ケイジとケンジ 動画。 ケイジとケンジ(第5話)無料動画視聴!宮本浩次の主題歌が配信開始!考察ネタバレあり

ケイジとケンジ再放送は?見逃し配信動画を無料視聴する方法

ケイジとケンジ 動画

違法アップロードサイトで 動画の視聴は危険です。 再生するとウィルスが仕込まれていたり、再生中に突如消えない広告が表示されたり、読み込みスピードが遅くなったりと、様々なデメリットもあります。 無料とは言え、その後のリスクを考えるとあまりオススメできないのが正直なところです。 【】 ですのでそれらのサイトでの視聴はおすすめしませんが、それでも見たいというう場合は自己責任でお願いします。 安全な方法でドラマ作品を視聴するには、公式の動画配信サイトなどを利用するようにしましょう! 無料期間にポイント付きは「U-NEXT」だけ! テレビ朝日系のドラマ「ケイジとケンジ」は、課金対象のレンタル作品ですが 「U-NEXT」のお試しポイントで視聴が可能です。 「U-NEXT」の無料お試し期間には、課金対象のレンタル作品も視聴できるポイントが600円分タダでもらえるので、課金対象となるテレ朝ドラマ「ケイジとケンジ」も視聴することができます。 「U-NEXT」の無料体験期間は31日間。 それまでに解約をすれば料金は一切かかりません。 継続利用したとしても金額は 1日あたりたったの72円ほど。 これだけの低価格で、ウイルス感染やデータ破損などのリスクを回避できるなら、利用しないのは勿体ないかもしれません。 「U-NEXT」の無料登録方法については「」で紹介していますのでそちらを参照してください。 ドラマ「ケイジとケンジ」詳細・キャスト 【イントロダクション】 所轄と地検の24時…その知られざる世界を、サスペンスとユーモアで軽快に描く! 『ケイジとケンジ』は桐谷演じる神奈川県警の刑事・仲井戸豪太と、東出演じる横浜地方検察庁の検事・真島修平の異色バディが紡ぐ物語です。 仲井戸は今という時代に重視されるコンプライアンスなんて「?」状態で、「とにかく犯人を逮捕して、被害者に感謝されたい」と躍起になる男。 一方、真島は「犯罪者を裁くための一番の社会正義は、起訴すること。 そして、刑事事件は99%以上の確率で有罪となるため、有罪を勝ち取ることがすべての検事…。 これまで日本のドラマでは描かれなかった真実を大前提に、葛藤を抱え未完全だからこそ逆にのびしろのある仲井戸と真島は、ぶつかり合いながらも共鳴していくことに。 その先に生まれるものとは一体…!? tv-asahi. ドラマ制作側とやり取りしながら、ドラマの世界観、主人公2人のテーマソングとしてぴったりな歌詞、曲調を追求しながら作成したのだとか。 大人になっても、もがきながら自分を信じ明日に向っていく現代人の背中を押すような、活力溢れる楽曲に仕上がっているとのことです。 第1話:あらすじ-2020年1月16日放送- 体育教師から警察官に転職し、横浜の交番に勤務している仲井戸豪太(桐谷健太)はある日、商店街で包丁を振り回していた暴漢を現行犯逮捕。 県警本部長から表彰される。 しかも、勢いづいた豪太はその場で本部長に直訴し、横浜桜木署の捜査課へ異動! 強行犯係に配属され、ずっと憧れていた刑事として新スタートを切る。 さらに異動初日から、豪太の勢いは止まらない。 一昨年末から世間を騒がせている連続空き巣犯を早く捕まえろ、と市民が苦言を呈していると知るや発奮。 強行犯係の管轄外にもかかわらず、自分が犯人を捕まえると宣言し、地道な捜査を開始したのだ。 ところが…ついに犯人を逮捕した豪太は、その顔を見てがく然とする。 なんと連続空き巣犯は元教え子・滑川秀幸(馬場徹)だったのだ…! 