名古屋 市長。 名古屋市長「知事の独裁政治だ」|BIGLOBEニュース

杉戸清

名古屋 市長

中部日本新聞社編集局長と対談(1960年9月19日) 守山町(現・)にて商、山本藤右衛門の三男として生まれた。 幼名は音次郎。 (明治17年)、滋賀県野洲市北桜の多門寺の小林麗海の養子となり海音と改名した。 その後、浄土宗高等学院(現)入学するが中退。 小学校教員、京都府内の極楽寺住職を経て、ジャーナリストとしての才覚を発揮し(明治38年)には「」主筆となり、県政批判の筆を揮った。 (明治44年)に転じ(3年)より「名古屋新聞」主筆を経て、(昭和17年)政府の指導で「」と合併した「中部日本新聞(現)」のとなった。 当時、「新愛知」はを、「名古屋新聞」は(のちの民政党)を支持し、あたかも政党新聞のような論戦を展開し発行部数の獲得合戦を行っていた。 その中で、橘川は名古屋新聞主筆として、の時代に、を唱えたを支持して名古屋の中京教会で吉野の講演会を開催したり 、「名古屋新聞」紙上で理論を積極的に紹介した。 橘川は、電車賃値上げを批判、その後、などに関与し(大正9年)名古屋労働者協会を創立した。 (昭和5年)副社長となるが、反軍思想からの監視対象にされた。 橘川は一途に理想を主張するのではなく、反軍の論陣を張りながらも現実との折り合いをつけていった。 やがて戦争へ進む流に絶望し、「個人としては平和を欲求するが、集団としては戦争に投げ込まれる……それが運命だ」と、「諦めの言論」に転換していった。 (昭和14年)、中央協力委員に選ばれる。 (昭和17年)、の創立委員となり、9月に同社取締役に就任。 (昭和22年)7月、。 (昭和27年)10月、追放解除。 1951年(昭和26年)、日本社会党の、小山良治、近藤国雄らは小林の自宅を訪ね、名古屋市長選挙への出馬を要請。 一度は断るも、赤松は小林をすき焼き屋に招き、重ねて口説いた。 「行政をやったことがないから自身がない」と答えると、赤松に「行政は役人に任せておけばよい。 あなたは3階の市長室に座り、名古屋の文化を高めるアイデアを出してくれればいい。 ほかに何も期待しない」と返され、出馬を決意。 同年4月23日に行われた市長選挙に無所属の候補として立候補するも、名古屋新聞の後輩にあたる、現職のに558票差で敗れ落選。 1952年(昭和27年)8月25日、名古屋市長の塚本三が任期中に死去。 これに伴って9月28日に行われた市長選に立候補し、初当選。 名古屋市初の革新系市長が誕生する。 (昭和35年)9月18日に行われた市長選で自民党前衆議院議員のらを破り3期目の当選を果たすが、10月13日にに入院。 1961年(昭和36年)3月16日、公務に復帰することなく同病院で動脈硬化症により死去。 78歳没。 同日付で勲三等瑞宝章を受章した。 選挙 [ ] 1951年名古屋市長選挙 1951年(昭和26年)4月23日執行。 現職のに558票差で敗れる。 前助役の手島博章らを破り初当選。 のらを破り再選。 自民党は前衆議院議員のを候補者に立て、首相が応援演説に入った。 社会党委員長のと初代委員長のは一旦手を結び、小林を支援するため名古屋入りした。 の前哨戦と言われたこの年の市長選で小林は辻に3万9千票の差を付け、3選を果たした。 小林は、戦災で焼け野原となった都心部に、世界に例のない巨大道路群を建設し、 一時橘川道路と呼ばれた [ ]。 手始めに名古屋城南側、官庁街に沿い片側50m(当初片側6車線)の道()を築き、これを基準に、、、なども拡張され、世界有数の道路優先都市ができた「名古屋都市計画史 上巻」(名古屋市建設局編 名古屋市建設局 1957年)。 名古屋の道路面積割合はと並んで全国トップクラス。 (昭和32年)11月15日、 - 栄町駅(現在の)間 2. 4km で開業した(小林在職中まで延伸)。 を再建した。 燃えない城を築いて郷土の博物館としたらよいのではという再建賛成論を踏まえ、1955年(昭和30年)に名古屋城再建準備委員会を設置。 復興名古屋城は1959年(昭和34年)10月に完成した。 小林は初当選した直後から市長室を開放した。 秘書室を通さず市民を市長室に入れた名古屋市長は後にも先にも例がない。 当時、年末になると臨時労働者がよく市役所に押しかけたが、小林は「市長室と廊下に座れるだけ入れたれ」と命じ、一人ひとりの頭をなでて歩き、ポケットマネーを与えたりした。 著書 [ ]• 「教育勅語郷土のほまれ」(藤綱藤太郎共著 星野文星堂 1913年):• 「農人生活」(成美堂他 1915年)• 「教育勅語郷土の精華」(藤綱藤太郎共著 星野文星堂 1915年)• 「唯物史観の崩壊」(極光社 1925年):• 「柳田茂十郎」(名古屋新聞社 1929年)• 「橘川文集」(名古屋新聞社 1934年):• 「南朝落花の賦」(教育思潮研究会 1935年):• 「豊太閤 随筆」(春秋社 1935年):• 「鄭浜子」(愛国婦人会愛知県支部 1937年)• 「成人教育叢書 第2輯」(香川書店 1937年)• 「興隆日本への教育」(香川書店 1937年)• 「支那 随筆」(教育思潮研究会 1943年):• 「」(1953年)• 「新三階の窓」(旬刊評論社 1961年) 史跡 [ ]• 「多門寺」:滋賀県野洲市北桜• 「伊勢湾台風殉難者追悼之碑」(名古屋市長小林橘川謹書 昭和35年9月26日建):名古屋市南区天白町大泉寺• 「小林橘川胸像 の千手観音堂」:名古屋市 脚注 [ ]• 『中部日本新聞』1960年9月20日付朝刊、1面、「小林新市長にきく 織田本社編集局長 名古屋市政への抱負」。 「国文学 43 1968年3月」 P49「葉山嘉樹と名古屋労働者協会-資料紹介「街路に立ちて」「神戸労働争議エビソート」」(関西大学国文学会)• 「総合ジャーナリズム研究18 4 1981年10月」 P114「小林橘川と「名古屋新聞」-戦時下、ある自由主義ジャーナリストの敗北 門奈直樹」(総合ジャーナリズム研究所編 東京社)• 中日新聞社会部編『あいちの政治史』中日新聞本社、1981年10月29日、135-136頁。 『桑原幹根回顧録 知事二十五年』、1979年2月1日、105頁。 「広報なごや」1961年4月5日号。 『名古屋の選挙40年の記録』名古屋市選挙管理委員会、1988年3月25日、576-577頁。 2019年9月27日閲覧。 中日新聞社会部編『あいちの政治史』中日新聞本社、1981年10月29日、140頁。 参考文献 [ ]• 池田辰二編 『静黙の人 小林橘川を偲ぶ』財界名古屋出版部、1963年1月8日。 「実業の世界 50 14 1953年」 P34「名古屋市長小林橘川君の左傾思想を駁す 野依秀市」(実業之世界社)• 「月刊フォーラム9 7 1997年7月」 P86「名古屋の言論人・小林橘川のこと 鈴木正」(フォーラム90s編 社会評論社)• 「総合ジャーナリズム研究18 4 1981年10月」 P114「小林橘川と「名古屋新聞」-戦時下、ある自由主義ジャーナリストの敗北 門奈直樹」(総合ジャーナリズム研究所編 東京社)• 1889. 17-1890. 1890. 6-1894. 1894. 28-1897. 1897. 19-1901. 1901. 27-1906. 1906. 27-1911. 1911. 4-1917. 1917. 3-1921. 1921. 2-1922. 1922. 1-1924. 1924. 25-1927. 1927. 1-1938. 1939. 10-1942. 1942. 21-1946. 1 公選.

