モアイ は 語る。 モアイは語る: 徳島大学で地理学を学ぶ

モーニング・アフタヌーン・イブニング合同Webコミックサイト モアイ

モアイ は 語る

イースター島の場所 1722年、オランダの探検家によって島とポリネシア人が発見された。 全盛期では17500人が住んでいたそうだ。 この島は南太平洋に位置し、現地語で「ラパ・ヌイ」と呼ばれ、チリの領土となっている。 他の陸地から離れているため、地図上で最も離れているといわれている。 まさに絶海の孤島だ。 チリからは、なんと3700キロメートルも離れている。 チリのサンディアゴから飛行機で5時間かかる。 日本列島の全長が3300キロメートルだから、いかにチリから離れているかが分かるだろう。 島は軽石から成り立ち、二等辺三角形をしている。 周囲58キロメートル、面積一二〇平方メートル。 最初からイースター島という名前ではなかった。 原住民は、オランダ人探索隊にこの島のことを「テ・ピト・オ・テ・ヘヌア」と答えたそうだ。 意味は「世界のへそ」という。 神秘性を感じる名前だ。 モアイ像の概要 モアイは頭・耳・鼻が長く、太眉の下の目は窪んでおり、唇が前に突き出している。 島の東にある死火山の石を使っていた。 島民は火山性の岩石(凝灰岩でできている)を切り落とし数多くの石像を創り出した。 石像の重さは82〜85トン、巨大なもので高さ10メートルにも達する。 モアイ像の数は確認されているだけで887〜1000体ある。 これほど沢山の岩石を、車や船を使わずに人間の動力を用いて採石場から数キロ離れた台座へ運んだのである。 日本の江戸時代、江戸城の石垣を運ぶときに陸で運ぶのは無理だから、船を使って運んだ。 モアイ像の人達は船や筏を使わず、一体どうやって人間の力だけで巨石を運んだのか? モアイ像が発見された時期 モアイ像は13世紀から15世紀の間に作られたといわれている。 オランダ人がやってきたときには石像は立っていた。 未完成の像も数多くあったが、一八四〇年までに石像は島民によって全て倒されていた。 なぜ、島民は突然彫刻をやめ、モアイ像を倒してしまったのか。 モアイ像の運び方 コロを使う方法 ジャレド・ダイアモンド著書である「若い読者のための第三のチンパンジー」にモアイ像の運びかたについて言及してあった。 自分たちの先祖は丸太をころとして使って石像を運んだと、二〇世紀の研究者トール・ヘイエルダールに対して島民が答えている。 コロとは、地面に数本の丸太を並べ、その上に対象を乗せ縄などで引っ張ると丸太が回転し、わずかな力で重いものを動かせるという仕組みである。 紀元前から、丸い棒を利用すると重いものを運搬する作業が非常に楽になることが知られていた。 丸太を使う方法なら、モアイ像を削り出すだけの巨石を運ぶことは容易であろう。 ロープで引っ張り歩かせる方法 近年、モアイ像に複数のロープを引っ掛け、倒れないように揺らしながら移動させる方法が話題となった。 日本では、人間環境大学岡崎キャンパスの学生たちが実証実験で10分の1サイズのモアイ像を動かせることを確かめたそうだ。 ロープで引っ張りながら動かせば、ロープと数十人程度の人手があれば動かせる。 イースター島に住む民族が絶命した理由 ジャレド・ダイアモンド著 「若い読者のための第三のチンパンジー」に有力な説が書かれてあった。 西暦400年ごろ、ポリネシア人がイースター島に入植した。 森林でおおわれた島で、彼らは木材を使うために森林伐採を行った。 西暦1500年ごろの人工はおよそ7000人に増えていた。 島民が掘った石像は約1000体、このうち少なくとも324体が立てられていた。 しかし、資源には限りがある。 森林破壊によって丸太を調達できず、岩石を運搬することができなくなった。 漁労に必要なカヌーも製作できず、飢餓に繋がった。 敵対していた部族はお互いの像を倒し、洞穴に引きこもった。 そして絶滅に繋がる。 古代文明は森林破壊によって崩壊していることが多い。 イースター島に住んでいたポリネシア人も自然破壊によって文明を崩壊させたのだ。 モアイ像が作られた理由の謎解き 謎解き1:祭祀のため イースター島の木版にはロンゴロンゴという文字が使われていた。 文字を解読したトーマス・バルテルによると、神への祈りや神話だったそうである。 この小さな島でも独自の神と宗教が存在していた。 ラパヌイの人達の食料は自然に左右される。 自然を操れるのは神しかいない。 そう考えると、神を祀るための石像があったとしても不思議ではない。 モアイ像は神を祀るための石像だったのか。 謎解き2:祖国ムーへの鎮魂の碑 ムー大陸についての著作を書いたイギリス人、チャーチワードはモアイ像を、ムーの血統を引く島の原住民が、滅んだ祖国をしのんで建てたと言った。 ムー大陸が滅んで、大海を彷徨いイースター島にたどり着いたという説である。 少し上を見上げているモアイ像は、国歌斉唱を歌うときのように、厳かな空気に包まれている。 叙情あふれる表情は、遠くの祖国を思い返しているようでもある。 祖国ムーに帰るための鎮魂の碑だったのか。 謎解き3:宇宙人を歓迎するため イースター島には面白い伝承が残っている。 「島には昔、王がいた。 王はマケマケという神を信じ、島民達に「マナ」という超能力を授けた。 モアイはマナの力で歩いたが王が衰えるとモアイも歩けなくなった。 」 という話だ。 この伝承に出てくるマケマケは宇宙人で、マナは宇宙人のテクノロジーだという説もある。 モアイ像が遠い空を眺めているように作られているのは、空から帰還する宇宙人を歓迎するためなのではないだろうか。 オーパーツが展示されていた場所.

