牛脂 代用。 牛脂とは?牛脂の使い方や代用できるものについて

バターとマーガリンの違い・代用できる?味や見た目の比較&お菓子作りに使えるか検証!

牛脂 代用

Contents• 糖質制限・高脂質摂取ダイエットをやってみよう 「肉の脂身を食べる?とんでもない!」 「うそでしょう?肉の脂身は太る原因ですよ」 そう思う方は多いのではないでしょうか。 ところが今では医学界でも太る原因は糖質にあり!が常識になりつつあります。 金森茂樹さんが提唱するダイエットの考え方は 「脂肪をもって脂肪を制する」 「何かを完全に断ち切る、我慢する方が容易である」というもの。 一口で言うと、牛脂ダイエット。 糖質制限・高脂質摂取ダイエットです。 糖質制限・高脂質摂取ダイエットは「糖質中毒から脂質依存に味覚自体を変える」を実践するため、 かなりの量の牛脂など脂分を食べることが推奨されています。 金森重樹@ダイエットのオンラインサロンとは twitter上でオンラインサロンを金森茂樹さんの自腹で運営しています。 糖質制限ダイエッターたちの励ましあいやレシピのアイディア共有など、ダイエット仲間がいれば継続しやすいですよね。 オンラインサロンを運営する理由は? twitterでオンラインサロンを始めようと思った理由は「大規模に食材の調査をして皆で情報を共有したかったからです。 」とのこと。 また、健康食品とかジムのスポンサーがついて高たんぱく質派の情報操作が入り込むのいやなのだそうです。 「リブレ」接続メンバーの皆さんで食材の糖質実験を行ったり、レシピ研究会なども開催しています。 まずが血糖値計測器リブレを買ってみよう! 「大規模な食材の調査」とは、血糖値が高くなる食材は、糖質制限の妨げになります。 そのため食事ごとに「リブレ」で血糖値を測定し、食べて良いか悪いか判断するデータを集める意味で必需品なのだそうです。 高脂質・糖質制限ダイエットはリブレが必需品 「リブレ」とは、腕に500円玉大の針センサーをつけて、血糖値を測定する医療機器です。 個人でもAmazonなどで購入できます。 糖尿病の方や食生活改善目的に使用する方も多く、「リブレ」を使用するには本体とセンサーが必要です。 使い方はこちらの動画ツィートが参考になります。 「まさか!の高脂質食ダイエット」 グラント・ピーターセン著 金森重樹監訳 高脂質食dietのノウハウがぎっしり詰まっています 前書きはTwitterで説明してきたものがまとめられています 高脂質食レシピ付き — 金森重樹 ダイエットonlineサロン開講 ShigekiKanamori.