次の

名古屋市長:河村 たかし|各市長の紹介|指定都市市長会|大都市制度の創設や地方分権改革を推進

名古屋 市長

愛知県の大村秀章知事(左)と名古屋市の河村たかし市長 カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致を巡り、名古屋市の河村たかし市長と愛知県の大村秀章知事が互いの姿勢を非難し合っている。 河村市長が権限外の三重県を候補地に挙げ、大村知事が苦言を呈すると、今度は河村市長が反発。 かつて蜜月だった「村・村コンビ」の関係が冷え込んで久しいが、両者の仲たがいぶりを改めて印象付ける泥仕合となっている。 きっかけは今月26日の河村市長の定例記者会見だ。 三重県桑名市の遊園地「ナガシマスパーランド」周辺をIRの候補地の一つに挙げ、同県に協力を求めた。 しかし同県の鈴木英敬知事は「県が主導して何かをやることは考えていない」と冷ややかな反応を見せた。 翌27日、河村市長の発言を大村知事が定例記者会見で批判する。 政府のIR推進本部によると、行政区域外の場所を候補地にすることはできないといい、ナガシマ周辺で誘致するには三重県が手を挙げる必要がある。 大村知事は「市内の話なら何を言っても自由だが、他県の話を勝手に言うのはいかがなものか」と批判。 計画の遅れが濃厚な名古屋城天守閣の木造復元事業や、頓挫した形の蒸気機関車(SL)走行計画など、大胆な構想を次….

次の

名古屋市

名古屋 市長

から見た名古屋の を除くと・に次ぐの人口を有する市。 における・・の中枢で、とを結ぶの要所となっている。 古くはのひとつである(くさなぎのつるぎ)を祀る があるであり、はの治めるとして繁栄した歴史を持つ。 また、から寄贈された(の遺骨・お骨)を安置するために創建された日本唯一の寺 であるがある。 名古屋市を中心としてを形成し、愛知県内や南部、北部に多くのを持ち、日本のの1つに数えられる。 のの人口は約1,024万人と推計される。 中京圏のは約3,637億ドルであり、これは国内で3番目、世界で第22番目の規模である。 のが2019年に発表した総合的なにおいて、世界70位の都市であると評価された。 のに認定されている。 市章は、の合印に由来する「㊇」である。 地理 [ ] 名古屋市16区 色分け地図 愛知県の南西部、に広がる。 県内では、・・に次いで4番目に広いを有する市である。 名古屋市の地形は、東部の丘陵地、中央部の台地、北・西・南部の沖積地の、大きく3つに分かれる。 北・西・南部(・・・・と・の一部)は河川の堆積作用によって形成された沖積地 のため海抜が低く、水害に悩まされてきた地域である。 はの臨海工業地帯(の一部)で、を有する。 港区西部は市最大の穀倉地帯が広がる。 は港区とともに工業地を抱えている。 ・はおもに住宅地が広がる。 市の東部の・・・・は海抜50 - 100メートルの丘陵住宅街 で、千種区の・、守山区の、名東区の猪高緑地・、緑区のなどの森林を残した大規模な緑地公園も点在し、や、、といった丘や山の字がつく地名が多く、商業も発達している。 市の中核を担う・・・・・は海抜10 - 15メートルの平野 で、官庁街のほか、・・・・・といった大規模な商業地を持つ。 また、1日の気温差も大きい。 は高温多湿で非常に蒸し暑く、平均湿度が70%を超える。 2018年8月3日には、で観測史上最高となる40. は乾燥した晴天の日が多く、という乾燥した冷たい風が吹く。 また、日本海側と太平洋側を分けるとが濃尾平野北西の付近で途切れているため、強い冬型の気圧配置になると雪雲がそこから濃尾平野に流入し、岐阜県南西部や愛知県北西部などでしばしば局地的な大雪に見舞われることがある。 2005年12月19日にはにより、名古屋市で1947年2月3日以来、58年ぶりとなる23センチの積雪を記録。 さらに、2014年12月18日にも23センチの積雪を記録した。 ちなみに名古屋市のもっとも多い積雪量は、1945年12月19日に記録した49センチである。 名古屋市(、標高51. 0 69. 8 23. 5 74. 3 25. 8 78. 4 30. 5 86. 9 34. 8 94. 6 35. 8 96. 4 39. 6 103. 3 40. 3 104. 5 38. 0 100. 4 32. 7 90. 9 27. 2 81 22. 6 72. 7 40. 3 104. 0 48. 2 10. 1 50. 2 13. 9 57 19. 9 67. 8 24. 1 75. 4 27. 2 81 30. 8 87. 4 32. 8 91 28. 6 83. 5 22. 8 73 17. 0 62. 6 11. 6 52. 9 20. 7 69. 5 40. 1 5. 2 41. 4 8. 7 47. 7 14. 4 57. 9 18. 9 66 22. 7 72. 9 26. 4 79. 5 27. 8 82 24. 1 75. 4 18. 1 64. 6 12. 2 54 7. 0 44. 6 15. 8 60. 8 33. 4 1. 1 34 4. 2 39. 6 9. 6 49. 3 14. 5 58. 1 19. 0 66. 2 23. 0 73. 4 24. 3 75. 7 20. 7 69. 3 14. 1 57. 4 8. 1 46. 6 3. 1 37. 6 11. 9 53. 3 13. 5 14. 8 19. 1 28. 2 2. 8 37 8. 2 46. 8 14. 0 57. 2 14. 4 57. 9 9. 5 49. 1 1. 5 34. 7 27. 3 13. 5 mm inch 48. 4 1. 906 65. 6 2. 583 121. 8 4. 795 124. 8 4. 913 156. 5 6. 161 201. 0 7. 913 203. 6 8. 016 126. 3 4. 972 234. 4 9. 228 128. 3 5. 051 79. 7 3. 138 45. 0 1. 772 1,535. 3 60. 445 cm inch 5 2 8 3. 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 1. 2 16 6. 5 mm 6. 8 7. 5 10. 2 10. 4 11. 4 12. 8 13. 0 8. 7 11. 9 9. 5 7. 2 6. 9 116. 4 5. 4 2. 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2. 6 16. 1 170. 0 189. 1 196. 6 197. 5 149. 9 164. 3 200. 4 151. 0 169. 0 162. 7 172. 2 2,091. 18 9,134 - - - - - - - 本部 - - - - - 星が丘キャンパス - - 末盛・楠元キャンパス - 本山キャンパス - - - - - - - - (吹上ホール) - - - - 千種スポーツセンター - - - - - 2 1908年 (明治41年) 83,761 7. 71 10,864 - - - - カルポート東 - 東スポーツセンター - - - - - - - - - - - 3 1944年 (昭和19年) 163,632 17. 