次の

モアイ像が作られた理由は何か?謎を解明する

モアイ は 語る

感想文を書く時のポイント• そうすることで文章に説得力が増し、どこから何を考えたかということがわかりやすくなります。 そのため、説明文を初めて読んだときには読者が知らなかった事実が書いてあることが多いです。 あなた自身が初めて知った事実について述べることで感想文の質が上がります。 筆者と自分の意見が異なることもありますが、その際には共感した部分について述べるか、こういった考え方もあるのではといった提案のような形で述べるとよい文章になります。 [ad co-4] モアイは語る:感想文の例 タイトルにもある「モアイ」について多くのことを知りました。 モアイがどれだけ大きく重量のあるものなのか、また、それを運ぶことがどれだけ難しいことなのかをイメージして考えることができました。 特に「島の人々はヤシの木をころとして使い、完成したモアイを海岸まで運んだ」という部分から、イースター島の文明がいかに発達していたのか分かり驚きました。 そんな文明が発達した島であるのに、資源の使い方を間違えてしまって滅びてしまいました。 筆者が述べているように私もこの事実は他人事ではないと思います。 私たちは豊かに暮らしていますが、資源の使い方は確実に間違えています。 この生活をすぐにでも変えなければきっとイースター島と同じ未来になってしまう、できることは何だろうと考えさせられました。 [ad co-5] モアイは語る:授業指導案作成のポイント 「モアイは語る」の授業指導案を考える際には、次の2点を押さえて授業を構成する必要があります 指導案作成時のポイント• その「問い」を解決していくことで筆者の主張につながっていくことを押さえておくとよいです。 読み手が読む際、はじめの「問い」で興味を持ち、論が進むにつれて主張に近づいていくという構成を生徒に気づかせたいです。 [ad co-] モアイは語る:テスト問題の出題例と解答.