一方、横浜地検みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)は、片思い中の立会事務官・仲井戸みなみ(比嘉愛未)の気を引こうと猛アプローチするも、ピントがズレまくりで全然刺さらない日々。 何より、検事になって5年目だというのに大事件を任せてもらえず、焦りが募っていた。 そんなとき、修平は送検されてきた滑川を担当。 余罪を追及すると、1年前に空き巣目的で入った家で、年老いた家人と鉢合わせになり、突き飛ばして逃げていたことが判明する。 引用: 【第1話:視聴者のネタバレ感想】 体育教師を辞めて、改めて勤めた刑事。 熱すぎるほど刑事の仕事に燃えている仲井戸。 一方、プライドが高いのに、ちょっとピントがずれているみたいな検事真島。 そんな2人が扱ったのは、仲井戸の元教え子の窃盗事件。 そして、殺人も犯しているかもしれないなんて。 仲井戸にとっては、とてもショックだったでしょうね。 殺人罪になるかもしれないということに、仲井戸と、真島の言い合いは、迫力ありました。 信じたい仲井戸と、真実を突き止めたい真島。 どちらの言い分もよくわかります。 真島が、強引に殺人罪を付けるのかと思っていましたが、さすがに、冷静な判断。 ほっとしました。 また、兄仲井戸と、みなみに振り向いてほしい真島。 みなみを挟んだ2人のバトルが面白かったですね。 豪太の熱いキャラを桐谷健太さんがすごくうまく演じていたと思います。 面白かったポイントは横浜地検みなと支部の検事の真島(東出昌大)は、片思い中の立会事務官・仲井戸みなみ(比嘉愛未)の気を引こうと猛アプローチするも、ピントがズレまくりで全然刺さらない日々で、検事になって5年目だというのに大事件を任せてもらえず、焦りが募っていたという設定が良かったです。 真島が何度もアプローチするのが、カッコよくて素敵でしたので次回以降も楽しみです。 豪太と真島の対立が多かったですが今後どのような関係になっていくのかすごく楽しみです。 第2話:あらすじ-2020年1月23日放送- 会社員の男性が地下道の階段から突き落とされ、意識不明の重体に陥った。 事件を目撃した大学生が通報したため、ほどなく警察は被疑者と思われるフリーター・猫田一也(稲葉友)を任意同行することに。 しかも…最初こそ否認していた猫田も、元教師で横浜桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)の親身で熱のこもった説得を受け、あっという間に自白。 そのまますぐに送検される。 ところが直後、事態は一変する。 捜査を引き継いだ横浜地検みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)が取り調べると、猫田はまたも否認に転じ、自白は警察に強要されたと証言したのだ! しかし、猫田に罪を認めさせて起訴しようにも、物的証拠はゼロ…。 頭を抱えた修平は、自白だけを根拠に送検してきた豪太らを理詰めで責め立て、勾留期限の9日以内に物的証拠を探すよう命じる。 修平の偉そうな態度に腹を立てながらも、豪太は刑事課の面々と共に事件現場付近を徹底捜査。 しかし、猫田の犯行を裏付ける物的証拠はひとつも見つからず、時間だけがむなしく過ぎていく。 このままでは起訴できない…と焦り、刑事たちをせっつく修平。 一方、人に指示するだけの修平に憤慨する豪太。 そんな中、豪太の妹でもある立会事務官・仲井戸みなみ(比嘉愛未)に「警察にだけ任せていてはダメ」と背中を押された修平は、ついに自ら現場へ赴くことに。 そこでふと視界に入ったものが引っかかり…!? 