あずさ監査法人 創立記念日。 有限責任あずさ監査法人 / 【マネージャー】データアナリスト・データサイエンティスト / 32473480_356:マイナビ転職エージェントサーチ[エグゼクティブ・ハイクラス]

企業特集 有限責任あずさ監査法人

あずさ監査法人 創立記念日

本記事の目次• 有限責任あずさ監査法人について 有限責任あずさ監査法人は、1985年(昭和60年)7月1日に設立され、東京都新宿区津久戸町1-2あずさセンタービルに本社を構える、「酒井 弘行」が理事長を勤める非上場企業です。 主な事業内容は監査および各種保証業務事業、IFRSアドバイザリー事業、財務関連アドバイザリー事業、金融関連アドバイザリー事業、IT関連アドバイザリー事業、企業成長支援アドバイアリー事業、株式上場アドバイザリー事業などがあります。 会社の求める人物像は「明るく会話をすることができ、人とのコミュニケーションをとることが好きな人」「サービス精神を持って学生時代などに何か積極的に取り組んだ経験がある人」「規律を正すような社会貢献性の高い職業に就きたいと考えている人」「主役ではなく縁の下の力持ちとしての役割が得意な人」「個性がありながらも協調性も兼ね備え、前向きにチームに貢献できる人」「直観的ではなく論理的にものごとを考えることができる人」「途中で投げ出すことがなく、なんにでも誠実に行うことができる人」になります。 職場環境は、作業スペースは机や段ボールに収納された資料、一日のスケジュールが一目で確認できるホワイトボードなどがたくさんあり、コピー機などの複合機は別室に備え、雑音を感じることなく仕事に集中することができるようになっています。 また、休憩室は外が一望できる日当たりのいい部屋が完備されており、仕事の休憩や昼ごはんを食べるには最適なスペースとなっています。 休日休暇には完全週休2日制(土・日)、祝日、創立記念日(7月1日)、年末年始、年次有給休暇(初年度10日)、リフレッシュ休暇、慶弔休暇、ボランティア活動休暇、裁判員休暇などがあります。 有限責任あずさの会社情報 企業名 有限責任あずさ監査法人 本社所在地 〒162-8551東京都新宿区津久戸町1-2あずさセンタービル 支店住所 全国に多数 HPのURL 設立年月日 1985年(昭和60年)7月1日 代表取締役 酒井 弘行 役員 理事長:酒井 弘行 上場・非上場 非上場企業 電話番号 0120-39-8551 FAX番号 現在調査中 決済月 3月 売上高 現在調査中 従業員数 5,866人 男女比 1:1 CM動画 有限責任あずさの事業内容 主な事業内容は、監査および各種保証業務事業、IFRSアドバイザリー事業、財務関連アドバイザリー事業、金融関連アドバイザリー事業、IT関連アドバイザリー事業、企業成長支援アドバイアリー事業、株式上場アドバイザリー事業などです。 経営理念とビジョン 経営理念 監査および会計サービスを通じ、情報の信頼性を確立するとともに、良き変革を促し、公正な社会の実現と、経済の健全な発展に貢献します。 ビジョン 卓越したサービスを提供し続けることにより、社会、クライアント、組織員から、常に選ばれる存在であることを目指します。 年収と年度別・年齢別年収 年収(平均年収、年度別平均年収、年齢別平均年収) 年収は456万円~960万円で、平均年収は800万円です。 年度別平均年収は、こちらです。 現在調査中 年齢別の平均年収は、下記となっております。 20~24歳:456万円、25~29歳:568万円、30~34歳:624万円、35~39歳:712万円、40~44歳:800万円、45~49歳:896万円、50~54歳:960万円、55~59歳:952万円、60~65歳:648万円 給与制度・福利厚生 初任給も調査致しました。 大卒:19万円 では、給与制度やひと月の残業時間、有給消化率、離職率はどうなっているのでしょうか? 給与制度 有限責任あずさの平均勤続年数は18. 1年です。 【給与制度】 昇給:年1回、賞与:年2回 【月間残業時間】 41. 4時間 【有給消化率】 58. 2% 福利厚生や社内制度 福利厚生としては各種社会保険、クラブ活動などがあります。 社内制度はカフェテリアプラン制度、外部カウンセラー制度、LTD制度、育児・介護休業制度などがあります。 人事制度はそれぞれ評価する人が違い、全体を通して相対評価になるので、厳しい上司の場合は仕事ができても悪い評価、逆に甘い上司の場合では、仕事ができなくても甘い評価になりそれが相対評価として出てきます。 