マナブ youtuber。 マナブ・りゅうけん・迫佑樹、ビジネス系YouTuberおすすめ

坂内学(マナブログ)のwikiや大学と年収は?彼女や経歴もチェック!

マナブ youtuber

YouTubeノウハウ zukki7777777 サラリーマンはオワコン!?年収9000万のブロガー『マナブ』さんを徹底的にまとめてみました! ブログ、アフィリエイト、プログラミングを愛するマナブさん。 メインのお仕事はWebマーケティングとプログラミングが専門領域になりますがYouTubeやTwitterでも毎日配信を欠かさず行い 2019年の年収は9000万円くらいであるとのこと。 そんな現代の生き方の最先端を走るビジネスYouTuberマナブさんについて調べてみました。 私がマナブさんを初めて見たのはYouTubeを見ていた時に知りました。 サムネイルが興味が湧くようなサムネイルだったのでついついクリックして見ました。 時間と場所に左右されないフリーランスで稼ぐ内容が語られる内容です。 自らの力で稼ぐ為のノウハウをたくさん提供しています。 まずはこの動画から見ていきましょう! YouTubeの投稿にもありますがマナブさんはミニマリストでかなりの倹約化です。 そのため、住んでいる場所も日本ではなく物価の安い東南アジアに住んでいます。 月の生活費はなんと 5万円!最近はYouTubeの撮影の為に、生活費が少し上がり、だいたい月20万みたいです。 年収9000万円稼いでいても月の生活費は20万円。 さほど我々一般庶民と変わらない生活費で暮らしている倹約化のマナブさんに少しだけ親近感を持てるところも人気の理由の一つかもしれません。 世間的に言われているサラリーマンの平均月収は20万円と言われているのでマナブさんの言う通りに生活するとなると …「2万円!」 月の生活費を2万円で抑えなければなりません。 月の食費だけでも2万円はかなり厳しいのではないでしょうか。 そう言った面でもこんなに稼いでいるのに生活費を最低限に抑えるあたり、私達も見習わないといけませんね! マナブさんが発信している媒体.