引用: 第3話:あらすじ-2020年1月30日放送- 営業時間中のはずが閉店していたバーの店内で、男性オーナーの刺殺体が見つかった。 連絡を受けて現場に急行した横浜桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)と横浜地検みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)はそれぞれ、初めての殺人事件現場に大張り切り。 検事5年目…初めて大事件に関われるチャンスを逃すまいとばかりに、修平は支部長・樫村武男(柳葉敏郎)に直訴し、この事件を担当することに。 一方、捜査に貢献したくてウズウズしていた豪太も、横浜桜木署刑事課の面々と共に、神奈川県警捜査一課が主導する捜査に参加する。 捜査線上に浮かび上がった被疑者は、運送会社に勤務する瀬川大介(薬丸翔)。 県警捜査一課が任意で取り調べると、瀬川は事件当日にバーへ行ったことも、被害者と口論になったこともあっさり認める。 だが、犯行については認めない上に、凶器も発見できず…。 捜査がこう着状態に陥り、焦りを隠せない県警捜査一課。 だが、逮捕は起訴できる完璧な物証をそろえてから…と、修平は拒否。 逮捕のタイミングをめぐり、刑事と検事の攻防戦が勃発し…! そんな中、なぜか豪太はガールズバーに通い始め、前のめりで店員・三浦舞(古畑星夏)をデートに誘うようになる。 引用: 第4話:あらすじ-2020年2月06日放送- 横浜桜木署の刑事課にテレビ番組の密着取材が入ることになった。 刑事課のメンバーはカメラを意識して何かとカッコつけるが、大した事件の通報もなく、空回り感が否めない。 そんなとき、仲井戸豪太(桐谷健太)が放火の通報を受け、刑事課メンバーは大張り切り。 ところが密着カメラを従えて現場へ駆けつけると、被害状況はマンションに置いてあった原動機付自転車の前輪が燃えただけ…。 取材班も刑事課メンバーも急速に興味を失い、豪太ひとりに現場を任せて帰っていく。 やがて原動機付自転車の持ち主・太郎丸直樹(大東駿介)が帰宅。 豪太が事情を説明し、犯人に心当たりがないか尋ねると、太郎丸は2カ月付き合って別れたという元カノ・石田貴理子(阿部純子)の名前を挙げる。 引用: 第5話:あらすじ-2020年2月13日放送- 横浜桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)と目黒元気(磯村勇斗)は居酒屋店へ。 すると突然、外から怒号が聞こえてきた。 酒に酔った源義和(深水元基)がけんか腰で、路上に倒れ込む向谷孝太郎(荒川浩平)に迫っていく姿を見た豪太と目黒は、源を現行犯逮捕。 思わぬ手柄にすっかり舞い上がる。 だが、その先に待っていたのはまさかの展開。 源の弁護士・神田川博史(堀井新太)が桜木署へやって来たのだが…なんとこの男、目黒の中高時代の同級生だったのだ! しかも超やり手の神田川は、最初に手を出したのが向谷であることを示す防犯カメラ映像を、いち早く入手。 あろうことか源を誤認逮捕してしまっていたことが発覚し、豪太と目黒は青ざめる…。 引用: 第6話:あらすじ-2020年2月20日放送- 女子力が低くて恋愛方面はてんでさっぱり…な横浜桜木署の刑事・毛利ひかる(今田美桜)は職業を偽り、頑張って女子っぽさを意識しながら合コンに参加。 ところが、ついつい刑事のさがが前面に出てしまい、残念な感じに…。 女の幸せを見失い、落ち込みながら帰途につく。 そんな中、コンビニで強盗事件が発生した! 逃走した犯人・半田(長谷川朝晴)を逮捕したひかるは、取り調べもスムーズに終え、無事に送検。 