出典元: 会社評判・口コミ・ブラック企業度合いは? 休日はパソコンが起動しないようになっているため、休日は仕事をする必要はないです。 また、休日にパソコンを使うためには上司の許可が必要です。 専門職以外の人事制度を改定したが、それを皆が上手く使えていないです。 制度は利用するものだと思うのだが、皆が理解を進めようとしないところが残念です。 大卒ストレートで入社していれば、最初は同年代と比べて高めの所得が得られる利点が業界的にはあったが、あずさは2017年の秋ごろから残業代を削減しまくってます。 他の監査法人と基本給にそんなに差はないが、残業代が圧倒的に少ないため、所得は他方時に比べてかなり低くなります。 出典元: ブラックな口コミは? 専門職以外に関しては、会社自身が望ましい姿をイメージ出来ていないです。 結果、自己責任で成長するしかないです。 この組織で経験してその後別の組織で転用できる経験を得ることができるとは思わないです。 命をお金に変えているだけなので、豊かな生活ができているかというと、そうではないように思います。 男女問わず働きすぎて鬱病になったり、髪が薄くなるなど健康わ失う人が比較的多いのではないかなと思います。 その他、昔と比べて賞与の金額は多いですが、基本給がかなり低く抑えられているので、これから入る人はあまり旨味がないように思います。 出典元: 会社の著名人は? 現在調査中 有限責任あずさの採用情報 採用人数、インターン 採用人数は10人程度で、インターンはインターンは8月~9月に大学生・大学院生を対象に開催されます。 インターンの種類には2日間と2週間があり、2日では報酬はなく交通費が1日あたり1,000円支給されます。 2週間では交通費の支給はありませんが、1時間あたり1,250円の手当が支給されます。 出身大学の傾向・学歴 大学、大学院卒業以上 有限責任あずさのまとめ いかがでしたか?「有限責任あずさ」はあなたの将来稼ぎたい年収でしたか? 年収チャンネルでは、大企業の年収、ベンチャー企業の年収を随時調査しております。 お探しの企業がある方は以下からお探しください。 学校の先生や両親はなかなか教えてくれない 『企業別の年収情報』『稼げるキャリアの歩み方』『年収別のリアルな生活水準』 などを、株本が様々なゲストを招待して徹底討論します。 今、オススメのベンチャー企業を教えてほしい! 大手企業とベンチャー企業、自分はどちらに就職するべきか教えてほしい! 今の時代、どんな経験や能力を求められているのか教えてほしい! などなど、どれだけぶっ飛んだ質問でも構いません。 気軽に株本までLINEで相談してください。 なるべく早めにご返信します。

次の

あずさ監査法人

あずさ監査法人 創立記念日

あずさセンタービル(本部・飯田橋) 市場情報 非上場 略称 あずさ、AZ 本社所在地 〒162-8551 1番2号 あずさセンタービル 設立 朝日会計社として あずさ監査法人として 代表者 高波博之(理事長) 資本金 30億円(2019年6月期) 売上高 1,004億9,300万円(2019年6月期) 営業利益 18億500万円(2019年6月期) 経常利益 19億5,000万円(2019年6月期) 純利益 7億7,200万円(2019年6月期) 純資産 280億5,100万円(2019年6月期) 総資産 692億2,600万円(2019年6月期) 従業員数 社員・特定社員598名 職員2,652名 合格者等1,190名 その他1,778名 (2019年6月30日) 決算期 6月30日 会計監査人 関係する人物 外部リンク 特記事項:2019年10月時点 有限責任 あずさ監査法人(ゆうげんせきにんあずさかんさほうじん、英文名称: KPMG AZSA LLC)は、に設立された、日本の大手。 に有限責任制度適用の監査法人に移行した。 海外の大手監査法人を指す「」の一つ、のメンバーファーム。 いわゆる「」の一つである。 概要 [ ]• 統轄事務所• 本部 - 1-2 あずさセンタービル(飯田橋オフィス)• 東京事務所 - 東京都1-9-7 サウスタワー(大手町オフィス)• 大阪事務所 - 瓦町3-6-5 銀泉備後町ビル• 名古屋事務所 - 3-28-12 26F• 地域事務所/オフィス - 19か所(統轄事務所除く)• 人員数 - 6,067名(時点)• クライアント数 - 監査業務3,614社(うち上場会社728社)・非監査業務2,143社(6月30日時点) 大口クライアント [ ] 有価証券報告書より、最近の監査報酬が1億円超のクライアントを列挙。 