川口 工業 総合 病院 コロナ。 感染:埼玉県川口市 病院 50代男性医師、30代女性看護師 新型コロナウイルス(続報あり)

感染:埼玉県川口市 病院 50代男性医師、30代女性看護師 新型コロナウイルス(続報あり)

川口 工業 総合 病院 コロナ

同クラブは来年に計画していた創立50周年記念行事を中止し、その積立金を4病院支援に当てた。 4病院に贈呈されたのはM-15マスク6000枚、医療用サージカルマスク4000枚、フェースシールド2500個、医療用不織布ガウン2000着。 2日、同クラブ例会場の川口信用金庫本町東支店で贈呈式があり、同クラブ会員でもある同医師会の鹿嶋広久会長(61)は「無防備でコロナと闘っている病院の現場をなんとかしたい」とあいさつした。 同クラブ社会奉仕委員長の隅内道三さん(71)がロータリアンのネットワークに呼び掛けて集めた。 隅内さんは「全国では、使い捨ての防護服を天日干しして使っている医療現場もあると聞いた。 先生たちに大いに活用して頑張っていただきたい」と語った。 市医療センターの管理者で医師の大塚正彦さん(63)は「現場の職員たちは精神的なダメージが大きい。 その中で、このような支援は私たちの力になる」と話した。 これまで感染者21人を受け入れた済生会川口総合病院の佐藤雅彦院長(61)は「職員は感染の恐怖におびえながら仕事をしている。 この支援は心強い」。 埼玉協同病院の増田剛院長(59)は「開業以来40年たつが、このような支援は初めてで驚きと喜びを感じている」と話し「職員たちは想像を超える風評被害と闘っている。 子が通う保育園から『休んでほしい』と言われたり、家族から『帰ってこないで』と言われて病院の近くのアパートで暮らす職員もいる」と明かした。 川口工業総合病院の馬場俊也院長(61)も「20人の感染者を受け入れた。 支援は本当にありがたい」と話した。

次の

<新型コロナ>驚き…創立50年記念行事を中止した川口東RC、行事への積立金400万円で川口4病院を支援

川口 工業 総合 病院 コロナ

4月17日から発生した院内感染は、患者様10名、職員9名に至りました。 職員については濃厚接触による感染で、4月18日陽性が判明してから自宅待機にしており院内感染の拡大は防護できたものと考えられます。 また、感染が判明した患者様には大変ご迷惑とご心配をおかけしたことをお詫びいたします。 院内も感染が判明してから、病棟ごと感染対策病棟に変更し、清潔区域と汚染区域を隔離し、感染防御策を上げて対処いたしました。 結果、現在のところまで、新規院内感染は発生しておらず、対応している職員の健康状態も良好です。 今回の院内感染については、その感染ルートは、職員からなのか、入院した患者様からなのか、なお、精査の必要がある状態です。 院内感染には標準予防策を厳守して取り組んで参りましたが、それを上回るこの新型コロナウィルス感染に脅威を感じざるを得ません。 今後の入院診療にはさらなる注意を払って対応していく所存です。 また、当院は新型コロナウィルス医療が崩壊しないように、病院として出来ることを行い、地域医療に貢献することと致しました。 そのために、新型コロナウィルス患者の受け入れをある一定の基準で続けていくこととしました。 一部報道にあるような全病床をウィルス対策とする事はなく、当院の中心的診療である整形外科、外科、眼科、循環器科、消化器科などの入院診療は継続して参ります。 先ほども述べたように、院内の清潔区域、汚染区域の隔離は厳密にされており、他の大病院と比較しても遜色ない状況です。 新たな院内感染が生じていないこと、濃厚接触者の隔離も順調に進んだことから、当院の休診していた診療体制を徐々に元に戻すことと致しました。 5月8日から外来診療と救急受入を再開いたします。 また、時期をあけて、整形外科、外科、眼科などの入院診療も再開する予定です。 順次、予定の患者様にはご連絡差し上げます。 この度は、患者様、地域の皆様に大変なご迷惑とご心配をおかけしたことをお詫び申し上げます。 今後とも、当院のご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。 2020年5月1日金曜日 新青会 川口工業総合病院 院長 馬場 俊也.

次の

川口市の川口工業総合病院の場所はどこ?新型コロナの院内感染か?

川口 工業 総合 病院 コロナ

施設案内 Guide of facilities 「施設案内」 でよく見られるページ• 事業者向け For enterprisers 「事業者向け」 でよく見られるページ• 市政情報 Municipalism information 「市政情報」 でよく見られるページ• 組織から探す Section concerned list• 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。 ) (妊婦のかたへ) 念のため、重症化しやすいかたと同様に、早めに相談電話などにご相談ください。 (お子さまをお持ちのかたへ) 小児については、小児科医による診察が望ましく、相談電話やかかりつけ小児医療機関に電話などでご相談ください。 これまでどおり、検査については医師が個別に判断します。 3.医療機関にかかるときのお願い.

次の