イエスノー 占い ルーン。 Yes No 占い、イエスかノーかの二択で占います。

どうしても叶えたい!私の願いはもうすぐ実現しますか?|タロット占い | 無料占いmilimo [ミリモ]

イエスノー 占い ルーン

タロット占い イエスかノーか悩んだ時、二者択一をする時に間違った選択をしない為のコツ 自分の運勢を知る YESかNOかで悩んだ時、自分の運勢を知れば二者択一を間違うことはありません。 あなたの運勢が上昇している時ならば、尚更答えは「YES」しかありません。 あなたの行動は、必ず良い方向に向かい、成果に繋がるのです。 運勢が良い時というのは、自分の中にある直感力が強くなっていて、何をするにも意欲的に取り組めます。 頭の回転も速くなり、様々な事柄に対して正しい決断を自然に出来るようになるということ。 行動や決断に迷いがあるのは、失敗を恐れていたり「後悔するのではないか」と心配しているからです。 考えることは重要で、最悪のケースを想定することも時にはあります。 しかし、起こってもいないことにビクビクしてはいけません。 自分の運勢が良い時というのは、背中を誰かが押しているような「行動しなくちゃ」という気持ちになりやすいので、積極的に動き出すべきです。 あなたの味方は上昇する運気。 反対に、運勢が下降している時には何かを決断する時ではありません。 「大丈夫だろう」「何とかなるだろう」という安易な気持ちで決断をしてしまうと、真反対の出来事に遭遇し、困難を解消させるために大変な思いをしてしまいます。 自身の運勢を見極めることによって、間違いのない判断を下せるのです。 周囲の人の助けを得られる状況かどうかを考える 周囲の人に助けを得られる状況かどうかを考えることも、イエスやノーかで迷った時の対処法です。 二者択一の判断を間違いたくないのならば、一つのことに焦点を合わせるのではなく、周囲に目を配りましょう。 あなたを応援してくれる人や助けてくれる人がいる場合には、思い切って「YES」を選んでください。 それは、あなたに指南をする人がいるということ、道の誤りに気付かせてくれる人、次の迷いが生じた時に相談に乗ってくれる人があなたについている証です。 あなたに手を差し伸べてくれる人がいると感じるだけでも、心強く、力強い一歩を踏み出すきっかけにもなります。 「自分がついているから大丈夫」と言われると、不思議と勇気が湧いてくるものです。 しかし、一人きりだと感じている場合には、先に歩を進めてはいけません。 何事にも判断を下す場合には、人が関わっているものです。 考えること、実行すること、影響を与えることなど全てがあなた一人で完結しなければならない場合には、失敗に終わる可能性があります。 考えの欠如を起こしやすい状況ですから、手助けしてくれる人がいない、応援されていないと感じた時には「今やることではない」と受け止めてください。 成功体験・失敗体験を吟味する 二者択一の場面で間違った判断を下したくないのならば、成功体験や失敗体験を吟味しましょう。 これまで多くの人が抱えて決断を下してきたはずです。 あなたが抱えている悩みが、この世で初めてのものではありません。 今やインターネットの時代であり、様々な情報を簡単に得ることが出来ます。 先人たちが判断を下したことも、人によっては成功した人、失敗した人と分かれるもの。 その時の状況や環境、心情など、ほんのちょっとしたことで成功・失敗と分かれてしまいます。 情報を仕入れて、あなたの今の状況と似ている体験談を探してみましょう。 周囲にあなたがやりたいことをすでに実行している人がいれば直に話しを聞いても構いません。 答えに直結するかどうかは置いておき、体験談として自分のこれからと照らし合わせるのです。 すると、必然的にあなたの答えが「YES」なのか「NO」なのかが分かります。 あなたに自信を授けるような体験談は、今のあなたと状況が似ているということ。 勢いも重要ですが、迷った時には先人たちの体験談を参考にしてください。 「今のままではやるべきではない」「もう少し様子を見よう」と少しでも感じたならば、決断を先送りにしてください。 イエスを選んで間違っても救済処置を思い浮かべられるかどうか イエスを選んで間違ったとしても救済処置を思い浮かべられるかどうかも、間違いを選択しない方法です。 二つしか答えがない場合、どちらかはあなたを幸福にし、どちらかはあなたを不幸にしてしまうことも少なくありません。 しかし、間違いを選んだからと言って、全てが不幸になるわけではなく、自分の力で盛り返すことは可能です。 その先、最悪のケースを考えて、その時の対処法を準備しているかどうかが重要だと言えます。 成功する人は、ネガティブなことばかり考えているように思います。 しかし、実は失敗をした場合のことも考えていて、その時に自分で救済処置を施す準備をしているのです。 あなたにもそれが思い浮かべられているのならば、ノーを選ぶ必要がありません。 間違っていたとしても、盛り返すことが出来るのですから、答えはイエスのみ。 しかし、救済処置を一切、思いつかないという時には決断を早まるのは辞めましょう。 いざという時にパニックになるばかりで、余計に自分を窮地に追い込んでしまい、後悔してもし切れない状況になってしまいます。 最悪のケースに怖気づくだけならば、その決断は今ではないということです。 慌てずに、時期が来るのを待ちましょう。 占い師sakuraのワンポイントアドバイス 「今日はスカートにしようかパンツを履こうか」「傘を持っていこうかどうしようか」という二者択一は私たちの生活の中では数多く迫られることがあります。 人生そのものが選択の連続であり、それらに私たちは試されていると言っても過言ではありません。 たった一回の選択の間違いで人生を棒に振るうことも時にあります。 悩んだ時、困った時ほど、あなたの人生にとって重要なYESかNOの選択が迫られていることを感じ取ってください。 気分は環境によって、適当に選択するようなことがあってはいけません。 常に真剣に真面目に二者択一に取り組むことこそ、これからの人生を謳歌させるための準備に繋がるのです。 選択を真剣にするということは、人生を真面目に生きると同義語ですから、悩んだ時こそ見えない力を活用して鑑定を取り入れてください。 必ず、あなたの味方になる鑑定結果に目を通すことになります。 人生にはイエスかノーかを選ばなければならない時が多々あります 人生には二者択一を迫られる瞬間が多々あります。 それは、これからのあなたの人生を決めるためのものであり、大きな決断へと繋がるケースも少なくありません。 簡単に選べない問題だからこそ、こちらのルーン占いを活用して、正しい道に導いてもらいましょう。 そのためのアドバイスも伝授されますので、利用し、よりよい未来を切り開いてくださいね。

