばかりです。 一方で胃がんや肺がんなどは、子どもにはみられません。 小児がんは、生活習慣がその要因となっていると考えられるものは少ないとされており、これが大人のがんと違うところです。 また、小児がんには網膜芽腫やウィルムス腫瘍のように、遺伝が原因となるものもあります。 小児がんは、国際小児がん分類により、大きく12種類に分類されます。 1.白血病 2.リンパ腫 3.中枢神経系腫瘍(脳腫瘍、脳神経腫瘍) 4.神経芽腫 5.網膜芽腫 6.腎腫瘍 7.肝腫瘍 8.骨腫瘍 9.軟部腫瘍 10.胚細胞性腫瘍 11.上皮性腫瘍・黒色腫 12.その他 これらをさらに細かく、全部で47種類に分類します。 これらのうち、主な小児がんは次の通りです。 白血病とは、血液細胞のうちの「白血球」ががん化するもので、小児がんの中でももっとも発症例が多いがんです。 小児がん全体のうち、約40%を占めており、年間でおよそ1,000人の子どもが発症するといわれています。 白血病になると、正常な白血球が少なくなってしまうため、感染症になりやすい、血液が止まりにくいなどの症状があります。 小児がんのうち、白血病に次いで発症例が多い、頭蓋骨の中にできるがんです。 小児がん全体のうち、20%を占めます。 脳腫瘍には多くの種類があります。 子どもに多い脳腫瘍には、神経膠腫、胚細胞(はいさいぼう)腫瘍、髄芽腫、頭蓋咽頭腫(とうがいいんとうしゅ)など、子どもの脳腫瘍にはとても多くの種類があり、脳腫瘍は小児がんの中でも、もっとも死亡する可能性が高いがんです。 小児がんのうち、3番目に発症例が多いがんで、特に5歳以下での発症が多いといわれています。 神経細胞にできるがんですが、腎臓の上の「副腎」とよばれる部位や、胸腹部にある交感神経の根幹の部分の細胞から発症する例が多く、リンパ節や皮膚への転移がみられることがあります。 免疫機能(体の中に入って来た細菌やウイルスを排除する)をつかさどるリンパ組織から発生するがんで、小児がんのうち4番目に発症例が多いがんです。 リンパ組織は全身に及んでいることから、全身のあらゆる部位に発生する可能性があり、発生部位によってさまざまな症状がみられます。 小児のリンパ腫は、適切な治療により比較的高い確率での治癒が望めるといわれます。 子どもの腎臓にできるがんで、子どもの腎臓にできる腫瘍のうち90%を占めるといわれています。 胎児期に「腎臓を作り出す細胞」から発生するがんであり、およそ50%は2歳前までに発症し、5歳までには90%が発症します。 腎臓ががん細胞によって大きくなってしまうため、腹部の腫瘤に触れる、腹部が膨隆するなどの症状があります。 さらに、腹痛や嘔吐、発熱、血尿などがみられることがあります。 小児がんは、全身のさまざまな部位で発生する可能性があります。 がんの種類や発生部位によって、治療方法は変わってきます。 小児がんの補助制度 小児がんの治療は長期間にわたることもあり、治療費の負担が大きくなることもありますが、医療費の自己負担分を補助する小児慢性疾患医療費助成制度を活用することができます。 小児がんの症状 小児がんは、風邪のような症状や、筋肉や関節の痛みが続くなどの理由で、かかりつけ医等医療機関を受診し、がんと診断されるケースも少なくありません。 がんと診断された時に、数か月くらい前からがんに関連する症状があったと、患者や家族にとって身に覚えがあることもあります。 小児がんは、さまざまながんの総称ですので、実際に発症しているがんによってみられる症状は異なりますし、年齢による症状の違いがあるケースもあります。 実際にみられる小児がんの症状は、発熱や頭痛、リンパ節の腫れ、などさまざまです。 では、いくつかの代表的な小児がんの症状をみていきましょう。 「風邪をひいたか?」と思いつく症状の一つが、発熱です。 小児がんは、発熱をきっかけとして診断されることがあります。 発熱がみられる小児がんには、白血病、悪性リンパ腫などがあります。 小児がんは多くの場合、発熱以外の症状も見られます。 頭痛も、風邪と間違えてしまう可能性のある症状です。 頭痛の原因はさまざまであり、必ずしも小児がんによるものではありません。 しかし、おう吐をともなうような頭痛は、の代表的な症状です。 リンパ節は、体の中のあちらこちらにありますが、特に首の周り、耳の後ろ、アゴの裏(下)、腋の下、足の付け根などは、皮膚の上から触れるだけでも、位置が分かることがあります。 