ラグビー 日本 代表 世界 の 反応。 日本のスコットランド戦勝利!に海外の反応は?ラグビーW杯2019|TOKYO SCOPE

ラグビー日本代表の海外での評価は?アイルランド戦のメディアの反応は?

ラグビー 日本 代表 世界 の 反応

スコットランドを下した。 勝ち点21で1位通過を決めた。 妻に泣いているのを知られないように。 ・今大会最高の試合だと思う。 両チームが素晴らしい野心を見せた。 ・日本をシックスネーションズに招待しないといけない。 シックス・ネイションズは、ヨーロッパの6カ国が参加する国際ラグビー大会。 ビールメーカーギネスが冠スポンサーのためギネス・シックス・ネイションズとして開催されている。 全勝優勝をグランドスラム、ホーム・ネイションズの中での全勝をトリプルクラウンと呼ぶ。 ウィキペディア ・スコットランドは少なくともボーナスポイントを獲得した。 ・おお、グレイグよ。 ・疲れてしまったよ。 シャワーを浴びて寝たい。 ・日本はもうティア2ではないだろ? アイルランドとスコットランドを倒してトップ通過したんだ。 もしかしたらスコットランドよりも。 ・資金とトレーニング設備がすべてではないことを日本が示した。 日本代表が自国開催で史上初の8強入りを果たし、熱戦に次ぐ熱戦の連続だった今大会。 だが、最後に物議を醸す可能性のあるシーンがあった。 16年ぶり2度目となる世界一を逃して準優勝に終わったイングランド。 その試合後に行われた表彰式でプレゼンターがメダルを首にかけようとするのを拒否したり、多くの選手が首にかけた直後に外すなどの行為があった。 ・本当に失礼だね。 2位になることは偉業だぞ。 ・最高のチームは、勝っても負けても優雅。 ・礼儀知らずなだけでなく、子供っぽい。 リスペクトを完全に失った。 ・敗者が紳士のように振る舞わなくて残念。 ・銀メダルを拒否か。 ファレルの薄ら笑いは消えて、ジョーンズの顔からも笑みが消えた。 ・スポーツマンと呼ばれる連中がゾッとする行動をした。 大人になれよ。

次の

ラグビーW杯日本代表決勝トーナメント進出への海外の反応を調査!

ラグビー 日本 代表 世界 の 反応

海外掲示板のコメントをご紹介します。 だってほら、オレらスコットランドには、サッカーが……違う、ラグビーが……違う、 ええと、オレらはカーリングの国民なんだ。 全て似たような見出しで、日本がすごかったという内容だ。 信じられないプレイがたくさんあった。 間違いなく今は世界のトップ10に入ってるよ。 4年前に南アフリカを破ったときは奇跡のようだった。 だが今回のW杯で8強入りするのにアイルランドとスコットランドを破っている。 だが、その後はそれほど躍進しなかった。 しかし今大会はさらに大きな旋風を起こしている。 世界ランキング1位のアイルランドを倒し、まるで力を証明するかのようにスコットランドも破った。 次の試合の準々決勝は南アフリカだ。 彼らはリベンジに燃えているだろうが、日本の活躍がまぐれではないのを証明するかもしれない。 なんてこった、すごいスポーツだな。 ファンを1人増やしたよ。 ラグビー経験者なら、日本がやったあの速度のペースを保つのがいかに難しいかを実感している。 オレらラグビーファンは、こういう試合を求めていた。 興奮して次の試合を見るよ。 目の肥えたラグビー大国のファンにとっても、日本の戦いぶりは面白かったとのコメントが並んでいました。 関連記事•

次の

「日本はもはや、奇跡を必要としない」ラグビー日本代表、海外メディアはどう見たか? そして南アが警戒する“3人”とは

ラグビー 日本 代表 世界 の 反応

スコットランドを下した。 勝ち点21で1位通過を決めた。 妻に泣いているのを知られないように。 ・今大会最高の試合だと思う。 両チームが素晴らしい野心を見せた。 ・日本をシックスネーションズに招待しないといけない。 シックス・ネイションズは、ヨーロッパの6カ国が参加する国際ラグビー大会。 ビールメーカーギネスが冠スポンサーのためギネス・シックス・ネイションズとして開催されている。 全勝優勝をグランドスラム、ホーム・ネイションズの中での全勝をトリプルクラウンと呼ぶ。 ウィキペディア ・スコットランドは少なくともボーナスポイントを獲得した。 ・おお、グレイグよ。 ・疲れてしまったよ。 シャワーを浴びて寝たい。 ・日本はもうティア2ではないだろ? アイルランドとスコットランドを倒してトップ通過したんだ。 もしかしたらスコットランドよりも。 ・資金とトレーニング設備がすべてではないことを日本が示した。 日本代表が自国開催で史上初の8強入りを果たし、熱戦に次ぐ熱戦の連続だった今大会。 だが、最後に物議を醸す可能性のあるシーンがあった。 16年ぶり2度目となる世界一を逃して準優勝に終わったイングランド。 その試合後に行われた表彰式でプレゼンターがメダルを首にかけようとするのを拒否したり、多くの選手が首にかけた直後に外すなどの行為があった。 ・本当に失礼だね。 2位になることは偉業だぞ。 ・最高のチームは、勝っても負けても優雅。 ・礼儀知らずなだけでなく、子供っぽい。 リスペクトを完全に失った。 ・敗者が紳士のように振る舞わなくて残念。 ・銀メダルを拒否か。 ファレルの薄ら笑いは消えて、ジョーンズの顔からも笑みが消えた。 ・スポーツマンと呼ばれる連中がゾッとする行動をした。 大人になれよ。

次の