次の

こんな占い方も!ルーンのイエスノー占いと二者択一占いについて

イエスノー 占い ルーン

パワータロット占いとは SPUR. JPで人気の占いコンテンツ「運命を支配するパワータロット占い」では、片思いの行方、相手の気持ち、ふたりの未来といった悩みに応える「恋愛運」から、「結婚運」「仕事運」「総合運」まで、全86テーマのタロット占いを用意。 なかでも注目なのが、新しく追加されたテーマ「禁断の恋」。 『家庭のある人を好きになった。 この恋、諦めるべき?』とか『彼のほかに好きな人ができた。 どちらを選ぶべき?』など、浮気や不倫のほか複雑な恋の悩みも占えます。 さらに「季節のテーマ」として、その時季ならではの悩みを毎月1日に2本、SPUR. JPのタロット占いのTOPページで紹介しています。 また定期的にSPUR公式のInstagramやLINEなどのSNSからも様々なテーマを配信中。 24時間365日、知りたい運勢の行方はパワータロット占いに聞いてみて。

次の

無料のタロット占い♪「怖いほど当たる」と評判です♪

イエスノー 占い ルーン

二者択一のルーン占いのパターン 恋愛などでは「AさんとBさんのどちらを選べばよいか」といったお悩みは多いもの。 それ以外にも、イエスかノーかを知りたいなど、ふたつの選択肢からひとつを選ばなければならないことがあります。 ではルーン占いの場合、二者択一の占いにはどのようなパターンがあるのでしょうか。 単純なイエスノー占い 「イエスかノーか」という単純な選択でも、ルーン占いにはいくつかの方法がありますが、なかでももっともおすすめなのが「ワンオラクル」です。 ワンオラクルはひとつのルーンを用いて行うため、非常に手軽。 さらにひとつのルーンだけを使用するため、初心者でもリーディングを行いやすいという特徴があります。 二つの選択肢で迷っているとき 一方、二つの選択しで迷っているときには、複数のルーンを使用する方法がよいでしょう。 複数のルーンを使用した占いの方法では、ワンオラクルよりも詳しいアドバイスを知ることができたり、それぞれの選択肢の特徴や問題点、メリット、デメリットなどを知ることができる場合もあります。 ワンオラクルによるイエスノー占いのやり方 シンプルなワンオラクルはイエスかノーかを知りたいときには非常に便利な方法です。 ではワンオラクルでイエスノー占いを行うときには具体的にはどうすればよいのでしょうか。 正逆法 イエスノー占いをワンオラクルで行う場合のもっとも簡単な方法は「正逆法」という手法を用いることです。 ルーンにもタロットカードと同じように、正位置と逆位置があります。 ただし、タロットカードの場合、良いカードが逆位置になると悪いカードに、悪いカードが逆位置になると良いカードになるなど複雑な面もありますが、ルーンの場合にはほとんどが逆位置になったときにはネガティブな意味を表します。 そのため、ワンオラクルで引いたルーンが正位置か逆位置かだけを知ることでイエスかノーかを占うことができます。 ただし、ルーンの中には正位置・逆位置がないものもあるため、はっきりした意味が読み取れない場合にはもう一度ルーンを引くか、「イエスでもノーでもない」という解釈を行うことが必要になります。 解釈法 ルーンの位置に注目した「正逆法」に対して、ルーン自体の意味を読み取るのが「解釈法」です。 解釈法では、質問に対して現れたルーンがポジティブな意味ならイエス、ネガティブな意味ならノーと解釈を行います。 そのため、ルーン文字の基本的な知識が必要ですが、これからルーン占いについて学びたいという人には最適な方法と言えるでしょう。 複数ルーンによる二者択一のルーン占い AかBかの二者択一で悩むことは多いもの。 そんなときに役立つのが複数のルーンを使用した二者択一のルーン占いです。 この場合にも、いくつかの占いの方法があります。 二者択一に関するルーン占いの中でも、もっとも手軽な方法が「Aの場合、Bの場合それぞれでルーンを引く」というもの。 