仲井戸豪太(桐谷健太)ら刑事課の仲間も彼女のファインプレーをたたえ、警察の捜査は大団円を迎えたかに見えたが…。 その直後、捜査は振り出しに! というのも、横浜地方検察庁みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)が半田を単独犯として起訴しようとしたところ、調書を読んだ部長検事・樫村武男(柳葉敏郎)の表情が一変。 捜査のやり直しを命じたのだ。 再捜査の指令を受け、ひかると目黒元気(磯村勇斗)が入手した一枚の運転免許証データを見た豪太らは、我が目を疑う。 引用: 第7話:あらすじ-2020年2月27日放送- 横浜桜木署の管轄内にある公園で大学生・江島陸(永田崇人)が知人男性らから集団暴行を受け、全身を打撲した上、何らかの凶器を使って脚の骨を折られた。 加害者は会社員の久保田明(濱正悟)、フリーターの宮前幸介(柾木玲弥)、専門学校生の黛友之(今井悠貴)の3人。 彼らは江島と同じ高校の卒業生。 さっそく桜木署では加害者3人の取り調べが行われることに。 すると、仲井戸豪太(桐谷健太)が聴取した黛が真っ先に、久保田にやれと言われたと打ち明け、素直に自白。 それを受け、最初は否認していた久保田と宮前も犯行を認め、3人は集団暴行の容疑で横浜地方検察庁みなと支部に送検される。 検察では求刑を決めるため、誰が主犯か、そして誰が江島の骨を折ったのかを追及する取り調べを敢行。 真島修平(東出昌大)が久保田を、日下直樹(渋谷謙人)が宮前を、持丸栄(峯村リエ)が黛を担当する。 ところが、3人とも自分は主犯でなく、骨折もさせていないと主張! 豪太ら刑事と修平ら検事たちの間でも、誰が主犯かをめぐって意見が分かれ…!? 引用: 第8話:あらすじ-2020年3月05日放送- 夜間に裸足で街を歩いていた6歳の少女・三崎笑美(渋谷南那)が保護された。 虐待を受けている可能性があったため、横浜桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)は笑美と二人で暮らしている母親・三崎真由子(桜井ユキ)に任意同行を求め、事情を聴く。 ところが、真由子は虐待を否定! 限りなくクロに近いものの、逮捕の決め手となる証拠もないため、釈放される。 だが、真由子による虐待を確信し、怒りに震える豪太は引き続き、同僚刑事・毛利ひかる(今田美桜)と共に虐待の証拠を探すことに。 児童虐待の事案は最初から検察と共同で捜査に当たるため、担当検事となった真島修平(東出昌大)も加わり、まずは笑美に話を聞く。 だが、笑美は何を聞かれても無反応で…!? ちょうど同じ頃、無職の男・加瀬沢太一(三村和敬)がフリーターの段田拳四郎(松永拓野)に暴行を加え、逮捕される。 しかも取り調べると、加瀬沢がキャバクラ店員・澤登大介(木村龍)を立会人にして、段田と殴り合っていたことが判明。 ところが…やがて二つの捜査は思わぬ焦点で交わることに。 これを重要視した横浜地方検察庁みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)は、「3人組の犯人を見た」という第一発見者の証言と照らし合わせ、ある仮説を立てる。 その目の付けどころを部長検事・樫村武男(柳葉敏郎)は評価。 修平にこの事件を担当させることにする。 まもなく豪太は、先だって決闘罪で送検した男たちの一人・澤登大介(木村龍)から重要な証言を引き出す。 なんと殺された男は半グレ集団「ベイシャークス」の幹部で、その集団のリーダーこそは…桜木署が児童虐待容疑で追っている男・久我山勝也(桐山漣)だったのだ! 引用: ドラマ『ケイジとケンジ』視聴者の期待の声!.