素材・エネルギー 、、、、、、、、、、、、、、、 医療・化学 、、、、、、、、、、、、、 食品・アグリ 、、、 自動車・機械・部品・エレクトロニクス 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、 不動産・建設・レジデンス 、、、、 物流・インフラ 、、、、、、、、、、、、、、、 生活・サービス 、、、、、、、、 情報・通信 、、、、、、、、 卸売・小売・外食 、、、、、、、、 金融・保険 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、 特徴 [ ] 法人及びクライアントの特徴として以下の点が挙げられる。 朝日新和時代(1980年代まで)は太田昭和と並んで保守的な社風であったが、営業力を最重視するアンダーセンとの提携によって外資色が急に強くなったといわれる。 上場クライアントの純利益合計では、あずさより数の多い新日本・トーマツを抑えてトップである。 企業グループの中では、創業者の出自から・に強い(後述)。 住友グループに関係し、昔から大阪方面に大口クライアントを多く持つ。 現在は名古屋の企業にも強い。 これは解散の際、名古屋事務所に属していた中部電力・名古屋鉄道・など大半の在名クライアント及び人員を受け入れ、事務所の規模を急拡大させたからである。 中国地方に強く、マツダ・中国電力をはじめ・・・・・など在広企業をほぼ独占している。 経営成績の推移 [ ] 人員数・社員数には、特定社員を含み、公認会計士・公認会計士試験合格者・会計士補のいずれにも該当しない職員を含まない。 決算期 業務収入 うち監査報酬 (1項業務) うち非監査報酬 (2項業務) 営業利益 純利益 人員数 うち 社員数 被監査会社数 うち 金商法監査 2011年6月期 880億686万円 729億5068万円 150億5618万円 39億7658万円 2億4403万円 4527人 633人 3276社 797社 2012年6月期 828億7171万円 686億3225万円 142億3946万円 35億3211万円 2億269万円 4465人 616人 3308社 783社 2013年6月期 800億8193万円 677億5741万円 123億2452万円 20億7283万円 21億5224万円 4174人 609人 3245社 775社 2014年6月期 807億3470万円 674億3169万円 133億300万円 23億9571万円 6億9578万円 4158人 607人 3265社 779社 2015年6月期 831億5700万円 681億100万円 150億5600万円 16億8000万円 22億5200万円 4246人 604人 3325社 788社 2016年6月期 898億9500万円 698億7500万円 200億2000万円 15億9500万円 7億1400万円 4360人 606人 3402社 806社 2017年6月期 959億5200万円 721億6000万円 237億9200万円 47億8500万円 59億9400万円 4462人 614人 3481社 799社 2018年6月期 971億2100万円 765億4900万円 205億7100万円 4億8400万円 13億6900万円 4472人 603人 3558社 814社 2019年6月期 1004億9300万円 782億8500万円 222億800万円 18億500万円 7億7200万円 4440人 598人 3614社 808社 沿革 [ ] 現在のあずさ監査法人の母体とも言える監査法人朝日会計社の創業者はの出身であり、そのため創業以来より住友系のクライアントを多く持ち、大手監査法人の一角を占めていた。 海外提携先も当時「Big8」と呼ばれていた会計事務所の一つ、 アーサー・ヤングであった。 一方、新和監査法人は規模としては準大手であり、中堅の及びという2つの会計事務所と提携していた。 監査法人朝日会計社と新和監査法人は、当時の首相・の公社民営化による設立企業を受け入れる素地を整えるため、(昭和60年)に合併。 当時、国内の監査法人は旧公社クラスの企業の監査に対応できるほどの規模を有していなかったため、監査法人の大小を問わず合併が相次いでいた。 