ポケモン ソード ギャラドス。 【ポケモン剣盾】新世代でもギャラドスは強い!抜きエースギャラドスの育成論と対策【種族値と育成論】

【ポケモン剣盾】最強パーティ構築とおすすめコンビ【ソードシールド】

ポケモン ソード ギャラドス

特性 効果 いかく 戦闘に出ると、相手の 攻撃を1段階下げる。 隠 じしんかじょう 自分の技で相手を倒すと、 自分の攻撃が1段階上がる。 弱点は電気と岩のみ。 攻撃が高く、他の種族値も高水準です。 物理技をメインに攻める型がほとんどですが、中にはゴツゴツメットを持った受け型もいます。 さらにごくまれに、特殊型も存在します。 特性はどちらもステータスに影響するもので、どちらも優秀な効果を持っています。 ランクバトル、シーズン5の使用率ランキングでは、 7位に入っています。 特性について• いかくは、場に出た時に発動する特性で、相手の攻撃を1段階下げます。 これにより 物理耐久を疑似的に上げることができます。 使いやすく強力な特性です。 シーズン5の採用率は 23. じしんかじょうは、自身が相手を倒したときに、攻撃が1段階上がる特性です。 強力な技が使えるダイマックスと相性がよく、相手をポケモンを連続で倒すのに効果的で す。 シーズン5の採用率は 76. でんきタイプ 4倍弱点のでんきタイプで攻撃するのが、単純ですが効果的です。 しかし中途半端な威力では、ダイマックスで余裕を持って耐えられてしまうので、 パッチラゴンや フォルムチェンジロトムなどで、強力なでんき技で攻撃したいです。 ウォッシュロトムにはくさタイプが抜群ですが、ダイマックスすればギャラドスのダイソウゲンを耐えられます。 ダイマックスしてダイサンダーを撃つ前提なら、素早さで勝っている ジュラルドンも有効です。 有利な高耐久ポケモン ナットレイ みず、くさタイプを半減し、ひこうタイプを等倍で受けられるナットレイなら、ギャラドスの攻撃を受けとめることができます。 安全に耐えられるように、特防ではなく防御に特化して育成しておきたいですね。 サニーゴ ガラル 高い耐久を持つ、しんかのきせき持ちサニーゴであれば、ギャラドスの攻撃を数発は耐えることができます。 特にサニーゴは おにびや ちからをすいとるが使えるため、物理アタッカー相手にはかなり有利です。 ちょうはつには注意。 ドヒドイデ くろいきりを使えるドヒドイデなら、ギャラドスの能力上昇をリセットできます。 くろいヘドロとじこさいせいで回復でき、ギャラドスでの突破は困難です。 こちらもちょうはつには注意。 データから持ち物を予測する シーズン5では、ギャラドスの持ち物は、多い順に、 いのちのたま 38. いのちのたまとラムのみで8割近くを占めています。 やけどさせても、ラムのみで回復される可能性が高いことは覚えておきましょう。 おまけ 炎統一における対策 私は普段、炎統一でランクバトルに潜っています。 一見、相性で不利なギャラドスですが、倒す方法はあります。 ここでは、炎ポケモンでの、ギャラドスの対策を紹介します。 弱点保険ウインディ ウインディは素早さ種族値でギャラドスに勝っており、先制で おにびをいれることができます。 ウインディでみず技を受け、 じゃくてんほけんを発動させれば、ダイマックス状態のギャラドスでもダイサンダー ワイルドボルト で倒すことができます。 スカーフヒートロトム ヒートロトムのかみなりで、ダイマックス状態の無振りギャラドスを乱数1発 95. 9~113. ダイジェットで素早さが1段階上がっていても、ヒートロトムにこだわりスカーフを持たせていれば、抜くことができます。 タスキカウンター ギャラドスはほぼ物理型なので、エースバーンやリザードンのカウンターで、大ダメージを与えることができます。 ただしギャラドスのHPによっては、ダイマックス状態のギャラドスを倒しきれないことがあります。 おわりに 能力が上昇すると手が付けられなくなるギャラドス。 うまく弱点を突いて戦っていきたいですね。 今後も、新たな対策が見つかれば、追加していきます。

次の

ギャラドス育成論 : 【テンプレ】ダイジェットアタッカーギャラドス入門【初心者向け】|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモン ソード ギャラドス

