イデア シュラウド。 イデア・シュラウド コスプレウィッグ+靴

【公式】ショップディズニー

イデア シュラウド

イデアの肌は白いを通り越して透き通るほど。 手首なんかは薄い皮膚の下に血管がよく見える。 そして形のいい耳。 綺麗な耳朶。 噛みつきたくなるほど柔らかそうで、おいしそう。 普段は青い髪に隠れているけれど、ふとした瞬間、邪魔そうに横髪を耳にかける。 わたしはその瞬間を決して逃さない。 本当に、理想的な耳だから。 わたしの耳はというと、形はまあ、ふつうだと思う。 イデアのように綺麗な耳が欲しかった。 そうしたら、いくつも開いたピアスももっと映えていただろう。 「い、痛くないの?」 大ぶりなコットンパールのピアスをつけているわたしを見て、少し怯えたようにイデアは問う。 わたしは黙って両手で髪をかきあげてみせた。 これだけじゃないんだよ。 「えっ、うわ、うわあぁああ」 まるで漫画みたいにイデアは悲鳴を上げた。 ロブだけじゃない。 トラガス、アンチトラガス、ヘリックス、アウターコンク。 皮膚の面積よりもピアスの方が多いんじゃないかと思うくらい、わたしの耳は穴だらけだ。 「痛くないんですか」 後退りながらも、わたしの耳からは目が離せないようだ。 「いまは痛くないよ。 開けるときにちょっと痛いだけ」 「なんで? マゾなの?」 「違うよ」 たぶん。 最初は耳朶だけだった。 それがいつの間にか、忘れられない思い出や突発的な思いつきのせいでどんどん増えていって今に至る。 たぶん、十個以上あるんじゃないかな。 開けてしまえばもうなにも怖くない。 ピアッサー、もしくはピンで肉を刺すときだけ僅かにビビってしまうけれど。 たぶん、欲張りなんだと思う。 可愛いものをたくさん身につけたい、嬉しかったことを忘れたくない、そんな気持ちがどんどん穴を増やしていく。 右耳のロブは親友に開けてもらったものだし、インダストリアルピアスは可愛くてどうしても欲しくなったので穴を増やした。 ピアスを神聖視する習わしも世界のどこかにはあると思うけど、わたしはただの単純な女。 「イデアは開けないの?」 「ピアスなんて、パリピやヤンキーがつけるものじゃん」 「……わたしはどっち?」 「……わかんないけど」 彼は俯いてぼそぼそと答えた。 はらりと横髪が落ちて、イデアは鬱陶しそうにそれを耳にかける。 あ、わたしが大好きな仕草。 青い髪に白い耳。 ああやっぱり、完璧な美しさだ。 「ねえ、ひとつでいいから開けてみない?」 わたしの提案に、彼は両手で大きくバツを作って拒否の意を示した 「僕はパリピでもヤンキーでもないので。 っていうか、痛いの嫌いだし、血とか見たくないし、おしゃれとか興味ないし」 早口でまくしたてるけど、そんなの美の前には理由にならない。 もっと欲張ってほしい。 もっともっと、美しくなれるのに。 「だいたい軟骨にピアス開けるなんて自分でわざと骨折してるのと同じじゃん。 やっぱりマゾだよマゾヒストだよ。 僕はそんな趣味ないから嫌だね」 「じゃあわたしサディストなのかも」 わたしよりずっと背が高いイデアを壁際に追い詰めて逃げられなくする。 イデアは迷子の子供みたいな目つきでわたしを見た。 「ね、開けさせて」 「い、や、だ」 「そしたら、ねえ、イデアはわたしのこと忘れられなくなるでしょ?」 わたしを欲張ってよ、ねえ。 「……そんなことしなくても忘れませんけど」 彼はぎこちない手つきでわたしの頭を撫でた。 「お揃いのピアスつけようよ」 「リ、リリ、リア充がするやつだ」 「ねえ」 「……考えとく」 ほとんどイエスに近い返答に、心のなかでガッツポーズ。 わたしは今夜にでもまたひとつ穴を増やそう。 イデアの美しさを刻み付けるために。 忘れないために。 いつか彼がいなくなっても、思い出せるように。