簡単に言えば、ワンオラクルを二回行うという感覚。 それぞれに現れたルーン文字の意味の強弱や、望む未来に近いかどうかなどによって選択を行うという方法で、配置の方法を知らなくても行えるというメリットがあります。 ただし、それぞれのルーン文字の意味を正しく知っておかなければ間違ったリーディングにつながってしまう可能性もあるため、注意が必要です。 ダブルルーン法 ルーン占いの中でも、二者択一に最適とされてている占いの方法があります。 それが「ダブルルーン法」と呼ばれているもの。 ダブルルーン法では、五つのルーンを規則的に並べることで占いを行います。 ダブルルーン法を行うときは、最初に引いたルーンを中央に配置します。 その後、二番目のルーンを一番目のルーンの左上、三番目のルーンを一番目のルーンの右上に、四番目のルーンを二番目の左上、五番目のルーンを三番目の右上と、Vの字になるように配置します。 この五つのルーンを読み解くことで、二者択一のどちらを選択すればよいのかを教えてくれるのがダブルルーン法です。 ダブルルーン法では、一番目に引いたルーンは全体の状況と問題解決のためのアドバイスを示しています。 また、二番目のルーンは選択肢Aの問題点、三番目のルーンは選択肢Bの問題点、四番目のルーンはAを選んだ場合の結果、五番目のルーンはBを選んだ場合の結果を表します。 このように、両方の選択肢について長所と短所などを知ることができるのがダブルルーン法のメリットです。 トーチ・ゲートのルーン 二つのうちのどちらかを選ばなければならないという場合には、できるだけ正しい選択を行うたいもの。 そんなときにおすすめなのが「トーチ・ゲートのルーン」と呼ばれる方法です。 トーチは「たいまつ」、ゲートは「門」を表し、どちらの門をくぐるべきなのか、たいまつが教えてくれるという占いの方法です。 「トーチ・ゲートのルーン」では、「現在の状況」「Aの選択を選んだときの自分の状態」「Aの選択を選んだときの未来の姿」「Aを選んだときの自分の周囲の状況」「Bの選択を選んだときの自分の状態」「Bの選択を選んだときの未来の姿」「Bを選んだときの自分の周囲の状況」「最終的なアドバイス」のそれぞれについて、八つのルーンが教えてくれます。 「トーチ・ゲートのルーン」は、八つのルーンで大きく分けて四つのブロックを作ります。 まず基点となるのが、中央に配置した「現在の状況」。 次に、右側と左側に三つずつのルーンの固まりを作ります。 左側の三つが、「Aの選択を選んだときの未来の姿」「Aを選んだときの自分の周囲の状況」を、右側の三つが「Bの選択を選んだときの自分の状態」「Bの選択を選んだときの未来の姿」「Bを選んだときの自分の周囲の状況」となります。 そして最後に選んだルーンが「最終的なアドバイス」を意味します。 「トーチ・ゲートのルーン」を行うときは、それぞれのブロックにどのようなルーンが集まっているかに注意しましょう。 ネガティブな意味のルーンばかりが集まっている場合、そちらの選択肢は選ぶべきではないことを意味します。 また、逆位置のルーンが多いブロックも要注意。 こちらも、選ぶべきではない選択肢ということになります。 ただし、はっきりとネガティブなものとポジティブなものとに分かれることは珍しいもの。 どちらにも同じ程度の不安要素があるという場合はどのように判断すればよいのでしょうか。 その場合、ルーンの内容が非常に重要。 恋愛運なのか仕事運なのかによっても異なりますが、しっかりルーンの意味を読み取ることが重要です。 さらにルーンの配置によってはどちらにもメリットとデメリットがあって決めきれないということも考えられます。 その場合、もしかしたらまだ二者択一には時期が早いというアドバイスである可能性もあります。 最終的なアドバイスや自分の現在の状況を含めたリーディングを行いましょう。 まとめ イエスノー占いや二者択一はルーン占いの得意分野。 簡単な方法から高度な展開まで様々な方法が揃っているため、興味が出てきたという方はぜひ自分でも試してみてはいかがでしょうか。

次の