中でも朝日と新和はいち早く合併を成功させ、結果としてやをクライアントとして獲得したが、合併後の監査法人朝日新和会計社はアーサー・ヤング、BDO、グラントソントンの3つと提携することとなった。 当時、日本企業の海外進出はまだ少なく、逆に外資系企業の日本進出が多かったため複数の海外提携先を抱えても問題は生じなかったと言われる。 なお対外的には国際部を旧朝日系のもの(アーサー・ヤング)に統一し、旧新和系の国際部は国内部門との通し番号を割り当てた。 これにより国内クライアントの海外活動への対応は、アーサー・ヤングに一本化されていた。 しかし、(平成元年)にメイン提携先であったアーサー・ヤングはアーンスト・アンド・ウィニーと合併し、 となった。 形式上は対等合併であったが、実質的には当時経営難に陥っていたアーサー・ヤングをアーンスト・アンド・ウィニーが救済したものであるため、アーサー・ヤング側の立場は弱かった。 ところで合併前のアーンスト・アンド・ウィニーは当時と提携していたため、太田昭和と朝日新和の2法人がアーンスト・アンド・ヤングを海外提携先とする構図になった。 すると事務所内において立場の強い旧アーンスト・アンド・ウィニー側が、従来の提携先であった太田昭和を国内業務において優先するようになり、朝日新和側に不利益な結果をもたらすこととなった。 更に旧アーサー・ヤング側の人員は多くがリストラに遭ったため、朝日新和は従前の人的関係をも失うこととなった。 なお、この時に太田昭和側はこれを解消すべく朝日新和との合併を持ちかけたが、大手同士の合併は寡占を招くとして(当時)は許可しなかった。 かくして、朝日新和はアーンスト・アンド・ヤングとの提携を(平成5年)に解消し、新たに と提携。 同時にアンダーセンの国内直営事務所であった井上斎藤英和監査法人と合併し、朝日監査法人となった。 アンダーセンは重複提携を認めない方針であったため、新和監査法人からの付き合いであったBDO及びグラントソントンともここで提携を解消。 その後BDOは、グラントソントンは元監査法人(現 )へと提携先を移している。 その後アーサー・アンダーセンは(平成13年)に起きた事件により打撃を受け、翌(平成14年)に解散した。 これにより朝日監査法人は海外提携先を喪失し、またしても新たな提携先を探さなければならなくなった。 一方その頃、太田昭和監査法人はと提携していたセンチュリー監査法人と(平成12年)に合併。 これにより発足した監査法人太田昭和センチュリー(2001年より新日本監査法人)はアーンスト・アンド・ヤング及びKPMGという2つの会計事務所と提携することとなり、前述したアーンスト・アンド・ヤングが太田昭和及び朝日新和と提携していた時とは逆の構図で、KPMGに不利益な結果をもたらすこととなった。 ここに朝日監査法人とKPMGの利害関係は一致し、朝日は海外提携先に KPMGを選定した。 この際にいったん新日本監査法人の旧センチュリー系グループが独立する形で設立された(旧)あずさ監査法人と朝日監査法人とが合併する形で、(平成16年)に現在のあずさ監査法人が設立された(ただし存続法人は朝日監査法人)。 これにより日本のと海外のの提携関係の「ねじれ」は解消されることになった。 なお旧センチュリー監査法人のクライアントには、・・のようにあずさへ移ったものもあれば、グループや(現 )のように新日本にそのまま残ったものもある。 (昭和24年) - ピート・マーウィック・ミッチェル(PMM、後のKPMG)日本事務所を東京に設立。 (昭和44年)7月 - 監査法人朝日会計社設立。 (昭和49年) - 中央共同監査法人設立。 (昭和49年)12月 - 新和監査法人設立。 (昭和51年)12月 - 監査法人朝日会計社がアーサー・ヤングと提携。 (昭和59年)6月 - アーサー・アンダーセンが英和監査法人を設立。 (昭和60年)7月 - 監査法人朝日会計社と新和監査法人が合併し、監査法人朝日新和会計社となる。 (昭和61年)7月 - 監査法人朝日新和会計社が監査法人福岡センターを吸収合併。 (昭和62年) - 中央共同監査法人と監査法人井上達雄事務所が合併し、井上斎藤監査法人となる。 (平成元年)10月 - 監査法人朝日新和会計社が、札幌中央監査法人・監査法人横浜関内監査事務所・名古屋第一監査法人を吸収。 (平成元年)12月 - 海外提携先であったアーサー・ヤングがアーンスト・アンド・ウィニーと合併、となる。 (平成3年)9月 - 井上斎藤監査法人と英和監査法人が合併、井上斎藤英和監査法人となる。 (平成5年)10月 - 監査法人朝日新和会計社と井上斎藤英和監査法人が合併し、朝日監査法人発足。 アーンスト・アンド・ヤングとの提携を解消し、と提携。 (平成14年)8月 - アーサー・アンダーセン解散により、海外提携ファームを失う。 (平成15年)2月 - (現 EY新日本有限責任監査法人)よりの監査部門が独立し、あずさ監査法人を設立。 (平成15年)4月 - 朝日監査法人がKPMGのメンバーファームに正式加入。 (平成16年)1月 - 朝日監査法人とあずさ監査法人が合併し、法人名をあずさ監査法人として発足。 (平成22年)7月 - 有限責任監査法人に移行し、名称を有限責任 あずさ監査法人に変更。 (平成25年)1月 - 本部機能をあずさセンタービル(飯田橋オフィス)に残したまま、東京事務所をサウスタワー(大手町オフィス)へ移転。 歴代理事長 [ ] 代 氏名 期間 備考 1 1月 - 2004年4月 卒、理事長から横滑り 2 佐藤正典 5月 - 2010年5月 卒 3 内山英世 6月 - 2015年5月 早稲田大学卒 4 酒井弘行 6月 - 2019年6月 慶応義塾大学卒 5 高波博之 7月 - 中央大学商学部卒、現職 出来事 [ ] NOVA不正会計事件 [ ] 4月に破綻した英会話学校(当時ジャスダック市場上場)の2007年3月決算で、係争事件を「企業の存続に重大な影響を与えるリスク」として開示していなかったことについて、不適切な情報開示として当時の担当監査法人であったあずさ監査法人が公認会計士協会の調査を受けている。 ユニコ・コーポレーション破綻事件 [ ] 上場会社ユニコ・コーポレーションが利益を優先し、リース資産や融資に対して適切な自己査定をしていなかったとの理由で会社に対しあずさ監査法人から債務超過の指摘を受け事実上破綻した。 記者会見の席上で当時の社長は「監査法人の指摘は青天の霹靂」と批判したが、会社は事実上のワンマン経営であり不正会計の発覚が遅延しただけとの見方もある。 株価操作事件 [ ] 、キャッツの株価操作事件に深く関与していたとして担当会計士が会計士協会から会計士資格の登録抹消の処分を受けている。 逮捕された会計士が、あずさ監査法人の業務管理部門にいたこともあり、当時、新たに監査契約を締結したが事情を聞くなど大きな波紋を呼んだ。 オリンパス事件 [ ]• - 柴田秀樹(弘前大学)著、2006年。 永和監査法人. 2017年12月31日閲覧。 - 原征士(法政大学)著、1995年。 - ダイヤモンドオンライン• 日本経済新聞 2006年10月27日朝刊~北海道 経済面~• 日本経済新聞 2004年3月11日朝刊• 朝日新聞デジタル2012年7月6日14時46分• Facta2012年8月号(Factaはオリンパス事件を最初にスクープした雑誌。 「大甘」というのはが、山一證券・カネボウの粉飾決算を見逃し解体したことに対比している。 ) 外部リンク [ ]•

次の

あずさ監査法人1DAY休日選考会参加希望者向け相談会開催のお知らせ【2018/9/15、9/29】|公認会計士の転職・求人【マイナビ会計士】

あずさ監査法人 創立記念日

皆さんのあらゆる個性に出会えることを楽しみにしています。 例えば… ・明るく笑顔で会話ができ、人とのコミュニケーションが好きな人 ・サービス精神を持って積極的に何かに取り組んだ経験がある人 ・社会貢献性の高い業界に興味がある人 ・縁の下の力持ち的な役割が得意な人 ・個性と協調性を兼ね備え、ポジティブにチームに貢献したい人 ・論理的にものごとを考えることが好きな人 ・なにより、誠実に行動できる人 募集概要 募集職種 一般職員として、入社後は以下業務へ携わっていただきます。 宿泊施設やスポーツクラブの利用、健康関連商品や医薬品の購入など豊富なメニューを取り揃えています。 夏季期間など、年次有給休暇と組み合わせてまとめて休みを取ることも可能です。 人間関係・家族・その他の個人的な問題等で悩みを抱えたときは、法人と提携している外部の専門のカウンセリングサービスを利用できます。 正職員・契約職員全員を対象として、「団体保険」に法人が加入をしています。 更に補償を希望する方は「任意保険」にも加入が可能です。 オンとオフの充実を図るだけでなく、通常業務ではふれあえない部署や上下の関係の枠を超えたコミュニケーションが取れるのも、あずさ監査法人のクラブ活動の魅力です。 