次の

【公式】ショップディズニー

イデア シュラウド

全カード共通のセリフ集• エピソードLvアップ「パラメータにクセがあるキャラで縛りプレイする物好き、たまにいるよね。 ……君の話なんだけど」• 魔法Lvアップ「あー魔法が強くなっても現実ではいいことなんか何にもない。 はっ」• 限界突破「そ、そんなに僕を構って何が楽しいの?……ニコニコするなよ……変な奴だな」• グルーヴィー「盛り上がってまいりました!全宇宙が僕を待っている!……もう躁鬱ですね、はーい」• 早く決めて。 早く!」• 授業開始「ヒッ……たくさん人がいる」• 授業終了「1週間分の気力を使い果たした」• バトル開始「1ターンでサクッと終わらす」• バトル勝利「レベル上げが足りてないッスわ~」 R(制服)セリフ集• 召喚獲得演出「目立たず、ひっそり、誰にも気づかれず生きていきたい……」• グルーヴィー演出「ああ、僕の癒しの時間がどんどん遠くなっていく……」• ホーム設定「あーしんど……」• 放っといて」• ホーム遷移・ログイン直後「ど、どうも。 すいませんねーノリが悪くて。 僕のことは虫だと思って無視してくれる?」• 特にケイト氏が空気読まずに陽のオーラで絡んでくるのが苦痛で苦痛で……」• キャッキャウフフとか出来ないので」 R(運動着)セリフ集• 召喚獲得演出「気が重いな。 運動なんて、なんのためにするんだ?」• グルーヴィー演出「運動せずにすむ、いい方法を考えたんだ。 き、君も……知りたい?」• ホーム設定「つら……」• 体調がよくない。 ムサカが喉に詰まったから休みたい」• ホーム遷移・ログイン直後「最悪の気分。 野外で行われる授業は速やかに爆発してくれ」• 飛行術の前に動物言語学を履修するべきでは?」• 逆に」• 今は到底そんな気力ない。 そっとしておいて……」 SR(実験着)セリフ集• 召喚獲得演出「しっ!今集中してるんだ。 話しかけないでくれるかな」• グルーヴィー演出「じ、自分の知的好奇心には素直でいたいんだ……」• ホーム設定「ぼぼ、僕に質問!?冗談だろ」• 話はそれからだ」• 犬派とは相容れない。 犬好きだけど」• ホーム遷移・ログイン直後「みんなこういう時ばっかり僕を頼る。 ほんと三次元ってやつはさぁ……」• ホーム遷移・グルーヴィー「テ、テストとゲームって似てる。 そう思えば、スコアが高いほど気分イイよね……」• 僕の部屋から遠いよ」• オルトを衰えさせないためにも、研究を続けないと」• ……君、実験とか苦手でしょ? ふひひっ」• ホームタップ・グルーヴィー「十分に発達した科学技術は魔法と見分けがつかない……まあ拙者はどっちもカンストしてますけど?」 SR(式典服)セリフ集• 召喚獲得演出「人が集まるところは嫌いだ。 1人にしてくれ……」• グルーヴィー演出「ネットが発達した今、オフラインで式典を行う意味とは……?」• ホーム設定「僕がいなくてもみんな大丈夫だよね?」• オルトを見つけたらすぐに部屋に帰る」• 集まるなんてエネルギーと時間の無駄なんですよ」• ホーム遷移・ログイン直後「ど、どこを歩いても人がいて……ヒッ!こ、ここでちょっと休ませて」• ホーム遷移・グルーヴィー「薄暗い要素満載の学校名なのに他寮生は陽キャ揃い。 信じられるのは陰キャ仲間の君だけさ」• テクノロジーに置いて行かれないよう僕たちもアップデートしていかないと」• 肉球ぷにぷ……に……見ぃ~た~な~」• 昔から人の多いところは苦手なんだ」• ホームタップ・グルーヴィー「君の寮は人数が少なくてうらやましいよ。 僕もオルトと2人きりだったらよかったのに……」 イデアのホームボイス以外のセリフも別記事にまとめています。 ツイステッドワンダーランド関連記事一覧 アイテム関連• ストーリー関連• カード・育成・バトル関連• 授業・試験関連• イベント関連• 世界観・キャラクターなど• グッズ関連•