次の

ケイジとケンジ7話あらすじネタバレ感想動画・主犯巡りマウント取り合う検事たち|みやびカフェ

ケイジとケンジ 動画

視聴はお控えください miomio や9tsu、Pandora. TVなどの海外動画共有サイトで配信されている動画は、著作権法や象徴権を侵害している恐れがあります。 法律に触れることはもちろん、フィッシング詐欺やウイルス感染によるスマホ・パソコントラブルの原因となります。 こうした動画共有サイトでの動画の視聴は控える事をおすすめします。 また、著作権については、保護の・違反に対しての厳罰化の法改正がされました。 (詳しくは「」WEBサイト参照) 著作物の取り扱いについては注意喚起が「」と「」からもされています。 以下で紹介する動画配信サイトは安全に作品を視聴することができます。 動画配信サービスをチェック ドラマ「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」の見逃し配信がされている動画配信サービスの配信状況を確認します。 全話の見逃し配信を無料で視聴できるのはTELASAだけとなっております。 *配信比較はドラマ放送開始時期となります。 ドラマ「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」無料視聴方法 TVerで無料視聴 最新話の放送から1週間以内であれば、無料視聴が可能です。 お手元のスマートフォンからTVerのアプリをダウンロードするだけで簡単に視聴できます。 会員登録は不要です。 Google Play App Store TELASAで無料視聴 1話〜最終回まで視聴することができます。 煩わしい入力などはないので、登録はとても簡単に終わります。 登録手順は以下で画像を用いて解説しています。 参考にされてください。 () また、最初からビデオアプリをダウンロードして、最下部左にある【見放題】をクリックしても登録可能です。 もし、10分くらい待ってもメールが届いていない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられます。 まだ、未登録中なので、新たに新規登録をやり直してください。 パスワードはログインの際や解約の際にも必要になりますので、メモを取っておくなどしっかりわかるようにしておきましょう。 パスワードの安全度は【低】だと危険性が高いので、【中】以上、できれば【大】がベターです。 これでauID登録が完了です。 ログイン画面に移行するので、上記で登録したログイン(メールアドレス)とパスワードを入力してログインしてください。 まず、画面中央にある【規約に同意して加入】をクリックします。 利用企画は、すぐ得宇野【利用規約】をクリックすれば見ることができます。 auID登録の際に入力した生年月日や性別などは事前に入力されています。 auかんたん払い(auのスマホ代などと合算で請求)• クレジットカード払い の2通りあります。 auユーザー以外は、クレジットカード登録一択です。 ここで、登録方法を選ぶ、クレジットカードの場合は、番号などのクレジットカード登録情報を入力して、【登録する】をクリックしたら登録完了です。 体育教師から警察官に転職し、横浜の交番に勤務している仲井戸豪太(桐谷健太)はある日、商店街で包丁を振り回していた暴漢を現行犯逮捕。 県警本部長から表彰される。 しかも、勢いづいた豪太はその場で本部長に直訴し、横浜桜木署の捜査課へ異動! 強行犯係に配属され、ずっと憧れていた刑事として新スタートを切る。 さらに異動初日から、豪太の勢いは止まらない。 一昨年末から世間を騒がせている連続空き巣犯を早く捕まえろ、と市民が苦言を呈していると知るや発奮。 強行犯係の管轄外にもかかわらず、自分が犯人を捕まえると宣言し、地道な捜査を開始したのだ。 ところが…ついに犯人を逮捕した豪太は、その顔を見てがく然とする。 なんと連続空き巣犯は元教え子・滑川秀幸(馬場徹)だったのだ…。 一方、横浜地検みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)は、片思い中の立会事務官・仲井戸みなみ(比嘉愛未)の気を引こうと猛アプローチするも、ピントがズレまくりで全然刺さらない日々。 何より、検事になって5年目だというのに大事件を任せてもらえず、焦りが募っていた。 そんなとき、修平は送検されてきた滑川を担当。 