もちろん女性に限らず、男性職員も育児や介護のために利用することが可能です。 また、復職後の勤務形態や中長期的なキャリアプランを考える機会として、「復職支援セミナー」を開催し、スムーズな職場復帰のサポートをしています。 また、仕事と育児や介護を両立させながら、段階的にフルタイムの勤務に戻り活躍できるようにサポートすることを目的に、様々な勤務形態のなかから働き方を選択できる、「フレキシブル・ワーク・プログラム」を用意しています。 勤務形態は以下のなかから選択でき、最長で子どもが小学校卒業するまでの期間に利用することができます。 共働き世帯が安心して働ける職場環境の実現のために、国内で訪問型の病児保育事業を専門に展開しているNPO法人と提携した「病児保育サポート制度」を導入しています。 <東京事務所> 保育所への入所が困難なケース(待機児童)が増加している中、職場復帰のセーフティネットとして、育児休業明けの職員の職場復帰がスムーズになるよう後押しし、キャリア継続への阻害要因を少しでも緩和することを目的としています。 外部の民間相談機関に業務委託をし、24時間365日、電話・WEBによる相談が可能です。 在宅保育サービス補助との併用も可能です。 個々人が目標設定を行い、その達成度を専任のパフォーマンスマネジャーが年間を通してフォローすることにより、双方向コミュニケーション型の人材育成を実施しています。 申告内容の取扱いは一部の関係者に限っており、職員から幅広く率直な意見を収集し、最適な人員配置やよりよい職場環境作りを目指しています。 多様な業務経験を得ることによって、能力開発や法人業務の多面的な理解へとつなげています。 また、組織としても、適材適所の人事により業務品質を向上させ、人的ネットワークの拡大や他部署間でのベストプラクティスの共有が可能となることから、業務の効率化が実現されています。 あん摩マッサージ指圧師免許等の国家資格を取得した、視覚障がいを持つ職員がヘルスキーパーとなって施術を行っています。 ハローワーク、盲学校などとも連携して障がい者雇用の促進として力を入れて取り組んでいる一方、その他の職員にとって職場での「癒し」を提供しています。 主に知的障がいを持つ職員(オフィスメイト)が、各種資料・書類印刷・製本、経理伝票の仕分け・ファイリング、中古文房具再利用のための仕分け・発送、文房具補充などの業務に取り組んでいます。 1 社風を教えてください。 1 チームで仕事をすることが多いため、風通しがよく、自由に意見の言える環境を大切に、Open and Honestの体現を目指しています。 プロフェッショナルとしての自覚を持ちながら、アットホームで仲が良いのも特徴です。 2 業務内容を教えてください。 2 監査事業部での公認会計士サポート業務と、本部(管理部門)での人事・総務・経理・研修・ITサポート等の業務です。 公認会計士のサポート業務には会計監査業務は含まれず、公認会計士のスケジュール管理等の秘書的業務や部門内での人事、総務、経理に関わる業務が中心となります。 3 希望すれば「会計監査」も業務に含まれるのですか。 3 会計監査は公認会計士のみが行える業務ですので、一般職員の業務には含まれません。 詳しくは法人説明会でご説明します。 4 応募にあたり必要なスキル・資格はありますか。 4 特に必要なスキル・資格はありません。 会計の知識は入社時点では特に必要ではありません。 英語やPCが得意な人は、ぜひその特技を伸ばしてください。 5 面接はどのように行われますか。 5 人物重視で選考をさせていただきます。 そのため、しっかりと時間をかけて面接を行う予定です。 6 学部・学科は採用に影響しますか。 6 特に影響はありません。 全学部全学科を対象としています。 7 大阪事務所の人員構成・クライアントについて教えてください。 7 大阪事務所では、全体が約1000名のうち、50名がPAまたは管理部スタッフとして働いています。 クライアントは、関西本社の世界有数のグローバル企業や関西在住者なら一度はお世話になったことがあるような企業が多数ございます。 8 大阪事務所の雰囲気を教えてください。 8 PA・事務職全員の顔が見える規模ですので、風通しが良く、基本的にアットホームです。 大阪事務所独自で、部署をまたいだプロジェクトの立ち上げなどゼロから企画することもあるため、活発に意見を出し合う雰囲気があります。 9 選考フローと採用スケジュールについて教えてください。 