次の

無料の牛脂について

牛脂 代用

料理に欠かせない大事な素材のひとつである「油」。 ごま油やオイル、ココナッツオイルなど、料理をおいしくしてくれる油にはいろいろな種類がありますね。 中でも、「ラード」、「牛脂」、「鶏油(チーユ)」には動物性の旨味があり、ラーメンやチャーハン、ステーキなど、様々な料理で重宝されています。 実はこれ、手作りできるのをご存知ですか? 自家製で作ったこれらの油でつくる料理がまた最高なんです!作り方とアレンジレシピをご紹介します。 ラード 豚の背脂と水のみで作れますよ。 豚の背脂 1,000g• 水 1,000ml 作り方 1. 豚の背脂を細かく刻む。 鍋に水と背脂を入れて強火で熱し、沸騰したらふつふつするくらいの火加減で1時間煮る。 温度が下がったら煮沸消毒した保存容器に移し、冷蔵庫で冷やす。 脂と水分に分離したら脂を取り除き、煮沸消毒した保存瓶に移す。 アレンジレシピはこちら! ガーリックラードトースト 材料• バゲット 12cm• にんにく 1かけ• A ラード 大さじ2• A こしょう 適量 作り方• にんにくはすりおろし、Aと合わせ、600Wのレンジで20〜30秒加熱したら混ぜる。 バゲットを縦4等分に切り、断面にAを塗る。 中火で熱したフライできつね色になるまで焼く。 ラードでつくるガーリックトーストは、バターでつくるものと比べてにんにくの香りを強く感じます。 塩ではなく、 醤油のグルタミン酸のうま味が加わることにより、ラードのイノシン酸のうま味との相乗効果で一層おいしくなりますよ。 鶏油 鶏油の材料は鶏皮だけ!じっくり加熱して油を引き出します。 お好みで 20分加熱したタイミングでスライスしたにんにく1かけを加えて追加で5分加熱すると、にんにく風味の鶏油が作れます。 鶏皮 400g 作り方• 鶏皮を弱火で時々ひっくり返しながら20分加熱し、温度が下がったら煮沸消毒した保存瓶に移し、冷蔵庫で保存する。 アレンジレシピはこちら! 油そば 材料• 生麺 1玉• 青ねぎ 3本• 半熟煮卵 1個• A 鶏油 大さじ1• A 醤油 小さじ2• Aオイスターソース 小さじ1• Aこしょう 適量• ラー油 適量 作り方• 青ねぎは小口切りする。 半熟卵は半分に切る。 生麺を茹でて冷水にとり、水気を切る。 器に2. を盛ってAを和え、半熟卵をのせて青ねぎを散らし、ラー油をかける。 鶏油、しょうゆ、オイスターソースの旨味がぎゅっと詰まった油そばは味わい深いです。 酢の酸味を効かせることでメリハリのある味わいになりますよ。 酢の量はお好みで調整してください。 青ねぎの替わりに刻んだニラを散らしてもOK! 3. 牛脂 作り方はラードと同じ!材料は、牛の脂身と水のみで作れますよ。 牛の背油 1,000g• 水 1,000ml 作り方• 牛の背脂を細かく刻む。 鍋に水と背脂を入れて強火で熱し、沸騰したらふつふつするくらいの火加減で1時間煮る。 温度が下がったら煮沸消毒した保存容器に移し、冷蔵庫で冷やす。 脂と水分に分離したら脂を取り除き、煮沸消毒した保存瓶に移す。 アレンジレシピはこちら! 明太ガーリックチャーハン 材料• ごはん 200g• にんにく 1かけ• ニラ 3本• レモン 適量• 醤油 小さじ1• 塩こしょう 適量• 牛脂 大さじ1 作り方• にんにくはみじん切りする。 ニラは5mm幅に切る。 レモンはくし切りする。 は袋から取り出す。 フライに牛脂を入れて中火で熱し、にんにくを香りが立つまで炒める。 ごはん、を加えてさっと炒め、醤油、塩こしょうをで味を調える。 器に盛り、ニラを散らす。 牛脂の旨味がコーティングされたお米は一粒一粒がおいしい!プチプチっとしたがいいアクセントになっています。 お好みのタイミングでレモンをキュッと絞ってください。 爽やかな酸味が加わり味の変化を楽しめますよ。 料理の幅を広げてくれる手作り油とアレンジレシピをご紹介しました! 料理に旨味と風味を加えておいしさをアップさせてくれますよ。 様々な料理に使えるので、ぜひ作ってみてはいかがでしょう。 五十嵐ゆかり(管理栄養士・料理研究家) 1987年生まれ、県出身。 減塩でもおいしく作れる料理のコツなど、日々の暮らしに取り入れやすい健康レシピを提案している。 美容や健康にうれしい要素を取り入れたレシピを得意とする。 企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、講演、イベント出演、など、多方面で活動中。 2016年10月に所属するフードクリエイティブファクトリーがにエスニックカレーと濃厚かき氷のバー「ちゃのくん」をオープン。 著書に「食材の栄養素を最大限に引き出す便利帖」や「発酵いらずのちぎり」、「塩レモンでつくる基本のおかず」など。 ブログ: Twitter: HP:.

次の

すき焼きは牛脂なしでも大丈夫?使う理由は?代わりになるものは?

