返事をいただけると幸いです。 「嬉しいです」の敬語表現・類語や言い換え方・ビジネスの使い方

「ご返信いただければ幸いです」意味と使い方・ビジネスメール例文

返事をいただけると幸いです

最も丁寧な方法から説明させていただきます。 」と私は言います。 "greatly appreciated"とは、意訳的に「大変有難く思います」に近いです。 「let me know」は「respond」と交換しても良いと思いますが、指示に聞こえます。 ジュリアン いずれも「連絡」が欲しい時に使うフレーズですが、ニュアンスが微妙に違います。 I would appreciate if you could contact me by Friday. 何らかの連絡をしてほしい場合 It would be great if you get back to me by Friday. 改めて返事が欲しい場合 Could you let me know your response by Friday? メールに対する相手からの回答が欲しい場合 もし同僚や友達などへのカジュアルなメールなら、こんなフレーズでもOKだと思います。 Can you get back to me by Friday? Please and thanks! Can you touch base with me on that by Friday? Due to the very tight time limit, it is essential that you communicate this urgency to all those involved: "I would appreciate a reply by Friday please. I am sorry to be an inconvenience- If you are been an inconvenience it means that you are causing trouble or difficulty to someone. Sometimes we may have anurgent situation that we arehandling and we may need a timely response. In such as situation you can ask the following at the end of your email:- 1. Please reply by Friday. I hope to receive your response by Friday. I'm looking forward to your reply as soon as possible. This sentence does not speify an exact time, but it does relfect a matter of urgency by asking the person to respond as soon as possible.

次の

幸いですの意味と類語と使い方、ビジネスメールで使える例文16個

返事をいただけると幸いです

「幸いです」は相手にお願いするときに使う 「幸いです」は、主に相手に何かを依頼するときに用います。 しかし使うのは、軽いお願いのときに限られます。 何かを強くお願いするときには、「お願い申し上げます」などを用います。 また、贈り物を渡す際も同様に、「貰っていただければ嬉しいです」という意味を込めて、「幸いです」を多く使います。 必ずやってほしい時には幸いですを使わない 「幸いです」は、お願いする方がやってくれるとうれしいだけで、相手も幸せとは限りません。 先にも紹介しましたが、ビジネスシーンで必ずやってほしいことをお願いする時には、「幸いです」を使うのは避けるようにしましょう。 「幸いです」は目上の人には相応しくない 「幸いです」は、やわらかく丁寧な表現ですが、実は目上の人に対しては使わないのが無難です。 「幸いです」の言い切りに一方的な印象を持つ人もいるので、言い換えるのがいいでしょう。 謙譲の気持ちを込めて、「幸いに存じます」としたり、シンプルに「お願い申し上げます」などとできるでしょう。 「幸いです」の類語、代替できる言葉 「幸いです」の類語:「助かります」 「幸いです」のいい換え表現として「助かります」があります。 「助かります」は「幸いです」よりも砕けた表現です。 使用上の注意点として、 「助ける」には「本人が主体的にやっていることをお手伝いする」という意味があり、目上の人に「助かります」を使うことは失礼に当たります。 距離感の近い同僚、友人などに使うのがよいでしょう。 「幸いです」の類語:「幸甚です」 「幸甚 こうじん です」は「幸いです」よりも丁寧な表現です。 「幸甚です」は、「この上なく嬉しい・幸せだ」という意味を持ちます。 相手に対して敬意を払う表現であるため、目上の方にも使用できます。

