膵臓 癌。 膵臓癌の生存率と余命(予後)ステージ1・2・3・4(4a・4b)完治が期待できるのは?

膵癌

膵臓 癌

更新日時:2017年10月30日 膵臓がんとは 膵臓がんの概要 膵臓がんは、膵臓の中の膵管上皮細胞から発生したがんです。 また切除できても術後の再発率が高く、術後の5年生存率は20-40%と不良です。 日本人の膵臓がんによる死亡数は、肺がん、胃がん、大腸がんに次いで4番目に多く、2014年には約32000人が膵臓がんで死亡しました。 膵臓がんは高齢者に多いため、高齢化社会の進行とともに非常に増加しています 図1。 【図1】日本人のがん死亡数の推移 膵臓がんを引き起こす特定の原因は明らかではありません。 慢性膵炎、糖尿病、膵管内乳頭粘液性腫瘍、膵嚢胞、膵臓がんの家族歴、喫煙、肥満などは、膵臓がん発生のリスクが高率です。 膵臓がんの診断 膵臓がんの主な症状は、腹痛、背部痛、黄疸、食欲不振、体重減少などです。 糖尿病が急に悪化した場合も膵臓がんの可能性があります。 しかし、膵臓は内臓の中で最も奥の方で胃の裏側にあるため、がんになっても症状が出にくいのです(図2)。 【図2】膵臓と周囲の臓器 膵臓がん患者さんの80~90%で、腫瘍マーカーのCA19-9が高値を示します。 膵臓がんの診断では、CT・MRI・超音波・超音波内視鏡・内視鏡的逆行性膵管造影検査などの画像検査が有用です。 中でも造影CT検査と超音波内視鏡は最も重要な検査法です。 膵臓がんの進行度(ステージ)とは 膵臓がんの病期(ステージ)は4期に分類されます。 1期と2期は切除可能、3期と4期は切除不能です。 1期:膵内に限局し、リンパ節に転移していない。 2期:腫瘍の一部が膵外に出る。 リンパ節転移(-)は2A期、リンパ節転移(+)は2B期。 3期:腹腔動脈または上腸間膜動脈にがんの浸潤を認める 4期:肝臓、肺、腹膜、大動脈周囲リンパ節などへの遠隔転移を認める。 膵臓がんの治療 膵臓がんに対する治療法 膵臓がんに対する治療法には、手術と化学療法(抗がん剤治療)の二つの方法があります。 比較的早期であるステージ1・2期の膵臓がんには手術を行い、進行したステージ3・4期の膵臓がんには化学療法行います。 手術と化学療法について述べます。 膵臓がんに対する手術 膵頭部がんに対しては膵頭十二指腸切除、膵体尾部がんに対しては膵体尾部切除を行います。 大きな膵臓がんに対しては膵全摘をおこなうこともあります。 膵頭十二指腸切除:膵頭十二指腸切除術とは、膵頭部、十二指腸(+胃の一部)、胆のう、および下部胆管をまとめて摘出する手術です。 亜全胃温存膵頭十二指腸切除の手順をアニメーションで示します。 videoタグがサポートされていないブラウザです。 膵体尾部切除:膵体尾部切除術(=膵尾側切除術)とは、膵臓の体尾部を摘出する手術です。 多くの場合、脾臓・膵周囲のリンパ節・脂肪・神経なども一緒に摘出します。 膵体尾部切除の手順をアニメーションで示します。 videoタグがサポートされていないブラウザです。 膵全摘:膵全摘術は、膵臓を全て摘出する手術です。 術後はインスリンが全く出なくなりますので、インシュリン注射が必要です。 手術と補助療法 補助療法とは、外科手術にプラスして術前・術中・術後に行われる化学療法・放射線療法などの治療法です。 膵がんに対する補助療法で科学的に有効性が証明されているのは術後の補助化学療法だけです。 日本では術後にS-1という経口の抗がん剤を半年間服用するのが標準治療となっています。 2016年、静岡がんセンターの上坂博士らは、S-1の補助化学療法としての科学的有効性を英国の臨床医学雑誌のLancetに報告しました。 その論文によりますと、膵臓がんの術後に補助化学療法としてS-1を半年間投与した群の5年生存率は44. 1%で、ゲムシタビンを半年間投与した群の5年生存率24. また、術前に化学(放射線)療法を行う術前補助化学(放射線)療法は、まだ科学的な有効性は証明されていません。 しかし、術前化学(放射線)療法は有効である可能性があるので、現在盛んに研究されています。 膵臓がんに対する化学療法 ステージ3・4期の切除不能膵臓がんに対する治療法は、原則として化学療法です。 また、ステージ3の遠隔転移のない切除不能局所進行膵臓がんに対しては、化学療法だけを行う場合と化学療法に加えて放射線治療を行うことがあります。 化学療法としては以下のような薬剤を点滴または経口で投与します。 全身状態が良好な患者さんに対する最も標準的治療法は1または2です。 高齢者または全身状態にやや不安のある患者さんに対しては、3または4を行うことが一般的です。 ゲムシタビン+ナブパクリタキセル• FOLFIRINOX(オキサリプラチン+イリノテカン+フルオロウラシル+レボホリナート)• ゲムシタビン• S-1• ゲムシタビン+エルロチニブ• ゲムシタビン+S-1.