HPと防御に努力値をフルに振った、性格「ずぶとい」&特性「さいせいりょく」のドヒドイデでなら、ギャラドスの攻撃に耐えつつ「どくどく」を食らわせて削ることはできます。 「じしん」をダイマックスで受けても確定3発必要なので、「じこさいせい」を繰り返していれば、理論上はギャラドスにドヒドイデを突破する策はないのですが……問題なのは、「りゅうのまい」ですね。 3回積まれてからダイマックスされて「ダイジェット(とびはねる)」を食らうと、さすがのドヒドイデもワンパンされる可能性が極めて高くなります。 それをさせないためには「くろいきり」も覚えさせ、相手の積みを崩さなければなりません。 パッチラゴンの「でんげきくちばし」なら、攻撃に努力値をマックスに振っておけば、HP・防御に努力値全振りの防御型ギャラドス(「ゴツゴツメット」を装備させて、その場に居座りながら敵を削る型もあるんですよね……)でさえも、一撃で突破できます。 ただし、さすがに受け型のギャラドスにダイマックスされると倒すのには2発必要になりますし、初手対面した際に「いかく」を受けて攻撃が落ちていると、更に1発必要です。 相手が防御型でなければ、こちらもダイマックスすることで、「ダイサンダー」で確定1発を取れますが……。 まあ、ドヒドイデやパッチラゴンと対面したギャラドスは、相手を一撃で倒せる策がない限り、まず間違いなく退いて来ると思われます。 加えて、こちらの電気技を読んで、相手が地面タイプに交換して来ることもあるので、起点にされないよう注意してください。 上記の二体以外で保険としてお勧めなのが、「フリーズドライ」を覚えられるポケモンです。 この技は氷タイプでありながら水タイプにも「こうかばつぐん」が取れるので、ギャラドスは電気タイプの技を食らった時と同様に4倍弱点を突かれ、かなりの深手を負うことになります。 さすがに、これでダイマックスしたギャラドスを1発で撃破するのは難しいですが、撃ち漏らした際の保険になり、かつ電気タイプに対抗して出して来た地面タイプにも優位を取れるので、相手の手持ち次第では選出する価値はあるでしょう(ただし、ダイマックスして「ダイアイス」にすると、技の性質が変わって水タイプに「こうかばつぐん」が取れなくなってしまうので気をつけましょう)。

次の

ギャラドス育成論 : 【テンプレ】ダイジェットアタッカーギャラドス入門【初心者向け】|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモン ソード ギャラドス