次の

「いただけると幸いです」の意味と使い方|ビジネスメールでの例文

返事をいただけると幸いです

ご返信 = 返信すること• ご・お~いただければ = 「〜してもらえれば」の意味の敬語• すると「ご返信いただければ幸いです」の意味は… 「返信してもらえたら嬉しいです」 のように解釈できます。 ようは「 返信してほしい!」「 返信してください!」ということなのですが、このままではあまりにストレートすぎて目上や上司・取引先につかうにはイマイチです。 そこで「~してもらえたらと嬉しいです」というように遠回しにして、 とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズにしています。 そんなに丁寧にお願いする必要あるの?って思うくらい。 目上・上司にはもちろんのこと社外取引先にもつかえる丁寧な敬語フレーズですね。 敬語の解説 ややこしいので、これまでの敬語の解説をまとめておきます。 「ご返信いただければ幸いです」を敬語としてみていくと以下のとおりに成り立ちます。 もとになる単語「返信」• 可能形にして「 ご返信いただける」• 仮定「たら・れば」をくっつけて「 ご返信いただければ」• ひらがな表記「ご返信 いただければ」の両方ともOK。 このようにして元になる語「返信」を敬語にしています。 つまり敬語としては何もおかしいところはありません。 間違いではなく正しい敬語です。 相手に強制しない、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズになります。 なお「ご返信していただければ幸いです」は間違い敬語となりますのでご注意を。 「返信していただければ幸いです」とすれば正しい敬語ではありますが…長くなるため理由は省略。 それでは次項より使い方についても見ておきましょう。 使い方・ビジネスメール例文 こうして長々と読んでいてもイメージがつかみにくいかと思いますので、より実践的に。 ここでは「ご返信いただければ幸いです」の使い方をビジネスメール例文とともにご紹介。 どれも目上・上司・取引先にふさわしい丁寧な敬語にしています。 ご参考にどうぞ。 【基本の使い方】返信の依頼・お願いビジネスメール 「ご返信いただければ幸いです」の使い方 何かしら返信をお願いするときのビジネスメールに使います。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使える丁寧なフレーズですね。 たとえば、• 【例文】ご返信いただければ幸いです。 何卒よろしくお願い申し上げます。 【例文】ご返信いただければ幸いです。 よろしくお願い致します。 のようにして何かの依頼・お願いをともなうビジネス文書やビジネスメールで結び・締めくくりとして使われます。 もちろん結びでなく文章の途中でつかっても丁寧です。 まぁ、ようするに「返信してもらえたら嬉しいな!よろしく」という意味なのです。 なお「ご返信 をいただければ幸いです」というように「 を」を入れるケースもあります。 どちらを使っても正しい敬語です。 日程調整いただいたにも関わらず、ご迷惑をおかけしますこと深くお詫び申し上げます。 なお、以下の通りに変更後の日程につきご案内いたします。 たびたび恐れ入りますが再度、皆さまのご都合を伺えればと存じます。 【変更前日程】 ・11月3日 10:00-12:00 【変更後日程】 ・11月5日 10:00-12:00 ご出欠につき、今週中にご返信いただければ幸いです。 よろしくお願いいたします。 理由は簡単なものでよく、くわしくは説明しなくてよい• メールで案内をしていなければ新たに催促メールを作り、すでに案内済みのときには「転送Fw」「履歴付き返信Re」を使い、出欠の確認ができていない相手だけを宛先にする。 さて、先般お願いしておりました3月10日・懇親会の件、皆さまのご都合はいかがでしょうか。 お忙しいところ大変恐れ入りますが、予約等の手配が必要なためあらかじめ人数を把握しておきたく、 明日中にご返信くださいますようお願い致します。 なお、このメールは懇親会へのご出欠返信がまだの方へ送付しております。 行き違いでご返信いただいておりましたら申し訳ありません。 以上 宜しくお願い致します。 たびたび申し訳ありません。 誠に勝手を申し上げますが、早めに予約等の手配を進めたく、 明日中にご返信いただければと存じます。 また、本メールと行き違いでご返信をいただいておりましたら申し訳ありません。 お忙しいところ大変恐れ入りますが、何卒宜しくお願い致します。 言いたいことは結局のところ「返信してほしい」なのですが… 敬語の使い方に違いあり。 敬語としてはどちらも、これでもかというくらい丁寧なので使い分けする必要はありません。 お好みでお使いください。 ・幸甚(こうじん)の意味は「この上もない幸せ。 大変ありがたいこと。 ビジネスメールではとかく「いただく」「くださる」ばかりになってしまい、文章が気持ち悪くなってしまうのですよね。 そこで活躍するのが「ご返信 のほど~」です。 使い方にはたとえば• 例文「ご返信のほどお願い申し上げます」• 例文「ご返信のほどお願い致します」 などあり。 断定をさけて表現をやわらげるのに用いる語です。 もともと、とくに深い意味はありません。 ビジネスでは下手(したて)に出ることが基本ですので、強い口調を避けるためにこのような使い方をするようになったのだと推測します。 ちなみに「ご返信の程」というように漢字をもちいてもOK。 あなたのお好みでお使いください。 