53 9,334 - - - - - - 北スポーツセンター - - - - - - - - 4 1908年 (明治41年) 150,334 17. 93 8,384 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 5 1937年 (昭和12年) 135,152 16. 30 8,292 - - - - - - (など) - - - (ウィンクあいち) - - - - - (近鉄パッセ) - - - - - 名古屋キャンパス - 中村スポーツセンター - - - - - - - - - 6 1908年 (明治41年) 91,911 9. 38 9,799 - - - - - - - 中スポーツセンター - - - - - - - - - - - 名古屋店 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 7 1937年 (昭和12年) 110,900 10. 94 10,137 - - - - - - - - - - - 昭和スポーツセンター - - - - - - 八事キャンパス - - 8 1944年 (昭和19年) 108,065 11. 22 9,631 - - (パロマ瑞穂スポーツパーク) - - - - - - 名古屋市総合リハビリテーションセンター - - - - - - 9 1937年 (昭和12年) 66,523 8. 20 8,113 - - - - - - (センチュリーホール) - 名古屋市体育館 - - - - - - - - - - - - 10 1937年 (昭和12年) 220,575 32. 02 6,889 - - - - - - - - - - - - - - - - - 11 1937年 (昭和12年) 143,816 45. 64 3,151 - - - - - - - 本店 - (ポートメッセなごや) - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 12 1908年 (明治41年) 135,349 18. 46 7,332 (日本ガイシプラザ) - (笠寺観音) - - - - - - - - - 13 1963年 (昭和38年) 176,575 34. 01 5,192 - - - - - - - - - - - - - 守山キャンパス - () - - 14 1963年 (昭和38年) 247,980 37. 91 6,541 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 15 1975年 (昭和50年) 164,759 19. 45 8,471 - - - - 名東スポーツセンター - - - 藤が丘effe - - - - - - - 16 1975年 (昭和50年) 164,750 21. 58 7,634 - - - - - - - - (平針試験場) - - - 天白キャンパス - - 名古屋キャンパス - - - - - 市域と区の変遷• (明治31年) - 村、古沢村の一部を編入。 (明治40年) - 愛知郡を編入。 これにより、隣町であったの「」を吸収。 市域が倍増。 - 愛知郡の一部を編入。 (明治41年) - 区制を実施し、、、、を設置する。 (大正10年) - 愛知郡、、、、、、、、、、、、、、、を編入。 隣接町村のすべてを編入したことになり、市域が倍増。 (昭和3年) - 愛知郡の一部(の一部)を編入。 (昭和5年) - 西春日井郡の一部を編入。 (昭和6年) - 愛知郡の一部を編入。 (昭和12年) - 西春日井郡庄内町全域、愛知郡下之一色町全域、西春日井郡を編入。 - 東区から、中区・西区から、中区・南区から・・、南区からを新設。 (昭和19年) - 東区・西区から、中区から栄区、・熱田区からを新設。 (昭和20年) - 栄区を廃止し、中区に合区。 (昭和30年) - 愛知郡・を編入し、それぞれ千種区・昭和区の一部となる。 - ・、・を編入し、それぞれ港区・中川区・西区・北区の一部となる。 (昭和38年) - を編入し、を新設。 - 愛知郡を編入し、を新設。 (昭和39年) - ・を編入し、緑区の一部となる。 (昭和50年) - 千種区・昭和区から、昭和区からを新設。 (平成7年) - と境界変更。 人口 [ ] 名古屋市と全国の年齢別人口分布(2005年) 名古屋市の年齢・男女別人口分布(2005年) の町並み 古代から室町時代まで [ ]• を祖神とするが本拠を置いた。 尾張氏は、婚姻関係による女系の系譜でのの天皇家と深く結びつくことによって強大な勢力を築いた。 の時代 - はの妻となって出雲発祥ののひとつ草薙剣()を預かり、を建ててこの剣を祀った。 当時の線は現在より内陸寄りで、のは港として長く栄える。 のやなど、4世紀ごろから7世紀ごろまで造営される。 元年() - のとき、は大海人皇子()に私宅を提供した功により、尾張姓を与えられる。 子の稲置からは熱田大家と称するようになる。 3年() - のちにを開くが現在ので誕生。 なお頼朝の母は、熱田大宮司であったの娘のである。 はが尾張を務めた。 やその下の奉行として台頭したのがである。 戦国時代から江戸時代まで [ ]• - は現在ので誕生し、ほどなくしての城主となる。 はで誕生(その他に、、、らも誕生している)。 3年() - 織田信長がでを討ち取り、頭角を現す。 6年() - 宮宿がの宿場となり、西隣のまでは「」として海上で連絡する。 慶長15年() - がを築城。 のを立てる。 慶長17年(1612年) - により、から町を移転。 元和2年(1616年) - 尾張藩初代藩主であるが尾張に入国する。 元和4年(1618年) - 徳川家康の三回忌で(名古屋祭)が始まる。 正保4年(1647年) - 熱田開拓着工。 慶安3年(1650年) - 第2代尾張藩主にが就く。 慶安4年(1651年) - 徳川光友が父である徳川義直の菩提を弔うためにを建立し、の菩提寺とする。 万治3年(1660年) - により3,000近い民家が焼失し、これを機にを開く。 寛文5年(1665年) - 尾張藩に設置される。 元禄元年(1688年) - 建立。 元禄8年(1695年) - (現在の徳川園)を建造し、光友の隠居所となる。 正徳3年(1713年) - 第6代尾張藩主にが就く。 15年() - 第7代尾張藩主にが就き、名古屋の商業都市化を推進。 享保17年(1732年) - が許可され西小路などに郭ができる(4年で廃止)。 享保20年(1735年) - で、甲州の栽培始まる。 元文4年(1739年) - 宗春がを命じられ、第8代尾張藩主にが就き、7年間の倹約令が出る。 宝暦11年(1761年) - 第9代尾張藩主にが就く。 明和7年(1770年) - から出火し大火となる。 天明3年(1783年) - 尾張藩藩校明倫堂(の前身)開校。 寛政4年(1792年) - 尾張藩、発行。 寛政12年(1800年) - 第10代尾張藩主にが就く。 享和元年(1801年)- 完成。 文政10年(1827年) - 第11代尾張藩主にが就く。 天保10年(1839年) - 第12代尾張藩主にが就く。 天保13年(1842年) - により尾張藩でもが解散となり、が設置される。 