これらのリンパ節は、小児がんが原因で腫れることは少ないのですが、風邪などの感染症でも腫れてきます。 一般に、感染症による急性の炎症が起きて腫れているのとは違い、がんによるリンパ節の腫れは、触れなければ痛みを伴うことがない症状ですが、原因に関わらず、触れると痛いのが特徴です。 ただし、急性の白血病や悪性リンパ腫の場合は、リンパ節が急に腫れて大きくなるため、触らなくても痛いことがあります。 小児がんでは比較的多い症状です。 白血病や骨肉腫が原因となっていることもあります。 「眠れないほどの痛み」と表現されるような、非常に強い痛みを伴うこともあります。 しこりや腫れは、皮下や筋肉の中に出来ますが、痛みが無いことが多く、腫瘤がかなり大きくなってから気付くことがあります。 単なる風邪ではしこりはできないため、何か他の病気ではないかと気づくでしょう。 筋肉の腫瘤を起こす小児がんには、神経芽腫やリンパ腫などがあります。 CT検査 小児がんの場合、腫瘍のある部位や大きさ、広がり、転移の状況を把握するために造影剤を使用する場合が多いです。 CTは頭部、肺、骨、内臓などの広範囲の情報を短時間で収集できる検査ですが、その一方で被ばくの問題があります。 最近では、小児向けにCT撮影のX線の量を調整したり、装置を装飾している施設も増えています。 MRI検査 MRI検査はCTは違い、X線を利用しないので、被ばくの心配はありません。 CTより画像も鮮明なこともメリットになります。 ただし、MRI はCTと違って、狭い空間の中で検査を行うため、心理的な負担がかかるデメリットがあります。 また、CTは短時間での検査になりますが、MRIの撮影時間は長く、数十分から最大で1時間以上かかることもあります。 撮影時に体が動くと、正確な画像撮影ができなくなり、CTと違ってMRIの撮影中は大きな音が出るため、子どもに対する検査では鎮静剤を使用して撮影する場合も多くあります。 超音波検査 超音波検査は、CTとは違い、X線を利用しないので、MRIと同様に放射線被ばくがありません。 心臓などの臓器でもリアルタイム画像の観察ができる、多少体が動いても検査ができる、造影剤を利用しない、検査の苦痛が少ないなどのメリットがあります。 ただし、検査をする者には知識と経験が必要であり、技量によって結果が左右されます。 また、骨や空気により、脳や肺などの画像化ができないため、超音波だけですべての臓器を診断することはできません。 小児は成人と比べて体が小さいため、超音波検査に適しています。 核医学検査 放射性医薬品を注入して、一定の時間後、体から出てくる放射性を検出して、画像にする検査です。 検査の種類によって、利用する放射性医薬品は異なります。 検査用のベットで数十分横になっている間に検査が終わるので、子どもにとって苦痛のない検査ができるメリットがあります。 ただし、放射性医薬品を注入するため、被ばくのデメリットがあります。 病理診断 小児がんの検査をする場合、診断のために病変組織を手術、腹腔鏡、穿刺針などによって採取して、調べます。 採取した病変組織は病理検査室で、正確な診断のために、緻密な検査を行います。 数日から数週間程度の検査で、がんの状態について詳細がわかります。 小児がんの治療法 小児がんの治療は、発症しているがんによって内容が変わります。 多くの場合、手術(外科療法)、抗がん剤 化学療法 、放射線療法などを組み合わせた「集学的治療」が行われます。 また、治療を受けている子どもたちの苦痛を軽減する、支持療法・緩和療法は、小児がんの治療を円滑にすすめるためにとても重要です。 小児の支持療法・緩和療法は、大人へのそれとは違い、小児患者の年齢に合わせたコミュニケーションや、薬物の処方、意思決定、家族ケアなどが必要となります。 手術 外科療法 がん病巣を手術で除去する療法で、原発巣だけでなく、他の部位に転移した転移巣も取り除きます。 がんそのものを外科手術で除去する局所療法です。 がんの治療法として最も基本的な治療法です。 頭蓋骨の中にできる脳腫瘍、交感神経節などにできる神経芽腫、腎臓にできるウィルムス腫瘍(腎芽腫)などの固形がんに対しては、手術によってがんを切除することが優先されます。 また、これらの小児がんには薬物療法は補助的に行われるケースが多くなります。 cancer. jsps. huhp. hokudai.