余罪を追及すると、1年前に空き巣目的で入った家で、年老いた家人と鉢合わせになり、突き飛ばして逃げていたことが判明する。 「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」2話のあらすじ 会社員の男性が地下道の階段から突き落とされ、意識不明の重体に陥った。 事件を目撃した大学生が通報したため、ほどなく警察は被疑者と思われるフリーター・猫田一也(稲葉友)を任意同行することに。 しかも…最初こそ否認していた猫田も、元教師で横浜桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)の親身で熱のこもった説得を受け、あっという間に自白。 そのまますぐに送検される。 ところが直後、事態は一変する。 捜査を引き継いだ横浜地検みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)が取り調べると、猫田はまたも否認に転じ、自白は警察に強要されたと証言したのだ! しかし、猫田に罪を認めさせて起訴しようにも、物的証拠はゼロ…。 頭を抱えた修平は、自白だけを根拠に送検してきた豪太らを理詰めで責め立て、勾留期限の9日以内に物的証拠を探すよう命じる。 修平の偉そうな態度に腹を立てながらも、豪太は刑事課の面々と共に事件現場付近を徹底捜査。 しかし、猫田の犯行を裏付ける物的証拠はひとつも見つからず、時間だけがむなしく過ぎていく。 このままでは起訴できない…と焦り、刑事たちをせっつく修平。 一方、人に指示するだけの修平に憤慨する豪太。 そんな中、豪太の妹でもある立会事務官・仲井戸みなみ(比嘉愛未)に「警察にだけ任せていてはダメ」と背中を押された修平は、ついに自ら現場へ赴くことに。 そこでふと視界に入ったものが引っかかり…!? 「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」3話のあらすじ 営業時間中のはずが閉店していたバーの店内で、男性オーナーの刺殺体が見つかった。 連絡を受けて現場に急行した横浜桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)と横浜地検みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)はそれぞれ、初めての殺人事件現場に大張り切り。 検事5年目…初めて大事件に関われるチャンスを逃すまいとばかりに、修平は支部長・樫村武男(柳葉敏郎)に直訴し、この事件を担当することに。 一方、捜査に貢献したくてウズウズしていた豪太も、横浜桜木署刑事課の面々と共に、神奈川県警捜査一課が主導する捜査に参加する。 捜査線上に浮かび上がった被疑者は、運送会社に勤務する瀬川大介(薬丸翔)。 県警捜査一課が任意で取り調べると、瀬川は事件当日にバーへ行ったことも、被害者と口論になったこともあっさり認める。 だが、犯行については認めない上に、凶器も発見できず…。 捜査がこう着状態に陥り、焦りを隠せない県警捜査一課。 だが、逮捕は起訴できる完璧な物証をそろえてから…と、修平は拒否。 逮捕のタイミングをめぐり、刑事と検事の攻防戦が勃発し…! そんな中、なぜか豪太はガールズバーに通い始め、前のめりで店員・三浦舞(古畑星夏)をデートに誘うようになる。 「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」4話のあらすじ 横浜桜木署の刑事課にテレビ番組の密着取材が入ることになった。 刑事課のメンバーはカメラを意識して何かとカッコつけるが、大した事件の通報もなく、空回り感が否めない。 そんなとき、仲井戸豪太(桐谷健太)が放火の通報を受け、刑事課メンバーは大張り切り。 ところが密着カメラを従えて現場へ駆けつけると、被害状況はマンションに置いてあった原動機付自転車の前輪が燃えただけ…。 取材班も刑事課メンバーも急速に興味を失い、豪太ひとりに現場を任せて帰っていく。 やがて原動機付自転車の持ち主・太郎丸直樹(大東駿介)が帰宅。 豪太が事情を説明し、犯人に心当たりがないか尋ねると、太郎丸は2カ月付き合って別れたという元カノ・石田貴理子(阿部純子)の名前を挙げる。 一方、みなみに一方的な恋心を寄せる検事・真島修平(東出昌大)は、彼女に3カ月前まで恋人がいたことを初めて知り、ショックで心ここにあらず…。 