弘化2年(1845年) - 第13代尾張藩主にが就く。 2年() - 第14代尾張藩主にが就き、のちに新政府側に組することでを終焉に導く。 嘉永7年(1854年) - に見舞われる。 安政2年(1855年) - 暴風雨のため新田堤防が決壊し、大被害となる。 安政5年(1858年) - 第15代尾張藩主にが就く。 文久2年(1862年) - 第16代尾張藩主にが就く。 慶応3年(1867年) - が名古屋でも起こる。 明治維新から第二次大戦まで [ ]• 明治2年() - 尾張藩が名古屋藩に改称。 4年() - により、名古屋藩が名古屋県(翌年愛知県に改称)になる。 県庁は内に置かれ、県庁所在地になる。 愛知県初の博覧会である博覧小会をにて開催。 名古屋郵便役所(のちの名古屋郵便局)が鉄砲町に開設。 明治5年(12月27日) - 愛知県は(旧および旧尾張国)を合併し、県が現在の管轄区域となる。 名古屋電信局開設。 (明治7年) - をで6月10日まで開催。 (明治11年) - 愛知県博覧会をに建設された名古屋博物館でまで開催。 - により、名古屋区が発足。 (明治19年) - 官設鉄道(現在の)名護屋駅(翌年にへ改称)が開業。 (明治22年) - 施行により名古屋市となる。 市域は現在のとを中心とする地域で、は13. 44km 2、は約15. 7万人。 (明治24年) - により大きな被害を出す。 (明治31年) - が運行開始(1974年に全廃)。 同年 - 名古屋市内電話通話開始。 (明治40年) - 名古屋市の徽章制定。 (明治39年)- 凱旋記念博覧会を愛知県博物館 で開催。 (明治41年) - 行政区画としての区を設置。 中区、東区、、が発足。 (明治43年) - を制定(公示)。 - をにて6月13日まで開催。 (明治44年) - 竣工。 - 精進川をに名称変更。 (3年) - 名古屋市内での供給開始。 - 鶴舞公園で名古屋電気鉄道運賃値下げ要求の市民大会に5万人が集まり、一部が暴徒化しが発生。 (大正12年)4月1日 - 大須の旭廓が移転し、が開業。 (大正14年) - で初めてとなる。 1921年の合併と発生のから逃れてきた移住者が加わったことも関係。 (3年)9月15日 - を鶴舞公園で11月30日まで開催。 (昭和5年) - が運行開始。 (昭和8年)10月1日 - 現在の本庁舎が完成。 (昭和10年)10月1日 - 国勢調査で初めて人口100万人を突破。 - が開園。 (昭和12年)• - (現在の港明)でを5月31日まで開催。 - が開園。 (昭和16年) - のが開業。 10月 - が開園。 (昭和19年) - が発生。 (昭和20年) - による初の市街地大規模を受ける(63回に及ぶ初日)。 - 空襲により名古屋城のやが焼失。 人口が60万人をわずかに下回る。 第二次世界大戦後 [ ] 時の• (昭和28年) - にが開場。 (昭和29年) - 中区錦の久屋大通公園内にが竣工。 - が初めてプロ野球ので優勝。 (昭和30年) - 第1回を開催。 (昭和31年) - に指定される。 (昭和32年) - (東山線)の - 間と地下街が開業。 (昭和33年) - 設立。 (昭和34年) - 名古屋城の金鯱が復元される。 - 襲来。 南部を中心に戦後最大級の重篤な被害を出す。 (昭和36年) - 設立。 (昭和37年) - が開館。 (昭和39年) - が開通。 新幹線の名古屋駅も開業。 (昭和40年) - (名城線)、 - が開通。 (昭和41年) - のが開通。 (昭和43年) - が開通、設置。 (昭和44年)• 人口200万人を突破。 名岐バイパスが開通。 第1回ミス名古屋コンテスト開催。 (昭和46年) - (名城線)、 - が開通し、地下鉄2号線が全線開通。 (昭和47年) - が全線開通。 (昭和49年) - (名城線)、 - が開通。 (昭和50年) - が開通。 (昭和52年) - (鶴舞線)、 - が開通。 (昭和54年) - が開通する。 (昭和56年) - 第84回IOC総会(の)で招致に失敗( )。 (昭和57年) - (東山線)、 - が開通し、地下鉄1号線が全線開通。 (昭和59年) - にがお目見え。 平成 [ ]• (元年)• - 名古屋市制100周年を迎え、を同年11月26日まで開催。 - (桜通線)、 - が開通。 (平成2年)- に国際会議などへの対応能力を備えた「」が完成する。 (平成4年) - が開館。 (平成5年) - (鶴舞線)、 - が開通し、地下鉄3号線が全線開通。 (平成12年)• - が全面開業。 - - 名古屋市およびその周辺で(名古屋市で2日間に一年の降水量の3分の1を越える567ミリの降水量)。 によりと命名。 (平成15年) - 、 - が開通。 (平成16年)• が開通。 (名城線)、 - が開通し、地下鉄4号線が全線開通。 同日よりとともに環状運転開始。 2号線の - を名城線から名港線へ名称変更。 (平成17年)• - 開港。 名古屋空港から国際線全路線が移転し、新しい中部地方の空の玄関口となる。 名古屋空港は(県営名古屋空港)に改称し、国内線用空港となる。 - 名東区の藤が丘駅 - の(開通から翌2006年3月末までは「万博八草」)までが開通。 - 安心・安全・快適条例施行により・・・周辺が路上禁煙地区になる。 - ささしまサテライト会場開催。 - 名古屋城の金鯱が市内16区で展示。 愛・地球博開会式に展示されるため、2体が同時に2日間名古屋市を離れる。 - 愛・地球博が、まで開催された。 - 名古屋市交通局主催の花バスが運行終了、39年の歴史に幕を下ろす。 - 愛知万博が無事185日間の会期を終えて閉幕、目標の1,500万人を大きく上回る約2,200万人が来場し、成功裏に幕を閉じた。 (平成20年) - 中日ドラゴンズがで巨人との優勝決定戦を延長12回表の満塁HRなどで制し、リーグ優勝を決める。 (平成19年)• - が全面開業。 - 中日ドラゴンズが53年ぶりに日本シリーズで優勝。 球団創設以来2度目の日本一に輝く。 - 開港100周年記念開港祭をガーデン埠頭で開催。 - 名古屋市営地下鉄開業50周年記念日、藤が丘工場で記念イベントを開催。 (平成20年) - のに認定(とともにアジア初)。 (平成22年)• - 第10回締約国会議(COP10)を開催。 - がプロサッカー初優勝を決める。 (平成23年)• - (桜通線)、 - 開通。 - 中日ドラゴンズがプロ野球において、球団史上初のリーグ2連覇達成。 (平成25年) - この日から約2か月間にわたり第3回「博覧会2013」が開催される。 名古屋市内の273店が参加した。 (平成27年)• - 金城埠頭において、世界8か所目かつ国内初の屋外テーマパーク「レゴランド・ジャパン名古屋」の建設工事着工。 - に続き国内2番目のとして認定を受ける。 (平成28年)• - の旧沿いにあるの町並みが、国のとして選定される。 (平成29年)• - 開業。 - に全面開業。 - - 「競技大会 愛知・名古屋2017」開催。 (平成30年)• - やお土産屋を中心とした店舗が集まる「」が完成。 - 本丸御殿の復元が完了し、一般公開された。 令和 [ ]• (元年)• - 両陛下が第70回全国植樹際御臨席のため、へ初の地方をなさった。 その際ににご宿泊され、提灯奉迎が行われた。 ・ - が、にあるで開催された。 (令和8年) - 愛知県と共同で・開催予定。 行政 [ ] 政治の中心となるのと、経済の中心のひとつとなるの 市長 [ ] 現市長• :(かわむら たかし) 歴代市長 代 氏名 就任年月日 退任年月日 備考 初 2 1890年 3 1894年 4 1897年 5 1901年 6 1906年 7 1911年 8 1917年7月3日 9 1921年7月2日 10 1922年 11 1924年 12 1927年8月1日 13 死去 14 1942年 15-16 死去 17-19 1952年 死去 20-22 1961年 23-25 1973年4月28日 4月27日 26-28 1985年4月28日 4月27日 29-31 1997年4月28日 4月27日 32- 2009年4月28日 現職 市長選挙 [ ] 「」も参照• (3名)• 防災危機管理局• 市長室• 総務局• 東京事務所• 財政局• 市税事務所• 市民経済局• 文化センター• 観光文化交流局• 総合事務所• 環境局• 環境事業所• 健康福祉局• 衛生研究所• 子ども青少年局• 保育園• 住宅都市局• 緑政土木局• 土木事務所• 営業所• 水処理事務所• 営業所• 病院局• 市立病院• 消防署• 消防学校• 区役所(16区、6支所)• 保健所• 会計室• 監査事務局• 人事委員会事務局• 農業委員会事務局• 選挙管理委員会事務局• 固定資産評価審査委員会事務室(財政局税務部所管)• 教育委員会事務局• 名古屋市児童館(各区に設置)• 名古屋市生涯学習センター(各区に設置)• 名古屋市スポーツセンター(千種・東・・北・中村・中・・昭和・・・・・名東・)• 小学校・中学校・高校• 幼稚園• 市会議長• 市会事務局 議会 [ ] 市会 [ ] 「」を参照 愛知県議会 [ ]• 定数:31名• 任期:2019年(元年)5月25日 - 2023年(令和5年)5月24日 選挙区 氏名 会派名 備考 2 黒田太郎 党籍は 辻秀樹 愛知県議員団 1 政木理香 自由民主党愛知県議員団 2 松川浩明 自由民主党愛知県議員団 塚本久 新政あいち 党籍は国民民主党 2 田中泰彦 自由民主党愛知県議員団 島袋朝太郎 2 寺西睦 自由民主党愛知県議員団 鳴海康裕 新政あいち 党籍は 1 増田裕二 自由民主党愛知県議員団 2 谷口知美 新政あいち 党籍は立憲民主党 成田修 自由民主党愛知県議員団 2 川嶋太郎 自由民主党愛知県議員団 高木浩司 新政あいち 党籍は立憲民主党 1 華地山義章 新政あいち 党籍は立憲民主党 3 西川厚志 新政あいち 党籍は立憲民主党 犬飼明佳 愛知県議員団 稲本和仁 自由民主党愛知県議員団 2 直江弘文 自由民主党愛知県議員団 安井伸治 新政あいち 党籍は国民民主党 2 伊藤辰夫 自由民主党愛知県議員団 久野哲生 新政あいち 党籍は国民民主党 2 南部文宏 自由民主党愛知県議員団 森井元志 新政あいち 党籍は国民民主党 3 松本守 新政あいち 党籍は立憲民主党 渡辺昇 自由民主党愛知県議員団 岡明彦 公明党愛知県議員団 2 富田昭雄 新政あいち 党籍は国民民主党 筒井隆彌 県政自民クラブ 党籍は自由民主党 2 須崎幹 自由民主党愛知県議員団 水谷満信 新政あいち 党籍は国民民主党 衆議院 [ ]• 任期:2017年(平成29年)10月22日 - 2021年(令和3年)10月21日(「」参照) 選挙区 議員名 党派名 当選回数 備考 (、、、) 3 選挙区 立憲民主党 2 比例復活 (、、) 8 選挙区 (、、) 8 選挙区 自由民主党 3 比例復活 (、、、) 自由民主党 3 選挙区 国民民主党 6 比例復活 (、など) 立憲民主党 10 選挙区 自由民主党 3 比例復活 国家機関 [ ] 中部・東海地方を所管する中央省庁のが多く置かれている。 人事院 [ ]• 内閣府 [ ]• 総務省 [ ]• 外務省 [ ]• 環境省 [ ]• 経済産業省 [ ]• 名古屋工業技術研究所• 中部支部 厚生労働省 [ ]• 指導総括管理官• 名古屋• 国土交通省 [ ]• 財務省 [ ]• 農林水産省 [ ]• 名古屋事務所• 愛知森林管理事務所• 名古屋 防衛省 [ ]• 東海防衛支局 法務省 [ ]• 裁判所 [ ]• 、執行部、事務局出納第二課• 、執行部、事務局出納第二課• 対外関係 [ ] 姉妹都市・提携都市 [ ] 名古屋市の姉妹友好提携都市は6国の6都市と結ばれており、さまざまな分野での交流が年間を通して両都市間で活発に行われている。 また、各都市からの記念品が名古屋市の名古屋市公館(名古屋迎賓館)地下1階にある国際交流展示室やで一般公開されている。 なお2012年から南京市とは交流を停止している。 海外 [ ] 姉妹都市 都市名 国名・地域名 提携年月日 (昭和34年) (昭和53年) (昭和53年) (昭和55年) (平成17年) (平成29年) パートナー都市 都市名 国名・地域名 提携年月日 (元年) (令和元年) その他 名称 国名・地域名 提携年月日 (平成元年) と友好提携調印 (平成26年) と姉妹提携調印 イル・ド・フランス地方 パリ (平成27年) と友好提携調印• それぞれの都市の居住者の健康を守り、また生活の質の向上のために取り組む複数の都市のネットワークである。 を目指すによる国際的な組織。 とも所属している。 日本国内 [ ] 提携都市 都市名 県名 提携年月日 (昭和61年) ふれあい交流協定提携調印 (昭和61年) ふれあい交流協定提携調印 (平成26年) 産業振興協定提携調印 その他• (平成21年)より、との関係が深い市町および関係を大切にしている市町の集まりに参加している。 姉妹港・友好提携港 [ ] 奥に見えるのは は日本の主要な国際貿易港(五大港)のひとつであり、平成28年度のデータでは 、取扱貨物量は国内最大、貿易額においては東京港に次いで2位。 黒字幅が大きいのが特徴で輸出額に絞れば約11. 7兆円と突出した規模である。 友好姉妹港 港湾名 国名・地域名 提携年月日 港 (34年) 友好姉妹港提携調印 (昭和58年) 友好姉妹港提携調印 港 (昭和60年) 友好姉妹港提携調印 港 (22年) 友好姉妹港提携調印 友好港 港湾名 国名・地域名 提携年月日 港 (63年) 友好港提携調印 港 (25年) 友好港提携調印 友好交流港 港湾名 国名・地域名 提携年月日 港 (15年) 友好交流港提携調印 姉妹空港・提携空港 [ ] 名古屋市を含む4市町にまたがるは、のにあると姉妹空港提携を行っている。 空港名 国名・地域名 提携年月日 (平成28年) と姉妹提携調印 国際機関 [ ]• 在名古屋名誉領事館• 在名古屋名誉領事館• 在名古屋名誉領事館• 在名古屋名誉領事館• 在名古屋名誉領事館• 在名古屋名誉領事館• 在名古屋名誉領事館• 在名古屋名誉領事館• 在名古屋名誉領事館• 在名古屋名誉領事館• 在名古屋名誉領事館• 在名古屋名誉領事館• 在名古屋名誉領事館• 在名古屋名誉領事館• 在名古屋名誉領事館• 在名古屋名誉領事館• 在名古屋名誉領事館• 在名古屋名誉領事館• 在名古屋名誉領事館• 在名古屋名誉領事館• 在名古屋名誉領事館• 在名古屋名誉領事館• 在名古屋名誉領事館• 在名古屋名誉領事館• 在名古屋名誉領事館 金融機関 [ ] ・の経済の中心地であり、日本の一角であるや・などのや経済団体などが存在する。 