次の

モアイ

モアイ は 語る

ご意見がありましたら、お願いします。 答えの部分の論理関係 岩崎氏の分析では、答えの部分は、基本的には「帰結」の文関係が次々とつながっていく文関係である。 ということは、「柱と柱以外」の文関係が中心になっている論理関係であるということになる。 岩崎氏は「この教材においては「帰結」と「換言」の違いを見分けることに重点を置く。 」と、この教材で教えるべき内容をとらえている。 私は、答えの部分の論理関係は、「帰結」というよりも、時間の論理で書かれた記録文として把握したほうが、よいと考える。 また、問いと答えという大きな論理関係から考えると、答えの柱の文は、絞り込むことはできず、[14][15]段落全体であると把握すべきである。 どのような経過でモアイを作った文明が崩壊していったのかという叙述部分全体こそが、問題提示の答えである。 問いと答えとの大きな論理関係の中で、柱の文をとらえようとしないところに、岩崎氏の教材分析の問題点が生まれたと私は考える。 たとえば、問題提示が「モアイを作った文明が崩壊した根本的原因はなにか。 」というような形であれば、岩崎氏のよみも支持できるのだが、問題提示はそういう形ではない。 以下、私の記録文+説明文としての分析案を掲載する。 原因・結果という関係をとらえながら上の整理ができればよいと考える。 書かれていない事実 木で船を造り、たんぱく源の魚を捕ることもできた 十一世紀ごろモアイ製造開始 千体以上のモアイの巨像を作り続けた 七世紀ごろからヤシの花粉減少 森が消滅していく 家屋の材料・薪、農耕地を作るため、モアイ運搬用のころ・支柱として伐採 豊かな表層土壌が雨によって侵食され、流出してしまった。 火山島はただでさえ岩だらけだ。 もう主食のバナナやタロイモを栽培することは困難となる。 おまけに木がなくなったため船を造ることもままならなくなり、たんぱく源の魚を捕ることもできなくなった。 こうして、イースター島は次第に食料危機に直面していくことになった。 その過程で、イースター島の部族間の抗争も頻発した。 そのときに倒され破壊されたモアイ像も多くあったと考えられている。 モアイも作られることはなくなった。 [13]段落は〈問い〉であり、論理関係からはずす。 P99 時間的制約を考えて、文章構造を学習した後は、論理よみと吟味よみは思い切って本文3に焦点をあてる。 ただし、本稿では吟味よみは割愛する。 P100 前項で述べたように、ここでの指導の重点は論理関係における「帰結」と「換言」の区別である。 柱の文がどこにあるのか考えながら、[14]〜[15]段落の中の論理関係を読み取りなさい。 まず、個人で考えた後、班で話し合いなさい。 …班同士で対立した部分、読みとりが困難であると判断した部分を取り上げて、次のような助言を打つ。 P101 (2008. 05…記) 岩崎成寿氏へ下記の質問をメールでお送りしました。 岩崎氏から回答をいただき、このページで紹介をしてかまわないというお許しをいただければ、掲載させていだく予定です。 みなさんからも、ご意見をいただければ、同じように掲載させていただきます。 三点、質問があります。 (質問1)この教材では、「帰結」と「換言」の違いを見分けることが大事だと教材分析をされていますが、次の部分は、換言(要約)ととらえていいのでしょうか。 (質問3)次の部分は、換言とよんではだめなのでしょうか。 となると「換言」というよみも成立するのではないかと、思います。 また、岩崎さんは「時間的な前後関係がある場合は「帰結」である」という説明もしていますが、「栽培が困難となる」「魚をとることもできなくなった」イコール「食べ物が手に入らなくなっていく」のであり、「食料危機」の初めのレベルに陥っているのですから、時間的に前後があるというよりも、同時に進行していく現象ではないのでしょうか。 以上 三点質問いたします。 (2008. 上の問題提示Aは、《題材であるモアイの説明をするための問いかけ》であり、いわゆる三部構造の前文の役割の問題提示ではない。 なぞがなぞを呼び、宇宙人がやって来て作ったのではないかという説まで飛び出した。 しかし、最近になって、それは西方から島伝いにやって来たポリネシア人であることが判明した。 墓の中の化石人骨の分析や、彼らが持ってきたヒョウタンなどの栽培作物の分析から明らかになったのだ。 さらに、初期の遺跡から出土した炭化物を測定した結果、ポリネシア人が最初にこの島にやって来たのは、五世紀ごろであることも明らかになった。 [4] そのころ、人々はポリネシアから運んできたバナナやタロイモを栽培し、豊かな海の資源を採って生活していた。 そして、十一世紀ごろ突然巨大なモアイの製造が始まる。 同じ時期に、遺跡の数も急増しており、この島の人口が急激に増加を始めたことがわかる。 人口は百年ごとに二倍ずつ増加し、十六世紀には一万五千から二万に達していたと推定されている。 [5] 大半のモアイは、島の東部にあるラノ・ララクとよばれる石切り場で作られた。 