次の

タイ在住のビジネス系YouTuber まとめ5選

マナブ youtuber

たぶんですが、YouTube検索の「SEO」にて、1位を獲得しました😌 高品質なガチ動画を上げれば、YouTube内のSEOでは無双できますね。 まだまだブルーオーシャンすぎるので、引き続き、YouTubeへの納品を続けます 上記を深掘りして解説していきます。 なお、結論を最初に書くと、YouTubeのSEOは、ぶっちゃけ余裕です。 ブログやアフィリエイトでガッツリSEO経験があるなら、わりと簡単に無双できるので、経験からわかったノウハウをまとめます。 YouTubeのSEOは、かなりヌルゲーな件 すごい基礎的な話ばかりですが、僕が意識したことを書いていきます。 上記の感じです。 なお、GoogleのSEOと比べて、YouTubeのSEOは「検索ニーズが、かなり抽象的」です。 それもそのはずで、YouTubeだと意識的に検索するユーザーは少ないですからね。 なので、Google検索のSEOほど効果は絶大じゃないですが、YouTube検索でも上位をとると、継続的な流入を確保できます。 参考までに、チャンネル登録1万人の僕だと、YouTube検索から毎日550回くらい再生されています。 積み上げ式になるので、SEOは意識すべきだと思います。 スライド解説動画(「SEO」で検索1位) 上記の感じで、顔を出したり出さなかったりしています。 そして、選び方の基準ですが、情報量が多い場合は、スライドにしています。 一方で、情報量はそこまで多くなく、どちらかというと感情に訴えかけるものは、顔出しという感じです。 大切なことは視聴者の問題を解決することなので、発信する内容によって動画のフォーマットを選ぶべきです。 思考停止して、すべての動画で顔出し、、とかは良くないと思います。 つまり、最初の1分を見てもらえたら、その後も継続して見てもらいやすいです。 この事実をわかった上で僕の動画を見て欲しいのですが、序盤で無駄話は一切しません。 序盤で無駄話をしない動画 僕は自分の立場を話しつつ、過去の実績を打ち出して、そこで権威性を作っています。 なぜかというと繰り返しですが、最初の1分で視聴者は「この動画をみるかどうかを決める」という傾向があるからです。 ユーザー属性にもよりますが、ビジネス系の発信なら、Twitter発信を強化すると、YouTubeにも流れやすいと思います。 あと、TwitterでバズったツイートをYouTubeで深掘りして解説するといった動画も作れるので、相乗効果です。 詳しくは、「」をどうぞ Twitterでフォロワーがいない場合はどうするか? 大半の人はTwitterでフォロワーを抱えていないと思うので、結論としては頑張るしかないです。 YouTubeとセットでTwitter発信も強化しましょう。 YouTubeで伸びるならTwitterも伸びますし、Twitterが伸びるならYouTubeも伸びるので、双方のプラットフォームでテストしつつ、発信しつつ、改善を繰り返す感じですね。 僕のアイデア:バズに乗っかるのもあり Twitterでフォロワーが少ない人向けの再現性の高い戦略として、「バズに乗る」があります。 例えば、下記が参考になります。 ラファエルさんはトップYouTuberですが、以前に投資詐欺っぽい動画を出していまして、そこに対して、もふさんという不動産投資家が意見するコメントです。 こういった感じで、なにか炎上が起きたら、そのトピックに対して、自分の専門性を活かしてコメントする、という感じ。 たぶんですが、もふさんは、この動画で3,000名くらいチャンネル登録を増やしたと思います。 この戦略は、ありです。 僕が使っている機材のまとめ(顔出し動画用)• (撮影用のカメラ)• (iPhoneに挿すと、高音質で録音できる)• (顔を明るく照らします) 僕が使っている機材のまとめ(スライド動画用)• (スライド動画はMacで撮影しており、そのための機材)• QuickTime Player(PC画面を撮影する用)• Macbook Pro(スライド作成用) これくらいですね。 ぶっちゃけそこまで機材は多くないです。 そして、動画編集はプロの方に外注しております。 最初は自分でやっていましたが、、、大変すぎでした。 ある程度の品質で撮影して、あとはプロの編集があれば、わりと見やすい動画になります。 なお、動画編集の外注はちょっと高いので予算がキツイなら独学もありです。 そこまで難しくないですので、ググりつつ学習したら、いけます。 補足:タイトルや解説文の最適化は当たり前です あえて解説しませんでしたが、動画タイトルにキーワードを入れるとか、動画詳細欄に動画の説明をちゃんと書くとかは、当たり前の話です。 動画詳細欄に、目次を入れると良さげ 1つテクニック的な話をすると、動画詳細欄に目次を入れるとかですね。 下記が参考になります。 こんな感じで詳細欄を整理すると、視聴者にフレンドリーかなと思います。 そして、コメント欄の1番上にも目次を固定すると、さらに親切な予感です。 再生リストも、整理しよう 上記のとおりですが、僕のチャンネルのトップページをみたらわかります。 具体的には下記のように整理しています。 ブログ運営のノウハウ• アフィリエイトのノウハウ• プログラミング学習のノウハウ 上記の感じで動画のカテゴリ分けをしつつ、視聴者が見やすい感じにしましょう。 というわけで、意識したのはこれくらいです。 あと、世の中には「YouTubeのタグを最適化すべき」といった情報も多いのですが、僕はあまり重視していません。 タグの最適化テクニックとかは、あまり効果なさそうに思っており、、、実際にためして効果があったら、この記事に追記します。 YouTubeのSEOで、最重要な考え方を話す 視聴者の問題解決に、徹底的にフォーカスすることです。 自己満を捨てて、視聴者に貢献するだけ これはブログでも同じですが、基本的に「自分語り」とか「自己満な動画」とかは不要だと思います。 それよりも視聴者の問題解決にフォーカスして、淡々と動画を作るだけです。 ちなみに、一見すると「問題解決していないな」と思う動画でも、実は問題解決していたりします。 下記がその例です。 つねに「この動画で、自分はどういった問題解決をするのか」と考えることが大切です。 2018年現在だと、圧倒的にブルーオーシャンです 視聴者の問題解決をすることも大切ですが、それ以上に大切なのは、競合が少ないことですね。 チャンネル登録=YouTube内でのブランド力だと思うので、最終的にはチャンネル登録の多い人が勝ち残ると思います。 そして、チャンネル登録が増えると、過去にアップした動画の露出も増えるので、チャンネル全体が強化され、伸びていきます。 YouTubeは可能性の宝庫ですね 最後に下記のツイートをご覧ください。 なんと、、、YouTubeの広告収益と、ブログのアドセンス収益が、ほぼ同じになっている…。 ブログ歴6年くらいの僕ですが、もはやマナブログは僕のYouTubeチャンネルに敗北しそうです。 世の中は想像以上に「動画にシフト」していたのかもです。 YouTube恐るべし — マナブ バンコク manabubannai 上記のとおり。 僕はブログを6年くらい頑張っていたのですが、そのブログ収益に、YouTubeが追いつきそうになっています。 かなり驚いたのですが、動画はエンゲージメントも高く、広告単価も高く、企業からの需要も高い(すでに広告オファーを何度かいただきました)ので、可能性にあふれていますね。 引き続き、頑張ろうと思います。 この記事をみて「YouTubeありだな」と思った方は、ぜひ始めてみると良いかなと思います。 最後に下記が僕のチャンネルなので、登録してもらえたら嬉しいです。 この記事のようなビジネス系の情報を発信しています。 Archive•