2017年度の名古屋市の名目市内総生産は13兆5,860億円である。 などのも所在し、投資先企業の価値向上を図るなど活発的な経済活動が行われている。 近年では、日本の中央部に位置している立地を活かして「(GNI)」のような、域内の産業経済をより世界にオープンなものとし、世界から優れた「企業・技術・人・情報」を呼び込むことを目的とした、行政・産業界・大学・研究機関など官民が一体となって行うプロモーション活動、企業誘致活動などが日本初のモデルプロジェクトとして行われている。 また、最大のであるを中心になどのが発展している。 第一次産業 [ ] 市内の大半が宅地、商工業地帯となっているため全般には振るわない。 農地の大半は以西の中川区や港区に立地し、と水稲を栽培し、大消費地に立地するという優位性を生かした地産地消の推進に取り組んでいる。 鍋料理に欠かせないの発祥の地である。 そのため現在でもの品種名は「野崎(中川区に由来する)白菜二号」や「」など名古屋と関連する名前が多い。 の生産量が全国1位である愛知県をはじめとして、名古屋市西部を中心に食用フキの栽培が盛んである。 水産ではが昭和30年ごろまで漁港だった。 漁業権を返上してからも当時の名残で魚市場が存在する(2021年3月末で閉鎖予定 )。 小規模ではあるが、市内の運河やなどから出航し、・などを漁獲する水産業もある。 民間の釣り船では名古屋港内でやが釣れる。 第二次産業 [ ] やなどとともにの中核であり、、、、、、、産業などが盛んである。 平成28年度における製造品出荷額は3兆3,636億円であった。 主要な製造業の工場 [ ]• 本社工場(西区則武新町)• 愛知工場(西区堀越)• 名古屋製作所(東区矢田南)• 名古屋工場(守山区西川原町)• 岩塚工場(中村区岩塚町)• 名古屋工場(中川区長良町)• (中川区長良町)• 愛知工場(中川区愛知町)• 本社工場(中川区小碓通)• 本社工場(中川区玉川町)• 名古屋工場(熱田区六野)• 本社工場(瑞穂区須田町)• 熱田工場(熱田区)• 本社工場(熱田区千年)• 本社工場(瑞穂区)• 本社工場(瑞穂区桃園町)• 瑞穂工場(瑞穂区)• ブラザー工業桃園工場(瑞穂区桃園町)• ブラザー工業星崎工場(南区)• 星崎工場(南区大同町)• 大同特殊鋼粉末工場(港区)• 大同特殊鋼滝春工場(南区滝春町)• 名古屋工場(南区)• 永徳工場(港区野跡)• 名古屋製造所(港区千年)• 大江工場(港区大江町)• 名古屋事業場(港区大江町)• 大江工場(港区大江町)• 名古屋工場(港区)• 名古屋工場(港区入船町)• 名古屋工場(港区昭和町)• 鳴海工場(緑区鳴海町) 第三次産業 [ ]• 通信 ・ 生活基盤 [ ] マスメディア [ ] 新聞・通信 [ ] 一般紙• 名古屋本社(・)• 本社(・中部版)• (・中部版)• に関しては、で発行されたものが名古屋市を含めた東海3県内にて販売されている。 スポーツ紙• 名古屋本社()• 中部総局(スポーツニッポン)• 中部支社() 通信社• 名古屋支社• 名古屋支社• テレビ放送局 [ ] 地上波テレビ局• NHK (・)• (THK、東海テレビ)(系列)• (CTV、CHUKYO TV)(系列)• CBC (系列)• (NBN、メ〜テレ)(系列)• テレビ局舎外観• 名古屋キャンパス、車道キャンパス• 楠元・末盛、名城公園キャンパス• 自由ヶ丘キャンパス、本山キャンパス• 星が丘キャンパス• 名古屋キャンパス• 名古屋校• 名古屋キャンパス• 名古屋学習センター• 名古屋丸の内キャンパス• 滝春キャンパス・白水キャンパス• 名古屋キャンパス• 名古屋キャンパス• 名古屋キャンパス• 名古屋駅前サテライトキャンパス• 名古屋キャンパス• 白鳥学舎・日比野学舎・栄サテライトキャンパス• テラッセ納屋橋Gallery Box• 大曽根サテライトキャンパス• 名古屋キャンパス• 名古屋千代田キャンパス• 天白、八事、ナゴヤドーム前キャンパス• 名古屋キャンパス 専修学校 [ ] (小牧空港) 現在、名古屋の空の玄関口は、市南郊のにある沖に浮かぶ海上空港(セントレア)と市北郊の・・・にまたがる(県営名古屋空港、小牧空港)である。 以前は国際便や国内線が発着していた旧名古屋空港(小牧空港)は、に開催されたに合わせて開港した中部国際空港に主たる機能を移転したあと、県営名古屋空港と改称。 現在ではを主力機材とする(FDA)が国内9か所(、、、、、、、)に就航するのみとなっている。 この小牧空港周辺には、国産初のジェット旅客機であるを製造するも、名古屋飛行場敷地に隣接する土地に製造拠点を置いており、旧名古屋空港時代から航空自衛隊のと滑走路を共同使用する軍民共用空港である。 それ以外の(JAL)・(ANA)およびなど大手航空会社が運航する主要な国際線および国内線は中部国際空港から発着しており、大型旅客機が使用される線も含めた国際線は、全便が中部国際空港からの発着である。 2010年以降はやなどといった(LCC)も中部空港へ就航し、それぞれ国内外への定期路線を運航している。 基本的に国内リージョナル路線8路線が発着する名古屋飛行場(小牧空港)以外は、すべて中部国際空港への到着となる。 県営名古屋空港とは鉄道アクセスはないが、路線とが整備されている。 なお、中部国際空港へのアクセスは、名古屋市南部の鉄道ターミナル駅であるや、本社ビルと地下通路で連絡しているから空港特急および空港急行が発着している。 名鉄名古屋駅と・直通特急により最速28分で結ばれている。 また各区の中心駅や郊外など、市内各所中心地から中部国際空港へ向かう高速バスも運行されている。 鉄道 [ ] 近畿日本鉄道 のは名古屋の旧城下町の西に位置する笹島と呼ばれていた湿地を埋め立てた場所に位置し、現在では名古屋市の都心のひとつとなっている。 (JR東海)名古屋駅の他に、、・の名古屋駅があるが、それらをまとめて「名古屋駅」、あるいは略されて「名駅」(めいえき、めーえき)と呼ぶことがある。 という呼称は、名古屋駅周辺の行政地名(・名駅一丁目から五丁目、中村区一丁目から五丁目)にもなっている。 とを経営するを中心に、鉄道はJR東海、(名鉄)、(近鉄)の主要3社が乗り入れている。 市の中核を担うターミナル駅としては名古屋駅・・がある。 バス交通 [ ] バス路線は市バスのほか、の、のなどが周辺区を中心に路線を運営している。 バス利用についても市バスが路線密度の高さからもっとも多くの利用者を集めている。 、バスについては、一部地域での運営にとどまっているが、やなど、利用率の高いものもある。 代表的なバスターミナルとして名古屋駅地区の・名古屋バスターミナル、栄地区のバスターミナルがあり、多くの中長距離路線バスが乗り入れている。 この他地下鉄の主要駅を中心にバスターミナルが設置され、周辺区において地下鉄へのフィーダー輸送の役目を果たしている。 市バスの大部分が均一運賃(高速1系統の通過区間は10円加算)の前乗り後降り先払いであるのに対し、名鉄バス・三重交通バスは整理券による区間制運賃で後乗り前降り後払い方式である。 市バスでも、名鉄と共同運行する基幹2系統や名古屋ガイドウェイバスに直通するゆとりーとラインでは後乗り前降り後払いの方式をとっている。 名鉄バスと三重交通バスの市バス競合区間は市バスと同額の均一運賃である。 