次の

土に還るあなたへ

イデア シュラウド

イデアの肌は白いを通り越して透き通るほど。 手首なんかは薄い皮膚の下に血管がよく見える。 そして形のいい耳。 綺麗な耳朶。 噛みつきたくなるほど柔らかそうで、おいしそう。 普段は青い髪に隠れているけれど、ふとした瞬間、邪魔そうに横髪を耳にかける。 わたしはその瞬間を決して逃さない。 本当に、理想的な耳だから。 わたしの耳はというと、形はまあ、ふつうだと思う。 イデアのように綺麗な耳が欲しかった。 そうしたら、いくつも開いたピアスももっと映えていただろう。 「い、痛くないの?」 大ぶりなコットンパールのピアスをつけているわたしを見て、少し怯えたようにイデアは問う。 わたしは黙って両手で髪をかきあげてみせた。 これだけじゃないんだよ。 「えっ、うわ、うわあぁああ」 まるで漫画みたいにイデアは悲鳴を上げた。 ロブだけじゃない。 トラガス、アンチトラガス、ヘリックス、アウターコンク。 皮膚の面積よりもピアスの方が多いんじゃないかと思うくらい、わたしの耳は穴だらけだ。 「痛くないんですか」 後退りながらも、わたしの耳からは目が離せないようだ。 「いまは痛くないよ。 開けるときにちょっと痛いだけ」 「なんで? マゾなの?」 「違うよ」 たぶん。 最初は耳朶だけだった。 それがいつの間にか、忘れられない思い出や突発的な思いつきのせいでどんどん増えていって今に至る。 たぶん、十個以上あるんじゃないかな。 開けてしまえばもうなにも怖くない。 ピアッサー、もしくはピンで肉を刺すときだけ僅かにビビってしまうけれど。 たぶん、欲張りなんだと思う。 可愛いものをたくさん身につけたい、嬉しかったことを忘れたくない、そんな気持ちがどんどん穴を増やしていく。 右耳のロブは親友に開けてもらったものだし、インダストリアルピアスは可愛くてどうしても欲しくなったので穴を増やした。 ピアスを神聖視する習わしも世界のどこかにはあると思うけど、わたしはただの単純な女。 「イデアは開けないの?」 「ピアスなんて、パリピやヤンキーがつけるものじゃん」 「……わたしはどっち?」 「……わかんないけど」 彼は俯いてぼそぼそと答えた。 はらりと横髪が落ちて、イデアは鬱陶しそうにそれを耳にかける。 あ、わたしが大好きな仕草。 青い髪に白い耳。 ああやっぱり、完璧な美しさだ。 「ねえ、ひとつでいいから開けてみない?」 わたしの提案に、彼は両手で大きくバツを作って拒否の意を示した 「僕はパリピでもヤンキーでもないので。 っていうか、痛いの嫌いだし、血とか見たくないし、おしゃれとか興味ないし」 早口でまくしたてるけど、そんなの美の前には理由にならない。 もっと欲張ってほしい。 もっともっと、美しくなれるのに。 「だいたい軟骨にピアス開けるなんて自分でわざと骨折してるのと同じじゃん。 やっぱりマゾだよマゾヒストだよ。 僕はそんな趣味ないから嫌だね」 「じゃあわたしサディストなのかも」 わたしよりずっと背が高いイデアを壁際に追い詰めて逃げられなくする。 イデアは迷子の子供みたいな目つきでわたしを見た。 「ね、開けさせて」 「い、や、だ」 「そしたら、ねえ、イデアはわたしのこと忘れられなくなるでしょ?」 わたしを欲張ってよ、ねえ。 「……そんなことしなくても忘れませんけど」 彼はぎこちない手つきでわたしの頭を撫でた。 「お揃いのピアスつけようよ」 「リ、リリ、リア充がするやつだ」 「ねえ」 「……考えとく」 ほとんどイエスに近い返答に、心のなかでガッツポーズ。 わたしは今夜にでもまたひとつ穴を増やそう。 イデアの美しさを刻み付けるために。 忘れないために。 いつか彼がいなくなっても、思い出せるように。

次の