次の

坂内学(マナブ)さんのYouTuberとしての年収・月収は?おすすめの本やプロフィールまとめ

マナブ youtuber

坂内学(マナブ)さんの年収・月収について 気になるのは坂内学(マナブ)さんの月収ですが、 2020年現在で月1000万円を超えているというご本人が発信をしています。 年収で換算すると1億円は超えるという計算になります。 お金は全体幸福を高める😌 — マナブ バンコク manabubannai また、 YouTuberとしての稼ぎは、 2020年1月現在で月100万円を安定的に超えるくらいと説明されていますので、 年収換算で1000万円以上をYouTubeで稼いでいる事になります。 2019年の5月頃にはTwitterでは月50万円程度との報告だったので、半年で月間50万を超すという素晴らしい結果です。 それでいて、月5〜20万円で生活しているといったことで、かなり生活水準は一般的な方と同じようにすることを心がけているという事がわかりますね。 坂内学(マナブ)さんがYouTuberとしての活動に注力する理由 坂内学(マナブ)さんが投稿される動画は、バンコクの事情からエンジニアになる方法、ブログやアフィリエイトに関することなど多岐に渡っています。 今までブロガーとして活躍していた坂内学さんですが、勿論、Twitter等もされていますし、情報発信源としてのYouTubeに注目して、YouTuberになられたのも理解できます。 そして、現在YouTube動画の投稿にさらに注力しているのは、下記利点があるかのようです。 ・ブログへの指名検索が増える たぶん気のせいですが、YouTubeを始めたくらいのタイミングから「マナブログ」の検索ボリュームが増えている。 指名検索で毎月5,000名くらいは流入するようになったので、徐々にブランド認知が伸びていると思う。 ネット芸人として生きているので、ここの指標はわりと大切です😌 — マナブ バンコク manabubannai これは副産物のようですが、YouTuberとして活動してからブログへの指名検索が増えたようです。 指名検索が増えるとサイトの強さもあがるとされていますので、ブロガーとしては非常に嬉しい効果なのだと思います。 なんとかデイリー15万円はキープしていますが、先月比では、ちょびっと下がるかもです。 しかし、YouTube広告という新たな「金のなる木」が猛烈に育っており、やはりインターネットビジネスは楽しい — マナブ バンコク manabubannai やはり新たな収益源を手に入れたいというのは当然の発想だと思います。 一つのプラットフォームだけの収益源ではリスクも伴うため、様々な箇所からの収益を増やしたいという戦略からYouTuberとして活動の時間を多くされているようです。 ・新しい事へのチャレンジの好奇心がある ちょっと宣言です。 将来的には「メンズ美容」の領域で発信を増やします。 選んだ理由は下記です。 ・市場が伸びてる ・興味のある分野 ・コンプレックスがある メンズ美容は伸びると思っており、もともと美容に興味があり、かつ肌荒れに悩んでいます。 ここで戦うと、勝ちやすいかなと判断です😌 — マナブ バンコク manabubannai 坂内学(マナブ)さんの情報発信をみていると、常に新しい事への好奇心を感じます。 ご本人は新しい事を始めるのは苦痛であるとも公言していますが、元々の企業家精神等がご自身を突き動かしているのだと思います。 坂内学さんのおすすめの本について 坂内学さんは、YouTubeの中でも5冊の本を薦めていますので紹介していきます。 黄金の羽根の拾い方(橘 玲) 最後に紹介されたこの本については、「ゆっくり生きることを、学べる本」という風に紹介されています。 ただ、読書しても人生は変わらないし、読書以外でも色々なことを知ることができるけど、読書することで、思考と選択肢を拡げて人生の行動に落とし込むことができるとおしゃっています。 まとめ:坂内学(マナブ)さんについて 坂内学(マナブ)さんについて見てきました。 バンコクなど南国在住で若くして凄い年収を手にしているというと、なんだか胡散臭そうなキャラを想像してしまいますが、普通のことを普通に語り掛けてくる青年といった感じで、知れば知るほど正しくネットのビジネスを行っている人という事がよくわかりました。 これからもフリーランサーの代表として、さらなる活躍が期待されていますね。

次の