間 質 性 肺炎。 間質性肺炎

間質性肺炎!余命は診断時の重症度や急性増悪で決まり原因が治る基準

間 質 性 肺炎

肺は、肺実質(はいじっしつ)と肺間質(はいかんしつ)の2つに分けることができます。 肺実質とは、酸素を体内に取り込んだり、二酸化炭素(炭酸ガス)を体外へ排出するガス交換の場のことで、空気にふれている部分です。 これに対して肺間質とは、結合組織などによって、そのようなガス交換の場を形成している、肺の骨格的な部分をいいます()。 肺実質におこる病気としては、細菌が原因となって発病する細菌性肺炎(さいきんせいはいえん)が代表的なもので、ふつう「肺炎」といっているのは、こうした感染によっておこる病気です。 一方、間質性肺炎は、なんらかの原因で、主として肺の間質にがおこり、時間の経過とともに、だんだんに間質の線維成分が増えて、いわゆる線維化(せんいか)という、組織の柔軟性が失われる病変が、間質を中心におこってくる病気です。 間質性肺炎には、突然発病し、急激に進行して肺の柔軟性が失われ、肺活量など、肺の機能が低下して、その結果、酸素の体内への取り込み不足、不全(こきゅうふぜん)といったになることがあります。 このような経過をとるものを、急性間質性肺炎(きゅうせいかんしつせいはいえん)といいます。 また、肺間質に長い期間にわたり持続的に炎症がみられ、線維化がゆっくりと進むタイプの間質性肺炎もあって、こういう病態を示すものを、(とくはつせいはいせんいしょう)、あるいは(とくはつせいかんしつせいはいえん)と呼んでいます。 特発性という病名は、炎症性病変の終末像である線維化に焦点をあてたものであり、諸外国でよく用いられている病名です。 一方、特発性間質性肺炎という病名は、肺の炎症のようすを中心に病態をとらえようとするもので、おもに日本で使われています。 この特発性肺線維症(特発性間質性肺炎)の発症や症状の進行は、個人差があるものの、一般的には、非常にゆっくりとしたものです。 出典 家庭医学館について の解説.

次の

びまん性間質性肺炎、特発性間質性肺炎|呼吸器の病気|分類から調べる|病気を調べる|病気解説2600項目|根拠にもとづく医療情報の提供|家庭の医学 大全科

間 質 性 肺炎

呼吸器内科の病気:間質性肺炎• 呼吸機能を担う肺胞の間で起きる肺炎 間質性肺炎は肺の間質といわれる部分に炎症が起こった状態の総称です。 これに対して市中肺炎(感染症)などの一般的な肺炎は、肺実質に起こることが多い病気です。 ある種の感染症で、間質に炎症をきたすものもありますが、一般的に間質性肺炎という場合は、感染症が原因のものは省きます。 肺胞では酸素と二酸化炭素の交換、すなわちガス交換が行われますが、肺実質とはこの空気に触れている部分(肺胞上皮細胞と肺胞腔)です。 一方、間質はこれらの肺胞と肺胞の隙間を埋める支持組織です。 確定診断には肺組織採取の病理学的診断が必要 間質性肺炎の原因は、じん肺、薬剤性、膠原病に伴うものなどもありますが、原因不明の特発性といわれるものも多くあります。 さらに特発性間質性肺炎といわれるものにも、何種類かの病態があります。 一般的な症状は、咳、呼吸困難などですが、特に安静時には全く問題がない症例でも、労作時に著明な息切れや低酸素血症をきたす場合があります。 確定診断のためには、肺組織を採取したうえでの病理学的診断が必要になります。 特に特発性間質性肺炎の鑑別のためには、外科的肺生検(全身麻酔による手術が必要)による肺組織の採取が必要になりますが、患者さんへの侵襲が大きいため、適応に関しては慎重に考慮します。 その他の診断法として、胸部単純写真・CT検査があり、特にCTで特徴的な所見を認める場合は、診断に有用な検査となります。 また補助診断として血液検査でのKL-6、SP-A、SP-Dなどの間質性肺炎のマーカーが有用な場合もあります。 ステロイド薬治療では副作用に注意 治療に関しては、一般的にはステロイド薬が頻用されますが、間質性肺炎のタイプによって治療に対する反応が異なるため、ここでも確定診断が重要になってきます。 治療効果がほとんどできないタイプの間質性肺炎に対してステロイド薬を使用すると、効果が期待できないだけでなく、副作用が出現することがあるので注意が必要です。 近年、間質の炎症の結果として引き起こされる線維化を抑える作用のある抗線維化薬の有用性が報告されていますが、対象疾患が限定的であることなどから、今後の動向が注目されています。 また年齢制限はあるものの、肺移植の適応疾患にもなっており、適応年齢の症例の場合、治療のオプションとして念頭に置いておく必要があります。