9 東京事務所と大阪事務所で採用フローとスケジュールが異なります。 【東京事務所・本部】 まずは法人説明会へご参加ください。 その上で、当法人の選考に進まれるご意思のある方は、Open ESのご提出と、適性検査を受検いただきます。 その後、面接(2~3回)を行います。 【大阪事務所】 まずは法人説明会(東京または大阪)に参加し、その上で、当法人の選考に進まれるご意思のある方は、Open ESをご提出いただきます。 その後の選考は、書類選考・適性検査・面接(数回)を予定しております。 10 研修制度はありますか。 10 入社後はまず法人概要やビジネスマナーなどを学んでいただく研修があります。 PC研修は初級~応用まで様々な種類があり、各自のレベルに合わせて受講が可能です。 また、社内TOEICは年1回無料で受験できます。 11 残業はありますか。 11 業務の繁忙期には残業もありますが、多くの職員がオンとオフを上手に切り替えて、仕事とプライベートを上手く両立させています。 また、野球・テニス・スキー・ゴルフ・ウクレレ・書道・華道など他にも様々なクラブ活動があり、業務終了後や休日に活動しています。 所属部署に関係なく、様々な人が活動するため、仕事では関わることのない他の職員との交流も図れます。 12 配属部署はどうやって決まりますか。 12 適性を判断した上で、配属を決定します。 13 入社後転勤はありますか。 13 原則転勤はありません。 ただし、東京事務所勤務の場合は、飯田橋もしくは大手町のオフィス間異動はあります。 14 福利厚生について教えてください。 14 当法人では「カフェテリア制度」を導入しています。 年間に付与されるカフェテリアポイント内で宿泊施設・スポーツクラブ・エステの利用、健康関連商品・医薬品・チケットの購入など、豊富なメニューから自由にサービスを選択することができます。 15 女性は結婚・出産しても働き続けることができますか。 15 現在多くの女性職員が、結婚・出産後も活躍しています。 あずさ監査法人では、育児や介護と仕事を両立させながら、仕事に責任を持って関与していこうとする職員のために、一定期間休業できる育児・介護休業制度を設けています。 もちろん女性に限らず、男性職員も育児や介護のために利用することが可能です。 また、復職後の勤務形態や中長期的なキャリアプランを考える機会として、復職支援セミナーを開催し、スムースな職場復帰のサポートをしています。 16 フレキシブルワークプログラムとは何ですか。 16 法律で定められている休業期間に加えて、あずさ監査法人では、妊娠が判明した時点から最長で子どもが3歳になるまでの期間の休業制度を設けています。 また、子どもの小学校卒業まで、「週2日を限度とする勤務免除」「短時間勤務」「就業時間の繰上げ・繰下げ」等の勤務形態で働くことが出来、仕事と育児や介護を両立させながら、段階的にフルタイムの勤務へ戻り、活躍できるようにサポートをしています。 また、産前産後休業に入る前から復職後フルタイムに戻るまで、定期的に面談を行い、両立のための施策を継続的に実施しています。 試用期間 あり(入社後6ヵ月間。 労働条件は本採用時と変更なし) 青山学院大学、跡見学園女子大学、大阪府立大学、大妻女子大学、お茶の水女子大学、関西外国語大学、学習院大学、慶應義塾大学、神戸大学、国際基督教大学、昭和女子大学、白百合女子大学、上智大学、成蹊大学、聖心女子大学、中央大学、津田塾大学、東京外国語大学、東京女子大学、東北大学大学院、東洋英和女学院大学、同志社女子大学、同志社大学、日本女子大学、日本大学、フェリス女学院大学、法政大学、明治学院大学、明治大学、横浜国立大学、立教大学、立命館大学、早稲田大学 詳細情報 主な募集職種 事務系 主な勤務地 勤務地限定採用あり 東京、大阪 応募資格 大学、大学院卒業見込みの方 積極採用対象 大学生(文系)、大学生(理系) 採用予定学科 法学・政策系、経済・経営・商学系、社会・環境情報系、外国語・国際文化系、人文系、教育系、生活科学系、宗教・神学系、医療・保健系、芸術・音楽系、体育・スポーツ系、その他文系、機械系、数学系、電気・電子系、情報工学系、物理・応用物理系、建築・土木系、生物・生命科学系、化学・物質工学系、資源・地球環境系、農業・農学系、水産系、畜産・酪農系、薬学系(4年制)、薬学系(6年制)、商船系、医学・歯学系、獣医系、衛生医療・介護系、その他理系.

次の