牛脂 代用

牛脂のカロリーと栄養成分について 牛脂とは牛の脂肪を精製した食用の油の塊です。 ヘットとも呼ばれます。 白もしくは淡黄色をしていて特有の香りがあります。 100g当たりのカロリーは約940kcalです。 コレステロール値を100mg含んでいます。 牛脂の栄養成分 牛脂は脂の塊なので成分のほとんどが脂質です。 牛脂の栄養成分である脂質を構成する脂肪酸の特徴はオレイン酸やステアリン酸、パルミチン酸が豊富に含まれた脂質であることから、栄養効果には活性酸素を抑制して抗酸化作用の働きに期待されています。 ただ飽和脂肪酸も多く含んでいるので、中性脂肪やコレステロールたまりやすくなり動脈硬化の原因になってしまうことがあるので、摂りすぎには注意してください。 脂肪酸の中でもオレイン酸の含有量が多いのが特徴で、近年過剰摂取が健康を害すると問題となっているリノール酸の約9倍の含有量を示しています。 賞味期限は? 牛脂の賞味期限は長くはありせん。 牛脂は冷蔵庫のチルド室で生肉と同じくらいの期間しか持ちません。 古くなると色が変色してしまいます。 変色してしまったら破棄してください。 保存は冷凍保存で! もう少し長く持たせたい時や大量に牛脂を入手した時は、通常使う分に小分けして冷凍庫で保存すると、約3ヶ月はもちます。 しかしこの賞味期間はあくまでも目安に過ぎないので、できるだけ早く使い切ってしまうことがおすすめです。 冷凍保存した場合でも冷凍やけなどによって品質が落ちてしまうことがあります。 冷凍保存でも、変色等が出てしまうと使用できません。 牛脂とラードの違いは? どちらも動物の脂を精製加工した食用油脂ですが、二つの違いは、牛脂は文字どおり牛の脂を精製加工したもの、ラードは豚の脂を精製加工した食用油脂です。 お料理に使用する場合、牛脂は牛肉料理に利用して肉の旨みをさらに引き出し、ラードはごく普通のお料理に利用することが多いです。 またラードの賞味期限は牛脂より長く、冷蔵庫で約3ヶ月持ちますが、この期間はあくまでも目安にすぎません。 ラードも長く保存したい時は、小分けにして冷凍保存することをおすすめしますが、ラードも牛脂同様、古くなると変色して品質が落ちてしまいます。 その場合は破棄してください。 牛脂とラードの価格の違い 牛肉の脂だから牛脂の方が価格が高いと思われがちですが、価格は牛脂の方が安く、精肉店で無料でもらうことができます。 ラードは肉店で無料でもらえる場合もありますが、スーパーなどで販売されていることが一般的です。 それほど高いものではありません。 牛脂は、購入するのであれば一般的には精肉店で購入し、価格はラードよりはるかに安い価格で購入できます。 牛脂の価格が低い理由は、原料の牛の脂の部分は必要ない部分の切り落としのため、もし牛脂に加工しなければ捨ててしまうところの脂だからです。 ラードは豚の背脂(背の部分の脂)を用いる場合がほとんどで、料理の利用価値もお肉を焼くこと以外にもラーメンの汁に利用したり、お菓子に用いたりとさまざまなので、牛脂より価格が高くなります。 牛脂の作り方 牛肉を購入して切り落とした脂から牛脂を家庭で作る場合、鍋に細かく刻んだ脂を入れ、ひたひたに浸るくらいの水を加え蓋をして弱火で脂を抽出します。 つぎに水分を飛ばしながら脂を溶かします。 この時脂が焦げてしまわないように弱火で作業することがポイントです。 焦げないように注意しながら定期的にかき混ぜ、約1時間ほどで脂は抽出されます。 冷ました脂を保存用の瓶に詰めて冷蔵庫で冷やせば出来上がりです。 熱い状態で瓶に入れると脂の熱で瓶が割れてしまうので、必ず冷ましてから瓶に移すようにしてください。 牛脂の使い方のついて 見た目は脂身にように見えますが、牛脂は牛の脂肪を精製して作ったもので、料理に使いやすいように、 加熱すると融けやすく作られています。 もともと牛の脂肪なので風味は特有のものがありますが、牛肉を焼くときなどは肉の旨みを引きだし独特の風味を付けてくれます。 そのためお肉をより一層美味しく食べるうえで、すき焼きやステーキなど特に牛の肉料理に牛脂を使い、肉を焼きます。 牛脂がないときの代用は? 牛脂はお肉を買うと、精肉店で無料で付けてくれますが、いただきもののお肉で調理する時など牛脂がない時、代用できるものは、クセがないサラダ油、肉の脂の種類は違いますがラード、そして肉自体に脂身が多くついていればその脂身を焼いてでた油などで代用します。 香りを付けたいからバターやマーガリンを使った方がいいのではないかと思われるかもしれませんが、バターは乳製品の独特の風味がありますので、肉の味わいを損ねてしまうかもしれません。 サラダ油 クセはありませんが油自体には旨みや風味もありません。 しかし肉を焼いているうちに肉から旨みや風味が出て、その風味を邪魔することなく使える油です。 ラード 豚の脂なので、牛の脂とは違った風味がありますが、代用には使えます。 買い置きの肉の脂を利用する 肉好きの家庭はよく肉をかたまりで購入しますが、その時肉に付いている脂をそいで冷凍しておくと、牛脂を切らしたときその脂を代用として使えます。 牛脂を使って美味しく調理しよう お肉屋さんで牛肉を買うと無料でもらえる牛脂は、これで牛肉を焼くと牛肉の旨みをさらに引き出すことができるからついてくるのですね。 代用できるものもありますが、無料でいただけるのなら、牛脂を使ってお肉をより美味しくいただきましょう。 しかしあまり日持ちしませんから、必要な分だけ頂けばいいです。 牛脂!ぜひ美味しく利用してください。

次の