と 名古屋市の大量の交通は卓越した道路網が支えている。 碁盤の目のように片側3 - 5車線の道路が走っており、余裕ある道路設計によりを中心部に通すことも容易であった。 と呼ばれる幅員約100メートルの広い(と)は名古屋の自慢にもなっている。 なお、一本の道路幅が100メートルなのではなく、上り車線と下り車線および車線間にある20メートルほどの中央分離帯を加えて100メートルと呼んでいる。 途中の中央分離帯は公園のようになっており安全に休むことができるため、歩行者は100メートルを一気に渡り切る必要もプレッシャーもない。 日本一ともいわれる広い道路網の原点は、広小路で見られるような江戸時代にあった「」後の防火帯としての役割にある。 後にくる車社会を見越し、の戦災復興都市計画に基づいてさらに整備されたものである。 この都市計画は大変大胆なもので、空襲により焦土化した市街地に幅員の広い道路を何本も東西南北に通し、市内各所にあった墓地をすべて1か所に集約するというものであった。 戦後日本の急速なにより、大胆な都市計画は見事に結実した。 この計画の責任者は技監で、その功績によりに「名誉市民」の称号が贈られている。 市内の中心部には環状に名古屋高速道路が走り、外側にが環状に市域を取り巻く。 市東郊外のにのを持ち、都心部の繁華街(地区や付近)からは名古屋高速道路と名古屋第二環状自動車道を利用すれば15分程度、一般道(など)では渋滞のない状態で30分 - 45分程度となっている。 南部の湾岸エリアにはが通っている。 そのほか、郊外にも、、、などが接続しており、一般道を含め道路インフラの整備が大変進んでいる地域ともいえる。 また、有料高速道路以外にも、、のような複数の高規格バイパスが存在する。 高速道路 、、、、、 一般国道 、、、、、、、、、、、 幹線部の通り 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、 中心部の通り 木挽町通、竪三蔵通、中ノ町通、御園通、堀川東通、西大須通、常盤通、桑名町通、長島町通、長者町通、、七間町通、、伊勢町通、裏門前町通、新天地通、、武平通、東栄通、西川端通、東川端通、千代田通、七本松通、中央線西通、、上中通、魚ノ棚通、杉ノ町通、伝馬町通、袋町通、本重町通、入江町通、三蔵通、白川通、矢場町通、瓦通、東陽通、花園通、大須観音西通、赤門通、万松寺通、仁王門通、松元通、松ヶ枝通、宇津木橋通 の通り 南京大路、メキシコ大通、ロサンゼルス大通 ナンバープレート [ ] 名古屋市()の中部運輸局から交付されるには、「名古屋」の地名が表示される。 これを俗に「名古屋ナンバー」という。 1965年3月1日に「愛(知)ナンバー」から「三河ナンバー」が分離されるのを機に変更された。 さらに1979年8月6日には「尾張小牧ナンバー」が分離された。 2020年時点で「名古屋ナンバー」が交付されている地域は、名古屋市、、、、、、、、、、、、、、、である。 港湾 [ ] は宮の渡しで有名だった熱田港が周辺海域の干拓の進展や、浅い水深で近代港湾としての機能を果たせないとの観点から、熱田前新田の沖合いを・して築港された近代港湾である。 で被害を受けるが、戦後はこの跡地への他工場進出や、地元資本との合弁の(の前身)が進出するなどして発展した。 に面しており、西から、、名古屋市、、と5つのにまたがる。 周辺施設名には「名港」(めいこう)と略して冠する場合が多い。 名古屋港に関しては、おもに愛知県内に生産拠点を持ち、多数の自動車を世界各国に輸出するなど大企業が利用するため、戦前から日本を代表する輸出入の拠点であり、また大型船の横付けも可能な港湾設備を持つため、「」などの世界的に有名なが寄港することもある。 観光 [ ] 文化・芸能 [ ] 江戸時代、尾張徳川家の歴代藩主が積極的に芸能を奨励し、"芸どころ"名古屋と呼ばれた。 特に、、は、現代につながる名古屋の文化に大きな影響を与えている。 名古屋の茶道流派はがよく知られる。 が名古屋を中心に全国200か所に教場を開設し、香道の総本山となっている。 現在は、ボストンにも教場がある。 山脇和泉元宜が尾張徳川家に召し抱えられを創設した。 現在はがその伝統を守っている。 1841年、西川仁蔵が名古屋に移り、初代西川鯉三郎を名乗り「名古屋」を創流した。 がよく知られている。 現在の東区矢田町のの初代住職が、村人に法華経を分かりやすく説くために節をつけて教えるようになったのが起源とされる。 現在ののルーツともいわれる ()。 熱田の宮の宿の仲居が歌い始めたのが始まり。 の道統は尾張柳生家に伝わり、現在も名古屋を中心に活動している。 、の孫上泉秀信が開いた居合流派。 「蕉風発祥之地」碑 発祥の地 は現在の付近で地元の俳人らとともにの会を行い、句集『』をまとめる。 これが蕉風の始まりといわれ、蕉風発祥の地の碑が立てられている。 また、緑区の千句塚公園には、芭蕉存命中に作られた唯一の直筆の石碑(千鳥塚)がある。 発祥の地 で営業していたザ・マガジンが元祖漫画喫茶発祥の店と言われており 、名古屋にも多数漫画喫茶が設けられている。 (同上)• (同上)• (同上)• (同上)• (同上)• (同上)• 音楽 [ ] オーケストラ おもなプロオーケストラは以下の通りである。 その他• また、のサブジャンルに、がある。 スポーツ [ ] (JTL)のスポーツなど、数多くのチームが本拠を置いている。 プロスポーツ [ ] 男子 名称 競技種目 所属リーグ 本拠地 運営会社・団体 設立 ・ ・B1リーグ 東スポーツセンター(カルポート東) ・B2リーグ 星崎工場体育館 星崎工場体育館 株式会社アドバ 陸上競技場 愛知スポーツ倶楽部 ・ 女子 名称 競技種目 所属リーグ 本拠地 運営会社・団体 設立 東スポーツセンター(カルポート東) 千種スポーツセンター 体育館 NPO法人名古屋スポーツクラブ ・ LOVELEDGE 株式会社トップ スポーツ施設 [ ] おもなスポーツ施設• 中村スポーツセンター 社会人スポーツチーム [ ]• 練習グラウンドはにグラウンドが所在している。 以前はに存在した。 創部の企業チーム。 創部の企業チーム。 練習グラウンドはに所在している。 東海地区を中心に居酒屋などの飲食店を経営するがに発足させた企業チーム。 (旧:NTT東海硬式野球部) に企業チームとして創部し、途中からとなり、に解散した。 に創部し、に解散した企業チーム。 に創部し、に解散した企業チーム。 に創部し、に解散した企業チーム。 創部のクラブチーム。 本拠地は硬式野球部グラウンド。 創部のクラブチーム。 にはへの出場を果たしている。 サッカー• - 1部 名古屋市を本拠地として活動する社会人のクラブチーム。 のひとつでもある。 名古屋市を本拠地として活動する社会人のクラブチーム。 のひとつでもある。 名古屋市に本拠地を置くサッカーのクラブチーム。 2部リーグに所属している。 - 1部 ホームタウンは名古屋市だが、ホームスタジアムは、大府グラウンド・スポーツ村陸上競技場・陸上競技場とに多い。 フットサル• 名古屋市をホームタウンとするフットサルクラブチーム。 プロレス• 名古屋市を中心に活動する。 でで名物となっているなども行われている。 三丁目にある用常設「」の経営とプロレスを運営する。 で旗揚げ戦を開催。 