このラノ・ララクには、モアイを作るのに適した軟らかい凝灰岩が露出していたからである。 人々は硬い溶岩や黒曜石でできた石器を使って、モアイを削り出した。 [6] 削り出されたモアイは、海岸に運ばれ、アフとよばれる台座の上に立てられた。 このとき初めて、モアイに目の玉が入れられた。 アフの上のモアイは、大抵の場合、陸の方に向けて立てられた。 それは、モアイがそれぞれの集落の祖先神であり、守り神だったからだと考えられる。 人人はいつもモアイの目に見守られながら生活していたのであろう。 石ころだらけの火山島を十キロも二十キロも運ぶには、木のころが必要不可欠である。 モアイを台座のアフの上に立てるときでも、支柱は必ず必要だ。 [9] このなぞを解決したのが、わたしたちの研究だった。 わたしはニュージーランドのマセイ大学J・フレンリー教授とともに、イースター島の火口湖にボーリングをして堆積物を採取し、堆積物の中に含まれている花粉の化石を分析してみた。 すると、イースター島にポリネシア人が移住した五世紀ごろの土の中から、ヤシの花粉が大量に発見されたのだ。 このことは、人間が移住する前のイースター島が、ヤシの森に覆われていたことを示している。 [10] まっすぐに生長するヤシの木は、モアイを運ぶためのころには最適だ。 島の人々はヤシの木をころとして使い、完成したモアイを海岸まで運んだのであろう。 ヤシの花粉の量は、七世紀ごろから、徐々に減少していき、代わってイネ科やタデ科などの草の花粉と炭片が増えてくる。 このことは、ヤシの森が消滅していったことを物語っている。 人口が増加する中で家屋の材料や日々の薪、それに農耕地を作るために伐採されたのだろう。 さらに、モアイの製造が始まると運搬用のころや支柱としても使われるようになり、森がよりいっそう破壊されていったのだと考えられる。 [12] ラノ・ララクの石切り場からは、未完成のモアイ像が約二百六十体も発見された。 なかには作りかけの二百トン近い巨像もあった。 運ぶ途中で放棄されたモアイも残されている。 おそらく森が消滅した結果、海岸までモアイを運ぶことができなくなったのであろう。 [14] かつて島が豊かなヤシの森に覆われていた時代には、土地も肥え、バナナやタロイモなどの食料も豊富だった。 しかし、森が消滅するとともに、豊かな表層土壌が雨によって浸食され、流失してしまった。 火山島はただでさえ岩だらけだ。 その島において、表層土壌が流失してしまうと、もう主食のバナナやタロイモを栽培することは困難となる。 おまけに木がなくなったため船を造ることもままならなくなり、たんぱく源の魚を捕ることもできなくなった。 [15] こうして、イースター島は次第に食料危機に直面していくことになった。 その過程で、イースター島の部族間の抗争も頻発した。 そのときに倒され破壊されたモアイ像も多くあったと考えられている。 そのような経過をたどり、イースター島の文明は崩壊してしまった。 モアイも作られることはなくなった。 文明を崩壊させた根本的原因は、森の消滅にあったのだ。 千体以上のモアイの巨像を作り続けた文明は、十七世紀後半から十八世紀前半に崩壊したと推定されている。 [16] イースター島のこのような運命は、わたしたちにも無縁なことではない。 [17] 日本列島において文明が長く繁栄してきた背景にも、国土の七〇パーセント近くが森で覆われているということが深くかかわっている。 日本列島だけではない。 地球そのものが、森によって支えられているという面もある。 森林は、文明を守る生命線なのである。 [18] 現代のわたしたちは、地球始まって以来の異常な人口爆発の中で生きている。 一九五〇年代に二十五億足らずだった地球の人口は、半世紀もたたないうちに、その二倍の五十億を突破してしまった。 イースター島の急激な人口の増加は、百年に二倍の割合であったから、いかに現代という時代が異常な時代であるかが理解できよう。 [19] このまま人口の増加が続いていけば、二〇三〇年には八十億を軽く突破し、二〇五〇年には百億を超えるだろうと予測される。 しかし、地球の農耕地はどれほど耕しても二十一億ヘクタールが限界である。 そして、二十一億ヘクタールの農耕地で生活できる地球の人口は、八十億がぎりぎりである。 食料生産に関しての革命的な技術革新がないかぎり、地球の人口が八十億を超えたとき、食料不足や資源の不足が恒常化する危険性は大きい。 [20] 絶海の孤島のイースター島では、森林資源が枯渇し、島の住民が飢餓に直面したとき、どこからも食料を運んでくることができなかった。 地球も同じである。 広大な宇宙という漆黒の海にぽっかりと浮かぶ青い生命の島、地球。 その森を破壊し尽くしたとき、その先に待っているのはイースター島と同じ飢餓地獄である。 とするならば、わたしたちは、今あるこの有限の資源をできるだけ効率よく、長期にわたって利用する方策を考えなければならない。 それが、人類の生き延びる道なのである。 (2008. 11 ここまで記 原稿作成途中).

次の