次の

小児がんの初期症状や発見方法

小児白血病 初期症状 チェック

白血病は血液細胞ががん化したものです。 がん化にはいくつかの遺伝子異常が関わっています。 子どもが病気にかかったことについて、ご両親は自分たちに原因があるのではないかと深くお悩みになることが多く見受けられます。 しかし、子どもが病気になったのは誰のせいでもありません。 病気の発症を予測し、予防をするのは非常に困難なことなのです。 放射線被ばく、遺伝的素因、ごく一部でウイルス感染が原因となりますが、多くの場合、原因は特定できません。 しかし、白血病もほかの「がん」と同様に、遺伝子の傷が重なって発症することがわかっています。 では「がん」とは一体何でしょうか? 人間の体はたくさんの細胞から成り立っており、健康なときには古くなった細胞が新しい細胞と毎日入れ替わっています。 しかし、体の中に「がん」細胞ができると、全体の規則を無視して、限りなく増え続けてしまいます。 血液の「がん」である白血病では、「がん」化した白血球 白血病細胞 が骨髄 硬い骨の中心にあるスポンジのような部分 の中で異常に増え続けています。 もともと骨髄の中では正常の血液細胞 赤血球・白血球・血小板 が作られているのですが、白血病細胞は骨髄に蓄積されて正常な血液細胞を作る妨げとなったり、リンパ節・肝臓・脾臓の中でも増え続けたりするため、血液の異常をはじめとしたさまざまな症状が出てきます。 症状だけではすぐに白血病とは判断できません。 白血病では正常な血液細胞を作ることが妨げられるために、発熱・顔色が悪い・出血が止まりにくいなどの症状がみられます。 しかし、初期では、風邪やその他の子どもによくある病気と区別できないことも多いので、血液検査をしないと症状だけでは白血病かどうかはわかりません。 「顔色が悪いけれど、元気に幼稚園や学校に通っていた」というようなケースも見られます。 そのうちに手足にしつこい痛みが出てきたり、くり返し熱を出したり、あざがたくさんできるようになったり、リンパ節・肝臓・脾臓が大きく腫れて、外から触ることができるようになってきます。 これらの症状がいくつかそろえば白血病の可能性が疑われます。 白血病を診断し、治療法を決めるためには、血液検査に加えて骨髄の検査が必要です。 通常、骨髄の検査は入院して行います。 小児急性リンパ性白血病では、骨髄移植を必要とすることは少ないです。 これは全身に広がっている白血病細胞に対して、注射や飲み薬をからだのすみずみまで行き届かせて治療します。 ただし、お薬が届きにくい体の場所が2ヶ所あります。 それは、中枢神経 脳と脊髄 と、男の子の場合はこう丸(精巣)です。 このため特に中枢神経に対しては、腰から髄腔内に注射を行うことで薬を十分に行き渡らせます。 こう丸に対しては、治療法が進歩したことにより、再発の率に特に違いはなくなりました。 造血幹細胞移植は、化学療法よりも治療後の合併症が高い頻度で起こるため、化学療法で治りにくい患者さんに限られます。 そのため、初期に病気の治りやすさを的確に予測して、治療法を選択します。 化学療法の副作用にはどんなものがありますか? 化学療法の作用は、細胞の成長・増殖を抑えて、細胞を破壊することです。 このため盛んに増える白血病細胞を破壊することができるのです。 しかし盛んに増える細胞であれば正常な細胞であっても同じように作用してしまうため、副作用が現れるのです。 主な副作用として、• 感染症を起こしやすくなる• 吐き気・下痢・便秘など 胃腸の症状• 口内炎など粘膜の症状• 脱毛、爪・皮膚色の変化など外見上の変化• 貧血・白血球減少・血小板減少 3つをあわせて「骨髄抑制」と表現します• 肝臓や腎臓の障害• 心臓の障害 などがあげられます。 その他、お薬によってはアレルギー反応などの副作用もあります。 同じお薬でも個人差もあり、また場合によっても副作用の出方にはばらつきがあります。 ほとんどの副作用は、薬を使った後しばらくの間だけ見られるもので、自然に回復します。 白血病に対する治療効果をあげるためには、ある程度の副作用が出ることは避けられないことですが、副作用に対して有効なお薬を用いることによって副作用の軽減に努めます。

次の