次の

【膵臓がん】原因・症状・検査から最新の治療法|膵臓癌がよくわかる

膵臓 癌

膵癌は癌の中でもとりわけ予後の悪い癌のひとつです。 【膵臓癌の症状】 膵臓癌は初期症状に乏しく、癌が進行していくにつれて、腹痛、黄疸、腰や背中に痛みが生じるなどの症状が出るようになります。 症状が出始めるころにはすでに癌が進行しているという場合が多いので、非常に予後が悪くなります。 ですので、膵癌の危険因子を持っている人は、発生する前から定期的に検査をして早期発見・早期治療を行うようにするということが膵癌対策の一番のポイントになります。 【膵臓癌のリスク因子】 膵癌にかかってしまうリスク因子としては、まず遺伝性のものがあります。 家族内に膵癌になったひとがある場合は注意しておく必要があるといえます。 また、次にあげる疾患を持っている人は要注意です。 糖尿病患者・肥満・慢性膵炎・膵嚢胞・遺伝性膵炎などは膵癌に進展する可能性があります。 特に糖尿病は膵癌の患者の半数以上にみられるとされています。 また、喫煙も膵癌のリスク因子のひとつとされます。 これらは膵癌だけでなく膵炎でも上昇します。 膵癌のマーカーであるCA19-9やCEAなどの値が上昇していると膵炎よりも膵癌の可能性が高まります。 癌の発生部位や大きさなどによっても数値は異なります。 このタイプの癌は胆道系を圧迫することで胆汁のうっ滞が生じますので、黄疸が出たり白色便がでるようになるなど、閉塞性黄疸症状がでます。 このように癌が十二指腸に近い側(膵頭部側)にある時の方が症状がわかりやすく、発見も早いので予後も比較的良い傾向にあります。 血液検査以外では、超音波検査(エコー)や造影CT検査などの画像検査で膵癌の所見が見られます。 また、ERCP・MRCPとよばれる検査で膵管や胆管を造影して状態を調べます。 【膵臓癌の治療】 手術が可能と診断された場合は外科的手術を行います。 手術の後に化学療法も行います。 手術が不可能とされた場合は化学療法を、それも難しい場合は緩和治療となります。

次の

膵臓癌の初期症状は血液検査にでる!生存率と余命は?

膵臓 癌

膵癌は癌の中でもとりわけ予後の悪い癌のひとつです。 【膵臓癌の症状】 膵臓癌は初期症状に乏しく、癌が進行していくにつれて、腹痛、黄疸、腰や背中に痛みが生じるなどの症状が出るようになります。 症状が出始めるころにはすでに癌が進行しているという場合が多いので、非常に予後が悪くなります。 ですので、膵癌の危険因子を持っている人は、発生する前から定期的に検査をして早期発見・早期治療を行うようにするということが膵癌対策の一番のポイントになります。 【膵臓癌のリスク因子】 膵癌にかかってしまうリスク因子としては、まず遺伝性のものがあります。 家族内に膵癌になったひとがある場合は注意しておく必要があるといえます。 また、次にあげる疾患を持っている人は要注意です。 糖尿病患者・肥満・慢性膵炎・膵嚢胞・遺伝性膵炎などは膵癌に進展する可能性があります。 特に糖尿病は膵癌の患者の半数以上にみられるとされています。 また、喫煙も膵癌のリスク因子のひとつとされます。 これらは膵癌だけでなく膵炎でも上昇します。 膵癌のマーカーであるCA19-9やCEAなどの値が上昇していると膵炎よりも膵癌の可能性が高まります。 癌の発生部位や大きさなどによっても数値は異なります。 このタイプの癌は胆道系を圧迫することで胆汁のうっ滞が生じますので、黄疸が出たり白色便がでるようになるなど、閉塞性黄疸症状がでます。 このように癌が十二指腸に近い側(膵頭部側)にある時の方が症状がわかりやすく、発見も早いので予後も比較的良い傾向にあります。 血液検査以外では、超音波検査(エコー)や造影CT検査などの画像検査で膵癌の所見が見られます。 また、ERCP・MRCPとよばれる検査で膵管や胆管を造影して状態を調べます。 【膵臓癌の治療】 手術が可能と診断された場合は外科的手術を行います。 手術の後に化学療法も行います。 手術が不可能とされた場合は化学療法を、それも難しい場合は緩和治療となります。

次の