Contents• ギャラドスの育成論と対策 ギャラドスに困っていませんか? 毎回環境のトップメタを走り続けるギャラドス。 今回もダイマックス環境でギャラドスが暴れまくっています。 発売したばかりで対戦環境が目まぐるしく変化するこの状況で、既に安定した地位を獲得したギャラドス。 今回はこのギャラドスを倒す方法をギャラドスのメジャーな型と共に伝えます! ギャラドスの種族値 種族値 HP 95 攻撃 125 防御 79 特攻 60 特防 100 素早さ 81 合計種族値 540 ギャラドスは、攻めも守り無駄のない努力値配分で、合計種族値以上に活躍が見込めるポケモンです。 高めの「こうげき」「とくぼう」、HPも「95」とかなり多めの数値で、「ぼうぎょ」も平均値ですが、とくせい「いかく」で数値以上の物理耐久が見込めます。 等倍属性の技では、耐久無振のギャラドスでも一撃で倒すことは難しく、その耐久を生かし「りゅうのまい」を積み、上から反撃して手痛いダメージを与えることが出来ます。 ギャラドスのとくせい いかく 登場した際に、相手ポケモンの「こうげき」を1段階下げる。 前作まではこのとくせいしか見かけることしかありませんでした。 サイクル戦にも強く、物理ポケモンに投げれば「いかく」でこうげきを下げて、自分だけガッツリ「竜の舞」が詰めます。 「りゅうのまい」を採用するなら此方が良いでしょう。 今シーズンは新ポケモンに「クリアボディ」を持つドラパルトや、「ミラーアーマー」をもつアーマーガアには効かなかったり、はねかえされ、自分がこうげきダウンを食うこともあるので注意です。 じしんかじょう 相手のポケモンを倒すたびに、「こうげき」ランクが1段階上昇する。 前作ではあまり使われることがなかった特徴ですが、今作ではかなり使用率が上がり、現在では「威嚇」待ちより個体は多いです。 相手を倒せば「こうげき」の数値が上昇するため、ダイマックス技の「ダイジェット」と組み合わせれば、「りゅうのまい」を積まずとも、同じ能力変化をした状態になり、一気に畳み掛けることが可能です。 前作では見かけなかった。 全てこうげき技のフルアタ「ギャラドス」が爆誕した瞬間です。 ギャラドスのタイプ 「みず」「ひこう」 他にも同タイプで、ペリッパーやスワンナがいます。 弱点は4倍で「でんき」 2倍で「いわ」のみです。 反対に耐性は 「ほのお」「みず」「かくとう」「むし」「はがね」が半減。 「じめん」が無効と6つもあり、 とても優秀なタイプと言えます。 ギャラドスのもちもの 火力アップアイテムがオススメ!! 「こだわりハチマキ」 同じ技しか出せなくなるが、技の威力が1. 5倍になる。 ダイマックス中はこだわりが解除されるが、戻るとダイマックスに出した技しか打てない。 「たつじんのおび」 こうかはばつぐんの技の威力を1. 2倍にする。 「いのちのたま」 技の威力が1. 3倍になるが、相手に攻撃を当てる度に最大HPの10分の1のダメージをうける。 などの火力アップアイテムが望ましい。 「いかく」の場合は耐久アイテムもあり。 とくせいを「いかく」にして 耐久をあげたい場合は、「オボンのみ」などの回復きのみや、でんき半減の「ソクノのみ」などもオススメだが、 ギャラドスの良さを活かすならやはり火力アップアイテムだと個人的には思います。 安定の物理技。 命中不安定で追加効果のないアクアテールよりこちらをオススメ。 ひるみ効果がとても強い。 とびはねる ひこう技打点 タイプ一致 威力85 命中85 1ターン目にとびあがり、2ターン目にこうげきする。 すばやさが上がる、とても強いダイマックス技ダイジェットのために覚える。 「りゅうのまい」を覚えないのであれば、確定でこの技を入れるし、今の環境のギャラドスには大体入っている。 パワーウィップ くさ技打点。 威力120 命中85 ただでさえ、範囲が広いギャラドスに新たに加わった草技打点。 もう「ヌオー」「トリトドン」ではギャラドスは止まらない。 エスパーとゴーストに抜群だが、あんまり範囲が広くないし、メガギャラドスのように一致攻撃技でもないのであんまり火力はでない。 じしん じめん技打点。 威力100 命中100 「ドヒドイデ」「ルカリオ」「マタドガス」ふゆう以外などへの打点。 命中安定で、威力も高い。 ダイマックス技のダイアースでとくぼうが上がるのも強い。 こおりのキバ こおり技打点。 こおり4倍弱点のポケモンが今作は少ないため、あまり採用されることはない。 アイアンヘッド はがね技打点。 フェアリータイプのポケモンが多いので、刺さる場面が多いため、採用率が高い。 ダイマックス技のダイスチルでぼうぎょが上がるのも強い。 補助技 りゅうのまい 積み技。 こうげきとすばやさを1段階上昇させる。 ギャラドスの代名詞ともよべる技だったが、「ダイジェット」と「じしんかじょう」により採用個体が少なくなった。 とは言え強いのは変わらない。 「いかく」で採用するのなら必須である。 みがわり 体力の4ぶんの1を削り、自分の身代わりを出す。 受けループに対して強く出れる。 うまく身代わりを残せた場合は、安全に「りゅうのまい」を積んだり、「ダイジェット」をぶっぱなすことができる。 ちょうはつ 相手に攻撃技しか出せなくする。 受けループに強く出れる技。 その2。 「みがわり」と選択。 両方採用するのも有りだが、技スペースを圧迫する。 ギャラドスの対策 ギャラドスの対策を紹介していきます。 現在、環境にいるでんきタイプは「ロトム」ばかりですが、 他にもでんき技をサブウェポンとして覚えるポケモンは沢山いるので、覚えさせておくと「ギャラドス」や「アーマーガア」対策に良いと思います。 筆者はホルードに「ワイルドボルト」を仕込んでいました。 後出しでギャラドスがどんどん出てきて笑いが止まらなかったです。

次の