長いうえに丁寧すぎて気持ち悪いですからね。 そこでビジネス会話・電話では…• 可能形にして「ご返信いただける」• したがって上司・目上・社外取引先につかえる素晴らしい敬語、と言えるでしょう。 どちらかというと「〜いただけますでしょうか?」のほうが丁寧なのですが…バカ丁寧だという意見もあるため「〜いただけますか?」を使うのをオススメします。 ビジネスメール結びをより丁寧にするコツ あまり関係ないのかもしれませんが重要なので念のため。 ビジネスメールの文末・結び・締めとして使うことのおおい「ご返信」 ここでは、 ビジネスメール結びをより丁寧にするためのコツをご紹介します。 メール結びに使うときは「よろしく!」を加えると丁寧 ビジネスメール結びをより丁寧にするためのコツ。 「ご返信いただければ幸いです」はそれだけではビジネスメール結び締めとしてイマイチ。 そこで、 うしろに「よろしく!」的なフレーズを組み合わせて、セットで使うとより丁寧なメール結びになります。 すでに例文にはしましたが…• 【例文】ご返信いただければ幸いです。 何卒よろしくお願い申し上げます。 【例文】ご返信いただければ幸いです。 よろしくお願い致します。 【例文】ご返信いただければ幸いです。 よろしくお願い申し上げます。 ビジネスメールの結び締めに使うときにはこんな感じにするとよいでしょう。 「ご返信」の前置きに添える丁寧なお願いフレーズ「どうか」「何卒(なにとぞ)」を使うとより丁寧な印象のメールとなります。 たとえば以下のようなフレーズがあります。 どうか 例文「 どうかご返信くださいますようお願い申し上げます」 例文「 どうかご返信くださいますようお願い致します」 例文「 どうかご返信いただければ幸いです」 例文「 どうかご返信いただければと存じます。 何卒よろしくお願い申し上げます」• 何卒=どうか 例文「 何卒ご返信くださいますようお願い申し上げます」 例文「 何卒ご返信くださいますようお願い致します」 例文「 何卒ご返信いただければ幸いです」 例文「 何卒ご返信いただければと存じます。 「ご返信」の前置きには強調するフレーズ「どうか」「何卒(なにとぞ)」だけでなく、申し訳なく思う気持ちや、相手を気づかうフレーズをもってきても丁寧です。 たとえば「誠に勝手を申し上げますが」などと組み合わせ、以下例文のようにすると好感がもてますね。 上司や目上にはもちろんのこと、取引先のメールにも使える丁寧な例文にしています。 恐縮=申し訳なく思うこと 「お忙しいところ恐縮ではございますがご返信〜」 「お忙しいところ大変恐縮ではございますがご返信〜」 「たびたび恐縮ではございますがご返信〜」• 恐れ入る=申し訳なく思う 「お忙しいところ恐れ入りますがご返信〜」 「お忙しいところ大変恐れ入りますがご返信〜」 「たびたび恐れ入りますがご返信〜」• お手数=お手間 「お忙しいところお手数お掛けしますがご返信〜」 「お忙しいところ大変お手数ではございますがご返信〜」• 勝手を申し上げる=自分勝手を言う 「誠に勝手を申し上げますがご返信〜」• ご多忙とは存じますが=忙しいとは思うけど 「ご多忙とは存じますがご返信〜」 結局どれがもっとも丁寧? あまりにも言い換え敬語フレーズがおおいので、どれを使うべきか迷ってしまうというあなたのために。 ここまで紹介した言い換え例文の丁寧レベルを整理しておきます。 また、おすすめの敬語フレーズは青文字にしておきます。 ご返信ください• ご返信くださいませ• ご返信いただけますか?• ご返信ください• ご返信くださいませ• ご返信いただけますか• ご返信いただけますでしょうか• ご返信をお願い致します• ご返信いただきたく、お願い致します• ご返信いただきたく存じます• ご返信いただければと存じます• ご返信のほどお願い申し上げます• ご返信くださいますようお願い申し上げます• ご返信いただきますようお願い申し上げます• ご返信くださいませ• ご返信をお願い致します• ご返信いただきたく、お願い致します• ご返信いただきたく存じます• ご返信いただければと存じます• ご返信いただきますようお願い申し上げます• ご返信いただけますようお願い申し上げます• ご返信くださいますようお願い申し上げます• ご返信いただければ幸いです• ご返信いただければ幸甚に存じます• ご返信いただけましたら幸いです• ご返信いただけますと幸いです• ご返信いただけますと幸甚に存じます• ご返信いただけましたら幸甚でございます• ご返信いただけましたら幸甚に存じます 補)「お願い申し上げます=お願い致します」に言い換えOK 補)幸甚(こうじん)の意味は「この上もない幸せ。 大変ありがたいこと。 また、そのさま」 なお「ご返信 をいただけましたら幸いです」というように「 を」を入れるケースもあります。 どちらを使っても正しい敬語です。 ご返信賜りますようお願い申し上げます• ご返信いただければ幸いです• ご返信いただければ幸甚に存じます• ご返信いただけましたら幸いです• ご返信いただけましたら幸甚でございます• ご返信いただけましたら幸甚に存じます• ご返信賜りますと幸いです• ご返信賜れますと幸いです• ご返信賜りましたら幸いです• ご返信賜れましたら幸いです• ご返信賜りますと幸甚に存じます• ご返信賜れますと幸甚に存じます• ご返信賜りましたら幸甚に存じます• ご返信賜れましたら幸甚に存じます なお「ご返信 を賜りましたら幸いです」というように「 を」を入れるケースもあります。 どちらを使っても正しい敬語です。

次の