を中心に活動しているプロレス団体。 出身・関連著名人 [ ] 「」を参照 名古屋市を舞台にした作品 [ ] 撮影協力・市内大規模ロケ実施作品 [ ]• (監督作品)• (北野武監督作品)• (製作・放送:NHK、主演:) 小説・ライトノベル [ ]• 『』、シリーズなど• 『無声抄』(『岩塩の女王』所収)、『アサッテの人』など。 おもに西区がモデル。 『閨閥』• 『』『』• 『』『』• 『』『』• 『』 絵本 [ ]• 小出隆司『』 漫画 [ ]• 『』『』など• (原作)(作画)『』• (原作)(作画)『』• 杜講一郎(原作)さくらあかみ(作画)()『』• 『』キン肉星王位争奪編のベストバウト キン肉マンソルジャー対キン肉マンスーパーフェニックス(名古屋城が舞台)• 『』 テレビドラマ [ ]• 映画 [ ]• (周辺など名古屋駅地区を中心にガメラの市街戦が展開される特撮映画)• (インド映画)• (名古屋市郊外の実在の地名「」地区が舞台となっている)• 音楽 [ ] 「」も参照。 (、1949年)• (、1952年)• (、1952年)• (、1961年)• (、1967年)• (、1971年)• この街(、1975年)• (、1984年)• (、1985年)• (、2013年) テレビアニメ [ ]• (ロコドルフェスタの開催地が名古屋市)• - アニメ版最終話で登場 コンピュータゲーム [ ]• (アダルトゲーム)• (アダルトゲーム) ドキュメンタリー [ ]• 広報・広聴関係 [ ] テレビ・ラジオ関連番組 [ ] 現在 基本的には以下の番組がレギュラー放送されているが、不定期で特番が放送されることがある。 名古屋市長定例記者会見( 、 )• 名古屋市だより(。 内で毎週月曜・水曜・金曜11:20 - 11:24) 過去• 名古屋ニューアングル(。 10年以上放送されていた番組であったほか、番組最後には名古屋市からのかなり古い関連静止画CMが流れていた)• 名古屋市だより(。 で13時台に放送)• Nagoyaトリビア! 2007年4月から2010年3月まで「ハートフル・スタイル」内で毎週月曜・水曜の10:05 - 10:10)• なごやシティナウ(。 毎週日曜11:45 - 11:50)• 2003年4月から2010年3月まで) など 新聞形式 [ ]• 広報なごや• 広報なごや点字版 その他 [ ]• 市政広報映像配信システム(8:40 - 17:20まで、市役所西庁舎1Fロビー、各区役所・支所 の待合ロビーで放送)• 声の広報なごや 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 『都市の旗と紋章』42頁• 『図典 日本の市町村章』134頁• 概ねの人口と同じである。 「」参照• www. atsutajingu. 2019年2月9日閲覧。 www. nittaiji. 2019年2月9日閲覧。 Parilla, Alan Berube, Jesus Leal Trujillo, Tao Ran, and Joseph 2015年1月22日. Brookings. 2019年2月9日閲覧。 kearney. com. 2020年2月5日閲覧。 www. creative-nagoya. 2019年2月9日閲覧。 名古屋市. 2019年8月3日閲覧。 www. city. nagoya. 2020年2月6日閲覧。 www. city. nagoya. 2020年2月6日閲覧。 気象庁. 2012年8月10日閲覧。 気象庁. 2018年8月4日閲覧。 名古屋市港区役所、2017年3月27日• 名古屋市博物館、平成29年9月27日• 2013年6月20日時点の [ ]よりアーカイブ。 2020年4月14日閲覧。 Network2010、2011年12月5日• 愛知県博覧会を開催した名古屋博物館が改称したもの。 愛知教育博物館関係史料の紹介と開設(その2) : を参照。 『名古屋はヤバイ』64頁。 発行は『ワニブックスPLUS』で新書。 著者は『矢野新一』• 一般社団法人 フェアトレード タウン・ジャパン. 2015年10月1日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年9月30日閲覧。 - 名古屋市選挙管理委員会、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表示2. - 名古屋市選挙管理委員会、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表示2. - 名古屋市選挙管理委員会、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表示2. - 名古屋市選挙管理委員会、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表示2. - 名古屋市選挙管理委員会、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表示2. - 名古屋市選挙管理委員会、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表示2. - 名古屋市選挙管理委員会、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表示2. - 名古屋市選挙管理委員会、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表示2. 日本経済新聞 電子版. 2019年9月2日閲覧。 スポニチ Annex. 2014年9月26日. の2015年9月19日時点におけるアーカイブ。 名駅経済新聞 2015年4月3日. 2015年4月14日閲覧。 岩手日報WebNews. 2014年10月11日. の2014年10月13日時点におけるアーカイブ。 名古屋港管理組合公式ウェブサイト. 2020年2月5日閲覧。 愛知県. 2017年6月22日時点の [ ]よりアーカイブ。 2020年4月14日閲覧。 www. city. nagoya. 2020年2月5日閲覧。 オピ・リーナ. 2020年2月6日閲覧。 www. city. nagoya. 2019年9月2日閲覧。 跡地は、ノリタケの森地区計画• www. meti. 2019年9月2日閲覧。 2018年10月24日朝刊24面• 毎日新聞. 2020年1月29日. 浅井建爾『道と路がわかる辞典』. 日本実業出版社. 2001年11月10日• 愛知運輸支局. 2020年4月7日閲覧。 timetravel. network2010. org. 2020年2月21日閲覧。 名古屋市. 2020年2月21日閲覧。 www. city. nagoya. 2019年8月29日閲覧。 FNN. jpプライムオンライン. 2019年8月29日閲覧。 Yahoo! ニュース 個人. 2020年4月22日閲覧。 インバウンドビジネスプラットフォーム「やまとごころ. jp」. 2020年4月22日閲覧。 朝日新聞デジタル. 2020年4月22日閲覧。 『マンガ うんちく名古屋』54頁• 独立行政法人日本芸術文化振興会. 2020年5月10日閲覧。

次の