シャドウ バース 攻略 まとめ。 【シャドバ】全コラボ一覧と今後の予定【シャドウバース】

【シャドウバース】教会ビショップのアンリミテッド最新デッキレシピ【シャドバ】

シャドウ バース 攻略 まとめ

詳しくはこちら• 8月アップデート新情報!• メインストーリー 新章追加• 2Pick実装• ミッション 累計BP報酬• カードスリーブ/リーダースキン• リーダースキンは全クラスに追加! New! 後攻時初手ドローが2枚に• 一部カード性能の調整 詳しくはこちら• JCGの大会種目に採用。 追加開催決定。 大会は『Shadowverse』初の公認大会として、オンラインを介して行われる。 7月24日にテスト大会が行われ、64名の募集に数百もの応募があった。 それ受けてかテスト大会なのにvol. 2の開催が決定。 vol. 2は7月30日開催。 応募締め切りは7月27日18時。 8月6日からは定期的に大会を実施していくとのこと。 非公認の大会も活発に行われている為、気になる人は下記ページをチェック!• 更新情報• のページを更新• を更新• 対ヴァンパイアに関しての記述を追加• を更新• のレシピを公開• 上記デッキのの作成 ひとまずビショップのみで順次更新とのこと• おすすめデッキページをクラス毎に一新 おすすめのページ• おすすめデッキ一覧• 初心者向けガイド• ゲームガイド• カード一覧• クラス別カード一覧• 能力別カード一覧• 収録パック別カード一覧• クラス紹介• 攻略 メインストーリー• ミッション• 掲示板• リリース前情報• 外部リンク 公式関連• 攻略ブログ• ニコニコミュニティ• Twitter• (ちょもす氏)• (ミズシナ氏)• (当wikiTwitter) Wiki編集に困ったら•

次の

シャドウバース攻略まとめ隊

シャドウ バース 攻略 まとめ

あなたの自慢のデッキを当サイトで記事にてご紹介!デッキ投稿フォームからどしどしご応募下さい!• パック別カード一覧• 第1弾 スタンダード• ガチャシミュレーター• 構築済みデッキ一覧• 最新情報• おすすめツール• 戦歴記録ツール第1号として登場してから現在も絶えず進化しているブラウザツール! 登録されている戦歴データをなんと毎日更新で過去3日間の統計データを見ることが出来るので、よりリアルタイムに近い状態で環境調査が可能に!• 戦歴を記録できるブラウザツールで、カラフルで見易いグラフ化されたデータや、毎週行われるクラスごとのリーダー・デッキの使用率などはかなり便利!• シャドウバースをプレイしながら画面の端に戦歴記録アプリを常駐させることが出来るという超便利アプリ! Android限定ですが、いちいちタスクでブラウザを起動しなくてもワンタッチで自分のリーダー・デッキ、相手のリーダー・デッキ、先攻後攻、勝敗を記録出来ます!.

次の

シャドウバース(シャドバ)攻略速報!攻略情報やデッキ等最新情報まとめ

シャドウ バース 攻略 まとめ

この記事は、『 Shadowverse シャドウバース 』の各クラスについてのまとめ記事です。 それぞれのクラスの特徴を理解して、より強いデッキを作りましょう。 事前にフェアリーを多く手札に入れておき、そのフェアリーを用途で使い分ける戦法が多いです。 ロイヤルの特徴 1枚のカードで複数のフォロワーを出すことが得意で、ロイヤルのカードは「兵士」や兵士を強化する「指揮官」呼ばれるタイプを持っており、その二種類を組み合わせることでより試合を有利に進めるデッキとなります。 この2種類のタイプ組み合わせにより、ロイヤルは低コストで細かいダメージを多く相手に与えることができるので、ゲーム序盤から中盤にかけて試合を決めに行くことができる速攻戦法が多いです。 スペルブーストを駆使したスペル主体のデッキが主流で、スペル割合が必然と大きくなりますが手札を引くスペルと底コストのスペルでしっかりとカードを回して手札の枯渇や事故を防ぎましょう。 ドラゴンの特徴 序盤にPP プレイポイント を増やす能力を使い、相手よりもコストの高いカードでプレイしていきます。 PPが7を超えると覚醒が発動し、フォロワーによっては覚醒後に大幅に能力が強化されます。 しっかりと最初の手札引きでPP増加が回ってくるように引き直しをしましょう。 墓場にたまったコストを消費することで、ネクロマンスと呼ばれる能力を持っているカードの追加効果を発動することができます。 ターンが経過し墓場のコストが増えれば増えるほど追加効果を発生させやすくなるので、序盤攻め立てて終盤も勢いを衰えさせないデッキなどがメインです。 ヴァンパイアの特徴 復讐と呼ばれる自分のリーダーの体力が、10以下になったときに発動する固有能力があります。 ヴァンパイアは復讐状態のときに場に出すと効果を発揮するカードが戦術の要になるため、わざと自分のリーダーの体力を削った、自分と相手の体力を削るようなカードが特徴としてみられます。 序盤から相手を攻め立てることを意識して、復讐効果が発動すれば底コストでも非常に強力なので高コストでデッキを固めないように気をつけましょう。 カウントダウンを持つアミュレットは自分のターン開始時にカウントダウンが1進み、0になると破壊されて巨大なフォロワーを召喚するなど協力な能力があります。 序盤を耐えることで中盤から強力なカードで場を制すことができるので、序盤を耐えれるようなデッキ作りを意識しましょう。

次の