しかもよりによって、素直に放火を認めて送検されてきた貴理子を担当するよう命じられ、被害者である太郎丸からも聴取することになったのだ。 そんな中、捜査は思わぬ方向へと舵を切りだす。 器物損壊罪か放火罪かを見極めるはずが、それ以上の罪の可能性も見え隠れしはじめ…! 「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」5話のあらすじ キャスト 仲井戸豪太(なかいど ごうた)〈36〉 演 — 桐谷健太 神奈川県にある神奈川県警横浜桜木警察署の刑事。 私立高校の教師から転職した経歴を持つ。 体育会系の性質もあってか、何かあると突っ走ってしまう癖がある。 教師から刑事になったこともあり、市民の目線による考えを持っており、つい上層部にも物申してしまう。 真島修平(ましま しゅうへい)〈32〉 演 — 東出昌大 横浜地方検察庁みなと支部所属の検事。 東京大学法学部・法科大学院を卒業したエリート。 エリートであるが故に感覚がだいぶズレている傾向があり、市民感覚にも希薄な部分がある。 検事になって5年目だが、未だに重大案件を任せてもらえない。 仲井戸みなみ(なかいど みなみ)〈33〉 演 — 比嘉愛未 豪太の妹で横浜地方検察庁みなと支部の立会事務官。 修平のサポートを担当している。 事件関係者などの心情にも深く分け入る機転の良さがあり、時に修平にひと言申し添えるなどの積極性も見られる。 ただ、突然家に転がり込んできた兄の豪太の猪突猛進ぶりには呆れている。 目黒元気(めぐろ げんき)〈28〉 演 — 磯村勇斗 神奈川県警横浜桜木警察署の刑事。 安定した将来を手にするために出世を第一に考えており、「ミスをせず堅実に職務をまっとうする」のが信条。 真反対の性格の豪太に振り回される。 毛利ひかる(もうり ひかる)〈26〉 演 — 今田美桜 神奈川県警横浜桜木警察署の刑事。 裏表のないサバサバした性格だが、中年以上の男性が好みで豪太や修平のような若い男性にはまるで興味が沸かない。 日下直樹(くさか なおき)〈31〉 演 — 渋谷謙人 横浜地方検察庁みなと支部所属の検事。 東京大学在学中に司法試験に合格したエリート。 警察の存在を検察よりも劣ると見ている点においては修平と似た性格だが、自分は修平よりも優秀であると勝手に思い込んでいる。 森岡奈緒子(もりおか なおこ)〈26〉 演 — 奥山かずさ 横浜地方検察庁みなと支部の立会事務官。 日下のサポートを担当している。 勝手に競い合っている検事たちの様子を観察するのが何より好きである。 多胡永吉(たご えいきち)〈48〉 演 — 矢柴俊博 神奈川県警横浜桜木警察署捜査課の課長。 部下である豪太の暴走をいつも気にかけている。 桂二郎(かつら じろう)〈55〉 演 — 菅原大吉 神奈川県警横浜桜木警察署の刑事。 出世を望まぬ頼もしきベテラン。 常に沈着冷静で、いつも後輩のことを温かく見守っている。 持丸栄(もちまる さかえ)〈55〉 演 — 峯村リエ 横浜地方検察庁みなと支部所属の女性検事。 若手育成には定評がある。 部長検事である樫村からはよく相談を受ける。 亀ヶ谷徹(かめがや とおる)〈30〉 演 — 西村元貴 横浜地方検察庁みなと支部の立会事務官。 持丸のサポートを担当している。 ベテラン女性検事である持丸の下で常にストレスとプレッシャーと闘いながら、持ち前の粘りで乗り切っている。 樫村武男(かしむら たけお)〈53〉 演 — 柳葉敏郎 横浜地方検察庁みなと支部所属の部長検事で修平の上司。 かつて東京地方検察庁特捜部に所属しており、鬼検事と恐れられていた。 しかし、融通が利かず、市民感覚が極度にズレている傾向にある修平に対してはなかなか重大案件を任せる勇気が持てない。 大貫誠一郎(おおぬき せいいちろう)〈60〉 演 — 風間杜夫[2] 神奈川県警横浜桜木警察署署長。 豪太にとっての最大の理解者でもある。 非常に温厚な性格であり、常に警察と検察は同等の立場にいるべきであるとの考えを持っている。 宮沢かほり(みやざわ かほり)〈50〉 演 — 奥貫薫 飲食店「OKAZU-YA」の女主人。 裁判官だった経歴があり、修平やみなみ、時には豪太の良き相談相手となる。 大野純(おおの じゅん)〈26〉 演 — ぎぃ子 飲食店「OKAZU-YA」で働く看板娘。 しっかり者でときに修平やみなみと恋バナをしたり相談事にのったりすることも。 参照:ウィキペディア.