次の

間質性肺炎

間 質 性 肺炎

間質性肺炎・肺線維症はこんな病気 「呼吸」とは、吸った空気 吸気 を気管から続く気道を介して、末端の肺胞という小さな袋にまで運び、肺胞の周りの「間質」の中を流れる毛細血管中の血液に酸素を与えるための作業です。 間質性肺炎は、この間質にさまざまな原因による炎症が起こり、壁が厚く硬くなって 線維化 、血液中に酸素が取り込まれにくくなる病気です。 症状としては、歩行やそのほか日常生活の中で身体を動かしているとき 労作時 に感じる息切れ、痰 たん を伴わないせきなどが現れます。 比較的ゆっくり進行する病気であるため、症状を自覚した段階ではかなり病気が進んでいることもあります。 線維化が進むと、蜂巣肺 ほうそうはい と言われるような多数の穴 嚢胞 がCTなどで確認できます 肺線維症。 間質性肺炎・肺線維症のしくみ 間質性肺炎の原因としては、職業上の粉塵吸入やペット飼育などの住環境、薬剤や健康食品 薬剤性肺障害 、他のなどさまざまなものが知られていますが、原因がはっきりしない間質性肺炎を「特発性間質性肺炎」と呼び、一定の基準を満たすと公費負担の対象となります。 診断のためには、医師の問診・聴診などの診察、血液検査、肺活量などをみる呼吸機能検査、胸部X線やCTなどの画像検査を行いますが、場合によっては気管支鏡や胸腔鏡 きょうくうきょう などで検査入院を必要とすることもあります。 呼吸器科の専門医を受診するのがよいでしょう。 間質性肺炎・肺線維症の治療法 特発性間質性肺炎・肺線維症以外の間質性肺炎は、ステロイドなどの薬がよく効くものもありますので、どのタイプの間質性肺炎であるかの診断が重要です。 特発性間質性肺炎・肺線維症は徐々に進行する場合が多く、難治性で今のところ特効薬はありませんが、抗線維化薬やステロイドと免疫抑制薬の併用、NAC Nアセチルシステイン 吸入などを症状に応じて行います。 病気が進行して血液中の酸素が不足すれば、在宅酸素療法が必要になります。 早期発見のポイント 間質性肺炎・肺線維症の主な自覚症状は、徐々に進行する息切れと長引くせきです。 初期には身体を動かすことで軽い息切れを感じますが、病気の進行とともに安静時でも息切れが持続するようになります。 せきはなかなか止まりにくく、深呼吸や体動時に出やすい傾向があります。 通常、痰の出ない空せきですが、気管支拡張症を合併した場合や喫煙量の多い人では痰を伴います。 息切れや止まりにくいせきが持続する場合は、風邪をこじらせたなどと自己判断せず、早めに医療機関を受診することをお勧めします。 また、などのに伴う間質性肺炎では、関節痛が初期症状となることもあります。 健康診断や人間ドック受診での初期発見 初期の間質性肺炎では症状がなく、健診における聴診などの診察、胸部X線や呼吸機能検査で異常を指摘されることがあります。 特に、胸部CTでは軽度の変化をとらえることが可能です。 健康診断や人間ドックなどの機会は、積極的に活用するのがよいでしょう。 予防の基礎知識 いくつかのタイプの間質性肺炎・肺線維症はタバコによって発症しやすくなるといわれているため、何といっても禁煙することが大切です。 喫煙は、肺気腫などののほか、多くの呼吸器疾患の原因にもなります。 まず、タバコを吸い始めないことが重要ですが、未成年者の喫煙防止には、学校における教育や家庭での取り組みが必要です。 喫煙習慣の本質はニコチンに対する一種の薬物依存であると考えられていますので、自発的に禁煙できない場合には、禁煙外来を行っている医療機関で指導・治療を受けることをお勧めします。 特発性間質性肺炎・肺線維症と診断された場合は、急性増悪 慢性経過中に急激な悪化が起きること の予防が重要です。 風邪に似た症状で発症することが多く、ウイルスなどの感染がきっかけになることもあるので、外出時のマスク着用、手洗い・うがいの励行、予防接種などが勧められます。 規則正しい生活によって、過労や睡眠不足などの身体に対する負担を避けることが大切であることは言うまでもありません。

次の