次の

ケイジとケンジを見逃した!1話~最終回の動画を無料視聴する方法

ケイジとケンジ 動画

ケイジとケンジの無料動画 第一話 ビッグバディ始動 ケイジとケンジ 第二話 供述を翻す男 ケイジとケンジ 第三話 初めての殺人事件 ケイジとケンジ 第四話 密着警察24時 ケイジとケンジ 第五話 誤認逮捕 ケイジとケンジ 第六話 消えた死体!? 桜木署の刑事・ 毛利ひかる(今田美桜)は合コンの帰り道、コンビニで強盗事件が発生した。 犯人を逮捕したひかるは、取り調べもスムーズに終え、無事に送検。 しかしその直後、部長検事・ 樫村武男(柳葉敏郎)から捜査のやり直しが命じられた。 再捜査の指令を受け、ひかるが入手した一枚の運転免許証データを見た豪太らは、我が目を疑う。 そこには信じられない事実が書かれていた。 ケイジとケンジ 第七話 集団暴行 管内の公園で大学生が集団暴行を受け、全身を打撲の上脚の骨を折られた事件が発生した。 加害者は被害者と同じ高校の卒業生と判明する。 仲井戸豪太(桐谷健太)が取り調べを行い、3人は集団暴行の容疑で横浜地方検察庁みなと支部に送検される。 検察では主犯を認定するための取り調べを行ったが、3人の主張は皆バラバラで主犯が誰なのかが解明できずにいた。 ケイジとケンジ 第八話 嘘を吐く女 夜中に裸足で街を歩いていた少女・三崎笑美(渋谷南那)が保護された。 虐待の可能性を確認するため、桜木署の 仲井戸豪太(桐谷健太)は娘と二人で暮らしている母親・三崎真由子(桜井ユキ)に事情聴取するが、決定的な証拠もなく釈放することになった。 しかし、虐待を確信した豪太は同僚刑事・ 毛利ひかる(今田美桜)と共に虐待の証拠を探し始めた。 ケイジとケンジ 第九話 ワンチームで挑む殺人事件 ケイジとケンジ ケイジとケンジの主な出演者 仲井戸豪太(なかいど ごうた) 演: 神奈川県警横浜桜木警察署に異動した刑事。 真島修平(ましま しゅうへい) 演: 横浜地方検察庁みなと支部所属検事。 仲井戸みなみ(なかいど みなみ) 演: 横浜地方検察庁みなと支部立会事務官。 豪太の妹。 目黒元気(めぐろ げんき) 演: 神奈川県警横浜桜木警察署の刑事。 毛利ひかる(もうり ひかる) 演: 神奈川県警横浜桜木警察署の刑事 日下直樹(くさか なおき) 演: 横浜地方検察庁みなと支部所属の検事。 田口健介(たぐち けんすけ) 演: 桜川橋交番に勤務。 階級は巡査部長。 豪太の先輩警官。 森岡奈緒子(もりおか なおこ) 演: 横浜地方検察庁みなと支部の立会事務官。 多胡永吉(たご えいきち) 演: 神奈川県警横浜桜木警察署捜査課の係長 桂二郎(かつら じろう) 演: 神奈川県警横浜桜木警察署の刑事。 持丸栄(もちまる さかえ) 演: 横浜地方検察庁みなと支部所属の女性検事。 亀ヶ谷徹(かめがや とおる) 演: 横浜地方検察庁みなと支部の立会事務官。 樫村武男(かしむら たけお) 演: 横浜地方検察庁みなと支部所属の部長検事。 修平の上司。 大貫誠一郎(おおぬき せいいちろう) 演: 神奈川県警横浜桜木警察署署長。 宮沢かほり(みやざわ かほり) 演: 飲食店「OKAZU-YA」の女主人。 大野純(おおの じゅん) 演: 飲食店「OKAZU-YA」で働く看板娘。

次の